ジャンクのレッツノートCF-S10のバッテリーを無償交換した

パナソニックの人気ノートパソコン「レッツノート」の一部機種でバッテリーの無償交換を行っています。

今回、知人から預かったレッツノートCF-S10のバッテリーを調べたところ、無償交換の品番に該当したので、交換の申し込みをしました。
バッテリー交換の手順と交換終了までを紹介します。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

Let’s Note S10バッテリーの回収・交換

レッツノートのバッテリーでリコールが出ているのは以前から知っていました。
なので、バッテリーは毎回必ず品番をチェックしていました。

かれこれ数十台のレッツノート(主にCF-S9とCF-S10)が来ましたが、リコールの品番に当たったのは今回がはじめてです。

早速、パナソニックの公式ページより申し込みします。

▼バッテリーパック回収・交換の申し込み画面
バッテリーパック回収・交換の申し込み画面

該当するバッテリーパックの品番を入力すると、回収・交換の申し込み画面に移動します。
必要事項を入力します。

▼バッテリー交換品の送り先を確認
バッテリー交換品の送り先を確認

個人情報の取扱に同意し、国内発送を選択すると、申し込み内容の確認が表示されて申し込みが完了になります。

▼お客様情報の登録完了画面
お客様情報の登録完了

バッテリーパック回収・交換の申し込みが完了しました。
受付番号が表示されます。

▼PCバッテリー無償交換のメールを受信
PCバッテリー無償交換のメールを受信

直ぐに「PCバッテリー無償交換」という件名のメールが届きます。

あとは、交換品の到着を待つばかり。

▼申し込みから一日半でバッテリーが届く
panasonicからクロネコヤマトで交換バッテリーが届く

回収・交換の申し込みから一日半で宅急便が届きました。
メールにある《速やかにヤマト運輸の宅急便でお届けいたします》という文言は伊達じゃないですね!

▼宅急便を開けたところ
交換用バッテリーの箱を開けたところ

配送時に衝撃を受けないように梱包されています。
詫び状と梱包を開ける際の手順などが書かれたプリントが入っています。

ビニルに指を突っ込んでしまいましたが、破れる前に注意書きに気付けました。

▼バッテリーの取り出し方と返送手順

レッツノートCF-S9交換用バッテリーパックの取り出し方レッツノートCF-S9バッテリーパックの返送手順

交換用バッテリーを届けた箱はそのまま回収用の箱になります。
中の梱包資材も、そのまま返送用に使います。

その手順が写真付きで詳しく書かれています。

▼ビニルを破らずにバッテリーを取り出す
ビニルを破らずにバッテリーを取り出す

ビニルを破らずに、中のバッテリーだけを取り出します。

▼交換用のバッテリー
交換用のバッテリ

交換用のバッテリーを取り出しました。
この箱に回収するバッテリーを入れます。
一度開封しているので、青いテープが【VOID】になってますね。

パナソニックのバッテリー回収・交換で気付いたこと

宅急便に電話して、回収手順書に指示のあったようにクール冷蔵便での配送を依頼しました。
それで中身をノートパソコンのバッテリーだと伝えたところ、少し待たされてから、バッテリー単品の扱いはできないと言われてしまいました。

受付の電話番号もクール便もすべて同梱されていた手順書の通りです。
パナソニックのレッツノートというノートパソコンのバッテリー回収交換であり、手順書にそのように書いてある旨を伝えると、とりあえず担当ドライバーを向かわせて荷物を見てみます的なことになりました。

レッツノートのバッテリー交換はかなり前からやっています。
(少なくとも去年の冬にはやっていたと記憶しています)
それなのに扱えないと言われたので、思わず「えっ!」と声が出てしまいました。

でも、まあ、おおむねスムーズに交換してもらえました。
何より申し込みから交換品の到着まですごく速かったのが良かったです。

いま人気の某電子タバコでつい最近同じような交換をしたのですが、ここは何もかもが遅くてゲンナリしましたから。

手持ちのレッツノート、あるいはこれから買うジャンクのレッツノートでも、該当するバッテリーがあれば回収・交換してもらいましょう。

ジャンクのLet’sNOTE CF-S9分解日記(中身はほぼ新品なのに底面割れジャンクをニコイチ)

ノートパソコン(Let’s NOTE CF-S9)のジャンクを分解・清掃・交換・修理→再生させる作業の日記です。

今回の作業PCは【レッツノートCF-S9】の二個一です。
知人からジャンクのニコイチを依頼されました。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

今回のLet’s Note S9の状態

  • 底面(HDDを入れるあたり)が割れてめくれている
  • BIOSで確認すると累積使用時間はたったの460時間
  • ガワの破損以外は新品同様

▼ 今回のレッツノートの底面
レッツノートCFS9で底面が割れてめくれている

割れやヒビではなく、割れたところがめくれています。
うかつに触ると手をケガしてしまいそうです。

▼BIOSで見る累積使用時間は460時間
レッツノートCFS9のジャンクが累積使用時間がたったの460時間

使用時間が累積で460時間とほぼ新品です。

▼分解して中を見ても使用感が全くないキレイな状態
レッツノートCF-S9のジャンクだが中身は新品同様

20日間くらいしか使ってない訳ですからね。
これはもったいない…

うちにあるジャンクの底面のガワと合わせて、ニコイチしようと思います。

以下、今回依頼された中古のレッツノートをジャンクA、底面だけを使うジャンクをジャンクBとします。
(紛らわしいので)

▼右側がニコイチするためのジャンクB底面
レッツノートCF-S9でほぼ新品の中古PCとジャンクの底面を合わせてニコイチに

左が今回の依頼品ジャンクAです。
右側は、うちにあるジャンクBの底面です。

▼ニコイチ用のジャンクの底面を引っ繰り返したところ
レッツノートCF-S9でニコイチするためのジャンクPCの底面-

今回のジャンクAは非常にキレイなので、底面の割れてるところ以外はなるべく元のパソコンを活かしたいと思います。
つまり、全部分解します(笑)

▼ほぼ新品がジャンクになった理由

レッツノートCF-S9がジャンクになった理由

分解していてこの真新しいレッツノートがジャンクになった理由を見つけました。
どうやらHDDを開ける時にネジを外さないまま、HDDを取り出そうとフタをこじ開けたようです。

ネジがはまったままになっています(ピンク色の印がついてる二箇所)
PCカードスロットのところみたいに、ネジ無しでフタが開閉するものと思ったのでしょうか。

新品のレッツノートのHDDを交換しようとしたのか、SSDに換装しようとして失敗したのかも知れません。
良いノートパソコンなのに残念です。
これから、ニコイチで生まれ変わらせます。

ニコイチ作業開始

▼分解作業開始、トップカバーを開けたところ
レッツノートCF-S9のジャンクを分解したところ

ジャンクAを全部分解していきます。
写真は、基盤と光学ドライブ、HDDケースを外したところ。
HDDのとこの破損がなければ、非常にキレイなんですけどね。

▼底面部分だけになったジャンクA
レッツノートCF-S9で底面部分だけになった元のパソコン

先ほどの状態から、更にモニター部分(モニターケーブル、無線LANケーブルも)とEXTケーブルをつなげる基盤部分など外しました。

写真は、底面部分だけになったジャンクAです。
これはもう使いません。

うちにあったジャンクBの底面に、ジャンクAから外したパーツをどんどん付けていきます!

▼モニターをジャンクPCの底面につける
レッツノートCF-S9でモニターをジャンクPCの底面につける

ニコイチ用のジャンクBの底面と合体させていく途中です。

CMOS電池、モニター(モニターケーブルと無線LANケーブル)、EXTケーブルをつなげる基盤、モニターケーブルを通すプラスチック部分などを取り付けました。

HDDケーブルとドライブケーブルは、ジャンクBの底面に付いていたものを残しています。
剥がすよりそのまま使った方がキレイですからね。

▼ついでにメモリも増設

レッツノートCF-S9の元のメモリは2GBレッツノートCF-S9でメモリを8GBに増設

元のメモリが2GB1枚だけだったので、4GB*2枚で8GBに増やします。

▼ニコイチが出来上がっていきます
レッツノートCF-S9のジャンクをニコイチして再生

ニコイチ作業がほぼ終わりました。
あとはHDDをSSDに換えて、トップカバーをつけたらリカバリー作業です。

▼トップカバーを乗せる前にモニターの確認
レッツノートCF-S9でトップカバーを乗せる前にモニターの確認

トップカバーを乗せる前に、電源を入れてみます。
モニターが映るか、電源が入るかなどの確認です。

裸の状態なので、電源のオンオフには気を付けます。

▼インストール画面
レッツノートCF-S9でニコイチ後にトップカバーを乗せたところ

トップカバーを乗せ、キーボードケーブルとタッチパッドケーブルだけつないでインストール作業開始です。
途中でエラーが出たり上手く行かないこともあるので、ネジは締めません。

ドライブのフタも自動で開きました。

▼リカバリー作業完了
レッツノートCF-S9でリカバリー作業完了

特に問題なく、リカバリー作業が終わりました。
無線LANもしっかり動作していました。

Windowsを入れて、ネジ締めをしたらニコイチ完了です。

今回は物理的な破損だけだったので、特に面倒な問題もなくさっさと作業できました。
とは言え、全部分解するのは割と手間でしたが(笑)
私はノートパソコンの分解大好きなので、まあ楽しかったです。