レッツノートCF-S9の二個一(20160308)

ノートパソコン(Let’s NOTE)のジャンクを分解・清掃・交換・修理→再生させる作業の日記です。

今回の作業PCは【レッツノートCF-S9】の二個一(ニコイチ)です。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

今回のLet’s Note ジャンクS9の状態

手元に届いた時は、まずジャンクPCの状態を確認します。
メモリがないのでテスト用のメモリを挿して、電源を入れます。

が…私では電源が入れられなかったorz
10回以上やったけど無理で、夫に頼んだら電源入りました。

▼電源が入らない・入れにくいジャンクは多い

こういうジャンクはすごく多いです。
《電源が入らない》ジャンクノートPCのほとんどは、こんな感じです。
電源スイッチが固くて、電源が非常に入りにくいだけ。

ただし、ふつうの人がふつうに電源スイッチを入れてONにならないのではジャンクと言われても仕方ないですね(汗)

とりあえずインストール画面にはなるので、あとはどうにかできるはずです。
分解して、中身を掃除します。

S9でキーボードねじがなめかかってる

が…裏を見ると、キーボード用のネジがすごくなめてます。
私が余計なことをすると完全にネジなめしてしまいそうなので、素直に夫にお願いします。

「これはもう(穴が)真ん丸じゃん…」と呆れつつも、ネジのすべり止めを使って夫が何とかキレイに開けてくれました。

これで無事、分解ができます。

▼埃がたまりやすいヒンジの裏
S9で埃がたまりやすいヒンジの裏

▼写真では見えない部分がシール痕だらけ、ねばっこい埃がこびりついてる
写真では見えない部分がシール痕だらけ、ねばっこい埃がこびりついてる

緑色の線付近には粘っこい埃がこびりついてる。
ピンク色の線部分にはシール痕、会社で使っていたのか、同様のシール痕が複数箇所に。

▼マザーボードはふつうに汚れてる
マザーボードはふつうに汚れてます

埃だらけだけど、ファンもエアダスターで9割キレイになったので、マシな方かな?

ファンも開けて掃除、ヒートシンクも外してグリスを塗り直しました。
あとは、WindowsをインストールすればOKです。

が…またここで問題発生です。
DVDドライブのランプがつきません。
DVDドライブ自体ももちろんうごきません。

DVDドライブを交換してもダメ、DVDドライブのケーブルを交換してもダメ、両方交換してもダメ。
どうやら、マザーボード側がドライブを認識しないようです。

同時に届いたジャンクノートPCと二個一するしかありません。

同時に届いたレッツノートというのが、また曲者でした。
一見何の問題もないかに見えて、いざインストールしようとすると、数秒から数分で電源が落ちてしまいます。
メモリを変えたり、メモリをつける位置を変えても同じです。

もしかして? と思い、カバーを開けた状態で電源を入れてみると、案の定ファンが回っていませんでした。

しかも、よく見ると…液晶の左側がにごっていて、映りが悪くなっています。
これは私は気付かず、夫に指摘されはじめて気付きました。

ファンが回らず起動してもすぐに電源が落ちる&液晶に不具合があるジャンクと、先ほどのDVDドライブを認識しないマザーボードのジャンクで、二個一にすることにしました。

今回は二台とも、起動後にインストール画面が出てくるので、一見問題なく見えました。
が、二台とも致命的な問題があり、ソロでの復活は叶いませんでした。

    1台目

  • メモリ、HDD、ACケーブル、バッテリー、Windowsシリアルのシール無し
  • 天板や底面など外側の見た目は、ジャンクにしてはキレイな方
  • 写真では映らない部分が汚い
  • 中はふつうに汚い
  • メモリを入れれば、起動画面は確認できた
  • BIOSにも入れた
  • ただし、「電源が入らない!」と認識するレベルで電源スイッチが固い
    2台目

  • メモリ、HDD、ACケーブル、バッテリー、Windowsシリアルのシール無し
  • メモリを入れれば、起動画面は確認できた
  • BIOSにも入れた
  • 起動後、数秒から数分で電源が落ちる
  • 液晶の左側がにごっていて、映りが悪い

この二台で二個一にして、WindowsPCとして復活させました。

本当はうちで待機してる部品取りのジャンクを使って、どうにか二台とも活かしたかったのですが(汗)
まあ、今回は二個一で済んで良かったです(笑)

ノートパソコンの分解によく使う道具

ノートパソコンの分解・清掃などに役立つ道具類を紹介します。

《左上から時計回りに》
マイクロロングノーズプライヤー 先曲がりタイプ
ネジの土台が破損してる時など(ジャンクには非常によくある)ペンチが活躍します。
精密ピンセット TS-15
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
基板コネクター抜き(青いピンセットみたいの)
ドライブ開閉コネクター、スピーカーケーブル、ファンのコネクターなど小さめのコネクタ類で重宝します、開閉ストッパーがないタイプとかもこれがあれば便利。
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
ナットドライバー(設置)
ナットドライバーの付け替えできるセット。写真は右下のグリップとセットで友人からもらったもの。レッツノートだとVGAケーブルを外したりするのに使います。
VESSELのGグリップドライバー(+00)
+00のドライバーはノートパソコンを分解するのに必須です。私は細い方が好きですが、夫がこのGグリップが使いやすいそうです。ネジがなめそうな時などはこのドライバーを渡して代わりに回してもらいます。
VESSELのボールグリップドライバー(+1)
底面のゴム足のとこやモニターのヒンジなど大きいネジに。力のいるねじ回しは大きめの方が接着面積が広くなって開けやすくなります。
スパッジャー修理ツールキット(3点セット)
3点セットですが、この両側タイプのヘラは使いやすいです。
VESSELのドライバー(+00)
ノートPCでは必須の(+00)のプラスドライバー、Vesselは使いやすくておススメです。予備入れて同じの3本持ってます。ドライバーはセットでなく、1本ずつ買った方がいいですね。
長めのヘラ
シール剥がしやキーボードを剥がす時などヘラは必需品です。このヘラが一番のお気に入りですが、いかんせんプラスチックなのですぐに先端がボロボロになります。消耗品です。
IFIXITのセット
短めの黒い両側タイプのヘラですが、これはすぐダメになります。青い三角形のヘラはレッツノートのモニター枠など外すのに必須です。左下の磁石はなかなか出てこないネジを取り出せます。写真にはないですが、iOpenerという温め用の器具は必須です。
IFIXITのセット(ドライバーセット付き)
iOpenerの入ってるiFixitのセットにも先を付け替えるドライバーが付いてますが、T4以下のサイズがありません。T4以下がセットになってるのを買い直しました。(買い直し前に、必要に迫られてとりあえず買ったのが写真のトルクスねじ用レンチですが、これで分解作業はしんどい)
《その他、写真無し》
マグネットシート(水道屋のでもOK)
ネジを分かりやすい配置で置いておけます、磁石シートだと場所がズレにくいし、空の名刺入れに入れて使うとなお便利。
ナットドラーバー
VGAケーブルのネジを外すのに使います。RシリーズについてるEXTケーブルのネジでも使います。
IFIXITのセットに入ってる三角のヘラ
モニターの枠を外す時は、これくらいのサイズのヘラが使いやすいです。ホットボンドで接着してる場合などはこのタイプを何枚も使います。
アロンアルファ(コニシ)
パーツの割れや破損の修理に。
ルーター
ドリルだと直ぐに刃が折れるので、今はルーター派です。電池式でも充分使えます。
ネジ入れに使う箱
同種のネジなどを分けて取っておきます。一台で完結しない時(ニコイチやサンコイチ)になるとネジケースは必須です。秋葉原の廣瀬無線だとレジ裏の入口外にネジ入れに最適なケースが大小各種揃ってます。
赤ちゃん用の細い綿棒
ジャンクPCは大体汚れているので、清掃に(爪楊枝と)綿棒は必須です。綿棒だと埃や軽い汚れも同時に取れるので便利です。ただしノートパソコンの中は細かいので、ふつうの綿棒でなく、赤ちゃん用の細い方が役立ちます。
エアダスターオーバーホールクリーナーも必需品です。

他の記事を見る

コメントを残す