HPのノートパソコン「Pavillion db6」の動作確認と分解【画像】

「分解しても構わないいノートパソコンが欲しい〜」と言ったところ、知人から動作不良のノートパソコン(Pavillion db6)が届きました。
起動したりしなかったりするらしいです。

今回は、Pavillion db6の動作不良の状態確認と分解をします。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

ノートパソコンPavillion db6の状態確認

届いたのは、割と新しめのcore i7のノートパソコンです。
HPのPavillion db6とあります。
HPのノートパソコンは初めてなので嬉しいです♪

ただし、すでに分解された後で、ネジも元に戻してない状態。

▼Pavillion db6のネジ群

pavillion db6のネジ群

2袋に分けてあるのは外側の底面ネジと中のネジという意味でしょうか。
ネジが団子状態なので、とりあえずネジの仕分けをしました。

外側と思しきネジは数種類で分類できました。
が、内部のネジは同じネジがほとんどなく、色も太さも長さもバラバラのネジが20本以上ありました(><)

とりあえず、ノートパソコンの状態を確認します。
電源を入れると、ふつうにWindowsが起動します。

バッテリーは充電しない状態でした。

▼バッテリーが充電しない状態

pavillion db6バッテリーが充電しない状態

分解OKが前提のノートPCなので、中を開けてみます(笑)

ノートパソコンPavillion db6の分解

▼Pavilion db6の底面図

pavillion db6の底面図

底面のネジ図です(ピンク色の○)。

▼Pavilion db6の底面のフタを開けたところ

pavillion db6の底面のフタを開けたところ

底面中央のフタを開けたところです。
バッテリーも外します。

▼Pavilion db6のDVDドライブを外したところ

pavillion db6のDVDドライブを外したところ

DVDドライブを外すと、中にネジが3箇所あるので、それも外します。
DVDドライブのユニットを外してネジを外すタイプはよく見かけます。

今回ははじめからネジがない状態で届きましたが…
先ほどの底面のフタを開けた際、ドライブを固定してるネジを外さないとドライブが出せません。

▼HDDカバー下にあるネジ

pavillion db6のHDDカバー下にあるネジ

カバーを外して中を見たいので、フタを開けて見える部分のネジは外します。

気付きにくいネジは2箇所あります。

ひとつがHDDのカバー下です。
HDD部分はカバーで覆われていて見えにくいですが、その下にもネジがあり、これを外さないと開けられません。
カバーは切れやすいので上側だけめくってネジを外します。

▼無線LANモジュール脇のネジ

pavillion db6無線LANモジュール脇のネジ

もう一箇所、無線LANモジュールの左脇にあるネジ(ピンク色の○)も見えにくいですが、忘れずに外します。

これで、キーボードが外れます。

▼Pavilion db6のキーボードを外す

pavillion Pavilion db6のキーボードを外す

キーボードは下側に爪が5〜6箇所あるので、上方向へずらすような感じで外すといいです。
全部外す前に、中央下にあるキーボードケーブルを外します。

黒いレバー(ピンク色の印)を起こせば、ケーブルは外れます。

▼Pavilion db6のキーボード下のネジ

pavillion Pavilion db6のキーボード下のネジ

キーボードを外したら、トップカバーを留めているネジを全部外します(青い印)。
トップカバーとつながってるケーブル(ピンク色の印)も外しておきます。

▼トップカバーを外す

pavillion db6トップカバーを外す

ヘラなどを差し込んで、トップカバーを外します。
大きなノートパソコンの割には、外しやすいトップカバーでした。

▼Pavilion db6のトップカバーを開けたところ

pavillion db6のトップカバーを開けたところ

トップカバーが外れ、マザーボードが見えるようになりました。

▼マザーボード上のケーブル

pavillion db6マザーボード上のケーブル

マザーボードも外したいので、ケーブルやコネクタ類を全部外します(ピンク色の印)。
ネジ(緑色の印)も外します。

マザーボード右上端の裏に電源ケーブルがつながってるので注意。

▼マザーボードをひっくり返したところ

pavillion db6マザーボードをひっくり返したところ

電源ケーブルだけ残してひっくり返したところです(ピンク色の印)。
電源ケーブルは固いので、いったんひっくり返してから外した方が外しやすいです。

電源ケーブルを外せば、マザーボードが完全にはずれます。

▼pavillion db6のマザーボード(裏表)

pavillion db6のマザーボード

pavillion db6

パソコン本体から外したマザーボードの裏と表です。

▼ファンに錆っぽい汚れ

pavillion db6ファンに錆っぽい汚れ

マザーボードで特に気になる箇所はありませんでしたが…内部は錆まじりの埃?で汚れていました。
ファンも錆っぽい砂?埃?で汚れていたので、エアダスターと綿棒でキレイにします。

マザーボード上もあちこち見てみましたが、特に劣化してそうなところは見当たりませんでした。
元に戻して状態の確認をしてみます。

ノートパソコンPavillion db6の状態確認

起動したりしなかったりするとのことなので、起動→終了を繰り返してみます。

▼エラー表示が出た

pavillion db6

何度か電源のON/OFFを繰り返してみると、エラー表示が出ました。
ディスクエラーですが、これならCtr+Alt+Delするだけで通常起動します。

念のために、HDDを別のと交換してみます。

▼HDDとケース

pavillion db6のHDDとケース

写真はHDDユニットを外したところです。
下側がHDDのケース、右側がHDDのケーブルです。

HDDを交換しても、ディスクエラーは変わりません。

▼HDDを認識できてない

pavillion db6でHDDを認識しないエラー

HDDを認識できないと言われるようになりました。
HDD自体ではなく、ケーブルかマザボの方でHDD認識できないエラーが出るようです。

HDDではなく、USBでの起動をテストしてみます。

▼USBからLinuxMINTを入れてみる

pavillion db6にUSBからLinuxMINTを入れてみる

LinuxMINTが入ったUSBから起動してみると、問題なくインストール画面まで行きます。

ただインストール直前で、ディスクの空き容量がないと言われました。
やはり、HDDが認識できないようです。

HDDの接続ケーブルか、マザボ側でHDDが認識できないようです。

ですが今回は、原因の確認ができたところで終了です。

直したい場合はまずHDDケーブルを変えてみて、症状が変わらなければマザボ自体を交換します。
それとバッテリーが充電しないので、バッテリーも交換する必要がありますね。

ノートパソコンの分解によく使う道具

ノートパソコンの分解・清掃などに役立つ道具類を紹介します。

《左上から時計回りに》
マイクロロングノーズプライヤー 先曲がりタイプ
ネジの土台が破損してる時など(ジャンクには非常によくある)ペンチが活躍します。
精密ピンセット TS-15
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
基板コネクター抜き(青いピンセットみたいの)
ドライブ開閉コネクター、スピーカーケーブル、ファンのコネクターなど小さめのコネクタ類で重宝します、開閉ストッパーがないタイプとかもこれがあれば便利。
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
ナットドライバー(設置)
ナットドライバーの付け替えできるセット。写真は右下のグリップとセットで友人からもらったもの。レッツノートだとVGAケーブルを外したりするのに使います。
VESSELのGグリップドライバー(+00)
+00のドライバーはノートパソコンを分解するのに必須です。私は細い方が好きですが、夫がこのGグリップが使いやすいそうです。ネジがなめそうな時などはこのドライバーを渡して代わりに回してもらいます。
VESSELのボールグリップドライバー(+1)
底面のゴム足のとこやモニターのヒンジなど大きいネジに。力のいるねじ回しは大きめの方が接着面積が広くなって開けやすくなります。
スパッジャー修理ツールキット(3点セット)
3点セットですが、この両側タイプのヘラは使いやすいです。
VESSELのドライバー(+00)
ノートPCでは必須の(+00)のプラスドライバー、Vesselは使いやすくておススメです。予備入れて同じの3本持ってます。ドライバーはセットでなく、1本ずつ買った方がいいですね。
長めのヘラ
シール剥がしやキーボードを剥がす時などヘラは必需品です。このヘラが一番のお気に入りですが、いかんせんプラスチックなのですぐに先端がボロボロになります。消耗品です。
IFIXITのセット
短めの黒い両側タイプのヘラですが、これはすぐダメになります。青い三角形のヘラはレッツノートのモニター枠など外すのに必須です。左下の磁石はなかなか出てこないネジを取り出せます。写真にはないですが、iOpenerという温め用の器具は必須です。
IFIXITのセット(ドライバーセット付き)
iOpenerの入ってるiFixitのセットにも先を付け替えるドライバーが付いてますが、T4以下のサイズがありません。T4以下がセットになってるのを買い直しました。(買い直し前に、必要に迫られてとりあえず買ったのが写真のトルクスねじ用レンチですが、これで分解作業はしんどい)
《その他、写真無し》
マグネットシート(水道屋のでもOK)
ネジを分かりやすい配置で置いておけます、磁石シートだと場所がズレにくいし、空の名刺入れに入れて使うとなお便利。
ナットドラーバー
VGAケーブルのネジを外すのに使います。RシリーズについてるEXTケーブルのネジでも使います。
IFIXITのセットに入ってる三角のヘラ
モニターの枠を外す時は、これくらいのサイズのヘラが使いやすいです。ホットボンドで接着してる場合などはこのタイプを何枚も使います。
アロンアルファ(コニシ)
パーツの割れや破損の修理に。
ルーター
ドリルだと直ぐに刃が折れるので、今はルーター派です。電池式でも充分使えます。
ネジ入れに使う箱
同種のネジなどを分けて取っておきます。一台で完結しない時(ニコイチやサンコイチ)になるとネジケースは必須です。秋葉原の廣瀬無線だとレジ裏の入口外にネジ入れに最適なケースが大小各種揃ってます。
赤ちゃん用の細い綿棒
ジャンクPCは大体汚れているので、清掃に(爪楊枝と)綿棒は必須です。綿棒だと埃や軽い汚れも同時に取れるので便利です。ただしノートパソコンの中は細かいので、ふつうの綿棒でなく、赤ちゃん用の細い方が役立ちます。
エアダスターオーバーホールクリーナーも必需品です。

他の記事を見る

コメントを残す