ネットオークションでジャンクPCを買う時に注意したいこと

ネットオークションでジャンクPCを買う時に注意したいこと

ジャンクPCを扱ってるショップが近くにない、
ジャンクショップがある街まで出かける機会がなかなか作れない、

など、ネットでジャンクPCを購入することはあると思います。

私はショップで見て買う方が好きですが、ネットオークションなどもチェックしています。

地方在住だと、ネットショップでのジャンクPC購入がメインになる人も少なくないでしょう。

ただネットオークションでのジャンクPC購入には注意が必要です。

今回の3台は残念感がハンパありませんでした。
(詳細は、レッツノートCF-S9ジャンク分解日記に書いています)

ここではあらためて、ネットオークションでジャンクPCを買う時の注意点を含めてまとめます。

ネットオークション購入で失敗だったジャンクPC3台のまとめ

【1台目】
解像度の低い遠めの写真では、長年の使用による擦れで黒くなってるようにしか見えなかったのですが、実はアームレストに穴が空いていました。
説明文には、穴についての言及はなく、擦れや汚れについてだけ記載がありました。

カバーやアームレストは交換ができるので、まだいいです。

問題はマザーボードですね。
ふつうに起動して問題ないように見えて、実は肝心の無線LANが使えないのは非常に残念です。
マザーボードが無線LANドライブを認識しないとか、インストールしてみないと分かりませんから。

写真も遠めの小さなピンぼけを載せてるだけ、所持者なら絶対に気付くアームレストの穴に言及無しで、説明文に《見落とし勘弁》の予防線…ここまでくると、無線LANが使えないことも知ってて書かなかったのかなと勘ぐりたくなってしまいます(汗

【2台目】
BIOS画面が確認できると記載があったので、キーボードのFunctionキー、もしくはF2キーが利かないことは分かってたはずです。
レッツノートCF-S9でF2が押せない=元からついてるキーボードではBIOS画面が出せませんから。
本当にBIOSの確認ができたなら、外付けのキーボードで操作したはずです。
キーボードに利かないキーがあるのに記載無しというのは、どうなんでしょうね。

メモリの開閉レバー異常についても、気付いてたのでは? と感じます。
ふつうに差しただけではメモリが刺さらない状態で、わざわざ1GBに入れ替えてあるので、気付かないのは変です。

マザーボードも起動後は問題ないように見えて、実はファンが回らず熱暴走します。
熱暴走で落ちるまで最低でも10分くらい継続して起動していないと気付けませんでした。
前の持ち主は、熱暴走に気付いていたはずです。

【3台目】
通電しないジャンクPC
BIOS画面は確認できると言う記載があったようですが、結局、最後まで何の画面も見られませんでした。

2台目、3台目のメモリをわざわざ2GBから1GBに差し替えてたのには、ビックリしました。
え、わざわざ…? としか言いようがありません。
もうメモリはずしちゃえば?! と思いますが、インストール画面やBIOS画面が確認できるように残してるんでしょうか。

ネットオークションで中古パソコンを買う時に注意したいこと

ネットオークションで中古のノートパソコンやジャンクPCを買う時、確認しておきたいことをまとめてみました。

写真

裏表(天板と底面)の全体写真だけ、しかも画像サイズが小さかったり解像度が低いのは不親切だと思います。
よくあるテクニックとしてはホワイト(明るさ)を強くして、キズや汚れを見えにくくしてる出品者が多いです。

中古のノートPCであれば、多少の擦り傷はあってふつうです。
写真修正でキレイに見せる必要はありません。
なぜなら、状態が良い場合、出品者は説明文やタイトル部分に《美品》だとか書いてくるのが一般的だからです。

写真だけ修整してキレイに見せようとするのは、積極的に《美品》の文字を入れることはできない状態なんだろうと推測せざるを得ませんね。

むしろ、破損箇所の写真を個別にアップで載せている方が良心的な印象を受けます。

説明文

見落としがあるかもと言う予防線を入れているケースもたまに見かけます。
外側のキズや汚れについては、人それぞれで「汚い」「ひどい」と思う基準はまちまちです。

出品者が大したことないと感じたキズなども、購入者によっては「ひどい状態」と感じることもあるでしょう。

ただし、パソコンの状態については別です。
業者でも個人でも、電源が入るか、BIOSが見られるかなど確認します。

電源入ります、BIOS確認できましたと書けばいいでしょ? みたいな説明文は、注意した方が良いかもしれません。

所有者が個人であれば、自分自身で使っていたのでしょうし、どういう状態か一番よく把握しているはずです。
パソコンに詳しくないユーザーでも、分かっていることを書いてくるのがふつうです。

写真だけではバレないことはあえて書かない方が高く売れる可能性がある、と考えている出品者がいないとは言えませんし。

電源が入ったり入らなかったりするとか、
Windowsアップデートしようとすると突然落ちるとか…
ネットオークションに出品することになった原因をはっきり書いている方が、親切だと思います。

報復評価

通電すらしなかった3台目のノートPCですが、ネットオークションの情報ではBIOS画面が確認できると記載されていたとのこと。

ジャンクPCは基本的にノークレーム・ノーリターンが多いと思います。
ならば、せめて評価欄に通電しなかったとでも書くのかと思いきや、悪い評価はできないとのこと。

オークション歴の長い知人によると、それが事実でも悪い評価を売れると《報復評価》というのがあるそうです。
趣味以上、半分くらい仕事的に利用しているオークションのアカウントで《報復評価》されるのは困ります。
もう二度とその出品者からは購入しないという対抗手段しかないのが現状のようです。

ジャンクPCですから、返品しても交換できません。
ノークレーム・ノーリターンで、報復評価を良しとしない人であれば、私の知人のように二度とその相手から購入しないことで自衛するしかありません。

こうしたネットオークションの現状を考えると、なおさら購入時には商品の写真や詳細情報の真意を読み取るようにする必要があります。

ノートパソコンの分解によく使う道具

ノートパソコンの分解・清掃などに役立つ道具類を紹介します。

《左上から時計回りに》
マイクロロングノーズプライヤー 先曲がりタイプ
ネジの土台が破損してる時など(ジャンクには非常によくある)ペンチが活躍します。
精密ピンセット TS-15
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
基板コネクター抜き(青いピンセットみたいの)
ドライブ開閉コネクター、スピーカーケーブル、ファンのコネクターなど小さめのコネクタ類で重宝します、開閉ストッパーがないタイプとかもこれがあれば便利。
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
ナットドライバー(設置)
ナットドライバーの付け替えできるセット。写真は右下のグリップとセットで友人からもらったもの。レッツノートだとVGAケーブルを外したりするのに使います。
VESSELのGグリップドライバー(+00)
+00のドライバーはノートパソコンを分解するのに必須です。私は細い方が好きですが、夫がこのGグリップが使いやすいそうです。ネジがなめそうな時などはこのドライバーを渡して代わりに回してもらいます。
VESSELのボールグリップドライバー(+1)
底面のゴム足のとこやモニターのヒンジなど大きいネジに。力のいるねじ回しは大きめの方が接着面積が広くなって開けやすくなります。
スパッジャー修理ツールキット(3点セット)
3点セットですが、この両側タイプのヘラは使いやすいです。
VESSELのドライバー(+00)
ノートPCでは必須の(+00)のプラスドライバー、Vesselは使いやすくておススメです。予備入れて同じの3本持ってます。ドライバーはセットでなく、1本ずつ買った方がいいですね。
長めのヘラ
シール剥がしやキーボードを剥がす時などヘラは必需品です。このヘラが一番のお気に入りですが、いかんせんプラスチックなのですぐに先端がボロボロになります。消耗品です。
IFIXITのセット
短めの黒い両側タイプのヘラですが、これはすぐダメになります。青い三角形のヘラはレッツノートのモニター枠など外すのに必須です。左下の磁石はなかなか出てこないネジを取り出せます。写真にはないですが、iOpenerという温め用の器具は必須です。
IFIXITのセット(ドライバーセット付き)
iOpenerの入ってるiFixitのセットにも先を付け替えるドライバーが付いてますが、T4以下のサイズがありません。T4以下がセットになってるのを買い直しました。(買い直し前に、必要に迫られてとりあえず買ったのが写真のトルクスねじ用レンチですが、これで分解作業はしんどい)
《その他、写真無し》
マグネットシート(水道屋のでもOK)
ネジを分かりやすい配置で置いておけます、磁石シートだと場所がズレにくいし、空の名刺入れに入れて使うとなお便利。
ナットドラーバー
VGAケーブルのネジを外すのに使います。RシリーズについてるEXTケーブルのネジでも使います。
IFIXITのセットに入ってる三角のヘラ
モニターの枠を外す時は、これくらいのサイズのヘラが使いやすいです。ホットボンドで接着してる場合などはこのタイプを何枚も使います。
アロンアルファ(コニシ)
パーツの割れや破損の修理に。
ルーター
ドリルだと直ぐに刃が折れるので、今はルーター派です。電池式でも充分使えます。
ネジ入れに使う箱
同種のネジなどを分けて取っておきます。一台で完結しない時(ニコイチやサンコイチ)になるとネジケースは必須です。秋葉原の廣瀬無線だとレジ裏の入口外にネジ入れに最適なケースが大小各種揃ってます。
赤ちゃん用の細い綿棒
ジャンクPCは大体汚れているので、清掃に(爪楊枝と)綿棒は必須です。綿棒だと埃や軽い汚れも同時に取れるので便利です。ただしノートパソコンの中は細かいので、ふつうの綿棒でなく、赤ちゃん用の細い方が役立ちます。
エアダスターオーバーホールクリーナーも必需品です。

他の記事を見る

コメントを残す