ジャンクのLet’sNOTE CF-S10分解日記(二個一した途端に通電しなくなる)

ノートパソコン(Let’s NOTE)のジャンクを分解・清掃・交換・修理→再生させる作業の日記です。

今回の作業PCは【レッツノートCF-S10】の二個一です。

知人からレッツノートCF-S10のリカバリーを頼まれました。
特に不具合もなく、HDDからSSDに入れ替えて、Windowsを入れ直して欲しいとのこと。

私的にはノートパソコンの分解をして、不良原因を探して直すのが楽しみなんですが(笑)

※ このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

単なるSSD換装から、二個一するはめに

ただのSSD換装か…つまらないな…と思いながら作業開始。
リカバリCDを入れたところ、CDを読み込みしません。

耳を近づけても、ドライブが動き出した時のシャカシャカ音が聞こえません。
中でCDが回転してる様子もないのでドライブ不良のようです。

まあ単なるリカバリーよりは、光学ドライブの交換でもあった方が楽しいですからね。
二個一するために、レッツノート二台を分解しましょう♪

一見新しめの中古パソコンが実は期待はずれなことも

レッツノートCF-S10で底面中央に大きなひび割れレッツノートCF-S10で底面中央に大きなひび割れ


BIOS上では累計使用時間が5000H未満。
見た目もそれほど汚くないと思ったのですが…

分解しようと引っ繰り返してみると、底面中央に大きなヒビ割れがありました。
PCカードスロットのフタを挟んで上の方までヒビが続いています。

レッツノートCF-S10でモニター枠の端に割れレッツノートCF-S10でモニター枠の端に割れ


さらに、いざ分解し始めると、モニター枠の角が割れていて、無理やりはめてある状態(写真左)です。
トップカバーを外すと、モニター枠正面の下側にヒビもありました(写真右)。

ジャンクなので良いんですが…持ってきた知人も気付いてなかったようです。
ネットオークションなんかだと写真の撮り方でキズや割れが見えないこともあります。
気付いてて破損部分など書かないこともなくないので、注意が必要です。

ネットオークションでジャンクPCを買う時に注意したいこと

PCの二個一作業で通電しないトラブル発生

それはさておき、二個一します。

正常に動作するドライブを知人から預かったレッツノートCF-S10に取り付けます。

が、ここで問題発生!!
起動どころか、通電しなくなってしまいました。

私はノートパソコンの分解も二個一も大好きです。
ただし、必ず通電するジャンクPCを選んでします。
起動しなくても、通電さえするジャンクなら喜んでいじるんですが…

同じジャンクPCでも通電しないものは選びません。
(電子工作とかまったくできないので)

でも、今回のパソコンに限っては、少し前にはBIOS起動までしていたものです。

念のために、CPUの乗った基盤単体で電源ケーブルにつなげてみます。
すると、ファンが回り、電源ランプが点きました?!

二個一にする際、何らかの不具合がでてきたと思われます。
一度は途方に暮れかけましたが、根性を決めて通電しない原因を探ることにしました。

ジャンクのノートPCで通電しなくなった原因を探る

レッツノートCF-S10のニコイチで通電しない原因を探る

やり方は至ってシンプルです。
基盤につないでいるケーブルを一本ずつつないで、起動するかどうか確認していきます。

モデムのモジュール、電源ケーブル、モニターケーブル、HDDケーブル、無線LANケーブル、ドライブケーブル(ピンク色の印)を一本ずつつないでテストします。

実際には電源ケーブルとモニターケーブルが格納されている左側のプラスチックカバーを外して、むき出しの基盤でテストしました。
電源ケーブルは以前火花が散って燃えたことがあるので、むき出しはイヤだったんですが…原因を特定するためには仕方ないですね。

レッツノートCF-S10で通電しなくなった原因のHDDケーブルを交換

最終的に犯人はHDDケーブル辺りだと判明しました。
HDDケーブル(緑色の►)を差し込むと途端に通電しなくなります。

HDDケーブルは右側のEXTケーブルやUSBと接続する基盤につながっています。
ケーブルが断線してるのか、それ以外の不具合なのか。
どこが原因か分からないので、HDDケーブルと基盤を丸っと(ピンク色の印)交換することにします。

すると、正常に起動、交換したDVDドライブもふつうに動いて、無事にリカバリー終了です。

ただのSSD換装が、光学ドライブ交換になり、なぜか通電しなくなる…という、なかなか手のかかる作業でした。

けど最終的にニコイチが上手くできて、要望通りレッツノートCF-S10をSSDにして渡せたので良かったです。

ノートパソコンやタブレットPCの分解には必須のiOpenerを紹介

ノートパソコンの分解に必須なiOpener

ノートパソコンの分解に必須な便利グッズを紹介します。
それは、iOpener(アイオープナー)です。

iOpenerでsurface pro2を開けてるところ

↑写真下部のIFIXITと書いてある黒いやつがiOpenerです。

ノートパソコンやタブレットPCなどを開ける時、強力なテープや糊を使ってることが多々あります。

テープや糊と言ってもかなり強力なので、力でこじ開けるのは厳しいです。
無理やり開けることもできますが、プラスチック部品が破損することもあります。

そうしたテープや糊付けをキレイに剥がすための道具がiOpenerです。
電子レンジでチンして使います。

中身が液体で、電子レンジで温めるとになり熱々になります。
それを剥がしたい部分に載せて、粘着部分をゆるくします。
接着がゆるんだところで、ヘラなどを使って剥がします。

ノートパソコンやタブレットPCを分解するなら、必須の道具です。

同じような機能のものに、ホットガン(ドライヤーの強くて熱いやつ)があります。
うちにはホットガンもありますが、私はもっぱらiOpener派です。

iOpenerは何分チンして使うのが良いか?

ノートiOpenerは、パソコンの分解をはじめて直ぐに知人にもらいました。

一年近く使っていたのですが…
先日、そのiOpenerを破裂させてしまいました。

iOpenerを使うのが久々で、何分チンすればいいのか忘れてしまって、適当でいいかな? と2分チンしたらラスト数秒のところでボワン!! と。

iOpenerには、30秒チンして使えとか何とか書いてあります。

でも、30秒だとそれほど熱々にならないんですね。
ギリギリまで熱々にして使いたいので、1分何十秒かチンして使ってたと思うんですが、久しぶりだったので時間を失念してしまいまして。

電子レンジの強(500W)で2分やると破裂します。
ギリギリまで熱くしたい場合でも、せいぜい1分10〜20秒くらいですね。
(季節や室温にもよると思いますが)

破裂すると、中の液体が漏れ出てきて、これがまた非常に臭いです。

片付けが面倒なだけでなく、このiOpenerだけ買い直すことができません。
iOpenerのセットを丸ごと買う羽目になります。

▼新しく買ったiOpenerの入ったIFIXIT
iOpenerの入ったIFIXIT

▼iOpenerの入ったIFIXITの中身
iOpenerの入ったIFIXITの中身

ピンク色で囲ってる透明プラのケースは、ネジ置きとして使えます。
でも、大きすぎて家庭での作業には不向きかな?(笑)
名刺入れ+水道局のカード磁石で充分です。

iOpenerの入ったIFIXITをAmazonで見る

ジャンクのLet’sNOTE CF-S10分解日記(モニター交換)

ノートパソコン(Let’s NOTE)のジャンクを分解・清掃・交換・修理→再生させる作業の日記です。

今回の作業PCは【レッツノートCF-S10】のモニター交換です。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

レッツノートCF-S10のモニター交換

知人よりレッツノートCF-S10のモニター交換を頼まれました。
我が家にはレッツノートのジャンクやら各種パーツが豊富にありますので…

モニター交換自体は簡単です。
ただモニターの枠が細くて軽いので気を付けないとプラスチック部分を割ってしまったり、作業中に液晶を割ってしまうこともあります。

手順は『Let’sNOTE CF-S9の液晶モニターを交換する手順(図解) 』と同じです。

▼液晶の破損は、電源を入れなくても直ぐ分かる

レッツノートCF-S10でモニターの液晶が破損してる

電源を入れてない状態でも、液晶の破損部が変色しているので分かります。
画像の下部左側、ピンク色の印あたりですね。
(見えにくければ、クリックで拡大画像を確認して下さい)

▼モニター交換の準備

モニター交換の準備をします。
モニター枠を外して、液晶画面を外しておきます。

レッツノートCF-S10でモニター枠TOPのゴムパッキンをはずすレッツノートCF-S10でモニター枠TOPのゴムパッキン下のネジをはずす

モニター上部に4つ並んでるゴムパッキンを外します。
ヘラなどを使うとキレイに剥がせます。

ゴムパッキンの下にあるネジはドライバーで外します。

レッツノートCF-S10でモニター枠上の四つのネジ

画像のように、モニター上部に4つネジが並んでいます。
全部外します。

▼モニター枠を外す準備

液晶画面を覆っているモニター枠を外す準備をします。

レッツノートCF-S10でヒンジ横のカバーをはずすレッツノートCF-S10でモニター側面のネジをはずす

ヒンジ部分のネジを外して、カバーを取ります。
右側はすでにヒンジのカバーを外したところです。

ヒンジ上にある、モニター枠側面のネジも外します。
左右両側面同じように外します。

▼ネジなめ発生!!

交換用のモニターを外してる最中にネジなめです。
触った瞬間から固くてなめそうなネジでした。

レッツノートCF-S10でモニター枠側面のネジがなめていたレッツノートCF-S10でモニター枠側面のネジなめ部分をルーターで削り出す

ネジすべり止め液で丁寧に回したのですが…これ以上やると完全になめそう!!
夫にバトンタッチしてもらうも…無理でした。残念。

諦めて、今度はルータの出番です。
以前はドリルを愛用していましたが、ドリルだと先端が直ぐに壊れるのでルータ派に転向しました。

ルータだとドリルより削りが遅いです。
根気は要りますが、毎回ドリルの先端が壊れるよりマシです。

ドリルは抑える係とドリル係と二人体制でしたが、ルータなら一人でできます。

レッツノートのモニター枠側面のネジなめをルーターで削りだした

20分くらいかかったでしょうか?
ルータでネジの頭に穴を開けて、外すことができました。

▼モニターの枠を外す

改めて…モニター枠を外します。

ヒンジカバーの直ぐ上のネジを外したあたりからヘラを差し込むと外しやすいです。

レッツノートCF-S10でモニター枠をはずすために側面にヘラを差し込む

画像で、青い三角のヘラが入ってる辺りです。
この辺は角度が変わっているので、ヘラが入りやすいです。

レッツノートCF-S10でモニター側面の爪は4箇所

モニター枠には片側4箇所の爪があります。
ヘラを転がして、爪のところだけ少し浮かせると簡単にはずれます。

レッツノートCF-S10でモニター枠をはずしたところレッツノートCF-S10で液晶モニターを手前に引っ繰り返したところ

左側は、モニター枠を外したところです。
液晶とキーボードにまたがって置いてあるのが、モニター枠です。

右側は、液晶部分を手前に引っ繰り返したところです。
モニターケーブルを外しておきます。
モニターケーブルの差込口は、ピンク色の印のあたりです。

レッツノートCF-S10で液晶モニター裏のケーブル差込口レッツノートCF-S10のモニターケーブルを外したところ

(左側)厚いビニルのテープの下に更にテープが覆っています。
ピンク色の印のテープを剥がすと、下にモニターケーブルが刺さっています。
ケーブルは平たいのでピンセットなどで丁寧にスライドさせます。

(右側)モニターケーブルを抜いたところです。
元はピンク色のケーブルが青い印の差込口に刺さっていました。

レッツノートCF-S10の液晶モニターが本体からはずれたところ

モニターケーブルを外して、モニター交換の準備完了です。

レッツノートCF-S10でモニター交換のためにCF-S9と二台分のモニターを外す

二台分のモニターを外したところです。
モニターはCF-S9のジャンクから拝借します。

右側が液晶の破損したCF-S10です。
ピンク色の印あたりが液晶破損の箇所ですね。

レッツノートCF-S10で液晶がきちんとうつるか、モニター枠をはめる前に確認

モニターを入れ替えたところで、念のためにモニターがきちんと映るか確認します。
ケーブルだけ差し込んで起動画面で確認します。

モニター枠をはめてから、やっぱり映らない! とかだと大変ですから。
※ケーブルむき出しなので、電源のオンオフは丁寧に注意してやります。

モニターの確認を済ませたら、あとは元通りに組み立てます。

▼レッツノートでモニター枠を簡単にはめるコツ

レッツノートでモニター枠を簡単にはめるコツは、2つあります。

ひとつは、ヒンジカバー上のネジをはめておくこと。
(このページで言うとネジなめしてる部分です)
左右両側ともネジを締めておきましょう。

もうひとつは、最初にモニター枠の下側をはめることです。
モニター枠を液晶にかぶせる時、まず下側をパチっとはめてしまいましょう。

レッツノートCF-S10でモニター枠をはめる時は最初に下部をしっかりはめる

モニター枠が天板を覆うような感じではまります。
実際には下部にも爪があり、それをはめるわけですが、爪を意識せずとも自然に合わさります。
上の画像は分かりやすいように、青いヘラを差し込んでいます。

その後、下側から側面の爪をひとつずつ押し合わせるようにしてはめていきます。

最初に下部をしっかりはめないと、無線LANケーブルがはさまったり、抑える力が入りすぎて液晶を破損することがあります。

言葉で説明するのは難しいですが、モニターの枠は下部からはめる、と覚えておくといいです。