初めてのHackintosh(ウニビースト)を最安自作PCで実現する(4)UniBeastのインストールUSB作成編

  • 今のMACだとメモリが足りない
  • メモリが多いMACだと高くて買えない
  • メモリをたっぷり載せたMACを自作PCで動かしたい
  • 中古パーツを集めた自作PCでMACを使ってみたい
  • 低予算の自作PCでMACが動いたらいいな

などなど…MACファンもそうでない人も、一度は挑戦したいHackintosh。

今回は、メモリ64GBのHackintoshをとにかく安く作るのが目的です。
使い回しのパーツや中古のパーツで自作PCを作り、そこにHackintoshを入れて動かしてみます。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

Hackintosh(ウニビースト)インストール用USB作成に必要なファイル

UniBeastのインストールUSBの作るのに必要なファイル一覧とダウンロードサイトです。
これらのファイルと、16GB以上のUSBをひとつ用意します。

各ファイルをDLしてUSBにコピーすれば、UniBeastインストールUSBの出来上がりです。

ウニビースト(UniBeast 7.0.1)
tonymacx86
マルチビースト(MultiBeast-Sierra9.0.1)
tonymacx86
Sierra
AppStore
クローバーインストーラー(bootloader)
sourceforge.net
Clover Configurator(4.39.1)
mackie100projects.altervista.org
Nvidia(グラボ)のWeb Driver
insanelymac.com

()内は、今回ダウンロードしたバージョンです。

Hackintosh(ウニビースト)インストール用USBの作り方

ウニビーストのインストールUSBを作ります。
作り方は、tonymacx86のInstallation Guideページにある通りですが、確認したい人は動画を見てみて下さい。

動画URL⇒ https://youtu.be/fh7_IKCCXOw

以下、Hackintosh用のUniBeastインストールUSBを作る手順と動画の該当箇所です。

  1. (0分00秒〜)言語の設定で、英語を優先に変更して、再起動する
    (なければ、英語を追加して下さい)
    でないと、ウニビーストが起動しないそうです。

  2. (0分25秒〜)ブラウザで「Hackintosh」と検索する
    「hackintosh tonymacx」という検索候補が出てくるはずなので、tonymacx86のページを開きます。

  3. (0分秒46〜)「Installation Guide」タブを開く
    このページにウニビースト(hackintosh)の入れ方が書いてあります。
    英語ページですが、箇条書きですし、そんなに難しくないと思います。
    困ったら、このページに戻ってやり方を確認します。

  4. (0分52秒〜)Before You Beginのcreate oneをクリックして、tonymacx86に新規登録する
    名前、メールアドレス、パスワード、性別、誕生日などを入力します。
    登録したメールアドレスに確認メールが届きます。
    確認メール本文内にある認証URLをクリックすれば、認証作業は完了です。

  5. (1分53秒〜)Downloadsを開いて、最新版のウニビーストとマルチビーストをダウンロードする
    tonymacx86.comサイト上部の「Downloads」タブを開いて、必要なファイルとバージョンを探します。
    今回は、UniBeast7.0.1とMultiBeast-Sierra9.0.1をダウンロードします。

  6. (3分02秒〜)AppStoreからmacOS Sierraをダウンロードする
  7. (3分33秒〜)Disc Utility(ディスクユーティリティ)からUSBを開く
    Eraseをクリックして、名前を《USB》に変更します。

    Format欄は、OS X Extended(Journaled)を選択します。
    Scheme欄は、GUID Partition Mapを選択します。
    右下のEraseをクリックして、ポップアップで出てきたDoneをクリックします。

  8. (4分39秒〜)ダウンロードしたUniBeastを実行する
    そのままContinueを4回クリックして、ポップアップ内のAgreeをクリックします。

    Select a Destinationの画面でUSBのアイコンを選択して(アイコンが青い色になる)、右下のContiuneをクリックします。
    Select OS Installationの画面でSierraのアイコンを選択して(アイコンが青い色になる)、右下のContiuneをクリックします。
    Bootloader Configurationの画面でUEFI Boot Modeのアイコンを選択して(アイコンが青い色になる)、右下のContiuneをクリックします。

    Optional Graphics Configurationの画面では何もチェックを入れないで、右下のContinueをクリックする
    ※ Nvidiaのグラボを使うけれども、チェックは無しでOK!!

    USB、Sierra、UEFIのアイコンが青くなってるのを確認して、右下のContiuneをクリックします。

    ポップアップで出てきたフォームにパスワードを入れて、OKをクリックするとインストールUSBの作成が始まります。

  9. (9分12秒〜)ダウンロードしたMultiBeast Sierra EditionをUSBに入れる
  10. (9分39秒〜)ブラウザで「clover configurator sierra」を検索する
    mackie100projects.altervista.orgでClover Configuratorの最新版(今回はv4.33.0)をダウンロードします。

  11. (10分12秒〜)Clover ConfiguratorをUSBに入れる
  12. (10分33秒〜)ブラウザで「sierra webdriver updates」と検索する
    insanelymac.comから、Nvidia(グラボ)のWeb Driverをダウンロードします

  13. (11分00秒〜)NvidiaのWeb DriverをUSBに入れる
  14. (11分11秒〜)ブラウザで「clover bootloader」と検索する
    sourceforge.netでクローバーのインストーラーをダウンロードします

  15. (11分41秒〜)Clover EFI bootloaderをUSBに入れる

これでインストールUSBの出来上がりです!!
動画がつぎはぎで分かりにくくてすみません。

今回、UniBeastのインストールUSBを作るのにMacBookProを使いました。
「そのマックが高くて買えないからHackintoshを自作したいんだ!」
と思う方もいるかと思います。

Macを持ってない・買いたくないけど使いたい人は、中古のMac miniなどを買って、インストールUSB作成に使うのがおススメです。
(ただし、2010以降に限る)

中古なので値段は流動的になりますが、安いものだと3万くらいで手に入ります。
WindowsでもOSにはお金がかかりますし、OSの代金がかかると考えれば高くないかも?

次回は、Hackintosh起動後に発生した、NvidiaのWebドライバーを認識しないという問題を解決します。

初めてのHackintosh(ウニビースト)を最安自作PCで実現するのその他の記事

(1)パーツ選びと購入編
(2)Hackintosh用パソコンの組み立て前編〜マザーボードにCPU・クーラー・メモリを取付け
(3)Hackintosh用パソコンの組み立て後編〜PCケースに各パーツをつなげる
(4)ウニビーストのインストールUSB作成編
(5)NvidiaのWebドライバーを認識しない問題を解決する
(6)PCクーラーがおさまるケースで組み立て直し
(7)残ったPCパーツでもう一台デスクトップPCを組み立てる

動画

【動画】初めてのHackintosh(ウニビースト)を最安自作PCで実現する(3)Hackintosh用パソコンの組み立て後編

  • 今のMACだとメモリが足りない
  • メモリが多いMACだと高くて買えない
  • メモリをたっぷり載せたMACを自作PCで動かしたい
  • 中古パーツを集めた自作PCでMACを使ってみたい
  • 低予算の自作PCでMACが動いたらいいな

などなど…MACファンもそうでない人も、一度は挑戦したいHackintosh。

今回は、メモリ64GBのHackintoshをとにかく安く作るのが目的です。
使い回しのパーツや中古のパーツで自作PCを作り、そこにHackintoshを入れて動かしてみます。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

Hackintosh用のパソコン自作に使う道具類

HackintoshPCを自作するのに役立つのは以下の道具です。

※ 使い回しのパーツを掃除するのに使う

Hackintosh用PC自作動画(パソコンの各パーツ接続編)

Hackintosh用のデスクトップPCを自作します。
今回はPCケースに各パーツを取り付けます。

マザーボードにはCPU、クーラー、メモリを取り付け済みです。
CPU・クーラー・メモリの取り付けを動画で見る

このケースではクーラーが大きすぎてフタが閉まらないことが判明していますが、PCの起動を確認して、メモリテストを済ませたいのでとりあえずは組み立てを終わらせます!!

途中で迷ったり間違えたりして作業時間が長くなっています。
作業内容と該当する時間を書き出していますので、必要な部分だけ見て下さい。


動画URL⇒ https://youtu.be/j0MPDRFmpxk

以下、HackintoshPCを自作する作業手順と動画の該当箇所です。

  1. (0分10秒)電源をPCケースに入れて、ネジで固定する
  2. (4分06秒)マザーボードをケースに載せて、ネジを止める
    バックパネルの穴にはめるような感じで載せます。
    はじめの2〜3本は緩めに止める感じで、M/Bのネジ穴とケースのネジ土台を合わせながら、ネジ止めしていきます。

  3. (8分18秒)グラボをマザーボードに挿して、ネジで止める
    ネジ止めあたりは映像が見きれています。金具の窓を固定するようにネジを締めます。

  4. (11分18秒)無線LANアダプターをマザーボードに挿して、ネジ止めする
    映像が見きれていてわかりにくいですが、はまっていたスロットカバーを外してから挿しこんでます。その後またネジを締めます。

  5. (13分14秒)無線LANのアンテナをはめる
    アンテナの根本を回して3本ともはめます。

  6. (15分24秒)SATAケーブルをマザーボードに挿し、反対側をSSDに挿す
  7. (15分52秒)SSDに電源ケーブルを挿す(映像では見切れてる)
    〈ケーブルをまとめやすいように、SATAケーブルをいったん外してからはめ直しています〉

  8. (17分34秒)ケースファンのケーブルをマザーボードに挿す
    すぐ近くにあるsys_fan1に挿します

  9. (18分48秒)電源ケーブルをマザーボードに挿す
    電源ケーブルは、ケース仕切りの穴を通して下から上に持ってきています。

  10. (20分54秒)グラボに6ピンのケーブルを挿す
    〈空いたままになってるケース側面を取り付ける〉

  11. (24分22秒)もうひとつのケースファンのケーブルをマザーボードに挿す
    すぐ近くにあるsys_fan2に挿します

  12. (25分39秒)電源リモコンのケーブルをケースに通して、HDD LEDなどのケーブルをつなぐ
    ▼細かいケーブル類
    電源ランプ(Pwr)、HDDランプ(HDD LED)、リセット(Reset)、スピーカー(Speaker)の細かいケーブル
    電源ランプ(Pwr)、HDDランプ(HDD LED)、リセット(Reset)、スピーカー(Speaker)の細かいケーブルです。

    左右どちらかに△の印があります。△の印がある方がプラス(+)接続です。
    (クリックで大きな写真を開くと、△印があるのが分かると思います)

    今回は電源リモコンにつなぎますが、ふつうはフロントパネルに接続します。

    ▼フロントパネル接続の場所
    フロントパネル接続の場所
    フロントパネルのすぐ近く、上の写真ではピンク色の○印が接続場所になります。
    (M/B上に対応するケーブル名が書かれています)

    全部挿したら、リモコンを通したスロットカバーもネジ止めします。

  13. (27分47秒)空けていたケースの側面を閉めてネジ止めする

Hackintosh用に自作したPCを起動させる!

必要なパーツはすべて載せてつなげました。
組み立ては完了です。

▼組み立て前
PCケースにHackintosh用のCPU・クーラー・メモリ搭載済みのマザーボードを載せたところ
Hackintosh用のCPU・クーラー・メモリ搭載済みのマザーボードをPCケースに載せたところ

▼組み立て後

PCケースにHackintosh用のパーツをはめた後Hackintosh用のパーツを組み込んだPCを横から見たところ

(左)パーツを全部載せて、各種ケーブルもつなげたところ
(右)横から見たところ。起動用のSSDしかないので、下の段はスカスカ

早速、メモリテストをするためのUbuntu(Linux)が入ったUSBを挿して、電源ボタンを押してみます。
が…PCにつないだ外部モニターには何も映りません。

というか、落ちました。
ファンは回るのですが、直ぐに落ちます。
電源を切って、入れ直すというのを何度かやり直してみましたが結果は同じでした。

原因が分からないので、最少構成にしてみます。
グラボと無線LANアダプターを外し、メモリも4枚のうち3枚を外してDDR4_1のところに1枚だけ残して、再度電源を入れてみましたがダメ。

改めてM/Bを眺めてみると、ケースファンとCPUの間くらいに8ピンの差込口が残っています。
補助電源ケーブルの差込口です。
試しに補助電源ケーブルを挿して電源を入れてみたら…起動しました!!

これまで自作PCなどで補助電源を使ったことがないので気付きませんでした。

▼UEFI画面でメモリが64GB載ってることを確認
起動後にメモリが64GB載ってることを確認

▼メモリテスト開始
hackintosh用PC組み立て完了後にメモリテスト開始
さすが、64GB。メモリテストの画面も爆速です!!
このままテストが終了すれば、いよいよHackintoshのインストールができます。

⇒ 次回は、ウニビーストのインストールUSBを作ります。

初めてのHackintosh(ウニビースト)を最安自作PCで実現するのその他の記事

(1)パーツ選びと購入編
(2)Hackintosh用パソコンの組み立て前編〜マザーボードにCPU・クーラー・メモリを取付け
(3)Hackintosh用パソコンの組み立て後編〜PCケースに各パーツをつなげる
(4)ウニビーストのインストールUSB作成編
(5)NvidiaのWebドライバーを認識しない問題を解決する
(6)PCクーラーがおさまるケースで組み立て直し
(7)残ったPCパーツでもう一台デスクトップPCを組み立てる

動画

【動画】初めてのHackintosh(ウニビースト)を最安自作PCで実現する(2)Hackintosh用パソコンの組み立て前編〜CPU・クーラー・メモリの取り付け

  • 今のMACだとメモリが足りない
  • メモリが多いMACだと高くて買えない
  • メモリをたっぷり載せたMACを自作PCで動かしたい
  • 中古パーツを集めた自作PCでMACを使ってみたい
  • 低予算の自作PCでMACが動いたらいいな

など…MACファンもそうでない人も、一度は挑戦したいHackintosh。

今回は、メモリ64GBのHackintoshをとにかく安く作るのが目的です。
使い回しのパーツや中古のパーツで自作PCを作り、そこにHackintoshを入れて動かしてみます。

パソコン自作の動画は長くなったので2つに分けてあります。
1つ目は、マザーボードにCPUとCPUクーラー、メモリを取り付ける作業です。

それ以降の作業は、後編の動画になります。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

Hackintosh用のパソコン自作に使う道具類

HackintoshPCを自作するのに役立つのは以下の道具です。

※ 使い回しのパーツを掃除するのに使う

Hackintosh用PCを自作する動画(マザーボード編)

Hackintosh用のデスクトップPCを自作します。
今回はマザーボードにCPU、CPUクーラー、メモリを取り付けるところまでです。

ノートパソコン用のバッグを裏返し、その上にマザーボードを載せて作業しています。

途中で迷ったり間違えたりして作業時間が長くなっています。
作業内容と該当する時間を書き出していますので、必要な部分を参照して下さい。


動画URL⇒ https://youtu.be/rFPYu3LYnYI

以下、HackintoshPCを自作する作業手順と動画の該当箇所です。

  1. (0分55秒〜)CPUソケットのレバーを外して、フタ部分を取る
    CPUソケットのレバー
    写真のピンク色の印を手前にずらすとレバーがはずれます。
    取り外すのは上の写真の青い色の□部分です。
    REMOVEと書かれたシールがあるので、実物を見れば分かると思います。

  2. (2分19秒〜)中古で購入したCPUにグリスの拭き残しのような汚れがあったので綿棒で拭き取る
    中古CPUでグリスを拭き取ったときの残りのような汚れ
    写真のピンク色の○で囲んだ部分に汚れが残っています

  3. (3分25秒〜)CPUの向きを確認してソケットにはめ、レバーでしっかり固定する
    CPUクーラーの向きに悩んで、プッシュピンの足部分を自分で組み立てると知らずにまた困ったりしてます

  4. (11分05秒〜)CPUクーラーを固定する時の足のところ(プッシュピンの部分)をネジ止めして組み立てる
    CPUの型番によってネジ止めする場所が違います。
    余り部品がたくさんあり、それらがAMD用で今回は不要だと気付くまで使い道に悩んだりして、かなり時間がかかってしまいました

  5. (25分20秒〜)CPUにグリスを塗る
    CPUクーラーに付いていたグリスではなく、自宅にあったグリスを使いました。
    端っこのグリスは爪楊枝ではみ出た部分をキレイに取ります。
    塗りすぎてしまったので、ヘラでグリスを取っています。

  6. (30分47秒〜)CPUクーラーをCPUに載せようとして、プッシュピンの位置がM/Bの穴と合わないことに気付く…
  7. (30分55秒〜)CPUクーラーのプッシュピン部分のネジをいったん外して、正しい穴にネジをはめ直す
    ひょうたん状の穴だったので上下2箇所のネジ穴と思っていたら、真ん中という選択肢もあったようです。
    今回のCPU《Skylake Intel Core i7 6700k》はLGA1151で、真ん中の穴でした。

  8. (39分20秒〜)今度こそ、CPUクーラーをCPUに載せる
    ツクモの店員さんの話によると、プッシュピンを差し込む穴のそばにはメモリにつながる回路(?)が近く、乱暴に差してマザーボードが壊れてしまう人がいるとか。

  9. (40分26秒〜)クーラーのプッシュピンは時計回りの方向に回して(パチンと音がするまで)押し込む
    CPUクーラーHyper TX3 EVOのプッシュピン
    プッシュピン上部に、よく見ると反時計回りの矢印が書いてあります。
    なので、私は最初時計回りと反対にプッシュピンを回したのですが、ちっとも固定されません。
    プッシュピンに書かれた矢印は、開ける方向でした。
    閉める時は、時計回りの方向なので気をつけて下さい。

  10. (41分25秒〜)CPUクーラーのケーブルを挿す
    ケーブルの余りが邪魔になりそうなので、ねじりっこでまとめます

  11. (42分19秒〜)メモリをマザーボードに挿す
    今回のM/B《GA-Z170X-UD3》はメモリ差込口の内側が固定されているので、外側のレバーだけ倒して、メモリを内側から差し込みます。

実は…!!
作業の途中でこのPCケースではCPUクーラーが大きすぎて、フタが閉まらないということが判明。

フタの問題はさておき…
このPCケースでhackintosh用PCを組み立てて、起動の確認まではやってみることにしました。

メモリを中古で購入しており、その初期不良交換期限が購入から一週間です。
他にこのメモリをテストできる環境もないので、まずはPCを組み立ててメモリテストを済ませないといけません。

⇒ PCの組み立ては、次回で完了します。

初めてのHackintosh(ウニビースト)を最安自作PCで実現するのその他の記事

(1)パーツ選びと購入編
(2)Hackintosh用パソコンの組み立て前編〜マザーボードにCPU・クーラー・メモリを取付け
(3)Hackintosh用パソコンの組み立て後編〜PCケースに各パーツをつなげる
(4)ウニビーストのインストールUSB作成編
(5)NvidiaのWebドライバーを認識しない問題を解決する
(6)PCクーラーがおさまるケースで組み立て直し
(7)残ったPCパーツでもう一台デスクトップPCを組み立てる

動画