ネットでジャンクPCを買う時は慎重に(1)〜レッツノートCF-S9ジャンク分解日記(20160524)

ノートパソコン(Let’s NOTE)のジャンクを分解・清掃・交換・修理→再生させる作業の日記です。

今回は、ジャンク【レッツノートCF-S9】の分解・清掃・修理の作業をします。

知人よりオクで購入したジャンクを再生してくれと、レッツノートS9が三台届きました。

これまでに何十台もレッツノート CF-S9のジャンクを見てきました。
が、今回の3台をさわってみて、オクでのジャンク購入について考えさせられました。

1台ずつ、状態確認など書いていきます。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

今回のLet’s Note S9ジャンクPCの状態【1台目】

まずは、ノートパソコンの状態確認から。

  • バッテリ無し、ケーブル無し、HDD無し、メモリ無し
  • ウィンドウズのプロダクトシール無し
  • 天板に擦り傷状の穴
  • トップカバー(左右アームレスト)の擦れ・黒ずみがひどい
  • 右アームレストに穴
  • 累計使用時間が15000時間超

▼左アームレストの汚れ
ジャンクのレッツノートCF-S9でトップカバーの汚れがひどい

左右のアームレストは塗装がはがれて、黒くなりがち。
ただこれほど真っ黒なのはなかなか見かけませんね。
右のアームレストにいたっては、穴が空いてますから。

ここまでくると、さすがにトップカバーを丸っと交換でしょう。
ただ擦れや黒ずみがひどくても、マザーボードが正常ならガワを交換すれば問題ありません。

激ジャンクPCを再生させる【1台目】

これまでジャンクを買ったり修理を頼まれました。
でも、正面(アームレスト)に穴が空いてるのは初めてです。

ジャンクPCショップなら、実物が確認できるので、自分では絶対購入しません。
知人はネットで購入したようで、写真では確認できなかったのでしょう。

写真の撮り方次第で、ある程度見栄えがする画像ができますから。

▼右アームレストの穴
ジャンクのレッツノートCF-S9で右アームレストに穴

今回のアームレストの穴もパッと見ただけだと、擦れで黒ずんでるようにしか見えません。
手元でよ〜く見てはじめて穴だと分かりました。
※この写真は穴が確認しやすいよう、明るさなど調節しています。

まあ、我が家にはレッツノートCF-S9のパーツがいろいろありますので、トップカバーごと交換することはできます。

気になるのは累計使用時間です。
15000Hを越えていました。
ガワを換えれば何とか再生できそうかな? という感じです。

15000H越えのジャンクPCですから、いったん分解して内部を清掃します。
中もそれなりに汚れてましたが、内部も見た感じは問題なさそうです。

見た目には分からなかった致命的な欠陥が…

清掃後、元に戻して、SSDにWindowsインストール、ここまでは順調にできました。
が、Windowsを起動しても、無線LANを認識しません。

念のため、無線LANモジュールを交換してみましたが、やはり無線LANを拾いません(><)
無線LANのアイコン(?)自体がなく、どうもマザーボードの方で無線LANのドライバー認識すらしない状態です。

無線LANが使えないジャンクはたまに見かけます。
見た目には分からないし、インストール画面やBIOS画面が見られれば、これは再生可能なパソコンだなと判断されやすいです。

ですが、ノートパソコンで無線LANが使えないのは、はっきり言って致命的です。
ゲーム用の据え置きノートPCならともかく、軽くて頑丈な持ち歩き用のレッツノートですからね。

マザーボードに問題がある以上、このPCは部品取り以外、何の役にも立ちません。

部品と言ってもケーブルなし、HDDなし、バッテリー無しですが(笑)
天板とトップカバーに穴があるので、ガワは使えませんし。

使えるのはモニターとDVDドライブくらいですかね。
どちらも困ってないのが更に残念なところです。

ノートパソコンの分解によく使う道具

ノートパソコンの分解・清掃などに役立つ道具類を紹介します。

《左上から時計回りに》
マイクロロングノーズプライヤー 先曲がりタイプ
ネジの土台が破損してる時など(ジャンクには非常によくある)ペンチが活躍します。
精密ピンセット TS-15
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
基板コネクター抜き(青いピンセットみたいの)
ドライブ開閉コネクター、スピーカーケーブル、ファンのコネクターなど小さめのコネクタ類で重宝します、開閉ストッパーがないタイプとかもこれがあれば便利。
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
ナットドライバー(設置)
ナットドライバーの付け替えできるセット。写真は右下のグリップとセットで友人からもらったもの。レッツノートだとVGAケーブルを外したりするのに使います。
VESSELのGグリップドライバー(+00)
+00のドライバーはノートパソコンを分解するのに必須です。私は細い方が好きですが、夫がこのGグリップが使いやすいそうです。ネジがなめそうな時などはこのドライバーを渡して代わりに回してもらいます。
VESSELのボールグリップドライバー(+1)
底面のゴム足のとこやモニターのヒンジなど大きいネジに。力のいるねじ回しは大きめの方が接着面積が広くなって開けやすくなります。
スパッジャー修理ツールキット(3点セット)
3点セットですが、この両側タイプのヘラは使いやすいです。
VESSELのドライバー(+00)
ノートPCでは必須の(+00)のプラスドライバー、Vesselは使いやすくておススメです。予備入れて同じの3本持ってます。ドライバーはセットでなく、1本ずつ買った方がいいですね。
長めのヘラ
シール剥がしやキーボードを剥がす時などヘラは必需品です。このヘラが一番のお気に入りですが、いかんせんプラスチックなのですぐに先端がボロボロになります。消耗品です。
IFIXITのセット
短めの黒い両側タイプのヘラですが、これはすぐダメになります。青い三角形のヘラはレッツノートのモニター枠など外すのに必須です。左下の磁石はなかなか出てこないネジを取り出せます。写真にはないですが、iOpenerという温め用の器具は必須です。
IFIXITのセット(ドライバーセット付き)
iOpenerの入ってるiFixitのセットにも先を付け替えるドライバーが付いてますが、T4以下のサイズがありません。T4以下がセットになってるのを買い直しました。(買い直し前に、必要に迫られてとりあえず買ったのが写真のトルクスねじ用レンチですが、これで分解作業はしんどい)
《その他、写真無し》
マグネットシート(水道屋のでもOK)
ネジを分かりやすい配置で置いておけます、磁石シートだと場所がズレにくいし、空の名刺入れに入れて使うとなお便利。
ナットドラーバー
VGAケーブルのネジを外すのに使います。RシリーズについてるEXTケーブルのネジでも使います。
IFIXITのセットに入ってる三角のヘラ
モニターの枠を外す時は、これくらいのサイズのヘラが使いやすいです。ホットボンドで接着してる場合などはこのタイプを何枚も使います。
アロンアルファ(コニシ)
パーツの割れや破損の修理に。
ルーター
ドリルだと直ぐに刃が折れるので、今はルーター派です。電池式でも充分使えます。
ネジ入れに使う箱
同種のネジなどを分けて取っておきます。一台で完結しない時(ニコイチやサンコイチ)になるとネジケースは必須です。秋葉原の廣瀬無線だとレジ裏の入口外にネジ入れに最適なケースが大小各種揃ってます。
赤ちゃん用の細い綿棒
ジャンクPCは大体汚れているので、清掃に(爪楊枝と)綿棒は必須です。綿棒だと埃や軽い汚れも同時に取れるので便利です。ただしノートパソコンの中は細かいので、ふつうの綿棒でなく、赤ちゃん用の細い方が役立ちます。
エアダスターオーバーホールクリーナーも必需品です。

他の記事を見る

2件のコメント

  • ゆき

    はじめまして。
    CF-S9の分解記事、修理の際に大変参考になりました。ありがとございます。
    余談ですが、内蔵無線LANカードを認識しない症状は、無線LANカードが他のPCで正常動作するのでしたら、端子の汚れによる接触不良の可能性が大きいです。接点復活スプレーでスロットとカードの端子をよく清掃してみてくださいね。私はこの方法で3台復活しましたよ。

    • 分解女王

      次回同じ症状の時にはぜひ試してみます。ありがとうございます。

コメントを残す