ジャンクのLet’sNOTE CF-S10分解日記(20160621)

ノートパソコン(Let’s NOTE)のジャンクを分解・清掃・交換・修理→再生させる作業の日記です。

今回の作業PCは【レッツノートCF-S10】ジャンクで再生が目的です。
事前情報では、液晶破損ということでした。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

今回のLet’s Note S10ジャンクの状態

ジャンクのノートパソコンを分解する前に、必ず状態の確認をします。
詳しくは『ノートパソコンを分解する時の基本パターン 』を参照して下さい。
今回のジャンクはメモリが入ってないので、自宅にあるメモリを入れて動作確認をします。

  • メモリ、HDD、ACケーブル、バッテリー、Windowsシリアルのシール無し
  • 天板割れあり
  • 液晶破損
  • メモリを入れて、起動画面とBIOS画面は確認できた
  • 底面ネジが1本外れない(土台破損)

レッツノートCF-S10の分解、液晶交換、内部清掃で役立つのは以下の道具です。

液晶モニターと天板を交換する

▼液晶の割れを確認
レッツノートCF-S10のジャンクPCで液晶の割れを確認

事前情報通り、液晶が破損しています。
液晶が割れていても一部が映れば、BIOS画面が表示されることが確認できます。

BIOS画面を確認したいので、とりあえず液晶を交換してみます。

側面のネジを外そうとしたところ、ネジがなめかかっていました。
失敗するとネジが完全になめてしまうので、ここは慎重にネジのすべり止め液を使います。

▼ネジすべり止め液の使い方
ネジすべり止め液の使い方

説明書きには1〜2滴垂らすとありますが、直接垂らすと大抵は多すぎになるので、紙の上などに垂らして、ドライバーの先で触る感じがいいです。
私は以前、ねじ穴に直接垂らして、あふれ出したことがあります(汗

▼天板の割れ
レッツノートCF-S10のジャンクPCで天板の割れ

液晶の交換だけでいいかな? と思っていましたが、よく見ると天板に割れがありました。

▼天板の端まで完全に割れている
レッツノートCF-S10のジャンクPCが天板の端まで完全に割れている

先ほどの写真だと割れというよりヒビでしたが、モニターの枠を取り外すと、天板の端っこまで割れているのが分かります。
(ピンぼけで見にくいですが、真ん中辺りです)

※ 写真の右側に移ってる青いのは、ヘラです。
iOpenerに入ってるヘラですが、レッツノートでモニター枠を外す時に重宝します。

天板交換となると、無線LANケーブルとアンテナを外さないといけません。

▼レッツノートの天板の裏側
レッツノートCF-S10のジャンクPCの天板の裏側

レッツノートの天板の内側に無線LANのケーブルがあります。
天板の端っこにアンテナ部分が設置してあります。

これをいったん取り外さないと天板の交換ができません。
液晶だけの交換より、ちょっと面倒です。

▼天板内側の無線LANアンテナを外したところ
レッツノートCF-S10のジャンクPCで天板内側の無線LANアンテナを外したところ

天板から無線LANのアンテナを外したところです。
これで天板と液晶モニターが交換できます。

▼レッツノートのモニターケーブル接続部分
レッツノートCF-S10のジャンクPCのモニターケーブル接続部分

液晶の裏側にモニターケーブルの接続箇所があります。
両端の金属部分を外にスライドさせながら丁寧に外します。

▼液晶だけ接続してBIOS画面を確認
レッツノートCF-S10のジャンクPCで液晶だけ接続してBIOS画面を確認

交換用の液晶モニターをケーブルだけ接続して画面が映るか確認します。
モニター枠など全部はめてしまうと、問題があった時に面倒ですので。

BIOS画面を確認したら、ドライブのオン/オフなど確認、必要があれば設定を変更します。
ついでに、時刻設定を直します。
BIOS画面をいじったら、必ず設定変更を上書きしてから再起動します。

ジャンクPCで電源オフの状態で液晶の破損を見抜く

ジャンクPCでは液晶が破損してることも多々あります。
その際、電源オフで画面が真っ暗な状態でも、液晶ワレは分かります。

▼電源オフでも分かる液晶ワレ
レッツノートCF-S10のジャンクPCで液晶破損を見抜く

この写真は分かりやすいパターンですが、良く見るとこんな風に画面の破損状態が分かります。
これほどはっきりしてない場合でも、画面に線が入ってたりします。

真っ正面からだけでなく、角度を変えて、よく見てみると色の違いで分かります。

ジャンクでたまにある、ネジが回らないパターン

今回のレッツノートS10ジャンクで想定外だったことがひとつ。
それは、底面のネジが一本外れなかったことです。

ネジは回るんですが、外れないままです。
グルグル回るばかりで外れる感触がありません。

分解に差し支えのないネジだったので、とりあえずトップカバーやキーボードを外してみます。

すると、ネジの土台が根本から取れていました。

▼ネジの土台が根本から折れて、ネジがはめられてる
レッツノートCF-S10のジャンクPC

▼ネジの土台があった場所
レッツノートCF-S10のジャンクPC

取れた土台にネジをはめて、元の位置に置いてる状態ですね。
ジャンクPCだとたまに見かけます。

これがキーボードのネジだったりすると分解できなくなるので、ルーターの出番になったりします。

ネジ回しに失敗すると、こういうことになります、という例です。
ネジを外す時は、押す力7・回す力3です。

そして、ネジを締める時は固く締めすぎないこと。
感触でここまで! というのが分かるので、それで充分です。
夫曰く、ネジなんてそれでなくても締まってくから、必要以上に固く締めたらダメだそうです。


ネジの土台は接着してもいいですが、今回はこの状態でも特に支障がないので放置です。

液晶破損だけかと思いきや天板ごと交換、さらにネジが外せなかったりと問題はありましたが、これでノートパソコンとして再生できます。

液晶モニターの交換で使った道具の紹介

このページで使ったノートパソコンの分解・清掃に役立つ道具類を紹介します。

レッツノートの分解に必須のvessel +00のドライバーレッツノートの分解に必須の精密ピンセットレッツノートの分解にあると便利な基板コネクター抜きレッツノートの分解に必須のiOpener



左から、
ベッセルの+00のドライバー
先曲がりのピンセット
基板コネクター抜き
iOpener