【動画】初めてのHackintosh(ウニビースト)を最安自作PCで実現する(2)Hackintosh用パソコンの組み立て前編〜CPU・クーラー・メモリの取り付け

  • 今のMACだとメモリが足りない
  • メモリが多いMACだと高くて買えない
  • メモリをたっぷり載せたMACを自作PCで動かしたい
  • 中古パーツを集めた自作PCでMACを使ってみたい
  • 低予算の自作PCでMACが動いたらいいな

など…MACファンもそうでない人も、一度は挑戦したいHackintosh。

今回は、メモリ64GBのHackintoshをとにかく安く作るのが目的です。
使い回しのパーツや中古のパーツで自作PCを作り、そこにHackintoshを入れて動かしてみます。

パソコン自作の動画は長くなったので2つに分けてあります。
1つ目は、マザーボードにCPUとCPUクーラー、メモリを取り付ける作業です。

それ以降の作業は、後編の動画になります。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

Hackintosh用のパソコン自作に使う道具類

HackintoshPCを自作するのに役立つのは以下の道具です。

※ 使い回しのパーツを掃除するのに使う

Hackintosh用PCを自作する動画(マザーボード編)

Hackintosh用のデスクトップPCを自作します。
今回はマザーボードにCPU、CPUクーラー、メモリを取り付けるところまでです。

ノートパソコン用のバッグを裏返し、その上にマザーボードを載せて作業しています。

途中で迷ったり間違えたりして作業時間が長くなっています。
作業内容と該当する時間を書き出していますので、必要な部分を参照して下さい。


動画URL⇒ https://youtu.be/rFPYu3LYnYI

以下、HackintoshPCを自作する作業手順と動画の該当箇所です。

  1. (0分55秒〜)CPUソケットのレバーを外して、フタ部分を取る
    CPUソケットのレバー
    写真のピンク色の印を手前にずらすとレバーがはずれます。
    取り外すのは上の写真の青い色の□部分です。
    REMOVEと書かれたシールがあるので、実物を見れば分かると思います。

  2. (2分19秒〜)中古で購入したCPUにグリスの拭き残しのような汚れがあったので綿棒で拭き取る
    中古CPUでグリスを拭き取ったときの残りのような汚れ
    写真のピンク色の○で囲んだ部分に汚れが残っています

  3. (3分25秒〜)CPUの向きを確認してソケットにはめ、レバーでしっかり固定する
    CPUクーラーの向きに悩んで、プッシュピンの足部分を自分で組み立てると知らずにまた困ったりしてます

  4. (11分05秒〜)CPUクーラーを固定する時の足のところ(プッシュピンの部分)をネジ止めして組み立てる
    CPUの型番によってネジ止めする場所が違います。
    余り部品がたくさんあり、それらがAMD用で今回は不要だと気付くまで使い道に悩んだりして、かなり時間がかかってしまいました

  5. (25分20秒〜)CPUにグリスを塗る
    CPUクーラーに付いていたグリスではなく、自宅にあったグリスを使いました。
    端っこのグリスは爪楊枝ではみ出た部分をキレイに取ります。
    塗りすぎてしまったので、ヘラでグリスを取っています。

  6. (30分47秒〜)CPUクーラーをCPUに載せようとして、プッシュピンの位置がM/Bの穴と合わないことに気付く…
  7. (30分55秒〜)CPUクーラーのプッシュピン部分のネジをいったん外して、正しい穴にネジをはめ直す
    ひょうたん状の穴だったので上下2箇所のネジ穴と思っていたら、真ん中という選択肢もあったようです。
    今回のCPU《Skylake Intel Core i7 6700k》はLGA1151で、真ん中の穴でした。

  8. (39分20秒〜)今度こそ、CPUクーラーをCPUに載せる
    ツクモの店員さんの話によると、プッシュピンを差し込む穴のそばにはメモリにつながる回路(?)が近く、乱暴に差してマザーボードが壊れてしまう人がいるとか。

  9. (40分26秒〜)クーラーのプッシュピンは時計回りの方向に回して(パチンと音がするまで)押し込む
    CPUクーラーHyper TX3 EVOのプッシュピン
    プッシュピン上部に、よく見ると反時計回りの矢印が書いてあります。
    なので、私は最初時計回りと反対にプッシュピンを回したのですが、ちっとも固定されません。
    プッシュピンに書かれた矢印は、開ける方向でした。
    閉める時は、時計回りの方向なので気をつけて下さい。

  10. (41分25秒〜)CPUクーラーのケーブルを挿す
    ケーブルの余りが邪魔になりそうなので、ねじりっこでまとめます

  11. (42分19秒〜)メモリをマザーボードに挿す
    今回のM/B《GA-Z170X-UD3》はメモリ差込口の内側が固定されているので、外側のレバーだけ倒して、メモリを内側から差し込みます。

実は…!!
作業の途中でこのPCケースではCPUクーラーが大きすぎて、フタが閉まらないということが判明。

フタの問題はさておき…
このPCケースでhackintosh用PCを組み立てて、起動の確認まではやってみることにしました。

メモリを中古で購入しており、その初期不良交換期限が購入から一週間です。
他にこのメモリをテストできる環境もないので、まずはPCを組み立ててメモリテストを済ませないといけません。

⇒ PCの組み立ては、次回で完了します。

初めてのHackintosh(ウニビースト)を最安自作PCで実現するのその他の記事

(1)パーツ選びと購入編
(2)Hackintosh用パソコンの組み立て前編〜マザーボードにCPU・クーラー・メモリを取付け
(3)Hackintosh用パソコンの組み立て後編〜PCケースに各パーツをつなげる
(4)ウニビーストのインストールUSB作成編
(5)NvidiaのWebドライバーを認識しない問題を解決する
(6)PCクーラーがおさまるケースで組み立て直し
(7)残ったPCパーツでもう一台デスクトップPCを組み立てる

ノートパソコンの分解によく使う道具

ノートパソコンの分解・清掃などに役立つ道具類を紹介します。

《左上から時計回りに》
マイクロロングノーズプライヤー 先曲がりタイプ
ネジの土台が破損してる時など(ジャンクには非常によくある)ペンチが活躍します。
精密ピンセット TS-15
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
基板コネクター抜き(青いピンセットみたいの)
ドライブ開閉コネクター、スピーカーケーブル、ファンのコネクターなど小さめのコネクタ類で重宝します、開閉ストッパーがないタイプとかもこれがあれば便利。
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
ナットドライバー(設置)
ナットドライバーの付け替えできるセット。写真は右下のグリップとセットで友人からもらったもの。レッツノートだとVGAケーブルを外したりするのに使います。
VESSELのGグリップドライバー(+00)
+00のドライバーはノートパソコンを分解するのに必須です。私は細い方が好きですが、夫がこのGグリップが使いやすいそうです。ネジがなめそうな時などはこのドライバーを渡して代わりに回してもらいます。
VESSELのボールグリップドライバー(+1)
底面のゴム足のとこやモニターのヒンジなど大きいネジに。力のいるねじ回しは大きめの方が接着面積が広くなって開けやすくなります。
スパッジャー修理ツールキット(3点セット)
3点セットですが、この両側タイプのヘラは使いやすいです。
VESSELのドライバー(+00)
ノートPCでは必須の(+00)のプラスドライバー、Vesselは使いやすくておススメです。予備入れて同じの3本持ってます。ドライバーはセットでなく、1本ずつ買った方がいいですね。
長めのヘラ
シール剥がしやキーボードを剥がす時などヘラは必需品です。このヘラが一番のお気に入りですが、いかんせんプラスチックなのですぐに先端がボロボロになります。消耗品です。
IFIXITのセット
短めの黒い両側タイプのヘラですが、これはすぐダメになります。青い三角形のヘラはレッツノートのモニター枠など外すのに必須です。左下の磁石はなかなか出てこないネジを取り出せます。写真にはないですが、iOpenerという温め用の器具は必須です。
IFIXITのセット(ドライバーセット付き)
iOpenerの入ってるiFixitのセットにも先を付け替えるドライバーが付いてますが、T4以下のサイズがありません。T4以下がセットになってるのを買い直しました。(買い直し前に、必要に迫られてとりあえず買ったのが写真のトルクスねじ用レンチですが、これで分解作業はしんどい)
《その他、写真無し》
マグネットシート(水道屋のでもOK)
ネジを分かりやすい配置で置いておけます、磁石シートだと場所がズレにくいし、空の名刺入れに入れて使うとなお便利。
ナットドラーバー
VGAケーブルのネジを外すのに使います。RシリーズについてるEXTケーブルのネジでも使います。
IFIXITのセットに入ってる三角のヘラ
モニターの枠を外す時は、これくらいのサイズのヘラが使いやすいです。ホットボンドで接着してる場合などはこのタイプを何枚も使います。
アロンアルファ(コニシ)
パーツの割れや破損の修理に。
ルーター
ドリルだと直ぐに刃が折れるので、今はルーター派です。電池式でも充分使えます。
ネジ入れに使う箱
同種のネジなどを分けて取っておきます。一台で完結しない時(ニコイチやサンコイチ)になるとネジケースは必須です。秋葉原の廣瀬無線だとレジ裏の入口外にネジ入れに最適なケースが大小各種揃ってます。
赤ちゃん用の細い綿棒
ジャンクPCは大体汚れているので、清掃に(爪楊枝と)綿棒は必須です。綿棒だと埃や軽い汚れも同時に取れるので便利です。ただしノートパソコンの中は細かいので、ふつうの綿棒でなく、赤ちゃん用の細い方が役立ちます。
エアダスターオーバーホールクリーナーも必需品です。

他の記事を見る

コメントを残す