ネットでジャンクPCを買う時は慎重に(3)〜レッツノートCF-S9ジャンク分解日記(20160524)

ノートパソコン(Let’s NOTE)のジャンクを分解・清掃・交換・修理→再生させる作業の日記です。

今回は、ジャンク【レッツノートCF-S9】の分解・清掃・修理の作業をします。

知人からジャンクの再生を頼まれました。
届いたのは、見るからにジャンクなレッツノートS9が三台です。

今回のLet’s Note S9ジャンクPCの状態【3台目】

まずは、ノートパソコンの状態確認から。

  • HDD無し、ケーブル無し
  • メモリ1GB(にわざわざ交換されてる)
  • 底面のネジがほとんど無い
  • 電源入らない(通電しない)

元から刺さってる(はずの)2GBのメモリが1GBに変えられてました。
2台目と同じです。
2台目と3台目は別のところから購入したらしいんですが、そういうの流行ってるんですかね。

激ジャンクPCを再生させる【3台目】

3台目のジャンクは、通電さえしないので望み薄ですが、とりあえずできることだけやってみます。

PCカードスロットのフタ以外、底面のネジがありません。
すでに欲しい部品(ネジやメモリ)を取った後という感じが否めないですね(汗

とりあえず分解、内部をクリーニングしてケーブルやコネクター類の接続なども確認してみます。
改めて電源を入れて見るも、やはり通電しない…

うちにあるレッツノートの他の電源ケーブルでも試しましたが、結果は同じでした。

念のため、分解のためにはずしていたバッテリーを入れて、少し充電してから再度電源を入れてみます。
が、やはり通電しません。
残念ながら、3台目はここで終了です。

電源が入らない、入りにくいだけなら、むしろ大好物です。
ジャンクPCのだいご味だと思います。
でも、通電しない以上、私には手が出ません。

このことは知人にも言ってあったのにと思い聞いてみると、購入時のページ情報では「BIOS画面は確認できる」とあったようです。

BIOS画面が見られるどころか、電源すら入りませんでしたけどね。

見た目はそこまでひどい状態ではなかっただけに、通電しないのは痛かったです。

ネットでジャンクPCを買う時は慎重に(2)〜レッツノートCF-S9ジャンク分解日記(20160524)

ノートパソコン(Let’s NOTE)のジャンクを分解・清掃・交換・修理→再生させる作業の日記です。

今回は、ジャンク【レッツノートCF-S9】の分解・清掃・修理の作業をします。

知人からジャンクの再生を頼まれました。
届いたのは、見るからにジャンクなレッツノートS9が三台です。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

今回のLet’s Note S9ジャンクPCの状態【2台目】

まずは、ノートパソコンの状態確認から。

    【2台目】

  • ケーブル無し
  • メモリ1GB(にわざわざ交換されてる)
  • メモリ差込口(上段)のレバーが曲がってる(そのままではメモリが刺さらない)
  • 底面のメモリふた周りが大きく破損(穴)
  • PCカードスロット無し・ふたに凹み
  • 外部内部のネジ不足多数・でたらめ
  • BIOS画面確認できず

▼メモリのふた周りが大きく破損
ジャンクのレッツノートCF-S9の底面、メモリのふた周りが大きく破損して穴が開いてる

パッと見では分かりにくいですが、ふたの周囲が下半分割れています。
ふたを開けると、メモリの開閉レバーが曲がっておりふつうに差すだけではメモリが入りません。
ピンセットでレバーを開いた状態で固定すればささりますが…それを良しとする人はあまりいないですね。

一番驚いたのが、メモリを1GBに入れ替えていたこと。
1GBのレッツノートCF-S9なんてあり得ません(汗

更に、ネジ類がでたらめにはめられていたのも参りました。
別のネジを無理やりはめてるので、クルクル回るばかりで外せないネジなどあり、開けるのに苦戦しました。
下手したら、開けることもままならず終了していたかも。

激ジャンクPCを再生させる【2台目】

2台目のS9はインストール画面は見られるけど、BIOS画面が確認できない状態。
BIOSを見て状態確認をしないと先へ進まないので、まずはこのPCの状態確認をします。

インストール画面でCtr+Alt+Delして、F2を押すも真っ黒なまま。
※ インストール画面というのは、真っ黒な画面に「Install Boot Media in selected Boot device and press a key」というメッセージが表示される画面のことです。

液晶モニターの不具合も考慮して、別のモニターに接続するもやはり映りません。

とりあえず分解して、内部を清掃。
再度起動してみます。
外部接続(USB接続)のキーボードでつないだところ、BIOS画面が見られました。

Ctr+Alt+Delは問題なく使えていたので、FunctionキーかF2キーが壊れていたようです。
が、キーボードは換えがあるので、どちらのキーかまでは特定しません。

BIOS情報を見ると、累計利用時間が3000H未満と判明したので、どうにか再生したいところです。

4GBのメモリを入れて起動を試みるも…またもや画面の表示をしなくなりましたorz
メモリを別のものに換えるも、画面は映りません。

今度はメモリの差込場所を変更してみます。
下段(マザーボードに近い方)でなく、上段(外から差し込める方)にメモリを入れて、電源を入れてみたところ、画面が表示されました。
どうやら、このPCは下段のメモリ差込口が壊れているよう(認識しない)です。

SSDを入れて、Windowsをインストールしたところ、無事インストール完了。
無線LANもがっちりつかんでいるしOKかな…
と思ったのですが、再起動してみると、画面解析度が低くなっています。
さらに再起動したところ、通常の解析度に戻りました。

短時間の起動だけでは気付きにくい熱暴走

ところが!
BIOS画面で現在時間を設定していたらいきなり落ちました。
その後、何度か再起動を繰り返すも、起動間もなくバッツンバッツン落ちます(汗

この落ち方は、どうも熱暴走臭いです。
送風口近くに耳を近づけて音を聞いてみると、ファンの回転音が聞こえません。

ファンを確認するために、再度、このジャンクPCを分解。
トップカバーをはずし中が見える状態で、電源を入れてみます。

…残念ながら、ファンは回っていませんでした。
ファンが回らなければ、時間の経過とともに内部に熱がたまり熱暴走してしまいます。

希望は薄いですが、ファンと冷却装置を交換してみます。
ファンの交換をしても、やはりファンは回りませんでした。

ファン自体が壊れているのではなく、マザーボードの方がおかしいようです。
1台目と同じですね。

マザーボードが壊れている以上、再生はできません。
部品取りにしても、メモリをわざわざ1GBに入れ替えてるのはどうなんでしょうね。

液晶モニターとDVDドライブは使えます。
ただ1台目の時も書きましたが、この2つはあまり困ってないんですよね…
バッテリーがあったのが救いです。
最近、バッテリー無しのジャンクレッツノートが多いので。

熱暴走は気付くのに多少時間がかかりませす。
起動の確認やBIOS画面を表示するくらいだと分かりません。

ファンの音がしないと分かった後、ファン付近を冷やしてみました。
すると案の定、起動時間が長くなりました。
もちろん、何度か再起動などしてるうちにとガツっと落ちましたが。

しかも、ファン自体の故障でなく、マザーボード側の問題では部品取り以外には使えません。
底面の物理的な破損、メモリを1GBに入れ替え、ネジがでたらめ、下段メモリ差込口が認識しない、挙げ句にファンが回らず熱暴走…かなりのジャンクでした。

ネットでジャンクPCを買う時は慎重に(1)〜レッツノートCF-S9ジャンク分解日記(20160524)

ノートパソコン(Let’s NOTE)のジャンクを分解・清掃・交換・修理→再生させる作業の日記です。

今回は、ジャンク【レッツノートCF-S9】の分解・清掃・修理の作業をします。

知人よりオクで購入したジャンクを再生してくれと、レッツノートS9が三台届きました。

これまでに何十台もレッツノート CF-S9のジャンクを見てきました。
が、今回の3台をさわってみて、オクでのジャンク購入について考えさせられました。

1台ずつ、状態確認など書いていきます。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

今回のLet’s Note S9ジャンクPCの状態【1台目】

まずは、ノートパソコンの状態確認から。

  • バッテリ無し、ケーブル無し、HDD無し、メモリ無し
  • ウィンドウズのプロダクトシール無し
  • 天板に擦り傷状の穴
  • トップカバー(左右アームレスト)の擦れ・黒ずみがひどい
  • 右アームレストに穴
  • 累計使用時間が15000時間超

▼左アームレストの汚れ
ジャンクのレッツノートCF-S9でトップカバーの汚れがひどい

左右のアームレストは塗装がはがれて、黒くなりがち。
ただこれほど真っ黒なのはなかなか見かけませんね。
右のアームレストにいたっては、穴が空いてますから。

ここまでくると、さすがにトップカバーを丸っと交換でしょう。
ただ擦れや黒ずみがひどくても、マザーボードが正常ならガワを交換すれば問題ありません。

激ジャンクPCを再生させる【1台目】

これまでジャンクを買ったり修理を頼まれました。
でも、正面(アームレスト)に穴が空いてるのは初めてです。

ジャンクPCショップなら、実物が確認できるので、自分では絶対購入しません。
知人はネットで購入したようで、写真では確認できなかったのでしょう。

写真の撮り方次第で、ある程度見栄えがする画像ができますから。

▼右アームレストの穴
ジャンクのレッツノートCF-S9で右アームレストに穴

今回のアームレストの穴もパッと見ただけだと、擦れで黒ずんでるようにしか見えません。
手元でよ〜く見てはじめて穴だと分かりました。
※この写真は穴が確認しやすいよう、明るさなど調節しています。

まあ、我が家にはレッツノートCF-S9のパーツがいろいろありますので、トップカバーごと交換することはできます。

気になるのは累計使用時間です。
15000Hを越えていました。
ガワを換えれば何とか再生できそうかな? という感じです。

15000H越えのジャンクPCですから、いったん分解して内部を清掃します。
中もそれなりに汚れてましたが、内部も見た感じは問題なさそうです。

見た目には分からなかった致命的な欠陥が…

清掃後、元に戻して、SSDにWindowsインストール、ここまでは順調にできました。
が、Windowsを起動しても、無線LANを認識しません。

念のため、無線LANモジュールを交換してみましたが、やはり無線LANを拾いません(><)
無線LANのアイコン(?)自体がなく、どうもマザーボードの方で無線LANのドライバー認識すらしない状態です。

無線LANが使えないジャンクはたまに見かけます。
見た目には分からないし、インストール画面やBIOS画面が見られれば、これは再生可能なパソコンだなと判断されやすいです。

ですが、ノートパソコンで無線LANが使えないのは、はっきり言って致命的です。
ゲーム用の据え置きノートPCならともかく、軽くて頑丈な持ち歩き用のレッツノートですからね。

マザーボードに問題がある以上、このPCは部品取り以外、何の役にも立ちません。

部品と言ってもケーブルなし、HDDなし、バッテリー無しですが(笑)
天板とトップカバーに穴があるので、ガワは使えませんし。

使えるのはモニターとDVDドライブくらいですかね。
どちらも困ってないのが更に残念なところです。