ジャンクのLet’sNOTE CF-S10分解日記(20160621)

ノートパソコン(Let’s NOTE)のジャンクを分解・清掃・交換・修理→再生させる作業の日記です。

今回の作業PCは【レッツノートCF-S10】ジャンクで再生が目的です。
事前情報では、液晶破損ということでした。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

今回のLet’s Note S10ジャンクの状態

ジャンクのノートパソコンを分解する前に、必ず状態の確認をします。
詳しくは『ノートパソコンを分解する時の基本パターン 』を参照して下さい。
今回のジャンクはメモリが入ってないので、自宅にあるメモリを入れて動作確認をします。

  • メモリ、HDD、ACケーブル、バッテリー、Windowsシリアルのシール無し
  • 天板割れあり
  • 液晶破損
  • メモリを入れて、起動画面とBIOS画面は確認できた
  • 底面ネジが1本外れない(土台破損)

レッツノートCF-S10の分解、液晶交換、内部清掃で役立つのは以下の道具です。

液晶モニターと天板を交換する

▼液晶の割れを確認
レッツノートCF-S10のジャンクPCで液晶の割れを確認

事前情報通り、液晶が破損しています。
液晶が割れていても一部が映れば、BIOS画面が表示されることが確認できます。

BIOS画面を確認したいので、とりあえず液晶を交換してみます。

側面のネジを外そうとしたところ、ネジがなめかかっていました。
失敗するとネジが完全になめてしまうので、ここは慎重にネジのすべり止め液を使います。

▼ネジすべり止め液の使い方
ネジすべり止め液の使い方

説明書きには1〜2滴垂らすとありますが、直接垂らすと大抵は多すぎになるので、紙の上などに垂らして、ドライバーの先で触る感じがいいです。
私は以前、ねじ穴に直接垂らして、あふれ出したことがあります(汗

▼天板の割れ
レッツノートCF-S10のジャンクPCで天板の割れ

液晶の交換だけでいいかな? と思っていましたが、よく見ると天板に割れがありました。

▼天板の端まで完全に割れている
レッツノートCF-S10のジャンクPCが天板の端まで完全に割れている

先ほどの写真だと割れというよりヒビでしたが、モニターの枠を取り外すと、天板の端っこまで割れているのが分かります。
(ピンぼけで見にくいですが、真ん中辺りです)

※ 写真の右側に移ってる青いのは、ヘラです。
iOpenerに入ってるヘラですが、レッツノートでモニター枠を外す時に重宝します。

天板交換となると、無線LANケーブルとアンテナを外さないといけません。

▼レッツノートの天板の裏側
レッツノートCF-S10のジャンクPCの天板の裏側

レッツノートの天板の内側に無線LANのケーブルがあります。
天板の端っこにアンテナ部分が設置してあります。

これをいったん取り外さないと天板の交換ができません。
液晶だけの交換より、ちょっと面倒です。

▼天板内側の無線LANアンテナを外したところ
レッツノートCF-S10のジャンクPCで天板内側の無線LANアンテナを外したところ

天板から無線LANのアンテナを外したところです。
これで天板と液晶モニターが交換できます。

▼レッツノートのモニターケーブル接続部分
レッツノートCF-S10のジャンクPCのモニターケーブル接続部分

液晶の裏側にモニターケーブルの接続箇所があります。
両端の金属部分を外にスライドさせながら丁寧に外します。

▼液晶だけ接続してBIOS画面を確認
レッツノートCF-S10のジャンクPCで液晶だけ接続してBIOS画面を確認

交換用の液晶モニターをケーブルだけ接続して画面が映るか確認します。
モニター枠など全部はめてしまうと、問題があった時に面倒ですので。

BIOS画面を確認したら、ドライブのオン/オフなど確認、必要があれば設定を変更します。
ついでに、時刻設定を直します。
BIOS画面をいじったら、必ず設定変更を上書きしてから再起動します。

ジャンクPCで電源オフの状態で液晶の破損を見抜く

ジャンクPCでは液晶が破損してることも多々あります。
その際、電源オフで画面が真っ暗な状態でも、液晶ワレは分かります。

▼電源オフでも分かる液晶ワレ
レッツノートCF-S10のジャンクPCで液晶破損を見抜く

この写真は分かりやすいパターンですが、良く見るとこんな風に画面の破損状態が分かります。
これほどはっきりしてない場合でも、画面に線が入ってたりします。

真っ正面からだけでなく、角度を変えて、よく見てみると色の違いで分かります。

ジャンクでたまにある、ネジが回らないパターン

今回のレッツノートS10ジャンクで想定外だったことがひとつ。
それは、底面のネジが一本外れなかったことです。

ネジは回るんですが、外れないままです。
グルグル回るばかりで外れる感触がありません。

分解に差し支えのないネジだったので、とりあえずトップカバーやキーボードを外してみます。

すると、ネジの土台が根本から取れていました。

▼ネジの土台が根本から折れて、ネジがはめられてる
レッツノートCF-S10のジャンクPC

▼ネジの土台があった場所
レッツノートCF-S10のジャンクPC

取れた土台にネジをはめて、元の位置に置いてる状態ですね。
ジャンクPCだとたまに見かけます。

これがキーボードのネジだったりすると分解できなくなるので、ルーターの出番になったりします。

ネジ回しに失敗すると、こういうことになります、という例です。
ネジを外す時は、押す力7・回す力3です。

そして、ネジを締める時は固く締めすぎないこと。
感触でここまで! というのが分かるので、それで充分です。
夫曰く、ネジなんてそれでなくても締まってくから、必要以上に固く締めたらダメだそうです。


ネジの土台は接着してもいいですが、今回はこの状態でも特に支障がないので放置です。

液晶破損だけかと思いきや天板ごと交換、さらにネジが外せなかったりと問題はありましたが、これでノートパソコンとして再生できます。

液晶モニターの交換で使った道具の紹介

このページで使ったノートパソコンの分解・清掃に役立つ道具類を紹介します。

レッツノートの分解に必須のvessel +00のドライバーレッツノートの分解に必須の精密ピンセットレッツノートの分解にあると便利な基板コネクター抜きレッツノートの分解に必須のiOpener



左から、
ベッセルの+00のドライバー
先曲がりのピンセット
基板コネクター抜き
iOpener

Let’sNOTE CF-LX3でメモリ交換・HDD交換(SSD換装)する方法を図解

ノートパソコン(Let’s NOTE CF-LX3)を分解して、HDDを交換・SSDに換装する交換する手順を写真つきで解説します。

  • レッツノートLX3のメモリを交換したい
  • レッツノートLX3のHDDを交換したい
  • レッツノートLX3のHDDをSSDに換装したい

などの時に役立つレッツノートCF-LX3の分解情報です。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

Let’s Note LX3の分解(基本)

レッツノートLX3のファン掃除で役立つのは以下の道具です。

▼ レッツノート LX3
パナソニックのノートパソコンLet'sNoteLX3

レッツノートのLX3です。
HDDの交換(SSDに換装)とメモリ交換の方法を紹介します。

▼ レッツノートLX3の底面ネジ図

レッツノートLX3の底面ネジ図

分解作業前に必ず、バッテリーを外して下さい。
HDD交換(SSDに換装)の場合は、底面のネジを外す必要はありません。
メモリ交換の場合は、青い○のネジだけ外します。

レッツノートLX3の底面ネジ

外したネジは、後で分からなくならないようにマグネットシートに載せておくと便利です。

▼ レッツノートLX3でメモリ交換

レッツノートLX3でメモリ交換

青い○のネジを外したら、フタを開けます。
フタには爪があるので折らないように注意しましょう。

レッツノートLX3でメモリ交換

メモリの両脇にあるレバーを押して開くと、メモリが取り出せます。
レッツノートのLX3に入るメモリは、DDR3です。

▼ レッツノートLX3でHDD交換(SSD換装)

レッツノートLX3でHDD交換(SSD換装)

次に、LX3でのHDD交換(SSD換装)のやり方を紹介します。
バッテリーを外したところ、内部の側面にネジがあります。

上の写真でピンク色の○の部分です。
このネジを外します。

▼ 中のフタを左へずらす
レッツノートLX3でHDD交換(SSD換装)

ネジを外したら、フタになってる金属部分を左へスライドします。
するとフタ部分が本体から外せます。

▼ HDDを取り出す
レッツノートLX3でHDD交換(SSD換装)、HDDを取り出す

金軸のフタをずらすと、中央部にペロっとしたのが出てきます。
(写真、真ん中の白い部分)
これを引っ張るとHDDが取り出せます。

▼ HDDを引っ張り出したところ
レッツノートLX3でHDD交換(SSD換装)のために中からHDDを引っ張り出したところ

レッツノートLX3でHDDを引っ張り出したところです。
右側のオレンジ色の部分が、HDDの接続箇所です。
取り出したHDDの接続を外せば、他のHDDに交換したり、SSDに交換できます。

CrucialのSSDとかおススメです。

今回のレッツノートLX3は借り物でちょっといじらせてもらっただけなので、メモリ交換とHDD交換の場所の確認だけでした。
完全分解できなかったのが心残りです(笑)

レッツノートLX3の分解で使った道具の紹介

このページで使ったノートパソコンの分解・清掃に役立つ道具類を紹介します。

レッツノートの分解に必須のvessel +00のドライバーレッツノートの分解に必須の精密ピンセット



左から、
ベッセルの+00のドライバー
先曲がりのピンセット

中古の使い回しノートPCにkali linuxをUSBからインストールする

Linuxインストールの備忘録です。
今回は、使い回しの中古ノートパソコンに、USBからkali linuxをインストールします。

使い回しの中古ノートパソコンに、USBからkali linuxをインストール

インストール用のUSBは夫がコピー済みです。
kali linuxのインストール自体、夫に頼まれた作業なので。

kali linuxインストール自体の作業の流れは書きません。
公式サイトなどを参照すれば、問題なし。

ただし、今回は使い回しのHDD・SSDが入ったノートパソコンを使ったので、途中で「システムのインストールに失敗しました」と言われて、少々つまづいたので、エラー箇所をメモしておきます。

インストールしたのは、無線LANモジュールを交換しておいたPrime Note Galleria QF560です。

kali linuxのインストールに失敗したら?

預かっていたUSBからインストールしても「システムのインストールに失敗しました」と言われます。
何度かやり直すも失敗を繰り返すのみで、先へ進みません。

システムのインストールより前に戻ってやり直し箇所を選択します。
と言っても、エラーが出そうな場所はパーティーション設定くらいしか見当たりません。

パーティション設定をしたことのない私にはちんぷんかんぷんでしたが…
このノートパソコンは夫のものだったので、恐らくパーティションはいじってあったはず。

それが何か不具合を起こしてるのでは? と思い、現状のパーティションを全部削除。
夫が設定していたであろうパーティションの設定を削除して、再度インストールをするとスムーズにインストールが終了しました。

kali linuxインストール後に肝心の無線LANをつかまなかったら?

パーティションを削除してやり直すことで、インストールは無事完了。
念のため、kali linuxを起動してみます。
無線LANをつかんでるか確認するためです。

すると、機内モードがオンになったままで、無線LANを拾えません。
機内モードのオン/オフ、無線LANの切り替えもできない状態です。

ギブアップで夫にパソコンを見せると…
トップカバー上部にある無線LANのボタンを押して、機内モードがオフになり、無線LANをがっつりつかみました。

私は作業中に何度も開けたり閉めたりが面倒だったので、トップカバーを外した状態で外付けキーボードで操作していました。
外付けキーボードには無線LANのスイッチがなかったので切り替えできなかっただけでした。

以上、kali linuxのインストールに関するメモでした。

install

Prime Note Galleria QF560を分解、無線LANを交換する手順を写真つきで解説

ドスパラのノートパソコン(Prime Note Galleria QF560)を分解して、無線LANモジュールを交換する手順を写真つきで解説します。

  • Galleria QF560で無線LANモジュールを交換したい
  • Galleria QF560でHDDを交換したい
  • Galleria QF560でSSDを交換したい
  • Galleria QF560でファンの清掃をしたい

★ ノートパソコン分解の基本(メーカー機種問わず共通の分解方法)の手順は『 ノートパソコンを分解する時の基本パターン 』ページを参照して下さい。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

Galleria QF560S9のファン掃除で役立つのは以下の道具です。

Galleria QF560の分解(基本)

ドスパラのノートパソコン Galleria QF560は、すでに一度底面のフタを開けてファンの清掃をしたことがあります。
ただ今回は、無線LANのモジュールを交換するという目的があるので、さらに分解する必要があります。

まずは、裏ブタを開ける前にバッテリーを外します。

▼Galleria QF560の底面図

Galleria QF560の底面図

バッテリーを外したら、見えるネジを全て外します。
ピンク色の○

外したネジは、後で戻す時に分からなくならないようにマグネットシートなどに実際と同じ配置で置いておくのがおススメです。

ネジを外したら、裏ブタ(緑色で囲んでる部分)を外します。
オレンジ色の印の凹みからヘラなどを差し込むと開けやすいです。

▼Galleria QF560でHDD・SSD・ファンを外したところ

Galleria QF560でHDD・SSD・ファンを外したところ

※ 写真を訂正しました(2016/06/06)
⇒ 左上のHDD(SSD)のネジは下でなく、上側でした。下にはめると、底面のカバーをはめた時にネジが入らなくなります。

左上と右下がHDD(SSD)を入れる場所です。
留めているネジ(緑色の○)を外して、青色の印の接続箇所から引き抜きます。
HDDやSSDを新しいものに換える際は、青色の印の接続箇所にしっかり差し込んでから、ネジを留めます。

右上は、ファンのあった場所です。
ファンを固定してるネジ(緑色の○)を外し、ファンケーブルを抜いてから、ファンをどけます。

ここまでは分かっていた部分なので、特に問題なく分解できます。

でも今回は無線LANのモジュールを交換したいので、さらに分解する必要があります。
ネットでGalleria QF560の分解を探してみたものの、ここから先の分解情報は見当たりません。

ここからはノートパソコンの構造をくまなくチェックしながら、手探りの分解になります。

Galleria QF560の分解(続き)

裏ブタを開けた状態で目に見えるネジを全部外します。
(ヒートシンクを基盤に固定してるネジは除く)

先ほどの写真(Galleria QF560でHDD・SSD・ファンを外したところ)で言うと、ピンク色の○が内部のネジになります。

外から見える部分が5箇所、左上のHDD(SSD)を外すともう一箇所ネジがあるので、これも外します。
でも、まだカバーは外れません。

念のためDVDドライブを外して、ドライブの内側にネジがないか確認します。
DVDドライブは東芝ノートパソコンDynabookのT653を分解した時と同様に、エマージェンシーホール(小さい針穴のようなところ)にクリップの先などを刺すとドライブが押し出されてきます。

出てきたDVDドライブは、そのまま引き抜くことができます。
が、内側にネジなどは見当たりませんでした。

次に、キーボードを外してみます。
キーボードは爪の部分をひとつずつ外していくと取れます。

▼Galleria QF560のキーボードを外す
Galleria QF560のキーボードケーブルを外す

キーボードを外す前に、本体とつながってるキーボードケーブルを外しておきます。
写真中央の薄っぺらい幅広のケーブルが、キーボードケーブルです。
黒いレバーを起こしてケーブルを抜きます。
これで、キーボードが外れます。

キーボードを外したところで、カバーが外れないか、隙間にヘラを差し込んでみます。
上辺手前まではカバーが開くのですが、上辺部分が外れません。

▼Galleria QF560のフロント上部カバーを外す
Galleria QF560のフロント上部カバーを外す

Galleria QF560の上部は電源ボタンなどが並んでいます。
この、フロント上部のカバー(緑色で囲んでる部分)も外れるのかなと思い試してみました。
下側の爪を外していくと、上部カバーが取れました。

フロント上部のカバー下に、ようやくお目当ての無線LANを発見。

▼Galleria QF560のフロント上部カバー下に無線LANモジュール
Galleria QF560のフロント上部カバー下に無線LANモジュール

手前のケーブルが邪魔なので、赤い印の接続部分を抜いてケーブルを外します。

それから無線LANケーブル(ピンク色の○)を2本共外して、無線LANモジュールを固定してるネジ(写真では見えないが、青色の印の場所)を外すと、無線LANモジュールが取れます。

交換用の無線LANモジュールにはめ直せば、今回の目的は達成です!

実は…この作業、夫に頼まれたものでした。
トップカバーを途中まで開けた時に、中のマザーボードを覗いて無線LANを探しも見当たらず、裏ブタを開ける以上の分解手順も不明だったので、ヒンジカバーを外してみたりかなり悪銭苦闘しました。

ともあれ、無線LANのモジュール交換という目的が果たせて良かったです。
自分のブログでこれまでの分解や夫から教わったことなど、初見のノートパソコンの分解手順をまとめておいたのが役立ちました(笑)

Galleria QF560の分解で使った道具の紹介

このページで使ったノートパソコンの分解・清掃に役立つ道具類を紹介します。

Galleria QF560の分解に必須のvessel +00のドライバーGalleria QF560の分解に必須の精密ピンセットGalleria QF560の分解にあると便利な基板コネクター抜き



左から、
ベッセルの+00のドライバー
先曲がりのピンセット
基板コネクター抜き

ネットオークションでジャンクPCを買う時に注意したいこと

ネットオークションでジャンクPCを買う時に注意したいこと

ジャンクPCを扱ってるショップが近くにない、
ジャンクショップがある街まで出かける機会がなかなか作れない、

など、ネットでジャンクPCを購入することはあると思います。

私はショップで見て買う方が好きですが、ネットオークションなどもチェックしています。

地方在住だと、ネットショップでのジャンクPC購入がメインになる人も少なくないでしょう。

ただネットオークションでのジャンクPC購入には注意が必要です。

今回の3台は残念感がハンパありませんでした。
(詳細は、レッツノートCF-S9ジャンク分解日記に書いています)

ここではあらためて、ネットオークションでジャンクPCを買う時の注意点を含めてまとめます。

ネットオークション購入で失敗だったジャンクPC3台のまとめ

【1台目】
解像度の低い遠めの写真では、長年の使用による擦れで黒くなってるようにしか見えなかったのですが、実はアームレストに穴が空いていました。
説明文には、穴についての言及はなく、擦れや汚れについてだけ記載がありました。

カバーやアームレストは交換ができるので、まだいいです。

問題はマザーボードですね。
ふつうに起動して問題ないように見えて、実は肝心の無線LANが使えないのは非常に残念です。
マザーボードが無線LANドライブを認識しないとか、インストールしてみないと分かりませんから。

写真も遠めの小さなピンぼけを載せてるだけ、所持者なら絶対に気付くアームレストの穴に言及無しで、説明文に《見落とし勘弁》の予防線…ここまでくると、無線LANが使えないことも知ってて書かなかったのかなと勘ぐりたくなってしまいます(汗

【2台目】
BIOS画面が確認できると記載があったので、キーボードのFunctionキー、もしくはF2キーが利かないことは分かってたはずです。
レッツノートCF-S9でF2が押せない=元からついてるキーボードではBIOS画面が出せませんから。
本当にBIOSの確認ができたなら、外付けのキーボードで操作したはずです。
キーボードに利かないキーがあるのに記載無しというのは、どうなんでしょうね。

メモリの開閉レバー異常についても、気付いてたのでは? と感じます。
ふつうに差しただけではメモリが刺さらない状態で、わざわざ1GBに入れ替えてあるので、気付かないのは変です。

マザーボードも起動後は問題ないように見えて、実はファンが回らず熱暴走します。
熱暴走で落ちるまで最低でも10分くらい継続して起動していないと気付けませんでした。
前の持ち主は、熱暴走に気付いていたはずです。

【3台目】
通電しないジャンクPC
BIOS画面は確認できると言う記載があったようですが、結局、最後まで何の画面も見られませんでした。

2台目、3台目のメモリをわざわざ2GBから1GBに差し替えてたのには、ビックリしました。
え、わざわざ…? としか言いようがありません。
もうメモリはずしちゃえば?! と思いますが、インストール画面やBIOS画面が確認できるように残してるんでしょうか。

ネットオークションで中古パソコンを買う時に注意したいこと

ネットオークションで中古のノートパソコンやジャンクPCを買う時、確認しておきたいことをまとめてみました。

写真

裏表(天板と底面)の全体写真だけ、しかも画像サイズが小さかったり解像度が低いのは不親切だと思います。
よくあるテクニックとしてはホワイト(明るさ)を強くして、キズや汚れを見えにくくしてる出品者が多いです。

中古のノートPCであれば、多少の擦り傷はあってふつうです。
写真修正でキレイに見せる必要はありません。
なぜなら、状態が良い場合、出品者は説明文やタイトル部分に《美品》だとか書いてくるのが一般的だからです。

写真だけ修整してキレイに見せようとするのは、積極的に《美品》の文字を入れることはできない状態なんだろうと推測せざるを得ませんね。

むしろ、破損箇所の写真を個別にアップで載せている方が良心的な印象を受けます。

説明文

見落としがあるかもと言う予防線を入れているケースもたまに見かけます。
外側のキズや汚れについては、人それぞれで「汚い」「ひどい」と思う基準はまちまちです。

出品者が大したことないと感じたキズなども、購入者によっては「ひどい状態」と感じることもあるでしょう。

ただし、パソコンの状態については別です。
業者でも個人でも、電源が入るか、BIOSが見られるかなど確認します。

電源入ります、BIOS確認できましたと書けばいいでしょ? みたいな説明文は、注意した方が良いかもしれません。

所有者が個人であれば、自分自身で使っていたのでしょうし、どういう状態か一番よく把握しているはずです。
パソコンに詳しくないユーザーでも、分かっていることを書いてくるのがふつうです。

写真だけではバレないことはあえて書かない方が高く売れる可能性がある、と考えている出品者がいないとは言えませんし。

電源が入ったり入らなかったりするとか、
Windowsアップデートしようとすると突然落ちるとか…
ネットオークションに出品することになった原因をはっきり書いている方が、親切だと思います。

報復評価

通電すらしなかった3台目のノートPCですが、ネットオークションの情報ではBIOS画面が確認できると記載されていたとのこと。

ジャンクPCは基本的にノークレーム・ノーリターンが多いと思います。
ならば、せめて評価欄に通電しなかったとでも書くのかと思いきや、悪い評価はできないとのこと。

オークション歴の長い知人によると、それが事実でも悪い評価を売れると《報復評価》というのがあるそうです。
趣味以上、半分くらい仕事的に利用しているオークションのアカウントで《報復評価》されるのは困ります。
もう二度とその出品者からは購入しないという対抗手段しかないのが現状のようです。

ジャンクPCですから、返品しても交換できません。
ノークレーム・ノーリターンで、報復評価を良しとしない人であれば、私の知人のように二度とその相手から購入しないことで自衛するしかありません。

こうしたネットオークションの現状を考えると、なおさら購入時には商品の写真や詳細情報の真意を読み取るようにする必要があります。