ドスパラのノートパソコンPrimeNote「Galleria QFS980HGS」を分解してみた

ノートパソコン(Galleria QFS980)モニター部分を分解して、無線LANモジュールを交換する手順を写真つきで解説します。

  • ドスパラのノートパソコン「Galleria QFS980」を分解してみたい
  • Galleria QFS980のHDDをSSDに交換したい
  • Galleria QFS980のメモリを交換・増設したい
  • Galleria QFS980の無線LANモジュールを交換したい

という人におススメのノートパソコン分解情報です。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

ノートパソコン「Galleria QFS980」で役立つのは以下の道具です。

はじめてさわる機種でネットに情報もないノートパソコンを分解

今回は、夫経由で知人から無線LANモジュールを交換してくれと高価なノートパソコンを預かりました(笑)
裏フタは開けたけど、それ以上無理っぽいとのことで、お鉢が回ってきました。

▼「Galleria QFS980HGS」
ドスパラののノートパソコンPrimeNote「Galleria QFS980HGS」

ドスパラのノートパソコンPrimeNoteは分解したことありますが、本物を受け取ってみると全然作りが違うタイプでした。

32万円もするとか…
ゲーム用PCって何気にハイスペックで高いですね。

大きいノートパソコンはひっくり返すのも大変だし、分解しにくいので苦手ですが、分解は好きなのでやります(笑)

念のため、ネットで同機種のノートパソコンを分解してる人いないかなと情報を探しましたが見つかりません。
まあ、ゲーミング用ノートパソコンですしね。

基本的にはノートパソコンを分解する時の基本パターンで書いてる方法で分解します。
初見で構造の分からないノートパソコンは、見えるネジは全部外して、見えるケーブル・コネクター類も全部外す、これしかないです。

▼Ubuntuインストール済みのGalleria QFS980
ドスパラののノートパソコンPrimeNote「Galleria QFS980HGS」にUbuntuインストール済み

中身はUbuntuをインストール済み。
無線LANモジュールを交換して、再起動時にちゃんとアンテナが無線をつかむところまで確認して欲しいとのことでした。

Galleria QFS980の底面のフタを開ける

底面のネジは9本だけです。

▼Galleria QFS980の底面ネジ配置図
ドスパラののノートパソコンPrimeNote「Galleria QFS980HGS」の底面ネジ配置図

ネジ(ピンク色の○)を全部外すと、底面のフタを開けることができます。

写真上部中央辺りに、フタの出っ張った部分があるので、そこから開けると開けやすいです。
フタには爪があるので、ヘラで少しずつ開けます。

▼Galleria QFS980の底面フタを開けたところ
ドスパラののノートパソコンPrimeNote「Galleria QFS980HGS」の底面フタを開けたところ

ほぼ新品なので、2つあるファンもきれいです。
写真右側中央にHDD、上側右寄りにSSD、中央左寄りにメモリがあります。

▼HDDが入っていた箇所
ドスパラののノートパソコンPrimeNote「Galleria QFS980HGS」のHDDが入っていた箇所

HDDは外してしまったので空っぽですが、HDDの設置場所です。

Galleria QFS980でHDDを交換したい場合は、オレンジ色のとこのコネクターに差して取り替えられます。

▼メモリの差込口
ドスパラののノートパソコンPrimeNote「Galleria QFS980HGS」メモリの差込口

メモリの差込口です。
2枚差しになっています。

Galleria QFS980でメモリの交換をしたい場合は、両端の開閉バネを開いて元のメモリを外します。

▼M.2のSSD差込口
ドスパラののノートパソコンPrimeNote「Galleria QFS980HGS」SSDの差込口

Galleria QFS980は、M.2タイプのSSDでした。
しかも、2枚挿しですす。
写真では1枚のみ、左側の差込口は空いています。

SSDは高価なので交換時は、モジュールごと外した方が安全です。
上部中央になるネジ(ピンク色の印)を外して、下側(青い印とその右となりのカラフルなケーブルが刺さってるところ)がマザーボードへの差込口とコネクターです。

SSDを追加するなら、黄色いシールみたいなのをはがして差し込めばOKです。

Galleria QFS980HGSを手探りで更に分解

はじめて触るノートパソコンで、ネットにも分解情報がないので、まさに手探りです。
キーボードが単体で外れない感じなので、トップカバーを外せるかやってみます。

とりあえず、見えるネジで全部外します。
(冷却装置のネジやモジュールで完結してるネジを除く)

更に、ケーブルやコネクター類も全て外します。

この時、ケーブルやコネクターの接続箇所を写真に撮っておきます。
後で元に戻す時に間違えないためです。
はじめて分解するパソコンなら、写真は必須です。

▼ファンの下にあったネジ
ドスパラののノートパソコンPrimeNote「Galleria QFS980HGS」ファンの下にあったネジ

取り外せるパーツをどけると、ネジが出現することもあります。
ファンの下にもネジがありました。

▼モニターケーブル(?)の差込口

ドスパラののノートパソコンPrimeNote「Galleria QFS980HGS」モニターケーブルの差込口ドスパラののノートパソコンPrimeNote「Galleria QFS980HGS」


パッと見でオレンジ色の部分がケーブル本体かなと思いました(写真左側)が、実はモニターケーブルは下側から360度曲がってささっていました(写真右側)。

▼色違いケーブルの配置も間違えやすい
ドスパラののノートパソコンPrimeNote「Galleria QFS980HGS」色違いケーブルの配置も間違えやすい

色違いのケーブルは左右を間違えやすいです。
コネクターの差込口も上下左右の向きが分からなくなることがあるので、写真に残します。

ピンぼけ写真でも、向きや配置は分かれば充分です。

Galleria QFS980のマザーボード

モニターとトップカバーを丸っと外して、ようやくマザーボードが出てきました。
大型のノートパソコンなので、モニター部+フロント部がセットだとすごく重いです。

▼Galleria QFS980を分解したところ
ドスパラののノートパソコンPrimeNote「Galleria QFS980HGS」を分解したところ(1)

Galleria QFS980はバッテリー内蔵でした。
ここまで分解するのにかなり苦労したので、バッテリーの交換は容易じゃないですね。

メモリの差込口も2枚分あります。
注文時にメモリが大量に欲しい人向けで、2枚追加できるのでしょうか。
バッテリー同様、自分でメモリを追加するのは困難だと思います。

ドスパラののノートパソコンPrimeNote「Galleria QFS980HGS」を分解したところ(2)

先ほどの反対側です。


結局、目的の無線LANモジュールはどこにあるかと言いますと…

最初に裏フタを開けた時点で完結してました。
「Galleria QFS980の底面フタを開けたところ」写真の左側ファンの直ぐ上ですね。

交換用に預かっていた無線LANモジュールと型が違うので、無線LANではないと思っていました。
Galleria QFS980の無線LANモジュールは、M.2タイプのようです。
だから、形が違って、交換用の無線LANが入らなかったんですね。

無意味に面倒な分解をしてしまいました。
が、これもまた経験です(汗

Galleria QFS980はメモリ(2枚まで)、HDD、SSD、無線LANは底面のフタを開けるだけで交換可能です。

Prime Note Galleria QF560を分解、無線LANを交換する手順を写真つきで解説

ドスパラのノートパソコン(Prime Note Galleria QF560)を分解して、無線LANモジュールを交換する手順を写真つきで解説します。

  • Galleria QF560で無線LANモジュールを交換したい
  • Galleria QF560でHDDを交換したい
  • Galleria QF560でSSDを交換したい
  • Galleria QF560でファンの清掃をしたい

★ ノートパソコン分解の基本(メーカー機種問わず共通の分解方法)の手順は『 ノートパソコンを分解する時の基本パターン 』ページを参照して下さい。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

Galleria QF560S9のファン掃除で役立つのは以下の道具です。

Galleria QF560の分解(基本)

ドスパラのノートパソコン Galleria QF560は、すでに一度底面のフタを開けてファンの清掃をしたことがあります。
ただ今回は、無線LANのモジュールを交換するという目的があるので、さらに分解する必要があります。

まずは、裏ブタを開ける前にバッテリーを外します。

▼Galleria QF560の底面図

Galleria QF560の底面図

バッテリーを外したら、見えるネジを全て外します。
ピンク色の○

外したネジは、後で戻す時に分からなくならないようにマグネットシートなどに実際と同じ配置で置いておくのがおススメです。

ネジを外したら、裏ブタ(緑色で囲んでる部分)を外します。
オレンジ色の印の凹みからヘラなどを差し込むと開けやすいです。

▼Galleria QF560でHDD・SSD・ファンを外したところ

Galleria QF560でHDD・SSD・ファンを外したところ

※ 写真を訂正しました(2016/06/06)
⇒ 左上のHDD(SSD)のネジは下でなく、上側でした。下にはめると、底面のカバーをはめた時にネジが入らなくなります。

左上と右下がHDD(SSD)を入れる場所です。
留めているネジ(緑色の○)を外して、青色の印の接続箇所から引き抜きます。
HDDやSSDを新しいものに換える際は、青色の印の接続箇所にしっかり差し込んでから、ネジを留めます。

右上は、ファンのあった場所です。
ファンを固定してるネジ(緑色の○)を外し、ファンケーブルを抜いてから、ファンをどけます。

ここまでは分かっていた部分なので、特に問題なく分解できます。

でも今回は無線LANのモジュールを交換したいので、さらに分解する必要があります。
ネットでGalleria QF560の分解を探してみたものの、ここから先の分解情報は見当たりません。

ここからはノートパソコンの構造をくまなくチェックしながら、手探りの分解になります。

Galleria QF560の分解(続き)

裏ブタを開けた状態で目に見えるネジを全部外します。
(ヒートシンクを基盤に固定してるネジは除く)

先ほどの写真(Galleria QF560でHDD・SSD・ファンを外したところ)で言うと、ピンク色の○が内部のネジになります。

外から見える部分が5箇所、左上のHDD(SSD)を外すともう一箇所ネジがあるので、これも外します。
でも、まだカバーは外れません。

念のためDVDドライブを外して、ドライブの内側にネジがないか確認します。
DVDドライブは東芝ノートパソコンDynabookのT653を分解した時と同様に、エマージェンシーホール(小さい針穴のようなところ)にクリップの先などを刺すとドライブが押し出されてきます。

出てきたDVDドライブは、そのまま引き抜くことができます。
が、内側にネジなどは見当たりませんでした。

次に、キーボードを外してみます。
キーボードは爪の部分をひとつずつ外していくと取れます。

▼Galleria QF560のキーボードを外す
Galleria QF560のキーボードケーブルを外す

キーボードを外す前に、本体とつながってるキーボードケーブルを外しておきます。
写真中央の薄っぺらい幅広のケーブルが、キーボードケーブルです。
黒いレバーを起こしてケーブルを抜きます。
これで、キーボードが外れます。

キーボードを外したところで、カバーが外れないか、隙間にヘラを差し込んでみます。
上辺手前まではカバーが開くのですが、上辺部分が外れません。

▼Galleria QF560のフロント上部カバーを外す
Galleria QF560のフロント上部カバーを外す

Galleria QF560の上部は電源ボタンなどが並んでいます。
この、フロント上部のカバー(緑色で囲んでる部分)も外れるのかなと思い試してみました。
下側の爪を外していくと、上部カバーが取れました。

フロント上部のカバー下に、ようやくお目当ての無線LANを発見。

▼Galleria QF560のフロント上部カバー下に無線LANモジュール
Galleria QF560のフロント上部カバー下に無線LANモジュール

手前のケーブルが邪魔なので、赤い印の接続部分を抜いてケーブルを外します。

それから無線LANケーブル(ピンク色の○)を2本共外して、無線LANモジュールを固定してるネジ(写真では見えないが、青色の印の場所)を外すと、無線LANモジュールが取れます。

交換用の無線LANモジュールにはめ直せば、今回の目的は達成です!

実は…この作業、夫に頼まれたものでした。
トップカバーを途中まで開けた時に、中のマザーボードを覗いて無線LANを探しも見当たらず、裏ブタを開ける以上の分解手順も不明だったので、ヒンジカバーを外してみたりかなり悪銭苦闘しました。

ともあれ、無線LANのモジュール交換という目的が果たせて良かったです。
自分のブログでこれまでの分解や夫から教わったことなど、初見のノートパソコンの分解手順をまとめておいたのが役立ちました(笑)

Galleria QF560の分解で使った道具の紹介

このページで使ったノートパソコンの分解・清掃に役立つ道具類を紹介します。

Galleria QF560の分解に必須のvessel +00のドライバーGalleria QF560の分解に必須の精密ピンセットGalleria QF560の分解にあると便利な基板コネクター抜き



左から、
ベッセルの+00のドライバー
先曲がりのピンセット
基板コネクター抜き