初めてのHackintosh(ウニビースト)を最安自作PCで実現する(4)UniBeastのインストールUSB作成編

  • 今のMACだとメモリが足りない
  • メモリが多いMACだと高くて買えない
  • メモリをたっぷり載せたMACを自作PCで動かしたい
  • 中古パーツを集めた自作PCでMACを使ってみたい
  • 低予算の自作PCでMACが動いたらいいな

などなど…MACファンもそうでない人も、一度は挑戦したいHackintosh。

今回は、メモリ64GBのHackintoshをとにかく安く作るのが目的です。
使い回しのパーツや中古のパーツで自作PCを作り、そこにHackintoshを入れて動かしてみます。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

Hackintosh(ウニビースト)インストール用USB作成に必要なファイル

UniBeastのインストールUSBの作るのに必要なファイル一覧とダウンロードサイトです。
これらのファイルと、16GB以上のUSBをひとつ用意します。

各ファイルをDLしてUSBにコピーすれば、UniBeastインストールUSBの出来上がりです。

ウニビースト(UniBeast 7.0.1)
tonymacx86
マルチビースト(MultiBeast-Sierra9.0.1)
tonymacx86
Sierra
AppStore
クローバーインストーラー(bootloader)
sourceforge.net
Clover Configurator(4.39.1)
mackie100projects.altervista.org
Nvidia(グラボ)のWeb Driver
insanelymac.com

()内は、今回ダウンロードしたバージョンです。

Hackintosh(ウニビースト)インストール用USBの作り方

ウニビーストのインストールUSBを作ります。
作り方は、tonymacx86のInstallation Guideページにある通りですが、確認したい人は動画を見てみて下さい。

動画URL⇒ https://youtu.be/fh7_IKCCXOw

以下、Hackintosh用のUniBeastインストールUSBを作る手順と動画の該当箇所です。

  1. (0分00秒〜)言語の設定で、英語を優先に変更して、再起動する
    (なければ、英語を追加して下さい)
    でないと、ウニビーストが起動しないそうです。

  2. (0分25秒〜)ブラウザで「Hackintosh」と検索する
    「hackintosh tonymacx」という検索候補が出てくるはずなので、tonymacx86のページを開きます。

  3. (0分秒46〜)「Installation Guide」タブを開く
    このページにウニビースト(hackintosh)の入れ方が書いてあります。
    英語ページですが、箇条書きですし、そんなに難しくないと思います。
    困ったら、このページに戻ってやり方を確認します。

  4. (0分52秒〜)Before You Beginのcreate oneをクリックして、tonymacx86に新規登録する
    名前、メールアドレス、パスワード、性別、誕生日などを入力します。
    登録したメールアドレスに確認メールが届きます。
    確認メール本文内にある認証URLをクリックすれば、認証作業は完了です。

  5. (1分53秒〜)Downloadsを開いて、最新版のウニビーストとマルチビーストをダウンロードする
    tonymacx86.comサイト上部の「Downloads」タブを開いて、必要なファイルとバージョンを探します。
    今回は、UniBeast7.0.1とMultiBeast-Sierra9.0.1をダウンロードします。

  6. (3分02秒〜)AppStoreからmacOS Sierraをダウンロードする
  7. (3分33秒〜)Disc Utility(ディスクユーティリティ)からUSBを開く
    Eraseをクリックして、名前を《USB》に変更します。

    Format欄は、OS X Extended(Journaled)を選択します。
    Scheme欄は、GUID Partition Mapを選択します。
    右下のEraseをクリックして、ポップアップで出てきたDoneをクリックします。

  8. (4分39秒〜)ダウンロードしたUniBeastを実行する
    そのままContinueを4回クリックして、ポップアップ内のAgreeをクリックします。

    Select a Destinationの画面でUSBのアイコンを選択して(アイコンが青い色になる)、右下のContiuneをクリックします。
    Select OS Installationの画面でSierraのアイコンを選択して(アイコンが青い色になる)、右下のContiuneをクリックします。
    Bootloader Configurationの画面でUEFI Boot Modeのアイコンを選択して(アイコンが青い色になる)、右下のContiuneをクリックします。

    Optional Graphics Configurationの画面では何もチェックを入れないで、右下のContinueをクリックする
    ※ Nvidiaのグラボを使うけれども、チェックは無しでOK!!

    USB、Sierra、UEFIのアイコンが青くなってるのを確認して、右下のContiuneをクリックします。

    ポップアップで出てきたフォームにパスワードを入れて、OKをクリックするとインストールUSBの作成が始まります。

  9. (9分12秒〜)ダウンロードしたMultiBeast Sierra EditionをUSBに入れる
  10. (9分39秒〜)ブラウザで「clover configurator sierra」を検索する
    mackie100projects.altervista.orgでClover Configuratorの最新版(今回はv4.33.0)をダウンロードします。

  11. (10分12秒〜)Clover ConfiguratorをUSBに入れる
  12. (10分33秒〜)ブラウザで「sierra webdriver updates」と検索する
    insanelymac.comから、Nvidia(グラボ)のWeb Driverをダウンロードします

  13. (11分00秒〜)NvidiaのWeb DriverをUSBに入れる
  14. (11分11秒〜)ブラウザで「clover bootloader」と検索する
    sourceforge.netでクローバーのインストーラーをダウンロードします

  15. (11分41秒〜)Clover EFI bootloaderをUSBに入れる

これでインストールUSBの出来上がりです!!
動画がつぎはぎで分かりにくくてすみません。

今回、UniBeastのインストールUSBを作るのにMacBookProを使いました。
「そのマックが高くて買えないからHackintoshを自作したいんだ!」
と思う方もいるかと思います。

Macを持ってない・買いたくないけど使いたい人は、中古のMac miniなどを買って、インストールUSB作成に使うのがおススメです。
(ただし、2010以降に限る)

中古なので値段は流動的になりますが、安いものだと3万くらいで手に入ります。
WindowsでもOSにはお金がかかりますし、OSの代金がかかると考えれば高くないかも?

次回は、Hackintosh起動後に発生した、NvidiaのWebドライバーを認識しないという問題を解決します。

初めてのHackintosh(ウニビースト)を最安自作PCで実現するのその他の記事

(1)パーツ選びと購入編
(2)Hackintosh用パソコンの組み立て前編〜マザーボードにCPU・クーラー・メモリを取付け
(3)Hackintosh用パソコンの組み立て後編〜PCケースに各パーツをつなげる
(4)ウニビーストのインストールUSB作成編
(5)NvidiaのWebドライバーを認識しない問題を解決する
(6)PCクーラーがおさまるケースで組み立て直し
(7)残ったPCパーツでもう一台デスクトップPCを組み立てる

ノートパソコンの分解によく使う道具

ノートパソコンの分解・清掃などに役立つ道具類を紹介します。

《左上から時計回りに》
マイクロロングノーズプライヤー 先曲がりタイプ
ネジの土台が破損してる時など(ジャンクには非常によくある)ペンチが活躍します。
精密ピンセット TS-15
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
基板コネクター抜き(青いピンセットみたいの)
ドライブ開閉コネクター、スピーカーケーブル、ファンのコネクターなど小さめのコネクタ類で重宝します、開閉ストッパーがないタイプとかもこれがあれば便利。
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
ナットドライバー(設置)
ナットドライバーの付け替えできるセット。写真は右下のグリップとセットで友人からもらったもの。レッツノートだとVGAケーブルを外したりするのに使います。
VESSELのGグリップドライバー(+00)
+00のドライバーはノートパソコンを分解するのに必須です。私は細い方が好きですが、夫がこのGグリップが使いやすいそうです。ネジがなめそうな時などはこのドライバーを渡して代わりに回してもらいます。
VESSELのボールグリップドライバー(+1)
底面のゴム足のとこやモニターのヒンジなど大きいネジに。力のいるねじ回しは大きめの方が接着面積が広くなって開けやすくなります。
スパッジャー修理ツールキット(3点セット)
3点セットですが、この両側タイプのヘラは使いやすいです。
VESSELのドライバー(+00)
ノートPCでは必須の(+00)のプラスドライバー、Vesselは使いやすくておススメです。予備入れて同じの3本持ってます。ドライバーはセットでなく、1本ずつ買った方がいいですね。
長めのヘラ
シール剥がしやキーボードを剥がす時などヘラは必需品です。このヘラが一番のお気に入りですが、いかんせんプラスチックなのですぐに先端がボロボロになります。消耗品です。
IFIXITのセット
短めの黒い両側タイプのヘラですが、これはすぐダメになります。青い三角形のヘラはレッツノートのモニター枠など外すのに必須です。左下の磁石はなかなか出てこないネジを取り出せます。写真にはないですが、iOpenerという温め用の器具は必須です。
IFIXITのセット(ドライバーセット付き)
iOpenerの入ってるiFixitのセットにも先を付け替えるドライバーが付いてますが、T4以下のサイズがありません。T4以下がセットになってるのを買い直しました。(買い直し前に、必要に迫られてとりあえず買ったのが写真のトルクスねじ用レンチですが、これで分解作業はしんどい)
《その他、写真無し》
マグネットシート(水道屋のでもOK)
ネジを分かりやすい配置で置いておけます、磁石シートだと場所がズレにくいし、空の名刺入れに入れて使うとなお便利。
ナットドラーバー
VGAケーブルのネジを外すのに使います。RシリーズについてるEXTケーブルのネジでも使います。
IFIXITのセットに入ってる三角のヘラ
モニターの枠を外す時は、これくらいのサイズのヘラが使いやすいです。ホットボンドで接着してる場合などはこのタイプを何枚も使います。
アロンアルファ(コニシ)
パーツの割れや破損の修理に。
ルーター
ドリルだと直ぐに刃が折れるので、今はルーター派です。電池式でも充分使えます。
ネジ入れに使う箱
同種のネジなどを分けて取っておきます。一台で完結しない時(ニコイチやサンコイチ)になるとネジケースは必須です。秋葉原の廣瀬無線だとレジ裏の入口外にネジ入れに最適なケースが大小各種揃ってます。
赤ちゃん用の細い綿棒
ジャンクPCは大体汚れているので、清掃に(爪楊枝と)綿棒は必須です。綿棒だと埃や軽い汚れも同時に取れるので便利です。ただしノートパソコンの中は細かいので、ふつうの綿棒でなく、赤ちゃん用の細い方が役立ちます。
エアダスターオーバーホールクリーナーも必需品です。

他の記事を見る

コメントを残す