【動画】Panasonic Let’s Note CF-S10の分解作業(トップカバーを開けるまで)

Panasonicの人気ノートパソコン【Let’s NOTE CF-S10】の分解手順を動画で紹介します。
今回は、知人からの依頼でマザーボードを交換するレッツノートS-10を分解します。

【動画】レッツノートCF-S10の分解 にも、レッツノートS10の分解動画がありますが、ちょっとテンポが早すぎて見にくい気がするので、改めて動画を撮りました。
ネジをはずすところでは、マジックで印を付けながら分解作業をしてみました。

CF-S10の分解ですが、同じレッツノートのS8・S9・S10、それにN8・N9・N10も同じ手順で分解することができます。

  • メモリの交換をしたい時
  • ファンを掃除したい時
  • ノートパソコンの中を掃除したい時
  • グリスの塗り直しをしたいとき
  • 何となく、レッツノートを分解してみたい

など、トップカバーをはずすところまでの分解作業手順を動画で確認することができます。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

Let’s Note S10の分解作業動画

レッツノートCF-S10の分解で役立つのは以下の道具です。

Let’s Note S10の分解作業動画

では、レッツノートCF-S10でトップカバーを開けるまでの分解作業を動画で紹介します。


動画URL⇒ https://youtu.be/bAeI8Z8YtvY

ノートパソコンを引っ繰り返した状態で動画が始まります。

以下、レッツノートCF-S10作業手順と動画の該当箇所です。

  1. バッテリーをはずす(0分0秒〜)
  2. PCカードスロットのフタのネジをはずす(0分38秒〜)
    4箇所のネジをはずして、中のケーブルを外しておきます。
    ケーブルの先端がささってる黒いレバー的なものを起こすと、ケーブルがはずれます。
    ケーブルを外したら、もう一度フタをしてネジを締めておきます。
    (開けっ放しだと作業しにくい)
    ※ この動画では、PCカードスロットを固定してる2本のネジをはずして、中のに溜まった埃をエアダスターできれいにしています(1分45秒〜)

  3. 底面のゴム足をはずす(4分25秒〜)
    ここだけ、+1のドライバーを使います。
    ネジをはずしたら、ゴム足を取ります。

  4. 底面のネジをはずします-1(5分04秒〜)
    始めにキーボードを留めているネジ4本をはずします。
    ここは固めに閉まっていることが多いので、私はだいたい最初にはずしてしまいます。
    端っこに近い位置のネジをはずす時は本体がガタガタと揺れるので、抑えながらネジを回します。

  5. 底面のネジをはずします-2(7分00秒〜)
    底面ではずすネジはキーボードのネジ、中くらいのネジ、短いネジと全部で3種類あります。
    中くらいのネジ5本をはずします。

  6. 底面のネジをはずします-3(9分10秒〜)
    最後に、底面下部にある短いネジ5本をはずします。
    ※ iOpenerを電子レンジで温めています。iOpenerは、シールをキレイに剥がすために使います(10分10秒くらい)
    底面部の作業は、バッテリーさえ先にはずしてしまえば、あとは順不同です。

  7. キーボードの裏にある防水シールを剥がす(12分00秒〜)
    この防水シールは再利用するので、iOpenerで温めてきれいに剥がします。

  8. キーボードを固定している金具をピンセットではずします(13分44秒〜)
    丸い穴にピンセットを引っかけて下へスライドすると取れます。

  9. キーボード上辺部にある2箇所のネジをはずします(14分33秒〜)
    この2本は長さが違うので、間違えないように置いておきましょう。

  10. 側面にあるゴムのフタを取る(15分20秒〜)
    ゴム下にあるネジもはずしておきます。

  11. DVDドライブを開けて、中のネジをはずす(16分18秒〜)
    電源オフの時に光学ドライブのフタを開ける場合、エマージェンシーホールにピンセットの先などを挿して開けます。
    ドライブ内ではずすネジは5本、4本は短いネジ、最後に印をつけたネジ(溝のところ)が中くらいです。

  12. キーボードをはがす(20分18秒〜)
    キーボード上辺部のネジ、側面のネジ、ドライブ内のネジをはずす前にキーボードを外しても同じです。その方がカバーが浮かないのでキーボードがはずしやすいかも?
    防水シールを剥がしたところから軽く押し出すようにして、キーボードを浮かせて、そこにヘラを差し込みます。
    キーボード裏には厚い粘着テープがいくつか貼ってあります。
    厚さ2mmくらいあるので、丁寧に少しずつ剥がします。
    ※ キーボード裏の粘着テープ位置は、ノートパソコン Let’sNOTE CF-S9の分解(図解) NOTE S9】で写真を載せています。

  13. キーボードケーブルとスピーカーケーブルを外す(23分50秒〜)
    キーボードケーブルとスピーカーケーブルは、キーボード上の防水シールを剥がした下にあります。
    iOpenerで防水シールを温めて剥がす準備をします。

    ※ 温めている間に…
    キーボード側に着いてしまった粘着テープをカバーへ移動します。
    カバー上に残ったネジ1本もはずしておきます(25分00秒〜)

    防水シールを途中まで剥がしたら、キーボードケーブルとスピーカーケーブルを外します。
    左奥にささっているスピーカーケーブルを外したら、邪魔になるので上へあげておきます。

    平べったいのがスピーカーケーブルです。
    差込口の両端をピンセットなどでスライドすると、ケーブルが抜けます。
    ケーブルはカバー上に細くて薄いテープで固定されているので、剥がして抜きます。

  14. トップカバーをはずす(28分28秒〜)
    カバーを軽く持ち上げて、ほんの少し手前にスライドさせるようにしてからはずします。
    ただし、完全にはずさず、90度のところで止めて下さい。
    カバー裏でマザーボードとつながっているケーブルが残っています。

  15. ドライブの自動開閉スイッチケーブルとタッチパッド用ケーブルを外す(28分53秒〜)
    平たい方がタッチパッド用のケーブルです。
    キーボードケーブルと同じように差込口の両端にあるスイッチをずらして、ケーブルを抜きます。

    スピーカーケーブルと同じ形のがドライブの自動開閉スイッチのケーブルです。
    この2本のケーブルを抜けば、カバーが完全にはずれます。

以上で、レッツノートCF-S10の分解作業は完了です。

今回は少しゆっくりめに、ネジの位置チェックなどしながら分解しました。
動画を撮りながら(=直ぐそばにiPhoneがある状態)での作業のため、途中ガタガタしてるところもあります。
特にネジ回しは、ふだんならもっと上半身ごと乗せる感じでやっています。
ネジ回しは押す力7の回す力3です。

また、ネジの位置など各作業の詳細な写真は、ノートパソコン Let’sNOTE CF-S9の分解(図解) NOTE S9】に載せています。
動画だけで見にくい場合は、そちらを参照して下さい。

動画内に説明(アノテーション)を入れるのは止めました。
Youtubeによると、アノテーション自体がもう終了するようですし…
ブログを見てない人、動画だけ見てる人にも分かりやすいかな? と思ったのですが、動画の中に説明があると見にくいらしいですね。

そんなわけで、動画の作業内容についてはブログ内の説明を参照して下さい。

動画

初めてのHackintosh(ウニビースト)を最安自作PCで実現する(7)残ったパーツでもう一台デスクトップPCを組み立てる

今回は、メモリ64GBのHackintoshをとにかく安く作る目的で、元々あったパソコンのグラボやケースを使い回し、足りないパーツだけ新たに購入してパソコンを組み立てました。

グラボ(Geforce GTX 960)もこれまで夫のメインPCに挿していたのを使いました。
また、Hackintosh用パソコンの組み立て前編で当初予定していたPCケースだとクーラーがはみ出てしまうので、急遽、PCケースも旧メインPCからの使い回しになりました。

残った旧メインPCの中身はグラボがないので、Hackintoshを入れる予定だったアクリルのPCケースへ移し、Ubuntuマシンとして再生することにします。
その組み立て作業を動画つきで紹介します。

Hackintosh用のパソコン自作に使う道具類

HackintoshPCを自作するのに役立つのは以下の道具です。

※ 使い回しのパーツを掃除するのに使う

残りのPCパーツでもう一台デスクトップPCを組み立てる

Linux用なのでシンプルな構成のデスクトップPCになります。


動画URL⇒ https://youtu.be/E1hptPX_xDE

以下、Hackintosh(UniBeast)の自作PCを組み立てる手順と動画の該当箇所です。

  1. (0分00秒〜)電源をPCケースに入れてネジ止めする
  2. (2分13秒〜)バックパネルをPCケースにはめる
  3. (4分00秒〜)ケースファンのケーブルを挿す
  4. (6分31秒〜)マザーボードをPCケースに載せてネジ止めする
  5. (9分36秒〜)電源ケーブルと補助電源ケーブルを上の段へ通す
  6. (10分17秒〜)補助電源ケーブルをマザーボードに挿す
  7. (10分52秒〜)電源ケーブルをマザーボードに挿す
  8. (12分07秒〜)SATAケーブルをマザーボードとSSDにつなげる
  9. (13分03秒〜)SSDに電源をつなげる
  10. (14分05秒〜)フロントパネルの各ケーブル(HDD LEDなど)をマザーボードにつなげる
  11. (13分03秒〜)SSDに電源をつなげる

動画では、ケースファンのケーブルを1本しか挿していませんね。
途中(5分40秒くらいから)で2本目のケースファンケーブルを挿す位置を悩んだりしていますが…この後、2本目をCPUファンのすぐ脇にあるcha_fan1につなぎました。

組み立て後は、Ubuntuの入ったSSDで無事起動を確認できました!


Hackintoshの組み立て直しで書きましたが、今回が初めてのデスクトップPC自作です。
「あれ? この後何をつなげればいいんだっけ?」と、自作未経験なことに気付きました。

悩んだところは、2本目のファンケーブルを接続する場所です。
sys_fan1しか見当たらず、sys_fan2がないのでどこへ挿すのか分かりませんでした。

Hackintosh用パソコンの組み立て後編で、補助電源ケーブルがささってなくて起動しないということがあったので…今回のはグラボも無いし不要かなと思いつつ、念のため挿しておきました。

後は電源、SSD、USB、オーディオ、フロントパネルにささる各種ケーブルをつないだだけです。
今回のPCは、Ubuntuを入れる用で構成がシンプルなので、何とか自作できました。

初めてのHackintosh(ウニビースト)を最安自作PCで実現するのその他の記事

(1)パーツ選びと購入編
(2)Hackintosh用パソコンの組み立て前編〜マザーボードにCPU・クーラー・メモリを取付け
(3)Hackintosh用パソコンの組み立て後編〜PCケースに各パーツをつなげる
(4)ウニビーストのインストールUSB作成編
(5)NvidiaのWebドライバーを認識しない問題を解決する
(6)PCクーラーがおさまるケースで組み立て直し
(7)残ったPCパーツでもう一台デスクトップPCを組み立てる

動画

初めてのHackintosh(ウニビースト)を最安自作PCで実現する(6)PCクーラーがおさまるケースで組み立て直し

  • 今のMACだとメモリが足りない
  • メモリが多いMACだと高くて買えない
  • メモリをたっぷり載せたMACを自作PCで動かしたい
  • 中古パーツを集めた自作PCでMACを使ってみたい
  • 低予算の自作PCでMACが動いたらいいな

などなど…MACファンもそうでない人も、一度は挑戦したいHackintosh。

今回は、メモリ64GBのHackintoshをとにかく安く作るのが目的です。
使い回しのパーツや中古のパーツで自作PCを作り、そこにHackintoshを入れて動かしてみます。

Hackintosh用パソコンの組み立て前編で自宅にあったPCケースで組み立て始めたところ、クーラーが大きすぎてケースからはみ出ることが判明。

改めて、別のPCケースで組み立て直すことにしました。
夫がメインPCとして使っていたケースがちょうど良さそうなので、それを使います。
GIGABYTEのCHASSISというミドルタワー型ケースです。

組み立て直したHackintoshが夫の新しいメインPCになります。
グラボを抜いた旧メインPCの中身は、当初Hackintoshを入れる予定だったアクリルのPCケースへ移してUbuntuを入れることにします。

Hackintosh用のパソコン自作に使う道具類

HackintoshPCを自作するのに役立つのは以下の道具です。

※ 使い回しのパーツを掃除するのに使う

PCクーラーがおさまるケースで組み立て直し

Hackintoshをインストール済みのPCですが、ケースからPCクーラーがはみ出てしまうため、別のケースに入れ替えします。

最初は電源にリモコンを使うつもりでしたが、今回のケースでは普通にフロントパネルを使います
それ以外のPCパーツの組み立て作業自体は、Hackintosh用パソコンの組み立て後編と同じです。


動画URL⇒ https://youtu.be/mgyOPH33dLk

以下、Hackintosh(UniBeast)の自作PCを組み立てる手順と動画の該当箇所です。

  1. (0分00秒〜)PCケースにバックパネルをはめる
  2. (1分35秒〜)電源をケースに入れネジ止めする
  3. (5分21秒〜)マザーボードをケースに入れて、ネジ止めする
  4. (13分18秒〜)ケースファンのケーブルをマザーボードにつなぐ
  5. (13分30秒〜)電源ケーブルをマザーボードにつなぐ
  6. (15分56秒〜)AUDIOケーブルとUSBケーブルをマザーボードにつなぐ
  7. (18分08秒〜)フロントパネル用のケーブルをつなぐ
  8. (22分49秒〜)補助電源ケーブルをマザーボードにつなぐ
  9. (24分24秒〜)電源とSSDをつないで、SSDにつないだSATAケーブルをマザーボードに挿す
  10. (27分51秒〜)グラボをマザーボードのPCI-Eに挿して、ネジで固定する
  11. (28分35秒〜)無線LANアダプターをマザボに挿して、ネジで固定したら、アンテナを付ける
  12. (31分15秒〜)SATAケーブルをもう一本マザーボードに挿しておく(HDDを後で付ける)

動画ではケースファンのケーブルを1本しか挿してないと思います。
忘れてました…

もう1本はcha_fan2につなぎました。

▼GA-Z170X-UD3上のsys_fan2の場所
GA-Z170X-UD3のケースファンケーブル2本目を接続する場所
フロントパネルのケーブル類をつなげた直ぐ隣り(ピンク色の印)です。

ひとつひとつの作業の合間が長いのがお分かり頂けたでしょうか。

よく考えたら、デスクトップPCを自作するのはこれが初めてでした。
最初の時は隣りに夫がいて、分からないことなど教えてもらってました(動画の途中でも3本目の手が入っています)。

ノートパソコンの分解をしてるし、デスクトップPCも開けて掃除するくらいはしていたので、自作未経験ということを忘れて気軽に作業を始めてました。
でも、何とかなったので良かったです(笑)

次回は、GTX960を抜いた夫の旧メインPCの中身を、当初Hackintoshを入れる予定だったアクリルのPCケースへ組み立て直す作業をします。

初めてのHackintosh(ウニビースト)を最安自作PCで実現するのその他の記事

(1)パーツ選びと購入編
(2)Hackintosh用パソコンの組み立て前編〜マザーボードにCPU・クーラー・メモリを取付け
(3)Hackintosh用パソコンの組み立て後編〜PCケースに各パーツをつなげる
(4)ウニビーストのインストールUSB作成編
(5)NvidiaのWebドライバーを認識しない問題を解決する
(6)PCクーラーがおさまるケースで組み立て直し
(7)残ったPCパーツでもう一台デスクトップPCを組み立てる

動画