レッツノートCF-S9ジャンク分解日記(20160310)

ノートパソコン(Let’s NOTE)のジャンクを分解・清掃・交換・修理→再生させる作業の日記です。

今回の作業PCは【レッツノートCF-S9】のジャンクを分解します。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

今回のLet’s Note S9の状態

手元に届いた時は、まずジャンクPCの状態を確認します。

と言うか、見た目だけで相当汚い状態です。
外側でそのまま使える部分がなさそう…

とりあえずテスト用のメモリを挿して、電源を入れます。
BIOS画面を確認すると、見た目の汚さに相反して累積使用時間が1000H未満でした。

これは…何とか再生してあげたい!!

傷や割れなど破損箇所が目立つジャンク

▼ファン送風口のプラスチック部品が破損
レッツノートS9のジャンクでファン送風口のプラスチック部品が破損

▼モデム接続のフタをする部品も破損
レッツノートS9のジャンクでモデム接続のフタをする部品も破損

これは分解した時に、モニターケーブルの通り道になってるプラスチック部品ごと交換しないとダメですね。

▼モニター枠にもヒビ割れ
レッツノートS9のジャンクでモニター枠にもヒビ割れ

写真では分かりませんが、裏の天板にも同様のヒビが入ってました。
天板とモニター枠も交換する必要があります。

写真は載せませんが、ヒンジを覆う部品も欠けがありました。
これももちろん交換です。

底面にいたっては傷と汚れがひどく、PCカードスロットのフタが割れてないのが不思議なくらいです。

いよいよ、分解していきます。

ネジなめからのルーター

▼キーボードのネジなめ
レッツノートS9のジャンクでキーボードのネジなめ

プラス(+)のはずのねじ穴が、風車になってます。
私では失敗しそうなので、最初から夫にお願いしました。

…が、ダメでした。
すでになめきってました。

▼誰かが失敗したらしく、トップカバーに穴が…
レッツノートS9のジャンクで誰かが失敗したらしく、トップカバーに穴が…

他のネジを全て外して、キーボードもはがしてみると…失敗してトップカバーに穴が開いてる状態でした(写真の左側)。

ルーターでネジ頭を削り、土台と棒を切り離します(写真の右側)。
これでトップカバーが外せるようになりました。

分解をはじめてしばらくは、ネジナメの時にドリルを使っていました。
でも最近は、ルーターを使っています。

ドリルよりルーターを使う理由は2つあります。

ドリルは先端が壊れやすいです。
今回も最初はドリルで行こうと思ったのですが、買ってきたばかりのドリルが数秒で折れました。

もうひとつは、ルーターの方が固定が楽だからです。
ドリルやルーターを使う時に、反対側からネジの土台をペンチなどで固定していないと、グルグル回ってしまい削れません。

ドリルの時はペンチでの固定にかなり力が要ります。
ところがルーターの時は軽く持っているだけで削れます。

ルーターでは少しずつしか削れません。
でも、いま書いた理由で結局ルーターの方が作業がはかどります。

中を開けたら、無線LANモジュール無し

▼ボードに無線LANモジュール無し
レッツノートS9のジャンクで無線LANモジュール無し

ピンク色の□には、本当は無線LANのモジュールがついています。
他のジャンクと二個一でもしたのでしょうか。
わざわざ外してあります。

2箇所の青い印は無線LANケーブルです。

壊れた部品を交換して、
ファンを掃除してグリスを塗り直して、
無線LANモジュールをつけて、
リカバリーしたら終わりかなと考えてましたが、無線LANが反応しませんでしたorz

無線LANケーブルかアンテナが壊れてるようです。
と言う訳で無線LANケーブルも交換です。

無線LANケーブルを交換

▼無線LANケーブルを交換する準備
レッツノートS9のジャンクで無線LANケーブルを交換する準備

無線LANケーブルを外すために、ピンク色の○のネジを外します。

▼VGAケーブルのボックスネジも外す
レッツノートS9のジャンクでVGAケーブルのボックスネジも外す

VGAケーブルのとこのネジも外せば、無線LANケーブルの通り道が出てきます。

▼細かい部品も外す
レッツノートS9のジャンクで細かい部品も外す

VGAケーブルのとこの下にクッションがあるので、それも外します(写真の左側)。
ヒンジ脇に無線LANケーブルの通り道を固定するプラスチック部品(写真の右側の黒い部品)も外します。

▼無線LANケーブルはヒンジの内側を通って天板へ
レッツノートS9のジャンクで無線LANケーブルはヒンジの内側を通って天板へ

無線LANケーブルはヒンジの内側を通して、天板で固定されています。

▼天板に固定されている無線LANのアンテナ
レッツノートS9のジャンクで天板に固定されている無線LANのアンテナ

液晶モニターの枠を外すと、無線LANケーブルとアンテナがあります。
これを外して、可動品と交換します。

  • メモリ、HDD、ACケーブル、バッテリー、Windowsシリアルのシール無し
  • ガワの傷と汚れがひどい
  • ヒンジが破損
  • 天板とモニター枠にヒビ割れあり
  • キーボードねじがなめてる(→トップカバーも破損)
  • 送風口のプラスチック部品が破損
  • モデム・LANケーブルを塞ぐプラスチック部品が破損
  • 無線LANモジュールが無い→無線LANケーブル(アンテナ)が壊れてる
  • ただし、BIOSで確認すると累積使用医時間が1000H未満

今回のジャンクは、ほぼ丸っと分解させられました。
でも、CPU自体はまだそれほど使われてないようですし、何とか再生できて良かったです。

ノートパソコンの分解によく使う道具

ノートパソコンの分解・清掃などに役立つ道具類を紹介します。

《左上から時計回りに》
マイクロロングノーズプライヤー 先曲がりタイプ
ネジの土台が破損してる時など(ジャンクには非常によくある)ペンチが活躍します。
精密ピンセット TS-15
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
基板コネクター抜き(青いピンセットみたいの)
ドライブ開閉コネクター、スピーカーケーブル、ファンのコネクターなど小さめのコネクタ類で重宝します、開閉ストッパーがないタイプとかもこれがあれば便利。
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
ナットドライバー(設置)
ナットドライバーの付け替えできるセット。写真は右下のグリップとセットで友人からもらったもの。レッツノートだとVGAケーブルを外したりするのに使います。
VESSELのGグリップドライバー(+00)
+00のドライバーはノートパソコンを分解するのに必須です。私は細い方が好きですが、夫がこのGグリップが使いやすいそうです。ネジがなめそうな時などはこのドライバーを渡して代わりに回してもらいます。
VESSELのボールグリップドライバー(+1)
底面のゴム足のとこやモニターのヒンジなど大きいネジに。力のいるねじ回しは大きめの方が接着面積が広くなって開けやすくなります。
スパッジャー修理ツールキット(3点セット)
3点セットですが、この両側タイプのヘラは使いやすいです。
VESSELのドライバー(+00)
ノートPCでは必須の(+00)のプラスドライバー、Vesselは使いやすくておススメです。予備入れて同じの3本持ってます。ドライバーはセットでなく、1本ずつ買った方がいいですね。
長めのヘラ
シール剥がしやキーボードを剥がす時などヘラは必需品です。このヘラが一番のお気に入りですが、いかんせんプラスチックなのですぐに先端がボロボロになります。消耗品です。
IFIXITのセット
短めの黒い両側タイプのヘラですが、これはすぐダメになります。青い三角形のヘラはレッツノートのモニター枠など外すのに必須です。左下の磁石はなかなか出てこないネジを取り出せます。写真にはないですが、iOpenerという温め用の器具は必須です。
IFIXITのセット(ドライバーセット付き)
iOpenerの入ってるiFixitのセットにも先を付け替えるドライバーが付いてますが、T4以下のサイズがありません。T4以下がセットになってるのを買い直しました。(買い直し前に、必要に迫られてとりあえず買ったのが写真のトルクスねじ用レンチですが、これで分解作業はしんどい)
《その他、写真無し》
マグネットシート(水道屋のでもOK)
ネジを分かりやすい配置で置いておけます、磁石シートだと場所がズレにくいし、空の名刺入れに入れて使うとなお便利。
ナットドラーバー
VGAケーブルのネジを外すのに使います。RシリーズについてるEXTケーブルのネジでも使います。
IFIXITのセットに入ってる三角のヘラ
モニターの枠を外す時は、これくらいのサイズのヘラが使いやすいです。ホットボンドで接着してる場合などはこのタイプを何枚も使います。
アロンアルファ(コニシ)
パーツの割れや破損の修理に。
ルーター
ドリルだと直ぐに刃が折れるので、今はルーター派です。電池式でも充分使えます。
ネジ入れに使う箱
同種のネジなどを分けて取っておきます。一台で完結しない時(ニコイチやサンコイチ)になるとネジケースは必須です。秋葉原の廣瀬無線だとレジ裏の入口外にネジ入れに最適なケースが大小各種揃ってます。
赤ちゃん用の細い綿棒
ジャンクPCは大体汚れているので、清掃に(爪楊枝と)綿棒は必須です。綿棒だと埃や軽い汚れも同時に取れるので便利です。ただしノートパソコンの中は細かいので、ふつうの綿棒でなく、赤ちゃん用の細い方が役立ちます。
エアダスターオーバーホールクリーナーも必需品です。

他の記事を見る

コメントを残す