レッツノートCF-S9の分解あるある、ネジなめ

ノートパソコン(Let’s NOTE CF-S9)底面のネジがなめそう・なめてしまった時の解決方法を写真つきで解説します。

  • S9を分解しようとしたら、底面のネジがなめそう(><)
  • S9を分解しようとしたら、底面のネジがなめちゃって二進も三進もいかない(;Д;)
  • ジャンクのS9を買ってきたら、ネジがなめてた
  • ニコイチしようとしたら、ネジがなめてて分解できない(#゚Д゚)

レッツノートのキーボードのネジは固いので、結構なめることありますね。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

Let’s Note S9のキーボードネジはなめやすい!

レッツノートS9のネジなめ時に役立つのは以下の道具です。

▼キーボードのねじ位置【Let’s NOTE S9】

レッツノートS9のキーボードのねじ位置

レッツノートCF-S9底面のキーボードのネジ位置を確認しましょう。
上図のオレンジ色の○がキーボードねじの位置です。
4箇所あります。

レッツノートS9の分解(基本)ページでも書きましたが、かなり固く締められてることが多く、ネジもなめやすいです。
ねじ回しは押す力=7、回す力=3です(夫談)

でも、ジャンクで買ってきたS9だと、最初からネジがなめ気味なこともあります。

▼なめかけのネジ頭【Let’s NOTE S9】

レッツノートS9のなめかけのネジ頭

私は二個一三個一などパーツ取りで組み立てするのに、よくジャンクPCを購入します。
ジャンクで買ったレッツノートS9だとネジなめの確率が高いです。
特にネジ部分まで確認できないオークションからの購入にネジなめが多いです。

写真の左側のネジは、なめかけのネジです。
プラス(+)ではなく、風車みたいになってます。

プラス(+)が軽く膨らんでるくらいでも、気を付けて開けないとネジがなめるので注意が必要す。

そう言う時は、ネジすべり止め液を使うといいです。

※ネジのすべり止め液の使い方に、1〜2滴たらして使うとあります。
ただすべり止め液は非常にどろどろしていて1滴をたらすのが難しいです。
どぷっと出てきてねじ穴から溢れます(汗)
メモ帳などの上にたらして、ドライバーの先端に付けて使う方がいいです。

もちろん、ネジのすべり止め液を使っても上手くいかないことはあります。
ジャンクPCだと風車ですらなく、ねじ穴が真ん丸につぶれてることもありますし(汗)

Let’s Note S9のキーボードネジが完全になめて外せない時は?

▼キーボードのネジが外せなくなる【Let’s NOTE S9】

レッツノートS9のキーボードのネジが外せなくなる

完全にネジがなめて抜けなくなってしまった場合、何が困るか?
キーボードを剥がしても、トップカバーが外れないので、中をいじることができなくなるんです。

ファンの掃除をしたくてもできない、
ファンが壊れても交換できない、
マザーボード裏のメモリを交換したくてもできない、
とにかく、トップカバーが外せないと内部には触れません。

そう言う時は…ドリルです。

正直、ノートパソコンの分解をしていて、ドリルを使うことがあるとは知りませんでした。

でも、ドリルがあれば救えます!!
(ネジの土台以外)

▼キーボードのネジをドリルしてる途中【Let’s NOTE S9】

レッツノートS9のキーボードのネジをドリルしてる途中

写真は、キーボードのネジをドリルしてる途中です。
ネジ頭が削れてるのが分かると思います。

ねじ穴辺りが削れてくると、輪っかと棒の部分に分離します。
ドリルしてる途中でガッと音がします。
ドリルしてる感触も変わるので、分かりやすいです。

▼ドリルでキーボードねじを分解【Let’s NOTE S9】

レッツノートS9のドリルでキーボードねじを分解

ドリルで取れたネジの輪っか部分と棒の部分です。
(棒の先についてる金色の部分は、キーボード裏に着いてるはずの土台)
これでトップカバーが外せるようになります。

土台とネジの棒部分を分解すれば、土台を救うことができます。
片側をペンチで抑え、もう片方をペンチで回して外す感じです。
ネジから外した土台は、キーボード裏に接着できますが、接着面が少ないのでかなり難しいです。
(強度的にも弱る)

ジャンクでひどかった時は、キーボードのネジが接着剤(?)で固められてガチガチだったこともあります。
ドリルを使っても1時間か2時間くらいかかりました。

六角軸ドリルですが、2mm〜3mmの細いやつがいいと思います。
またキーボードねじの入口が深いので、六角軸ドリルの先端部分が短い物だと入りません。

キーボードのネジなめで使った道具の紹介

このページで使ったノートパソコンのキーボードのネジなめに役立つ道具類を紹介します。

レッツノートの分解に必須のvessel +00のドライバーレッツノートでキーボードねじなめを救うのに必須のすべり止め液レッツノートのキーボードのネジなめでドリルを使う



左から、
ベッセルの+00のドライバー
ネジすべり止め液
ドリル

レッツノートのキーボードのネジなめで使う六角軸ドリルレッツノートでキーボードねじの土台を救うのに必須のペンチ



左から、
六角軸ドリル
先曲がりペンチ

私が使ったドリルは、夫が以前買った充電式のものです。
充電式だと女性でも持ちやすいです。

ノートパソコンの分解によく使う道具

ノートパソコンの分解・清掃などに役立つ道具類を紹介します。

《左上から時計回りに》
マイクロロングノーズプライヤー 先曲がりタイプ
ネジの土台が破損してる時など(ジャンクには非常によくある)ペンチが活躍します。
精密ピンセット TS-15
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
基板コネクター抜き(青いピンセットみたいの)
ドライブ開閉コネクター、スピーカーケーブル、ファンのコネクターなど小さめのコネクタ類で重宝します、開閉ストッパーがないタイプとかもこれがあれば便利。
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
ナットドライバー(設置)
ナットドライバーの付け替えできるセット。写真は右下のグリップとセットで友人からもらったもの。レッツノートだとVGAケーブルを外したりするのに使います。
VESSELのGグリップドライバー(+00)
+00のドライバーはノートパソコンを分解するのに必須です。私は細い方が好きですが、夫がこのGグリップが使いやすいそうです。ネジがなめそうな時などはこのドライバーを渡して代わりに回してもらいます。
VESSELのボールグリップドライバー(+1)
底面のゴム足のとこやモニターのヒンジなど大きいネジに。力のいるねじ回しは大きめの方が接着面積が広くなって開けやすくなります。
スパッジャー修理ツールキット(3点セット)
3点セットですが、この両側タイプのヘラは使いやすいです。
VESSELのドライバー(+00)
ノートPCでは必須の(+00)のプラスドライバー、Vesselは使いやすくておススメです。予備入れて同じの3本持ってます。ドライバーはセットでなく、1本ずつ買った方がいいですね。
長めのヘラ
シール剥がしやキーボードを剥がす時などヘラは必需品です。このヘラが一番のお気に入りですが、いかんせんプラスチックなのですぐに先端がボロボロになります。消耗品です。
IFIXITのセット
短めの黒い両側タイプのヘラですが、これはすぐダメになります。青い三角形のヘラはレッツノートのモニター枠など外すのに必須です。左下の磁石はなかなか出てこないネジを取り出せます。写真にはないですが、iOpenerという温め用の器具は必須です。
IFIXITのセット(ドライバーセット付き)
iOpenerの入ってるiFixitのセットにも先を付け替えるドライバーが付いてますが、T4以下のサイズがありません。T4以下がセットになってるのを買い直しました。(買い直し前に、必要に迫られてとりあえず買ったのが写真のトルクスねじ用レンチですが、これで分解作業はしんどい)
《その他、写真無し》
マグネットシート(水道屋のでもOK)
ネジを分かりやすい配置で置いておけます、磁石シートだと場所がズレにくいし、空の名刺入れに入れて使うとなお便利。
ナットドラーバー
VGAケーブルのネジを外すのに使います。RシリーズについてるEXTケーブルのネジでも使います。
IFIXITのセットに入ってる三角のヘラ
モニターの枠を外す時は、これくらいのサイズのヘラが使いやすいです。ホットボンドで接着してる場合などはこのタイプを何枚も使います。
アロンアルファ(コニシ)
パーツの割れや破損の修理に。
ルーター
ドリルだと直ぐに刃が折れるので、今はルーター派です。電池式でも充分使えます。
ネジ入れに使う箱
同種のネジなどを分けて取っておきます。一台で完結しない時(ニコイチやサンコイチ)になるとネジケースは必須です。秋葉原の廣瀬無線だとレジ裏の入口外にネジ入れに最適なケースが大小各種揃ってます。
赤ちゃん用の細い綿棒
ジャンクPCは大体汚れているので、清掃に(爪楊枝と)綿棒は必須です。綿棒だと埃や軽い汚れも同時に取れるので便利です。ただしノートパソコンの中は細かいので、ふつうの綿棒でなく、赤ちゃん用の細い方が役立ちます。
エアダスターオーバーホールクリーナーも必需品です。

他の記事を見る

コメントを残す