初めてのHackintosh(ウニビースト)を最安自作PCで実現する(7)残ったパーツでもう一台デスクトップPCを組み立てる

今回は、メモリ64GBのHackintoshをとにかく安く作る目的で、元々あったパソコンのグラボやケースを使い回し、足りないパーツだけ新たに購入してパソコンを組み立てました。

グラボ(Geforce GTX 960)もこれまで夫のメインPCに挿していたのを使いました。
また、Hackintosh用パソコンの組み立て前編で当初予定していたPCケースだとクーラーがはみ出てしまうので、急遽、PCケースも旧メインPCからの使い回しになりました。

残った旧メインPCの中身はグラボがないので、Hackintoshを入れる予定だったアクリルのPCケースへ移し、Ubuntuマシンとして再生することにします。
その組み立て作業を動画つきで紹介します。

Hackintosh用のパソコン自作に使う道具類

HackintoshPCを自作するのに役立つのは以下の道具です。

※ 使い回しのパーツを掃除するのに使う

残りのPCパーツでもう一台デスクトップPCを組み立てる

Linux用なのでシンプルな構成のデスクトップPCになります。


動画URL⇒ https://youtu.be/E1hptPX_xDE

以下、Hackintosh(UniBeast)の自作PCを組み立てる手順と動画の該当箇所です。

  1. (0分00秒〜)電源をPCケースに入れてネジ止めする
  2. (2分13秒〜)バックパネルをPCケースにはめる
  3. (4分00秒〜)ケースファンのケーブルを挿す
  4. (6分31秒〜)マザーボードをPCケースに載せてネジ止めする
  5. (9分36秒〜)電源ケーブルと補助電源ケーブルを上の段へ通す
  6. (10分17秒〜)補助電源ケーブルをマザーボードに挿す
  7. (10分52秒〜)電源ケーブルをマザーボードに挿す
  8. (12分07秒〜)SATAケーブルをマザーボードとSSDにつなげる
  9. (13分03秒〜)SSDに電源をつなげる
  10. (14分05秒〜)フロントパネルの各ケーブル(HDD LEDなど)をマザーボードにつなげる
  11. (13分03秒〜)SSDに電源をつなげる

動画では、ケースファンのケーブルを1本しか挿していませんね。
途中(5分40秒くらいから)で2本目のケースファンケーブルを挿す位置を悩んだりしていますが…この後、2本目をCPUファンのすぐ脇にあるcha_fan1につなぎました。

組み立て後は、Ubuntuの入ったSSDで無事起動を確認できました!


Hackintoshの組み立て直しで書きましたが、今回が初めてのデスクトップPC自作です。
「あれ? この後何をつなげればいいんだっけ?」と、自作未経験なことに気付きました。

悩んだところは、2本目のファンケーブルを接続する場所です。
sys_fan1しか見当たらず、sys_fan2がないのでどこへ挿すのか分かりませんでした。

Hackintosh用パソコンの組み立て後編で、補助電源ケーブルがささってなくて起動しないということがあったので…今回のはグラボも無いし不要かなと思いつつ、念のため挿しておきました。

後は電源、SSD、USB、オーディオ、フロントパネルにささる各種ケーブルをつないだだけです。
今回のPCは、Ubuntuを入れる用で構成がシンプルなので、何とか自作できました。

初めてのHackintosh(ウニビースト)を最安自作PCで実現するのその他の記事

(1)パーツ選びと購入編
(2)Hackintosh用パソコンの組み立て前編〜マザーボードにCPU・クーラー・メモリを取付け
(3)Hackintosh用パソコンの組み立て後編〜PCケースに各パーツをつなげる
(4)ウニビーストのインストールUSB作成編
(5)NvidiaのWebドライバーを認識しない問題を解決する
(6)PCクーラーがおさまるケースで組み立て直し
(7)残ったPCパーツでもう一台デスクトップPCを組み立てる

動画

初めてのHackintosh(ウニビースト)を最安自作PCで実現する(6)PCクーラーがおさまるケースで組み立て直し

  • 今のMACだとメモリが足りない
  • メモリが多いMACだと高くて買えない
  • メモリをたっぷり載せたMACを自作PCで動かしたい
  • 中古パーツを集めた自作PCでMACを使ってみたい
  • 低予算の自作PCでMACが動いたらいいな

などなど…MACファンもそうでない人も、一度は挑戦したいHackintosh。

今回は、メモリ64GBのHackintoshをとにかく安く作るのが目的です。
使い回しのパーツや中古のパーツで自作PCを作り、そこにHackintoshを入れて動かしてみます。

Hackintosh用パソコンの組み立て前編で自宅にあったPCケースで組み立て始めたところ、クーラーが大きすぎてケースからはみ出ることが判明。

改めて、別のPCケースで組み立て直すことにしました。
夫がメインPCとして使っていたケースがちょうど良さそうなので、それを使います。
GIGABYTEのCHASSISというミドルタワー型ケースです。

組み立て直したHackintoshが夫の新しいメインPCになります。
グラボを抜いた旧メインPCの中身は、当初Hackintoshを入れる予定だったアクリルのPCケースへ移してUbuntuを入れることにします。

Hackintosh用のパソコン自作に使う道具類

HackintoshPCを自作するのに役立つのは以下の道具です。

※ 使い回しのパーツを掃除するのに使う

PCクーラーがおさまるケースで組み立て直し

Hackintoshをインストール済みのPCですが、ケースからPCクーラーがはみ出てしまうため、別のケースに入れ替えします。

最初は電源にリモコンを使うつもりでしたが、今回のケースでは普通にフロントパネルを使います
それ以外のPCパーツの組み立て作業自体は、Hackintosh用パソコンの組み立て後編と同じです。


動画URL⇒ https://youtu.be/mgyOPH33dLk

以下、Hackintosh(UniBeast)の自作PCを組み立てる手順と動画の該当箇所です。

  1. (0分00秒〜)PCケースにバックパネルをはめる
  2. (1分35秒〜)電源をケースに入れネジ止めする
  3. (5分21秒〜)マザーボードをケースに入れて、ネジ止めする
  4. (13分18秒〜)ケースファンのケーブルをマザーボードにつなぐ
  5. (13分30秒〜)電源ケーブルをマザーボードにつなぐ
  6. (15分56秒〜)AUDIOケーブルとUSBケーブルをマザーボードにつなぐ
  7. (18分08秒〜)フロントパネル用のケーブルをつなぐ
  8. (22分49秒〜)補助電源ケーブルをマザーボードにつなぐ
  9. (24分24秒〜)電源とSSDをつないで、SSDにつないだSATAケーブルをマザーボードに挿す
  10. (27分51秒〜)グラボをマザーボードのPCI-Eに挿して、ネジで固定する
  11. (28分35秒〜)無線LANアダプターをマザボに挿して、ネジで固定したら、アンテナを付ける
  12. (31分15秒〜)SATAケーブルをもう一本マザーボードに挿しておく(HDDを後で付ける)

動画ではケースファンのケーブルを1本しか挿してないと思います。
忘れてました…

もう1本はcha_fan2につなぎました。

▼GA-Z170X-UD3上のsys_fan2の場所
GA-Z170X-UD3のケースファンケーブル2本目を接続する場所
フロントパネルのケーブル類をつなげた直ぐ隣り(ピンク色の印)です。

ひとつひとつの作業の合間が長いのがお分かり頂けたでしょうか。

よく考えたら、デスクトップPCを自作するのはこれが初めてでした。
最初の時は隣りに夫がいて、分からないことなど教えてもらってました(動画の途中でも3本目の手が入っています)。

ノートパソコンの分解をしてるし、デスクトップPCも開けて掃除するくらいはしていたので、自作未経験ということを忘れて気軽に作業を始めてました。
でも、何とかなったので良かったです(笑)

次回は、GTX960を抜いた夫の旧メインPCの中身を、当初Hackintoshを入れる予定だったアクリルのPCケースへ組み立て直す作業をします。

初めてのHackintosh(ウニビースト)を最安自作PCで実現するのその他の記事

(1)パーツ選びと購入編
(2)Hackintosh用パソコンの組み立て前編〜マザーボードにCPU・クーラー・メモリを取付け
(3)Hackintosh用パソコンの組み立て後編〜PCケースに各パーツをつなげる
(4)ウニビーストのインストールUSB作成編
(5)NvidiaのWebドライバーを認識しない問題を解決する
(6)PCクーラーがおさまるケースで組み立て直し
(7)残ったPCパーツでもう一台デスクトップPCを組み立てる

動画

初めてのHackintosh(ウニビースト)を最安自作PCで実現する(5)NvidiaのWebドライバーを認識しない問題を解決する

  • 今のMACだとメモリが足りない
  • メモリが多いMACだと高くて買えない
  • メモリをたっぷり載せたMACを自作PCで動かしたい
  • 中古パーツを集めた自作PCでMACを使ってみたい
  • 低予算の自作PCでMACが動いたらいいな

などなど…MACファンもそうでない人も、一度は挑戦したいHackintosh。

今回は、メモリ64GBのHackintoshをとにかく安く作るのが目的です。
使い回しのパーツや中古のパーツで自作PCを作り、そこにHackintoshを入れて動かしてみます。

Hackintoshインストール後の問題

自作PCへのHackintoshのインストールは、夫が作業しました。
(私は分解、掃除、組み立てなどが担当です)
ウニビーストのインストールUSBで、インストール自体はすぐにできたようです。

が、ひとつ問題が発生しました。

NvidiaのWebドライバーがちゃんと認識されません。
起動時から、表示がおかしくなっています。

グラボのドライバーが認識できてないというのは、画面の映り方ですぐに分かります。

動画で、実際の起動画面を見比べてみて下さい。
※数秒の短い動画です

▼NvidiaのWebドライバーを認識してない起動画面

動画URL⇒ https://youtu.be/XEa2qfmXfAU

画面にちらつきがあります。
(起動時に下から上に白黒の太い線が数回移動します)
非常に見にくいですね。

▼NvidiaのWebドライバーを認識している起動画面

動画URL⇒ https://youtu.be/KiTZ1gF6lD0

Nvidiaのドライバーを認識していない状態だと、画面がちらつきます。
NvidiaのWebドライバーを認識すれば、画面の状態が直ります。

解決方法は、次の通りです。

  1. EFIパーティションにマウントする
  2. Volumes≫EFI≫EFI≫CLOVERフォルダから、config.plistをテキストエディタで開く
  3. 以下のように編集する
    <key>SystemParameters</key>
    <dict>
    	<key>InjectKexts</key>
    	<string>YES</string>
    	<key>InjectSystemID</key>
    	<true/>
    	<key>NvidiaWeb</key>
    	<true/>
    </dict>

後はセーブして、再起動するだけです。
私はこの作業だけで、NvidiaのWebドライバーを認識するようになりました。

参照したページには「必要なら、Boot/Arguments/nvda_drv=1を削除する」とありました。

実は私、Macの画面をさわるのはこれが初めてでした。
Macというか、Hackintoshですが…
ファイラーがどれかも知らず、最上部のメニューをひとつずつ見て操作方法を考えたりするレベルです。
マウスがMac用でなく、普通のマウスだったことが救いですね。

最初は、Clover configurator画面でフォームのチェックを入れたり外したりしていました。
でも、どのタブ・どの項目をいじってもNvidiaが認識しません。

検索したところフォーム画面ではなく、コードを直接編集するやり方が見つかり、上手く解決することができました。

初めてのHackintosh(ウニビースト)を最安自作PCで実現するのその他の記事

(1)パーツ選びと購入編
(2)Hackintosh用パソコンの組み立て前編〜マザーボードにCPU・クーラー・メモリを取付け
(3)Hackintosh用パソコンの組み立て後編〜PCケースに各パーツをつなげる
(4)ウニビーストのインストールUSB作成編
(5)NvidiaのWebドライバーを認識しない問題を解決する
(6)PCクーラーがおさまるケースで組み立て直し
(7)残ったPCパーツでもう一台デスクトップPCを組み立てる

動画

【動画】初めてのHackintosh(ウニビースト)を最安自作PCで実現する(2)Hackintosh用パソコンの組み立て前編〜CPU・クーラー・メモリの取り付け

  • 今のMACだとメモリが足りない
  • メモリが多いMACだと高くて買えない
  • メモリをたっぷり載せたMACを自作PCで動かしたい
  • 中古パーツを集めた自作PCでMACを使ってみたい
  • 低予算の自作PCでMACが動いたらいいな

など…MACファンもそうでない人も、一度は挑戦したいHackintosh。

今回は、メモリ64GBのHackintoshをとにかく安く作るのが目的です。
使い回しのパーツや中古のパーツで自作PCを作り、そこにHackintoshを入れて動かしてみます。

パソコン自作の動画は長くなったので2つに分けてあります。
1つ目は、マザーボードにCPUとCPUクーラー、メモリを取り付ける作業です。

それ以降の作業は、後編の動画になります。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

Hackintosh用のパソコン自作に使う道具類

HackintoshPCを自作するのに役立つのは以下の道具です。

※ 使い回しのパーツを掃除するのに使う

Hackintosh用PCを自作する動画(マザーボード編)

Hackintosh用のデスクトップPCを自作します。
今回はマザーボードにCPU、CPUクーラー、メモリを取り付けるところまでです。

ノートパソコン用のバッグを裏返し、その上にマザーボードを載せて作業しています。

途中で迷ったり間違えたりして作業時間が長くなっています。
作業内容と該当する時間を書き出していますので、必要な部分を参照して下さい。


動画URL⇒ https://youtu.be/rFPYu3LYnYI

以下、HackintoshPCを自作する作業手順と動画の該当箇所です。

  1. (0分55秒〜)CPUソケットのレバーを外して、フタ部分を取る
    CPUソケットのレバー
    写真のピンク色の印を手前にずらすとレバーがはずれます。
    取り外すのは上の写真の青い色の□部分です。
    REMOVEと書かれたシールがあるので、実物を見れば分かると思います。

  2. (2分19秒〜)中古で購入したCPUにグリスの拭き残しのような汚れがあったので綿棒で拭き取る
    中古CPUでグリスを拭き取ったときの残りのような汚れ
    写真のピンク色の○で囲んだ部分に汚れが残っています

  3. (3分25秒〜)CPUの向きを確認してソケットにはめ、レバーでしっかり固定する
    CPUクーラーの向きに悩んで、プッシュピンの足部分を自分で組み立てると知らずにまた困ったりしてます

  4. (11分05秒〜)CPUクーラーを固定する時の足のところ(プッシュピンの部分)をネジ止めして組み立てる
    CPUの型番によってネジ止めする場所が違います。
    余り部品がたくさんあり、それらがAMD用で今回は不要だと気付くまで使い道に悩んだりして、かなり時間がかかってしまいました

  5. (25分20秒〜)CPUにグリスを塗る
    CPUクーラーに付いていたグリスではなく、自宅にあったグリスを使いました。
    端っこのグリスは爪楊枝ではみ出た部分をキレイに取ります。
    塗りすぎてしまったので、ヘラでグリスを取っています。

  6. (30分47秒〜)CPUクーラーをCPUに載せようとして、プッシュピンの位置がM/Bの穴と合わないことに気付く…
  7. (30分55秒〜)CPUクーラーのプッシュピン部分のネジをいったん外して、正しい穴にネジをはめ直す
    ひょうたん状の穴だったので上下2箇所のネジ穴と思っていたら、真ん中という選択肢もあったようです。
    今回のCPU《Skylake Intel Core i7 6700k》はLGA1151で、真ん中の穴でした。

  8. (39分20秒〜)今度こそ、CPUクーラーをCPUに載せる
    ツクモの店員さんの話によると、プッシュピンを差し込む穴のそばにはメモリにつながる回路(?)が近く、乱暴に差してマザーボードが壊れてしまう人がいるとか。

  9. (40分26秒〜)クーラーのプッシュピンは時計回りの方向に回して(パチンと音がするまで)押し込む
    CPUクーラーHyper TX3 EVOのプッシュピン
    プッシュピン上部に、よく見ると反時計回りの矢印が書いてあります。
    なので、私は最初時計回りと反対にプッシュピンを回したのですが、ちっとも固定されません。
    プッシュピンに書かれた矢印は、開ける方向でした。
    閉める時は、時計回りの方向なので気をつけて下さい。

  10. (41分25秒〜)CPUクーラーのケーブルを挿す
    ケーブルの余りが邪魔になりそうなので、ねじりっこでまとめます

  11. (42分19秒〜)メモリをマザーボードに挿す
    今回のM/B《GA-Z170X-UD3》はメモリ差込口の内側が固定されているので、外側のレバーだけ倒して、メモリを内側から差し込みます。

実は…!!
作業の途中でこのPCケースではCPUクーラーが大きすぎて、フタが閉まらないということが判明。

フタの問題はさておき…
このPCケースでhackintosh用PCを組み立てて、起動の確認まではやってみることにしました。

メモリを中古で購入しており、その初期不良交換期限が購入から一週間です。
他にこのメモリをテストできる環境もないので、まずはPCを組み立ててメモリテストを済ませないといけません。

⇒ PCの組み立ては、次回で完了します。

初めてのHackintosh(ウニビースト)を最安自作PCで実現するのその他の記事

(1)パーツ選びと購入編
(2)Hackintosh用パソコンの組み立て前編〜マザーボードにCPU・クーラー・メモリを取付け
(3)Hackintosh用パソコンの組み立て後編〜PCケースに各パーツをつなげる
(4)ウニビーストのインストールUSB作成編
(5)NvidiaのWebドライバーを認識しない問題を解決する
(6)PCクーラーがおさまるケースで組み立て直し
(7)残ったPCパーツでもう一台デスクトップPCを組み立てる

動画

【動画】小型パソコンFH61Pを自宅用データサーバーにするためにHDDを入れる

以前、Webサーバー用にどすぱらで買ったFH61Pという小型パソコンに容量大きめのHDDを入れて、自宅用のデータサーバーとして再活用したいと思います。

FH61Pは5年前に買ったパソコンですが、小型で便利です。
ここ最近、夫がテストサーバーとして使っていたので、SSDだけでHDDを入れていません。
今回パソコンを分解して4TBのHDDを入れ、自宅のデータサーバーとして生まれ変わらせます。

FH61Pを自宅用データサーバーにするためにHDDを入れる

小型パソコンFH61Pの分解で役立つのは以下の道具です。


動画URL⇒ https://youtu.be/hkzPqExP8as

以下、FH61PにHDDを入れる作業手順と動画の該当箇所です。

  1. 裏面のネジを3箇所外して、ケースを開ける(0分9秒〜)
  2. 別のPCからSATAケーブルを取り出す(1分9秒〜)※1
  3. HDDのマウンターを外す(4分25秒〜)
  4. HDDをマウンターにネジで留める(8分50秒〜)※2
  5. HDDをマウンターごと元の位置に入れてネジで止める(10分10秒〜)
  6. SATAケーブルをHDDにつなげる(11分25秒〜)
  7. SSDとHDDの電源ケーブルを入れ替える(12分20秒〜)
    空いてるケーブルがHDDの差込口に届かないので。

  8. ケーブル類がファンに干渉しないようまとめる(13分23秒〜)
  9. フタをはめてネジを締める(14分10秒〜)

これまで自宅のデータサーバーとしてN7700+を使っていました。
(こんなの⇒PLUSじゃない方のN7700

が、最近いや〜な音がするようになってきてまして…
猫がお水を飲んでるような、ゲロを吐く前みたいな声にも似た音です。

だいぶ長いこと使ってきましたし、別のパソコンにデータサーバーを移すことにしました。
壊れてからでは遅いですからね!!

※1 途中、SATAケーブルが無くて、別の自作PCから取り出しています。

※2 HDDを入れた後、マウンターを止めるネジがなくて、再び自作PCから流用しました。
元からあったネジではないのでピッタリではありませんが、ネジは入ったのでOK!
ネジの本数も足りてませんが、2本あれば(それなりに)固定できるので問題ありません。

SSDに至っては固定もせず、空いたスペースに入れているだけですが、据え置きで動かすこともないので、これも問題ありません。

ただし、ケーブル類はファンに干渉しないよう、SSDを入れたスペースにしっかりとしまいます。

以上で、小型パソコンFH61PにHDDを追加する作業は完了です。

動画

デスクトップのパソコンを掃除したので、PC掃除の便利グッズを紹介

今回はノートパソコンではなく、デスクトップPCの清掃です。
ジャンクでもなく、自分がメインで使ってるパソコンを掃除します。

メモリを16GBから2倍の32GBに増やすので、ついでにパソコンを大掃除です。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

デスクトップPCの清掃に役立つ道具

デスクトップPCの掃除で役立つのは以下の道具です。

デスクトップPCの掃除は面倒だけどカンタン

今回、夫がメインのPCをサーバーに使っていたパソコンと交換すると言うので、ついでに私のパソコンも掃除してメモリを増やすことにしました。

デスクトップPCの掃除は、ノートパソコンより簡単です。
埃やゴミの量も、ノートパソコンとは段違いに多いんですけどね。

パソコンの掃除と言うと、エアダスターで直ぐプシューっと言う人も多いと思います。
誰かが後で(部屋の)掃除をしてくれる、もしくは会社など自分で掃除しない場所ならそれでもいいかも?

ですが、自宅や自室でパソコンを掃除する場合は別です。
掃除機で取れる埃はすべて先に取った方がいいです。

まずは目に見えるところの埃を吸い取ります。
それから簡単に取り外しできるファンやグラボ、電源などは外して、埃を取ります。
エアダスターは、最後の最後で使います。

でないと室内に埃が飛び散って後片付けが大変になるだけ…
これはノートパソコンでも同じです。

▼夫のパソコンBefore⇒After

夫のパソコン掃除前夫のデスクトップパソコン掃除後


サーバールームに放置されてたので埃がフェルト状になってるだろうなとは予想してました。

奥のファンはネジを外して、綿棒などでキレイにしました。
他にグラボと電源も外して丁寧に掃除機をかけました。

グラフィックボードは外してから、中のファンなども赤ちゃん綿棒でキレイに掃除しました。
いったん取り外したのでグリスも塗り直ししました。

▼私のパソコンBefore⇒After

私のデスクトップパソコン掃除前私のデスクトップパソコン掃除後


想像以上に埃が溜まっていました。
結構、最近掃除したと思ってたんですが、サーバー機より全然汚くてビックリです。
こんな状態でよく動いてたなと感心するレベルですね。

私のパソコンも、ファン2つ(左側のとCPU冷却装置上)、グラボ、電源を外してキレイに掃除しました。

▼CPUの冷却装置も埃だらけ
CPUの冷却装置も埃だらけ

上の写真は、パソコンを開けて掃除機をかけてから、冷却装置の上に載せてあるファンをどけたところです。
掃除機をフル活用しても、まだファンの下にはこれだけの埃があります。

掃除機で取れる埃を除去したら、最後にエアダスターです。
冷却装置の細い隙間に溜まった埃は、掃除機では吸い取れません。

エアダスターをかける時、そばで掃除機をかけておくと多少埃が舞うのを避けられます。

掃除機とエアダスターのコンボで、CPUの冷却装置も新品のようにキレイになります。

掃除機のアタッチメントノズルで使えるのはコレだけ!

このブログでは、自宅にある掃除機で使えるアタッチメントノズルを紹介しています。

…が!!!
いくつもあるアタッチメントノズルでパソコンの掃除に使えるのは、たった1つだけです。

レッツノートを分解して掃除するのに必須の掃除機アタッチメントノズル

写真の左上、ピンク色で囲ってあるアタッチメントだけしか使えません。

商品説明の写真を見るとキーボードを掃除しているので、キーボードには使えるのかも知れません。
(キーボードはキートップを外して洗った方が早いです)

デスクトップPC、ノートパソコンでも他のノズルを試しましたが、先が細ければ細いノズルほど使えません。
使おうとして掃除機をONにした瞬間に先端に埃が詰まります。
細くて便利そうなのに使えないとか…

デスクトップPCで冷却装置の下側や奥まったところを掃除する時は、写真右側の透明のホースをつけて掃除機をかけると少し楽です。

残念ながら、左上のノズルと右側のホース、この2つしか使えません。
ただし、この2つのアタッチメントはパソコンの掃除では絶対に欠かせません。

最初はイラっとしましたが、ちゃんと使えるものが2つあるだけいいかなと思うようになりました(笑)
パソコンを掃除する際には、ぜひ使ってみて下さい。

レッツノートを分解して掃除するのに必須の掃除機アタッチメントノズル