ドスパラのノートパソコンPrimeNote「Galleria QFS980HGS」を分解してみた

ノートパソコン(Galleria QFS980)モニター部分を分解して、無線LANモジュールを交換する手順を写真つきで解説します。

  • ドスパラのノートパソコン「Galleria QFS980」を分解してみたい
  • Galleria QFS980のHDDをSSDに交換したい
  • Galleria QFS980のメモリを交換・増設したい
  • Galleria QFS980の無線LANモジュールを交換したい

という人におススメのノートパソコン分解情報です。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

ノートパソコン「Galleria QFS980」で役立つのは以下の道具です。

はじめてさわる機種でネットに情報もないノートパソコンを分解

今回は、夫経由で知人から無線LANモジュールを交換してくれと高価なノートパソコンを預かりました(笑)
裏フタは開けたけど、それ以上無理っぽいとのことで、お鉢が回ってきました。

▼「Galleria QFS980HGS」
ドスパラののノートパソコンPrimeNote「Galleria QFS980HGS」

ドスパラのノートパソコンPrimeNoteは分解したことありますが、本物を受け取ってみると全然作りが違うタイプでした。

32万円もするとか…
ゲーム用PCって何気にハイスペックで高いですね。

大きいノートパソコンはひっくり返すのも大変だし、分解しにくいので苦手ですが、分解は好きなのでやります(笑)

念のため、ネットで同機種のノートパソコンを分解してる人いないかなと情報を探しましたが見つかりません。
まあ、ゲーミング用ノートパソコンですしね。

基本的にはノートパソコンを分解する時の基本パターンで書いてる方法で分解します。
初見で構造の分からないノートパソコンは、見えるネジは全部外して、見えるケーブル・コネクター類も全部外す、これしかないです。

▼Ubuntuインストール済みのGalleria QFS980
ドスパラののノートパソコンPrimeNote「Galleria QFS980HGS」にUbuntuインストール済み

中身はUbuntuをインストール済み。
無線LANモジュールを交換して、再起動時にちゃんとアンテナが無線をつかむところまで確認して欲しいとのことでした。

Galleria QFS980の底面のフタを開ける

底面のネジは9本だけです。

▼Galleria QFS980の底面ネジ配置図
ドスパラののノートパソコンPrimeNote「Galleria QFS980HGS」の底面ネジ配置図

ネジ(ピンク色の○)を全部外すと、底面のフタを開けることができます。

写真上部中央辺りに、フタの出っ張った部分があるので、そこから開けると開けやすいです。
フタには爪があるので、ヘラで少しずつ開けます。

▼Galleria QFS980の底面フタを開けたところ
ドスパラののノートパソコンPrimeNote「Galleria QFS980HGS」の底面フタを開けたところ

ほぼ新品なので、2つあるファンもきれいです。
写真右側中央にHDD、上側右寄りにSSD、中央左寄りにメモリがあります。

▼HDDが入っていた箇所
ドスパラののノートパソコンPrimeNote「Galleria QFS980HGS」のHDDが入っていた箇所

HDDは外してしまったので空っぽですが、HDDの設置場所です。

Galleria QFS980でHDDを交換したい場合は、オレンジ色のとこのコネクターに差して取り替えられます。

▼メモリの差込口
ドスパラののノートパソコンPrimeNote「Galleria QFS980HGS」メモリの差込口

メモリの差込口です。
2枚差しになっています。

Galleria QFS980でメモリの交換をしたい場合は、両端の開閉バネを開いて元のメモリを外します。

▼M.2のSSD差込口
ドスパラののノートパソコンPrimeNote「Galleria QFS980HGS」SSDの差込口

Galleria QFS980は、M.2タイプのSSDでした。
しかも、2枚挿しですす。
写真では1枚のみ、左側の差込口は空いています。

SSDは高価なので交換時は、モジュールごと外した方が安全です。
上部中央になるネジ(ピンク色の印)を外して、下側(青い印とその右となりのカラフルなケーブルが刺さってるところ)がマザーボードへの差込口とコネクターです。

SSDを追加するなら、黄色いシールみたいなのをはがして差し込めばOKです。

Galleria QFS980HGSを手探りで更に分解

はじめて触るノートパソコンで、ネットにも分解情報がないので、まさに手探りです。
キーボードが単体で外れない感じなので、トップカバーを外せるかやってみます。

とりあえず、見えるネジで全部外します。
(冷却装置のネジやモジュールで完結してるネジを除く)

更に、ケーブルやコネクター類も全て外します。

この時、ケーブルやコネクターの接続箇所を写真に撮っておきます。
後で元に戻す時に間違えないためです。
はじめて分解するパソコンなら、写真は必須です。

▼ファンの下にあったネジ
ドスパラののノートパソコンPrimeNote「Galleria QFS980HGS」ファンの下にあったネジ

取り外せるパーツをどけると、ネジが出現することもあります。
ファンの下にもネジがありました。

▼モニターケーブル(?)の差込口

ドスパラののノートパソコンPrimeNote「Galleria QFS980HGS」モニターケーブルの差込口ドスパラののノートパソコンPrimeNote「Galleria QFS980HGS」


パッと見でオレンジ色の部分がケーブル本体かなと思いました(写真左側)が、実はモニターケーブルは下側から360度曲がってささっていました(写真右側)。

▼色違いケーブルの配置も間違えやすい
ドスパラののノートパソコンPrimeNote「Galleria QFS980HGS」色違いケーブルの配置も間違えやすい

色違いのケーブルは左右を間違えやすいです。
コネクターの差込口も上下左右の向きが分からなくなることがあるので、写真に残します。

ピンぼけ写真でも、向きや配置は分かれば充分です。

Galleria QFS980のマザーボード

モニターとトップカバーを丸っと外して、ようやくマザーボードが出てきました。
大型のノートパソコンなので、モニター部+フロント部がセットだとすごく重いです。

▼Galleria QFS980を分解したところ
ドスパラののノートパソコンPrimeNote「Galleria QFS980HGS」を分解したところ(1)

Galleria QFS980はバッテリー内蔵でした。
ここまで分解するのにかなり苦労したので、バッテリーの交換は容易じゃないですね。

メモリの差込口も2枚分あります。
注文時にメモリが大量に欲しい人向けで、2枚追加できるのでしょうか。
バッテリー同様、自分でメモリを追加するのは困難だと思います。

ドスパラののノートパソコンPrimeNote「Galleria QFS980HGS」を分解したところ(2)

先ほどの反対側です。


結局、目的の無線LANモジュールはどこにあるかと言いますと…

最初に裏フタを開けた時点で完結してました。
「Galleria QFS980の底面フタを開けたところ」写真の左側ファンの直ぐ上ですね。

交換用に預かっていた無線LANモジュールと型が違うので、無線LANではないと思っていました。
Galleria QFS980の無線LANモジュールは、M.2タイプのようです。
だから、形が違って、交換用の無線LANが入らなかったんですね。

無意味に面倒な分解をしてしまいました。
が、これもまた経験です(汗

Galleria QFS980はメモリ(2枚まで)、HDD、SSD、無線LANは底面のフタを開けるだけで交換可能です。

ノートパソコンの分解によく使う道具

ノートパソコンの分解・清掃などに役立つ道具類を紹介します。

《左上から時計回りに》
マイクロロングノーズプライヤー 先曲がりタイプ
ネジの土台が破損してる時など(ジャンクには非常によくある)ペンチが活躍します。
精密ピンセット TS-15
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
基板コネクター抜き(青いピンセットみたいの)
ドライブ開閉コネクター、スピーカーケーブル、ファンのコネクターなど小さめのコネクタ類で重宝します、開閉ストッパーがないタイプとかもこれがあれば便利。
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
ナットドライバー(設置)
ナットドライバーの付け替えできるセット。写真は右下のグリップとセットで友人からもらったもの。レッツノートだとVGAケーブルを外したりするのに使います。
VESSELのGグリップドライバー(+00)
+00のドライバーはノートパソコンを分解するのに必須です。私は細い方が好きですが、夫がこのGグリップが使いやすいそうです。ネジがなめそうな時などはこのドライバーを渡して代わりに回してもらいます。
VESSELのボールグリップドライバー(+1)
底面のゴム足のとこやモニターのヒンジなど大きいネジに。力のいるねじ回しは大きめの方が接着面積が広くなって開けやすくなります。
スパッジャー修理ツールキット(3点セット)
3点セットですが、この両側タイプのヘラは使いやすいです。
VESSELのドライバー(+00)
ノートPCでは必須の(+00)のプラスドライバー、Vesselは使いやすくておススメです。予備入れて同じの3本持ってます。ドライバーはセットでなく、1本ずつ買った方がいいですね。
長めのヘラ
シール剥がしやキーボードを剥がす時などヘラは必需品です。このヘラが一番のお気に入りですが、いかんせんプラスチックなのですぐに先端がボロボロになります。消耗品です。
IFIXITのセット
短めの黒い両側タイプのヘラですが、これはすぐダメになります。青い三角形のヘラはレッツノートのモニター枠など外すのに必須です。左下の磁石はなかなか出てこないネジを取り出せます。写真にはないですが、iOpenerという温め用の器具は必須です。
IFIXITのセット(ドライバーセット付き)
iOpenerの入ってるiFixitのセットにも先を付け替えるドライバーが付いてますが、T4以下のサイズがありません。T4以下がセットになってるのを買い直しました。(買い直し前に、必要に迫られてとりあえず買ったのが写真のトルクスねじ用レンチですが、これで分解作業はしんどい)
《その他、写真無し》
マグネットシート(水道屋のでもOK)
ネジを分かりやすい配置で置いておけます、磁石シートだと場所がズレにくいし、空の名刺入れに入れて使うとなお便利。
ナットドラーバー
VGAケーブルのネジを外すのに使います。RシリーズについてるEXTケーブルのネジでも使います。
IFIXITのセットに入ってる三角のヘラ
モニターの枠を外す時は、これくらいのサイズのヘラが使いやすいです。ホットボンドで接着してる場合などはこのタイプを何枚も使います。
アロンアルファ(コニシ)
パーツの割れや破損の修理に。
ルーター
ドリルだと直ぐに刃が折れるので、今はルーター派です。電池式でも充分使えます。
ネジ入れに使う箱
同種のネジなどを分けて取っておきます。一台で完結しない時(ニコイチやサンコイチ)になるとネジケースは必須です。秋葉原の廣瀬無線だとレジ裏の入口外にネジ入れに最適なケースが大小各種揃ってます。
赤ちゃん用の細い綿棒
ジャンクPCは大体汚れているので、清掃に(爪楊枝と)綿棒は必須です。綿棒だと埃や軽い汚れも同時に取れるので便利です。ただしノートパソコンの中は細かいので、ふつうの綿棒でなく、赤ちゃん用の細い方が役立ちます。
エアダスターオーバーホールクリーナーも必需品です。

他の記事を見る

コメントを残す