ノートパソコンやタブレットPCの分解には必須のiOpenerを紹介

ノートパソコンの分解に必須なiOpener

ノートパソコンの分解に必須な便利グッズを紹介します。
それは、iOpener(アイオープナー)です。

iOpenerでsurface pro2を開けてるところ

↑写真下部のIFIXITと書いてある黒いやつがiOpenerです。

ノートパソコンやタブレットPCなどを開ける時、強力なテープや糊を使ってることが多々あります。

テープや糊と言ってもかなり強力なので、力でこじ開けるのは厳しいです。
無理やり開けることもできますが、プラスチック部品が破損することもあります。

そうしたテープや糊付けをキレイに剥がすための道具がiOpenerです。
電子レンジでチンして使います。

中身が液体で、電子レンジで温めるとになり熱々になります。
それを剥がしたい部分に載せて、粘着部分をゆるくします。
接着がゆるんだところで、ヘラなどを使って剥がします。

ノートパソコンやタブレットPCを分解するなら、必須の道具です。

同じような機能のものに、ホットガン(ドライヤーの強くて熱いやつ)があります。
うちにはホットガンもありますが、私はもっぱらiOpener派です。

iOpenerは何分チンして使うのが良いか?

ノートiOpenerは、パソコンの分解をはじめて直ぐに知人にもらいました。

一年近く使っていたのですが…
先日、そのiOpenerを破裂させてしまいました。

iOpenerを使うのが久々で、何分チンすればいいのか忘れてしまって、適当でいいかな? と2分チンしたらラスト数秒のところでボワン!! と。

iOpenerには、30秒チンして使えとか何とか書いてあります。

でも、30秒だとそれほど熱々にならないんですね。
ギリギリまで熱々にして使いたいので、1分何十秒かチンして使ってたと思うんですが、久しぶりだったので時間を失念してしまいまして。

電子レンジの強(500W)で2分やると破裂します。
ギリギリまで熱くしたい場合でも、せいぜい1分10〜20秒くらいですね。
(季節や室温にもよると思いますが)

破裂すると、中の液体が漏れ出てきて、これがまた非常に臭いです。

片付けが面倒なだけでなく、このiOpenerだけ買い直すことができません。
iOpenerのセットを丸ごと買う羽目になります。

▼新しく買ったiOpenerの入ったIFIXIT
iOpenerの入ったIFIXIT

▼iOpenerの入ったIFIXITの中身
iOpenerの入ったIFIXITの中身

ピンク色で囲ってる透明プラのケースは、ネジ置きとして使えます。
でも、大きすぎて家庭での作業には不向きかな?(笑)
名刺入れ+水道局のカード磁石で充分です。

iOpenerの入ったIFIXITをAmazonで見る

デスクトップのパソコンを掃除したので、PC掃除の便利グッズを紹介

今回はノートパソコンではなく、デスクトップPCの清掃です。
ジャンクでもなく、自分がメインで使ってるパソコンを掃除します。

メモリを16GBから2倍の32GBに増やすので、ついでにパソコンを大掃除です。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

デスクトップPCの清掃に役立つ道具

デスクトップPCの掃除で役立つのは以下の道具です。

デスクトップPCの掃除は面倒だけどカンタン

今回、夫がメインのPCをサーバーに使っていたパソコンと交換すると言うので、ついでに私のパソコンも掃除してメモリを増やすことにしました。

デスクトップPCの掃除は、ノートパソコンより簡単です。
埃やゴミの量も、ノートパソコンとは段違いに多いんですけどね。

パソコンの掃除と言うと、エアダスターで直ぐプシューっと言う人も多いと思います。
誰かが後で(部屋の)掃除をしてくれる、もしくは会社など自分で掃除しない場所ならそれでもいいかも?

ですが、自宅や自室でパソコンを掃除する場合は別です。
掃除機で取れる埃はすべて先に取った方がいいです。

まずは目に見えるところの埃を吸い取ります。
それから簡単に取り外しできるファンやグラボ、電源などは外して、埃を取ります。
エアダスターは、最後の最後で使います。

でないと室内に埃が飛び散って後片付けが大変になるだけ…
これはノートパソコンでも同じです。

▼夫のパソコンBefore⇒After

夫のパソコン掃除前夫のデスクトップパソコン掃除後


サーバールームに放置されてたので埃がフェルト状になってるだろうなとは予想してました。

奥のファンはネジを外して、綿棒などでキレイにしました。
他にグラボと電源も外して丁寧に掃除機をかけました。

グラフィックボードは外してから、中のファンなども赤ちゃん綿棒でキレイに掃除しました。
いったん取り外したのでグリスも塗り直ししました。

▼私のパソコンBefore⇒After

私のデスクトップパソコン掃除前私のデスクトップパソコン掃除後


想像以上に埃が溜まっていました。
結構、最近掃除したと思ってたんですが、サーバー機より全然汚くてビックリです。
こんな状態でよく動いてたなと感心するレベルですね。

私のパソコンも、ファン2つ(左側のとCPU冷却装置上)、グラボ、電源を外してキレイに掃除しました。

▼CPUの冷却装置も埃だらけ
CPUの冷却装置も埃だらけ

上の写真は、パソコンを開けて掃除機をかけてから、冷却装置の上に載せてあるファンをどけたところです。
掃除機をフル活用しても、まだファンの下にはこれだけの埃があります。

掃除機で取れる埃を除去したら、最後にエアダスターです。
冷却装置の細い隙間に溜まった埃は、掃除機では吸い取れません。

エアダスターをかける時、そばで掃除機をかけておくと多少埃が舞うのを避けられます。

掃除機とエアダスターのコンボで、CPUの冷却装置も新品のようにキレイになります。

掃除機のアタッチメントノズルで使えるのはコレだけ!

このブログでは、自宅にある掃除機で使えるアタッチメントノズルを紹介しています。

…が!!!
いくつもあるアタッチメントノズルでパソコンの掃除に使えるのは、たった1つだけです。

レッツノートを分解して掃除するのに必須の掃除機アタッチメントノズル

写真の左上、ピンク色で囲ってあるアタッチメントだけしか使えません。

商品説明の写真を見るとキーボードを掃除しているので、キーボードには使えるのかも知れません。
(キーボードはキートップを外して洗った方が早いです)

デスクトップPC、ノートパソコンでも他のノズルを試しましたが、先が細ければ細いノズルほど使えません。
使おうとして掃除機をONにした瞬間に先端に埃が詰まります。
細くて便利そうなのに使えないとか…

デスクトップPCで冷却装置の下側や奥まったところを掃除する時は、写真右側の透明のホースをつけて掃除機をかけると少し楽です。

残念ながら、左上のノズルと右側のホース、この2つしか使えません。
ただし、この2つのアタッチメントはパソコンの掃除では絶対に欠かせません。

最初はイラっとしましたが、ちゃんと使えるものが2つあるだけいいかなと思うようになりました(笑)
パソコンを掃除する際には、ぜひ使ってみて下さい。

レッツノートを分解して掃除するのに必須の掃除機アタッチメントノズル

NECのモバイルルーター「Aterm MR04LN」でSIMを2枚挿すやり方と通信量の上限設定方法

【2016/04/25】追記有り→最下部

買って良かったもので紹介した『モバイルルーター Aterm MR04LN』にフリーSIMを追加して、2枚挿しにしました。

NECのモバイルルーター「Aterm MR04LN」で2枚目のSIMを設定するやり方と、通信量の上限値を設定する方法を紹介します。

※このページの写真はクリックすると、別ウィンドウで大きな画像を表示します。

NECのSIMロックフリーLTEモバイルルーター「Aterm MR04LN」で2枚のSIMを挿すやり方

1枚目のSIMはすでに挿してあります。
DTIの半年タダで使えるSIMです。

今回は、更に2枚目のSIMとして0円SIMで有名なnuro mobile(旧so-net)のフリーSIMを挿します。
nuro mobile(旧so-net)の0円SIMは、1ヶ月間5MB未満までは無料で使えます。

では、早速NECのAterm MR04LNに2枚目のSIMを挿してみます。

▼SIMを切り離す
so-netの0円SIMを切り離す

nuro mobile(旧so-net)から送られてきたSIMを切り離します。

▼本体のSIM差し込み口にSIMを挿す
NECのAterm MR04LN本体のSIM差し込み口にSIMを挿す

NECのAterm MR04LN本体のSIM差し込み口にSIMを挿します。
ピンク色の線が2箇所ありますが、これがSIMの差し込み口です。
写真をよく見ると、MicroSIM①とMicroSIM②とあるのが分かると思います。

MicroSIM①の方には、すでにDTIのSIMが挿してあるので、下側のMicroSIM②の方へ挿します。

▼ルーターの電源を入れて、設定画面へ
NECのAterm MR04LNルーターの電源を入れて、設定画面へ

ルーターの電源を入れて、設定画面へ移動します。

▼メニューの「APN設定」を選ぶ
NECのAterm MR04LNメニューの「APN設定」を選ぶ

メニューに「APN設定」があります。
APN設定の画面に移動します。

▼設定を編集するSIMを選択する
NECのAterm MR04LNのAPN設定で設定を編集するSIMを選択する

これから設定する方のSIMを選択します。
先ほどMicroSIM②に挿したnuro mobile(旧so-net)の0円SIMを設定するので、SIM2を選びます。

▼新規追加を選択する
NECのAterm MR04LNで新規追加を選択する

既に挿して使ってるDTIが表示されていますが、今回はnuro mobile(旧so-net)を追加するので「新規追加」を選びます。

▼APN情報を入力する
NECのAterm MR04LNでAPN情報を入力する

nuro mobile(旧so-net)から送られてきたマニュアルを見ながら、APN情報の入力をします。

  • サービス名
  • APN
  • ユーザー名
  • パスワード

サービス名は適当でOK!
自分でSIM①と②の区別ができるような名前がいいです。

APN、ユーザー名、パスワードは、nuro mobile(旧so-net)のマニュアル通りにします。
入力が終わったら、上部にある《登録》を押して終了です。

▼2枚のSIMが確認できる
NECのAterm MR04LNで2枚のSIMが使える状態になった

DTIのSIMnuro mobile(旧so-net)のSIMが両方使えるようになっています。

最初に書いたように、nuro mobile(旧so-net)の0円SIMは一ヶ月の通信5MB未満までは無料です。
ただし、それを越えると通信費がかかります。

なので、一ヶ月間で5MBまではnuro mobile(旧so-net)の0円SIMを使うように設定します。
その後は、半年間タダで使えるDTIのSIMに切り替えて使います。

半年タダの「DTI SIM」お試しプランは、一ヶ月間に無料で3GBまでが無料です。
nuro mobile(旧so-net)と合わせて、3.5GB未満までタダで使えることになります!

NECのSIMロックフリーLTEモバイルルーター「Aterm MR04LN」で通信量の上限設定をする方法

TOP画面から、設定メニューへ移動します。

▼データ通信量設定へ移動する
NECのAterm MR04LNデータ通信量設定へ移動する

設定メニューの最下部にある「データ通信量設定」を選びます。

▼通信量設定するSIMを選択する
NECのAterm MR04LN通信量設定するSIMを選択します

データ通信量の設定をするSIMを選択します。
今回は「SIM2 LTE/3G」です。

▼通信量の設定画面
NECのAterm MR04LN通信量の設定画面

メニューがいくつかあります。
今回、設定するのは「通信量管理機能(ピンクの下線)」と「通信量の上限値(オレンジ色の下線)」です。

▼通信量の上限を設定する
NECのAterm MR04LN通信量の上限を設定する

通信量の上限を数字と単位を指定して、入力します。
so-netは一ヶ月5MB未満が無料です。
今回初めて上限設定をするので、少し余裕をみて490MBにしてみました。

▼通信量管理機能の設定
NECのAterm MR04LN通信量管理機能の設定

「通信量の上限値(オレンジ色の下線)」は、《ディスプレイに表示して通信を停止する》を選択します。
いま設定した上限値(490MB)で利用を停止してくれるはずです。

設定後は、上部にある《登録》を押して、設定内容を確定して完了です。

【2016/04/25】追記

設定した上限値に達したところで「通信量超過により通信停止中」となりました。

▼通信量が上限に達した時の表示
NECのAterm MR04LN通信量管理機能を設定してみた結果

利用データ量の表示を見ても、490MB/490MB で止まっているのが分かります。
これなら、料金によって上限設定のある格安SIMも安心して使えます。

▼NECプラットフォームズ SIMロックフリー LTE モバイルルーター Aterm MR04LN
NECプラットフォームズ SIMロックフリー LTE モバイルルーター Aterm MR04LN ( デュアルSIM 対応 / microSIM ) PA-MR04LN


▼6ヶ月間無料で使えるDTIの格安SIM
DTI SIM お試しプランLP

▼毎月500MBまで無料で使える0SIMなら、nuro mobile

SIMフリーでおススメのモバイルルーター

最近買って良かったものを紹介します。
SIMフリーのモバイルルーターを探してて、(夫が)悩み抜いた結果、NECのモバイルルーターを買いました。

NECプラットフォームズ SIMロックフリー LTE モバイルルーター Aterm MR04LN

▼小さい・薄い・軽いので、持ち運びにも邪魔にならない

docomoガラケーと並べてます。
小さいし、薄いし、軽いので、カバンに入れても邪魔になりません。
SIMフリーのモバイルルーターなんて、使うのはだいたい外出時なので、持ち運びが便利なのが一番です。

地味に嬉しいのがストラップをつけられるところ。
四角い物体よりストラップがあった方がカバンの中でも探しやすいですよね。
他の人が同じものを持っていても、ストラップがあれば自分のと直ぐに分かります。

つい先日まで2年縛りのWiMAXを使っていました。
都内住みですが、WiMAXは建物の中に入るとつながらないことが多くて買い換えは決めていました。
今はDTIの半年間フリーSIMを使っています。
今まで電波が入らなかったところでもサクサクです!

▼WiMAXとの厚み比較

この前まで使ってたWiMAXと並べています。
WiMAXのが厚みがあります。
(厚さの参考にタバコを置いてます)

▼モバイルルーターの裏側

文字が薄くなると困るので、上から透明なテープを貼っています!

  • 小さい・薄い・軽い
  • SIMカードは2枚挿せる
  • 何GBを越えたら、もう一枚のSIMを使うとか設定ができる
  • 電池の持ちがいい
  • ストラップもつけられる

夫に「あと5年はこれを使ってればいいよ」と言われましたので、5年は使おうと思います(笑)
バッテリーがダメになるまで使えとのことだそうです。
今は買ったばかりだし、電池も全然減りません。

0円SIM使いたいな〜でも、フリーのSIMを入れられる機械がないと悩んでる人にはおススメです。
ASUSのショップでもSIMフリーのスマホ見たんですが、大きいし持ちにくいのでやめました。

いまメインで使ってるスマホがiPhoneのSIM無しで、携帯はガラケーの通話のみという環境です。
なので、このルーターを持ち歩けば、iPhoneでもネットがつながるようになりました。

あとSIMが2枚挿せるので、近々別の0円SIMを契約して使ってみようと思います。
新しく別のSIMを挿したら、また追記を書きます。

▼NECプラットフォームズ SIMロックフリー LTE モバイルルーター Aterm MR04LN
NECプラットフォームズ SIMロックフリー LTE モバイルルーター Aterm MR04LN ( デュアルSIM 対応 / microSIM ) PA-MR04LN


▼6ヶ月間無料で使えるDTIの格安SIM
DTI SIM お試しプランLP