【動画】CDを読み込まないレッツノートCF-S10のDVDドライブを交換する

レッツノートCF-S10でDVDドライブを交換する作業を動画で紹介します。

ニコイチしたレッツノートCF-S10にWindowsをインストールしようとしたところ、CDの読み込みをせず、同じメッセージの繰り返しになってしまいました。

”Insert Boot Media in selected Boot device and press a key”
↑これの繰り返し。

ドライブからDVDが回ってる音がしません。
耳を近づけても、シャーとか聞こえないので、CDを読み込んでない=回ってないようです。

分解して、DVDドライブごと交換することにします。

※ 動画はCF-S10ですが、S8、S9でも同じやり方で、DVDドライブの交換ができます。

Let’s Note CF-S10のDVDドライブ交換で使う道具

レッツノートCF-S10のDVDドライブ交換で役立つのは以下の道具です。

* 今回はすでに分解したパソコンを再分解しているので、IOpenerは使っていません。
ふだんは、キーボード下の防水シールなどを剥がず時に使います。
【動画】レッツノートCF-S10の分解

Let’s Note CF-S10のDVDドライブ交換の作業動画

DVDドライブでCDの読み込みをしない症状の再現から動画を撮っています。
最後は、インストールCDを読み込んだところで終わっています。


動画URL⇒ https://youtu.be/vG_jIt4y6Pk

以下、レッツノートCF-S10のDVDドライブ交換の作業手順と動画の該当箇所です。

  1. 電源を入れて、インストール画面を確認する(0分30秒〜)
  2. インストールCDを入れてみる(0分50秒〜)
  3. インストール開始せず、同じメッセージの繰り返しになってしまう(1分20秒〜)
    DVDドライブの中で回転音がしない
    ふつうはシャーみたいなCDの回る音がしますが、それが聞こえません。

  4. 電源を切る(1分40秒〜)
  5. DVDドライブの中を確認してみる(2分10秒〜)
    薄い金属(アルミ?)の部分が浮いてるような感じ。
    押すとプカプカする
    そのせいで、CDが回転しないのではないかと思われるので、DVDドライブを交換することに

  6. 分解して、トップカバーを外す(2分35秒〜)
  7. ケーブルを外してDVDドライブを取る(10分30秒〜)
  8. 部品取りのレッツノートからDVDドライブを外す(11分20秒〜)
  9. 取り出したDVDドライブを最初のレッツノートに入れる(12分10秒〜)
    DVDドライブの基盤にケーブルをつなげたら、本体の突起に合わせてはめる。
    その後、本体マザーボードにドライブケーブルをつなげる

  10. DVDドライブの読み込みをするか確認する(13分40秒〜)
    ネジはめは全部せず、ドライブ読み込みの確認ができる最低限だけつないで、カバーも仮止めくらいでOK

  11. インストールCDを読み込むか確認する(15分40秒〜)

この後、そのまま続けて作業をしました。
無事にインストール完了までできました。

以上で、レッツノートCF-S10のDVDドライブ交換への換装作業は完了です。

今回は、DVDドライブの交換が目的なので、分解課程については特に書いていません。
レッツノートCF-S10(S8やS9も)の分解を詳しく知りたい人は⇒ 【動画】レッツノートCF-S10の分解などを参照して下さい。

動画

ジャンクのLet’sNOTE CF-S10分解日記(DVDドライブの不良)

ノートパソコン(Let’s NOTE)のジャンクを分解・清掃・交換・修理→再生させる作業の日記です。

今回の作業PCは【レッツノートCF-S10】のDVDドライブ不良です。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

今回のLet’s Note S10の状態

知人経由で、レッツノートのDVDドライブ交換を頼まれました。

不良箇所を探すまでもなく、部品交換だけなので簡単そうです。

ドライブ交換を・・と言われていますが、とりあえずパソコンの状態確認をします。
まずはBIOS画面のチェックです。

すると…光学ドライブの電源が《オフ》になっていました。
これでは、DVDドライブが動くはずないですね。

ジャンクノートPCで光学ドライブ電源がオフになってるケース

CF-S9やCF-S10などDVDドライブがついてる機種で、わざわざBIOSをいじってまで光学ドライブの電源をオフにするなんて…と思いますよね。

光学ドライブの電源をオフにしているのは、DVDから起動させない為でしょう。
どこかの会社で使っていた物をまとめて処分したケースなどで、ドライブ電源のオフ設定の中古PCをたまに見かけます。

ショップまわりをしてると、たまに同じ機種の中古パソコンが一度に大量に入ってきている時などがありますよね?
そういう時はBIOSで光学ドライブ電源をオフにしていたり、BIOSロックがかかっていることがあります。

オークションなら同一業者(アカウント)で同じ機種の中古PCをいくつも出品していたりとかですね。

ジャンクPCでDVDドライブが動かない場合は、BIOS画面で、光学ドライブ電源の設定を確認した方が良いです。

BIOS画面の光学ドライブ電源がオフになっているだけなのに「DVDドライブが壊れた!!」と思うケースはよくあります。

レッツノートS9のドライブが自動開閉しなくなった時は? 』のページで、BIOSでのドライブ設定方法があるので参考にして下さい。

CF-S10のDVDドライブを交換する場合

今回は、BIOSの設定変更だけで済みましたが、ドライブの交換方法も書いておきます。

と言っても、中まで開けるだけで、交換自体は特に難しいことはないです。

CF-S10の分解方法は、CF-S10と同じです。
ノートパソコン Let’sNOTE CF-S9の分解(図解) 』を参考にして下さい。

レッツノートCF-S10でDVDドライブを交換する

ドライブ部分(黄色い線で囲んであるところ)の交換だけです。

ピンクの印のケーブルをはずしてドライブケーブルごと取り換えるか、黒いテープの下からドライブケーブル(青い線)を外すかします。

ドライブ部分を取り替えて、ケーブルを挿し直せば、交換完了です。

レッツノートCF-S10でDVDドライブを持ち上げたところ

上の写真は、ケーブルはつないだまま、ドライブ部分だけ持ち上げたところです。

レッツノートのDVDドライブは、上に乗っているだけです。
交換時は、丸い突起物のところとDVDドライブ裏の穴を合わせて載せます。

レッツノートS9のジャンクあるある5選

Panasonicのノートパソコン「Let’s NOTE CF-S9」で壊れやすいパターン5つを写真つきで解説します。

1) S9分解の基本(トップカバー=キーボードが乗っているメインフレームを外すまで)の手順は『レッツノートS9の分解(基本)』ページを参照して下さい。
2) S9でマザーボードを外すまでの手順は『Let’s Note S9を分解してファンを掃除しよう(図解)』ページを参照して下さい。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

Let’s Note CF-S9のジャンクあるある5選

レッツノートのジャンクPCでよくある壊れ方や不具合のパターンを5つ紹介します。
レッツノート独特のパターンもあれば、ノートPC全般で共通することもあります。

ジャンクでノートPCを購入する際の参考になればうれしいです。

底面のキーボードねじがなめる【Let’s NOTE S9】

レッツノートCF-S9の分解あるある、ネジなめ』でも紹介しました。

底面のキーボードを止めるネジはかなり固く締まっていることが多々あります。
そのせいか、ネジがなめやすいようです。

キーボードのネジがなめてしまって困るのが、トップカバーが開けられなくなることです。
トップカバーが開けられなくては、分解できません。

では、キーボードのネジがなめたらどうするか? と言うと、ドリル(ルーター)で削るしかありません。
物理的にネジ頭を壊してしまうんですね。

▼ドリルでネジ頭とネジ本体を切り離したところ
レッツノートS9のドリルでキーボードねじを分解

キーボード裏に接着している土台(写真の金色のパーツ)も取れてしまうので、元通りにはなりません。

ネジがなめかけていたら、注意して外すようにしましょう。
プラス(+)の形が風車っぽく広がっていたら要注意です。

ネジ回しは押す力7の回す力3だそうです。
分解日記(20160308)の一枚目の写真のような、なめかかってるネジでもキレイに開けられることがあります。

私はジャンクショップで、ねじ穴も必ず確認しています。
ただ知人から届いたものやネットオークションで購入する場合には、ネジ穴まで確認できないことが多いので、どうしてもたまにネジなめジャンクに当たってしまいますね。

DVDドライブのふたが自動開閉しない【Let’s NOTE S9】

ドライブが自動開閉しなくなった時は? 』で取り上げていますが、フタの内側のバネ部分が紛失するケースがよくあります。

▼DVDドライブのフタの内側にあるバネ
レッツノートS9のドライブ内のバネのはめ方

分解時、本体横のゴムを外すと、中に蝶番的なネジがあります。
これを外すと、フタが外せるようになります。
それを意識せずに、ドライブのフタを開けると(勢いがついて)フタが斜めに外れてしまいます。
フタが勢いよく外れた際に、バネが外れたことに気付かないとアウトです。
ドライブのフタの自動開閉ができなくなります。

▼PCカードスロットのフタが破損(ひび割れ含む)【Let’s NOTE S9】

PCカードスロットは、場所的に壊れやすいですね。
何しろ底面にあって、フタ自体が大きめなので、どうしても破損しやすくなります。

Let's Note S9のPCカードスロットフタ割れ例2

また今はPCカードスロットを使うことがあまり無いので、フタが壊れていても気にならないとか、ヒビ割れくらいなら我慢する人も多いそうです。

PCカードスロット部分が破損した時 』でも詳しく書いていますが、DVDドライブ同様、ネジが紛失してるケースも多いです。

電源が入らない(入りにくくなる)【Let’s NOTE S9】

電源が入らないジャンク、実はこれが私の好きなジャンクです(笑)
ネットオークションでは電源が入らないジャンクを好んで購入しています。

分解日記(20160308)で書いていますが、電源が入らないケースのほとんどは電源が入りにくいだけです。

ただし、電源スイッチが固いジャンクは本当に固いです。
私は自分で電源を入れてみて無理でも、夫に試してもらいます。
(夫は電源の固いスイッチを入れるのがすごく上手)
固いだけなら、いくらでも直せますからね。

業者によっては売り主の自己申告のまま、(特に確認せず)電源が入らないとしてるところもあります。
また、単にメモリが入ってないだけで、メモリを入れればふつうに起動することもあります。

ヒンジ脇のネジの土台割れ▼【Let’s NOTE S9】

タイトル通りですが…
ヒンジ脇にあるネジの土台が取れているジャンクもよく見ます。

ネジの土台が割れてる

ネジを回してて、あれ? なんかおかしいな…と思うと、土台が壊れてたりします。
特にヒンジ脇のネジ土台は小さいし、飛び出てるので壊れてることがままあります。

破損したネジの土台を応急処置

こんな小さな土台ひとつでも無いと、ネジが締められませんから、応急処置でくっつけます。
動かないジャンクから、正常に使えるジャンクになるだけですが…


ここで書いた以外だと、キーボードの破損もよく見ます。
ただし、キーボードは直すのも簡単だし、キーボードだけ買い換えるのも有りなので、分解という意味ではあまり面白味はないです。
何しろ、キーボードは抜け毛の墓場になっていることが多く、メインの作業は汚れを落としたり掃除することなので(笑)

レッツノートS9のドライブが自動開閉しなくなった時は?

ノートパソコン(Let’s NOTE)CF-S9のドライブが自動で開かない時の対処法をいくつか、写真つきで解説します。

  • ドライブ開閉スイッチを押してもフタが開かない
  • ドライブ開閉スイッチのランプが点灯してない

ドライブのフタが壊れるというのも、レッツノートS9のあるあるです。
ただし、ドライブのフタ開閉については、ほとんどが簡単に解決します。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

レッツノートS9のドライブが自動で開かない時は?

レッツノートS9のドライブのフタを直す時に役立つのは以下の道具です。

DVDドライブのスイッチを押しても、フタが自動で開かない?
いくつか原因が考えられます。

まずはバネを確認していきましょう。
ドライブのフタにはバネがついています。
バネが外れていると、スイッチを押しても自動で開かなくなります。

レッツノートS9のドライブのフタが開かないというケースはよく見ます。
S9分解時にバネのことを知らず勢いよく開けてしまうと、バネが外れてしまうことがあるようです。

▼DVDドライブ内のバネ部分【Let’s NOTE S9】

レッツノートS9のDVDドライブ内のバネ部分

DVDドライブのフタを開けて、左上にバネがあります。
ここのバネが紛失して開かなくなっている事が多いです。

ドライブのスイッチを押してもフタが開かないのに、どうやってドライブ内のネジを確認するの? と言う人は、エマージェンシーホールを使って下さい。

▼エマージェンシーホール【Let’s NOTE S9】

レッツノートS9のエマージェンシーホール

DVDドライブの真裏、レッツノートS9の底面にエマージェンシーホールがあります。
写真のオレンジ色の線で囲ってる部分です。
右側に小さい穴があります。
ここへピンセットの先端などを差し込んで、左へ少しスライドさせます。
すると、手動でドライブが開きます。

▼ドライブ内のバネのはめ方【Let’s NOTE S9】

レッツノートS9のドライブ内のバネのはめ方

写真で見ると、バネの片側の先端(角丸になってる)部分が手前に来てるのが分かります。
バネの長い方の角丸部分が手前側にきて、プラスチックの溝におさまっていないとダメです。

分かりにくければ、クリックして大きな写真で確認して下さい。

レッツノートのドライブには、まだバネがあります。
トップカバーを外して、ドライブの内側をチェックします。

※トップカバーを外すまでの分解手順は、『レッツノートS9の分解(基本)』ページを参照して下さい。

▼S9を分解してドライブの裏側をチェック【Let’s NOTE S9】

レッツノートS9を分解してドライブの裏側をチェック

ここで確認するポイントは3つあります。
ひとつはバネ、それとピストンみたいな部品、もうひとつはドライブのケーブルです。

ドライブのケーブルがきちんとはめられていなければ、スイッチを押してもドライブのフタは開きません。
(写真の青い□

写真のオレンジ色の□の右側がバネです。

▼ドライブ裏側のバネ【Let’s NOTE S9】

レッツノートS9のドライブ裏側のバネ

バネの両端が黒いプラスチック部分にしっかり引っかかっていないとダメです。
これは表のバネよりも小さくて細いので取扱注意です。

ついでに、ピストンみたいな部品も確認して下さい。
写真の緑色の□がそうです。

ジャンクを買うとバネと金属部品が両方ないケースも多いです。

▼ドライブ裏のバネのはまり方【Let’s NOTE S9】

レッツノートS9のドライブ裏のバネのはまり方

DVDドライブ裏の小さいバネのはまり方を確認するための写真です。
クリックすると、別窓で大きな写真を見られます。

▼ピストン部品を取り出す時のネジ【Let’s NOTE S9】

レッツノートS9のピストン部品を取り出す時のネジ

ピストン部分を取り出す時に開けるネジは、ふだん使いません。
ただDVDドライブの分解をするときに開けるネジを間違えたりして、このピストンみたいな金属部品が取れてしまうことがあるようです。

▼取り出したピストン状の金属部【Let’s NOTE S9】

レッツノートS9の取り出したピストン状の金属部

先ほどのネジを開けると、上図の写真のようにピストンの部品が取り出せます。
ニコイチ、サンコイチするのに、ピストン部分がない場合は、このようにしてピストンの部品を調達します。

レッツノートS9のドライブのランプが点灯してない時は?

▼DVDドライブのランプが点灯してるか確認【Let’s NOTE S9】

レッツノートS9のDVDドライブのランプが点灯してるか確認

バネなど部品がない、ケーブルがはまってない以外にも、DVDドライブが使えないことがあります。

そんな時はDVDドライブのランプは点いているか見てみましょう。
ランプが光ってない場合は、ドライブ電源がオフになっているかも知れません。

ドライブからのインストールなどをさせないよう、BIOS上で「光学ドライブの電源」が《OFF》にしてることがあるからです。

この場合は簡単です。
BIOS設定を直すだけです。

パソコンの再起動をして、起動前に【F2】を押します。
そうするとBIOS設定の画面になります。

▼BIOS画面で光学ドライブ電源を確認【Let’s NOTE S9】

レッツノートS9のBIOS画面で光学ドライブ電源を確認

Tabキーで《メイン》へ移動します。
光学ドライブ電源の状態を確認します。
《オフ》になっていれば、当然使えません。
これを《オン》に変えれば、ドライブが使えるようになります。

▼BIOS設定で光学ドライブをオンにする【Let’s NOTE S9】

レッツノートS9のBIOS設定で光学ドライブをオンにする

光学ドライブ電源が反転してる状態でEnterキーを押すと設定変更ができます。
上下キーで《オフ》から《オン》に変えましょう。

これだけで安心してはダメです!!
設定を変更したら、必ず保存しましょう。

▼BIOSの設定を保存する【Let’s NOTE S9】

レッツノートS9のBIOSの設定を保存する

先ほどと同じように、Tabキーで《終了》へ移動します。
ここで、設定を保存して再起動にします。

これで光学ドライブ電源が使えるようになります!

DVDドライブが開かない時に使った道具の紹介

このページで使ったDVDドライブが開かない時に役立つ道具類を紹介します。

レッツノートの分解に必須のvessel +00のドライバーレッツノートの分解に必須の精密ピンセットレッツノートの分解にあると便利な基板コネクター抜き



左から、
ベッセルの+00のドライバー
先曲がりのピンセット
基板コネクター抜き