【動画】レッツノートCF-S10のニコイチ(分解・組み立て)でインストール画面を確認するまで

レッツノートCF-S10をニコイチにする作業を動画で紹介します。

今回のジャンクは、二台ともレッツノートCF-S10です。
CF-S10の分解』で分解したCF-S10の外側と、知人から新たに預かった別のCF-S10のマザーボードでニコイチにします。

レッツノートのS10以外に、CF-S8、S9、CF-N8、N9,N10も同じやり方で分解・組み立てができます。

Let’s Note S10のにこいちに使う道具

レッツノートCF-S10の分解、組み立てに役立つのは以下の道具です。

レッツノートCF-S10ジャンクの外側に使う方を分解する

動画が長いので、二つに分かれています。
ひとつ目は、外側に使う方を分解する作業です。
トップカバーを開けるところまでなので、『 CF-S10の分解』動画と内容的にはほぼ同じです。

ニコイチの組み立て作業から見たい人は、下へ進んで下さい。


動画URL⇒https://youtu.be/WNUeZc04j0U

以下、レッツノートCF-S10の分解作業手順と動画の該当箇所です。

  1. 電源バッテリーをはずす(0分42秒〜)
  2. ゴム足とネジをはずす(1分10秒〜)
  3. PCカードスロットのフタを開けて、中のケーブルを外し、またフタを閉める(2分25秒〜)
  4. キーボードネジ4本をはずす(4分15秒〜)
  5. 左右の中くらいのネジ5本をはずす(6分08秒〜)
  6. 底辺の小さいネジ5本をはずす(8分15秒〜)
    途中でiOpenerを温め始めています

  7. キーボードを固定してる金具3箇所とその上の防水シールを剥がす(10分40秒〜)
  8. キーボードをはずす(14分57秒〜)
  9. 側面のゴムのフタを取って、中のネジをはずす(17分52秒〜)
  10. トップカバー最上部の2箇所のネジをはずす(18分45秒〜)
  11. キーボード下の1箇所のネジをはずす(19分33秒〜)
  12. DVDドライブのフタをはずして、中のネジを5本はずす(19分55秒〜)
    DVDドライブのフタは取らなくてもカバーは外せますが、ネジ位置を見せるためにフタを取っています。

  13. キーボード下の防水シールを剥がして、音声ケーブルとキーボードケーブルを外す(26分30秒〜)
  14. トップカバーを持ち上げて、DVDドライブのフタを自動開閉するケーブルとタッチパッドケーブルを外す(29分00秒〜)
    名前をど忘れして、動画内でタッチパッドケーブルをマウスパッドケーブルと言っています。

※底面のネジ位置、キーボード裏のシール位置を画像で確認する
⇒『 CF-S10の分解』で分解したCF-S10の外側と、知人から新たに預かった別のCF-S10のマザーボードでニコイチにします。

レッツノートのS10以外に、CF-S8、S9、CF-N8、N9,N10も同じやり方で分解・組み立てができます。

Let’s Note S10のにこいちに使う道具

レッツノートCF-S10の分解、組み立てに役立つのは以下の道具です。

レッツノートCF-S10ジャンクの外側に使う方を分解する

動画が長いので、二つに分かれています。
ひとつ目は、外側に使う方を分解する作業です。
トップカバーを開けるところまでなので、『 CF-S10の分解』動画と内容的にはほぼ同じです。

ニコイチの組み立て作業から見たい人は、下へ進んで下さい。


動画URL⇒https://youtu.be/WNUeZc04j0U

以下、レッツノートCF-S10の分解作業手順と動画の該当箇所です。

  1. 電源バッテリーをはずす(0分42秒〜)
  2. ゴム足とネジをはずす(1分10秒〜)
  3. PCカードスロットのフタを開けて、中のケーブルを外し、またフタを閉める(2分25秒〜)
  4. キーボードネジ4本をはずす(4分15秒〜)
  5. 左右の中くらいのネジ5本をはずす(6分08秒〜)
  6. 底辺の小さいネジ5本をはずす(8分15秒〜)
    途中でiOpenerを温め始めています

  7. キーボードを固定してる金具3箇所とその上の防水シールを剥がす(10分40秒〜)
  8. キーボードをはずす(14分57秒〜)
  9. 側面のゴムのフタを取って、中のネジをはずす(17分52秒〜)
  10. トップカバー最上部の2箇所のネジをはずす(18分45秒〜)
  11. キーボード下の1箇所のネジをはずす(19分33秒〜)
  12. DVDドライブのフタをはずして、中のネジを5本はずす(19分55秒〜)
    DVDドライブのフタは取らなくてもカバーは外せますが、ネジ位置を見せるためにフタを取っています。

  13. キーボード下の防水シールを剥がして、音声ケーブルとキーボードケーブルを外す(26分30秒〜)
  14. トップカバーを持ち上げて、DVDドライブのフタを自動開閉するケーブルとタッチパッドケーブルを外す(29分00秒〜)
    名前をど忘れして、動画内でタッチパッドケーブルをマウスパッドケーブルと言っています。

※底面のネジ位置、キーボード裏のシール位置を画像で確認する
ノートパソコン Let’sNOTE CF-S9の分解(図解)
(動画で見えてないタッチパッドケーブル、DVDフタの自動開閉ケーブルの場所なども写真あり)

レッツノートCF-S10ジャンクを分解、MBを取り出して、にこいちで組み立てる

先ほどの続き動画です。
トップカバーを外したジャンクは、マザーボードを取り出してガワだけ使います。

その後『 CF-S10の分解』でカバーを開けたノートパソコンのマザーボードを取り出して、先ほどのガワと合わせてニコイチで組み立てします。
起動させて、インストール画面が表示するところまでです。


動画URL⇒ https://youtu.be/6VI5ojy7ylI

以下、レッツノートCF-S10のマザーボード取り出しとニコイチ組み立て作業手順と動画の該当箇所です。

  1. マザーボード上のネジ1本をはずす(0分28秒〜)
  2. 無線LANモジュールのケーブル、電源ケーブル、モニターケーブルを外して、左側のケーブルをまとめるプラスチック部分を外す(1分02秒〜)
  3. DVDケーブルとHDDにつながるケーブルを外す(2分53秒〜)
  4. 無線LANケーブルを外す(3分44秒〜)
  5. マザーボードごと持ち上げて、裏側のC-MOSケーブルを外す(4分20秒〜)

    ここから、マザーボードを使う方のジャンクを分解します。
    マザーボードの取り出しで、同じ作業の繰り返しなので、その先のニコイチにする組み立て作業から説明を入れます。

    1. マザーボードのファンをエアダスターで掃除します(10分40秒〜)
    2. C-MOSケーブルをつなげる(11分45秒〜)
    3. ファン横に設置する送風口、電源スイッチ、無線LANスイッチ用のプラスチック部分を本体に乗せ、マザーボードを設置する(12分15秒〜)
    4. 左端のケーブルをまとめるプラスチック部分を本体にはめたら、埃避けカバーを乗せて、電源ケーブル、モニターケーブル、無線LANケーブルを挿す(13分30秒〜)
    5. HDDケーブルとDVDケーブルを差し込む(15分00秒〜)
    6. マザーボードを固定するネジを止める(16分02秒〜)
    7. 無線LANケーブルを挿す(16分40秒〜)
    8. DVDドライブのフタをトップカバーにはめる(17分25秒〜)
    9. トップカバーを合わせて、DVDドライブのフタを自動開閉するケーブルとタッチパッドケーブルを挿し、カバーを閉じる(19分25秒)
    10. 音声ケーブルとキーボードケーブルをはめる(20分35秒〜)
    11. キーボードを本体にはめる(24分33秒〜)
    12. キーボード上辺の2本のネジをはめる(25分06秒〜)
    13. DVDドライブの中のネジをはめる(26分26秒〜)
    14. キーボードを固定する金具を止め、防水シールを貼る(27分32秒〜)
    15. 底面のキーボードネジを止める(29分00秒〜)
    16. 底面両端の中くらいのネジを止める(29分34秒〜)
    17. 底面最下部の小さいネジを止める(30分58秒〜)
    18. PCカードスロットのフタを開け、ケーブルを差し込んで、またフタを閉める(32分01秒〜)
    19. ゴム足とネジを止める(33分28秒〜)
    20. バッテリーをはめる(35分12秒〜)
    21. HDD取り出し口の上にあるゴム部品が紛失してるので、別のジャンクから取って付ける(35分17秒〜)
    22. 電源スイッチを入れて、インストール画面になるこのを確認(36分50秒〜)

    ※DVDドライブのフタをはめるところを確認
    【動画】Let’sNOTE CF-S10の破損した光学ドライブのフタを交換

    ▼インストール画面

    この画面が表示されたら、OSをインストールできます。

    HDDを入れてOSを入れれば、レッツノートCF-S10のニコイチ作業は完了です。

    ” target=”_blank” title=”ノートパソコン Let’sNOTE CF-S9の分解(図解) “>ノートパソコン Let’sNOTE CF-S9の分解(図解)
    (動画で見えてないタッチパッドケーブル、DVDフタの自動開閉ケーブルの場所なども写真あり)

    レッツノートCF-S10ジャンクを分解、MBを取り出して、にこいちで組み立てる

    先ほどの続き動画です。
    トップカバーを外したジャンクは、マザーボードを取り出してガワだけ使います。

    その後『 CF-S10の分解』でカバーを開けたノートパソコンのマザーボードを取り出して、先ほどのガワと合わせてニコイチで組み立てします。
    起動させて、インストール画面が表示するところまでです。


    動画URL⇒ https://youtu.be/6VI5ojy7ylI

    以下、レッツノートCF-S10のマザーボード取り出しとニコイチ組み立て作業手順と動画の該当箇所です。

    1. マザーボード上のネジ1本をはずす(0分28秒〜)
    2. 無線LANモジュールのケーブル、電源ケーブル、モニターケーブルを外して、左側のケーブルをまとめるプラスチック部分を外す(1分02秒〜)
    3. DVDケーブルとHDDにつながるケーブルを外す(2分53秒〜)
    4. 無線LANケーブルを外す(3分44秒〜)
    5. マザーボードごと持ち上げて、裏側のC-MOSケーブルを外す(4分20秒〜)
    6. マザーボードのファンをエアダスターで掃除します(10分40秒〜)
    7. C-MOSケーブルをつなげる(11分45秒〜)
    8. ファン横に設置する送風口、電源スイッチ、無線LANスイッチ用のプラスチック部分を本体に乗せ、マザーボードを設置する(12分15秒〜)
    9. 左端のケーブルをまとめるプラスチック部分を本体にはめたら、埃避けカバーを乗せて、電源ケーブル、モニターケーブル、無線LANケーブルを挿す(13分30秒〜)
    10. HDDケーブルとDVDケーブルを差し込む(15分00秒〜)
    11. マザーボードを固定するネジを止める(16分02秒〜)
    12. 無線LANケーブルを挿す(16分40秒〜)
    13. DVDドライブのフタをトップカバーにはめる(17分25秒〜)
    14. トップカバーを合わせて、DVDドライブのフタを自動開閉するケーブルとタッチパッドケーブルを挿し、カバーを閉じる(19分25秒)
    15. 音声ケーブルとキーボードケーブルをはめる(20分35秒〜)
    16. キーボードを本体にはめる(24分33秒〜)
    17. キーボード上辺の2本のネジをはめる(25分06秒〜)
    18. DVDドライブの中のネジをはめる(26分26秒〜)
    19. キーボードを固定する金具を止め、防水シールを貼る(27分32秒〜)
    20. 底面のキーボードネジを止める(29分00秒〜)
    21. 底面両端の中くらいのネジを止める(29分34秒〜)
    22. 底面最下部の小さいネジを止める(30分58秒〜)
    23. PCカードスロットのフタを開け、ケーブルを差し込んで、またフタを閉める(32分01秒〜)
    24. ゴム足とネジを止める(33分28秒〜)
    25. バッテリーをはめる(35分12秒〜)
    26. HDD取り出し口の上にあるゴム部品が紛失してるので、別のジャンクから取って付ける(35分17秒〜)
    27. 電源スイッチを入れて、インストール画面になるこのを確認(36分50秒〜)

    ※DVDドライブのフタをはめるところを確認
    【動画】Let’sNOTE CF-S10の破損した光学ドライブのフタを交換

    ▼インストール画面

    この画面が表示されたら、OSをインストールできます。

    HDDを入れてOSを入れれば、レッツノートCF-S10のニコイチ作業は完了です。

動画

ジャンクのLet’sNOTE CF-S9分解日記(中身はほぼ新品なのに底面割れジャンクをニコイチ)

ノートパソコン(Let’s NOTE CF-S9)のジャンクを分解・清掃・交換・修理→再生させる作業の日記です。

今回の作業PCは【レッツノートCF-S9】の二個一です。
知人からジャンクのニコイチを依頼されました。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

今回のLet’s Note S9の状態

  • 底面(HDDを入れるあたり)が割れてめくれている
  • BIOSで確認すると累積使用時間はたったの460時間
  • ガワの破損以外は新品同様

▼ 今回のレッツノートの底面
レッツノートCFS9で底面が割れてめくれている

割れやヒビではなく、割れたところがめくれています。
うかつに触ると手をケガしてしまいそうです。

▼BIOSで見る累積使用時間は460時間
レッツノートCFS9のジャンクが累積使用時間がたったの460時間

使用時間が累積で460時間とほぼ新品です。

▼分解して中を見ても使用感が全くないキレイな状態
レッツノートCF-S9のジャンクだが中身は新品同様

20日間くらいしか使ってない訳ですからね。
これはもったいない…

うちにあるジャンクの底面のガワと合わせて、ニコイチしようと思います。

以下、今回依頼された中古のレッツノートをジャンクA、底面だけを使うジャンクをジャンクBとします。
(紛らわしいので)

▼右側がニコイチするためのジャンクB底面
レッツノートCF-S9でほぼ新品の中古PCとジャンクの底面を合わせてニコイチに

左が今回の依頼品ジャンクAです。
右側は、うちにあるジャンクBの底面です。

▼ニコイチ用のジャンクの底面を引っ繰り返したところ
レッツノートCF-S9でニコイチするためのジャンクPCの底面-

今回のジャンクAは非常にキレイなので、底面の割れてるところ以外はなるべく元のパソコンを活かしたいと思います。
つまり、全部分解します(笑)

▼ほぼ新品がジャンクになった理由

レッツノートCF-S9がジャンクになった理由

分解していてこの真新しいレッツノートがジャンクになった理由を見つけました。
どうやらHDDを開ける時にネジを外さないまま、HDDを取り出そうとフタをこじ開けたようです。

ネジがはまったままになっています(ピンク色の印がついてる二箇所)
PCカードスロットのところみたいに、ネジ無しでフタが開閉するものと思ったのでしょうか。

新品のレッツノートのHDDを交換しようとしたのか、SSDに換装しようとして失敗したのかも知れません。
良いノートパソコンなのに残念です。
これから、ニコイチで生まれ変わらせます。

ニコイチ作業開始

▼分解作業開始、トップカバーを開けたところ
レッツノートCF-S9のジャンクを分解したところ

ジャンクAを全部分解していきます。
写真は、基盤と光学ドライブ、HDDケースを外したところ。
HDDのとこの破損がなければ、非常にキレイなんですけどね。

▼底面部分だけになったジャンクA
レッツノートCF-S9で底面部分だけになった元のパソコン

先ほどの状態から、更にモニター部分(モニターケーブル、無線LANケーブルも)とEXTケーブルをつなげる基盤部分など外しました。

写真は、底面部分だけになったジャンクAです。
これはもう使いません。

うちにあったジャンクBの底面に、ジャンクAから外したパーツをどんどん付けていきます!

▼モニターをジャンクPCの底面につける
レッツノートCF-S9でモニターをジャンクPCの底面につける

ニコイチ用のジャンクBの底面と合体させていく途中です。

CMOS電池、モニター(モニターケーブルと無線LANケーブル)、EXTケーブルをつなげる基盤、モニターケーブルを通すプラスチック部分などを取り付けました。

HDDケーブルとドライブケーブルは、ジャンクBの底面に付いていたものを残しています。
剥がすよりそのまま使った方がキレイですからね。

▼ついでにメモリも増設

レッツノートCF-S9の元のメモリは2GBレッツノートCF-S9でメモリを8GBに増設

元のメモリが2GB1枚だけだったので、4GB*2枚で8GBに増やします。

▼ニコイチが出来上がっていきます
レッツノートCF-S9のジャンクをニコイチして再生

ニコイチ作業がほぼ終わりました。
あとはHDDをSSDに換えて、トップカバーをつけたらリカバリー作業です。

▼トップカバーを乗せる前にモニターの確認
レッツノートCF-S9でトップカバーを乗せる前にモニターの確認

トップカバーを乗せる前に、電源を入れてみます。
モニターが映るか、電源が入るかなどの確認です。

裸の状態なので、電源のオンオフには気を付けます。

▼インストール画面
レッツノートCF-S9でニコイチ後にトップカバーを乗せたところ

トップカバーを乗せ、キーボードケーブルとタッチパッドケーブルだけつないでインストール作業開始です。
途中でエラーが出たり上手く行かないこともあるので、ネジは締めません。

ドライブのフタも自動で開きました。

▼リカバリー作業完了
レッツノートCF-S9でリカバリー作業完了

特に問題なく、リカバリー作業が終わりました。
無線LANもしっかり動作していました。

Windowsを入れて、ネジ締めをしたらニコイチ完了です。

今回は物理的な破損だけだったので、特に面倒な問題もなくさっさと作業できました。
とは言え、全部分解するのは割と手間でしたが(笑)
私はノートパソコンの分解大好きなので、まあ楽しかったです。

ジャンクのLet’sNOTE CF-S10分解日記(二個一した途端に通電しなくなる)

ノートパソコン(Let’s NOTE)のジャンクを分解・清掃・交換・修理→再生させる作業の日記です。

今回の作業PCは【レッツノートCF-S10】の二個一です。

知人からレッツノートCF-S10のリカバリーを頼まれました。
特に不具合もなく、HDDからSSDに入れ替えて、Windowsを入れ直して欲しいとのこと。

私的にはノートパソコンの分解をして、不良原因を探して直すのが楽しみなんですが(笑)

※ このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

単なるSSD換装から、二個一するはめに

ただのSSD換装か…つまらないな…と思いながら作業開始。
リカバリCDを入れたところ、CDを読み込みしません。

耳を近づけても、ドライブが動き出した時のシャカシャカ音が聞こえません。
中でCDが回転してる様子もないのでドライブ不良のようです。

まあ単なるリカバリーよりは、光学ドライブの交換でもあった方が楽しいですからね。
二個一するために、レッツノート二台を分解しましょう♪

一見新しめの中古パソコンが実は期待はずれなことも

レッツノートCF-S10で底面中央に大きなひび割れレッツノートCF-S10で底面中央に大きなひび割れ


BIOS上では累計使用時間が5000H未満。
見た目もそれほど汚くないと思ったのですが…

分解しようと引っ繰り返してみると、底面中央に大きなヒビ割れがありました。
PCカードスロットのフタを挟んで上の方までヒビが続いています。

レッツノートCF-S10でモニター枠の端に割れレッツノートCF-S10でモニター枠の端に割れ


さらに、いざ分解し始めると、モニター枠の角が割れていて、無理やりはめてある状態(写真左)です。
トップカバーを外すと、モニター枠正面の下側にヒビもありました(写真右)。

ジャンクなので良いんですが…持ってきた知人も気付いてなかったようです。
ネットオークションなんかだと写真の撮り方でキズや割れが見えないこともあります。
気付いてて破損部分など書かないこともなくないので、注意が必要です。

ネットオークションでジャンクPCを買う時に注意したいこと

PCの二個一作業で通電しないトラブル発生

それはさておき、二個一します。

正常に動作するドライブを知人から預かったレッツノートCF-S10に取り付けます。

が、ここで問題発生!!
起動どころか、通電しなくなってしまいました。

私はノートパソコンの分解も二個一も大好きです。
ただし、必ず通電するジャンクPCを選んでします。
起動しなくても、通電さえするジャンクなら喜んでいじるんですが…

同じジャンクPCでも通電しないものは選びません。
(電子工作とかまったくできないので)

でも、今回のパソコンに限っては、少し前にはBIOS起動までしていたものです。

念のために、CPUの乗った基盤単体で電源ケーブルにつなげてみます。
すると、ファンが回り、電源ランプが点きました?!

二個一にする際、何らかの不具合がでてきたと思われます。
一度は途方に暮れかけましたが、根性を決めて通電しない原因を探ることにしました。

ジャンクのノートPCで通電しなくなった原因を探る

レッツノートCF-S10のニコイチで通電しない原因を探る

やり方は至ってシンプルです。
基盤につないでいるケーブルを一本ずつつないで、起動するかどうか確認していきます。

モデムのモジュール、電源ケーブル、モニターケーブル、HDDケーブル、無線LANケーブル、ドライブケーブル(ピンク色の印)を一本ずつつないでテストします。

実際には電源ケーブルとモニターケーブルが格納されている左側のプラスチックカバーを外して、むき出しの基盤でテストしました。
電源ケーブルは以前火花が散って燃えたことがあるので、むき出しはイヤだったんですが…原因を特定するためには仕方ないですね。

レッツノートCF-S10で通電しなくなった原因のHDDケーブルを交換

最終的に犯人はHDDケーブル辺りだと判明しました。
HDDケーブル(緑色の►)を差し込むと途端に通電しなくなります。

HDDケーブルは右側のEXTケーブルやUSBと接続する基盤につながっています。
ケーブルが断線してるのか、それ以外の不具合なのか。
どこが原因か分からないので、HDDケーブルと基盤を丸っと(ピンク色の印)交換することにします。

すると、正常に起動、交換したDVDドライブもふつうに動いて、無事にリカバリー終了です。

ただのSSD換装が、光学ドライブ交換になり、なぜか通電しなくなる…という、なかなか手のかかる作業でした。

けど最終的にニコイチが上手くできて、要望通りレッツノートCF-S10をSSDにして渡せたので良かったです。

レッツノートCF-S9の二個一(20160308)

ノートパソコン(Let’s NOTE)のジャンクを分解・清掃・交換・修理→再生させる作業の日記です。

今回の作業PCは【レッツノートCF-S9】の二個一(ニコイチ)です。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

今回のLet’s Note ジャンクS9の状態

手元に届いた時は、まずジャンクPCの状態を確認します。
メモリがないのでテスト用のメモリを挿して、電源を入れます。

が…私では電源が入れられなかったorz
10回以上やったけど無理で、夫に頼んだら電源入りました。

▼電源が入らない・入れにくいジャンクは多い

こういうジャンクはすごく多いです。
《電源が入らない》ジャンクノートPCのほとんどは、こんな感じです。
電源スイッチが固くて、電源が非常に入りにくいだけ。

ただし、ふつうの人がふつうに電源スイッチを入れてONにならないのではジャンクと言われても仕方ないですね(汗)

とりあえずインストール画面にはなるので、あとはどうにかできるはずです。
分解して、中身を掃除します。

S9でキーボードねじがなめかかってる

が…裏を見ると、キーボード用のネジがすごくなめてます。
私が余計なことをすると完全にネジなめしてしまいそうなので、素直に夫にお願いします。

「これはもう(穴が)真ん丸じゃん…」と呆れつつも、ネジのすべり止めを使って夫が何とかキレイに開けてくれました。

これで無事、分解ができます。

▼埃がたまりやすいヒンジの裏
S9で埃がたまりやすいヒンジの裏

▼写真では見えない部分がシール痕だらけ、ねばっこい埃がこびりついてる
写真では見えない部分がシール痕だらけ、ねばっこい埃がこびりついてる

緑色の線付近には粘っこい埃がこびりついてる。
ピンク色の線部分にはシール痕、会社で使っていたのか、同様のシール痕が複数箇所に。

▼マザーボードはふつうに汚れてる
マザーボードはふつうに汚れてます

埃だらけだけど、ファンもエアダスターで9割キレイになったので、マシな方かな?

ファンも開けて掃除、ヒートシンクも外してグリスを塗り直しました。
あとは、WindowsをインストールすればOKです。

が…またここで問題発生です。
DVDドライブのランプがつきません。
DVDドライブ自体ももちろんうごきません。

DVDドライブを交換してもダメ、DVDドライブのケーブルを交換してもダメ、両方交換してもダメ。
どうやら、マザーボード側がドライブを認識しないようです。

同時に届いたジャンクノートPCと二個一するしかありません。

同時に届いたレッツノートというのが、また曲者でした。
一見何の問題もないかに見えて、いざインストールしようとすると、数秒から数分で電源が落ちてしまいます。
メモリを変えたり、メモリをつける位置を変えても同じです。

もしかして? と思い、カバーを開けた状態で電源を入れてみると、案の定ファンが回っていませんでした。

しかも、よく見ると…液晶の左側がにごっていて、映りが悪くなっています。
これは私は気付かず、夫に指摘されはじめて気付きました。

ファンが回らず起動してもすぐに電源が落ちる&液晶に不具合があるジャンクと、先ほどのDVDドライブを認識しないマザーボードのジャンクで、二個一にすることにしました。

今回は二台とも、起動後にインストール画面が出てくるので、一見問題なく見えました。
が、二台とも致命的な問題があり、ソロでの復活は叶いませんでした。

    1台目

  • メモリ、HDD、ACケーブル、バッテリー、Windowsシリアルのシール無し
  • 天板や底面など外側の見た目は、ジャンクにしてはキレイな方
  • 写真では映らない部分が汚い
  • 中はふつうに汚い
  • メモリを入れれば、起動画面は確認できた
  • BIOSにも入れた
  • ただし、「電源が入らない!」と認識するレベルで電源スイッチが固い
    2台目

  • メモリ、HDD、ACケーブル、バッテリー、Windowsシリアルのシール無し
  • メモリを入れれば、起動画面は確認できた
  • BIOSにも入れた
  • 起動後、数秒から数分で電源が落ちる
  • 液晶の左側がにごっていて、映りが悪い

この二台で二個一にして、WindowsPCとして復活させました。

本当はうちで待機してる部品取りのジャンクを使って、どうにか二台とも活かしたかったのですが(汗)
まあ、今回は二個一で済んで良かったです(笑)