【動画】分解したLet’sNote CF-S10を元に戻す

トップカバーを外した状態まで分解したレッツノートCF-S10を元に戻す作業を動画で紹介します。
分解の逆回しですね。

レッツノートのCF-S10だけでなく、CF-S8・9、CF-N8〜10なども分解と戻す課程は同じです。

分解したLet’s Note S10を元に戻す手順

分解したレッツノートCF-S10を元に戻すとき役立つのは以下の道具です。


動画URL⇒ https://youtu.be/0NjYdnpwilo

以下、分解したLet’sNote CF-S10を元に戻す作業手順と動画の該当箇所です。

  1. トップカバーをはめる前にタッチパッドケーブルと光学ドライブ自動開閉スイッチのケーブルを差し込む(0分5秒〜)
    トップカバーを立てた状態でケーブルを差してから、カバーを本体に被せます。
    ※ この箇所は画面端での作業になってしまい、少し見にくいです。

  2. カバーを本体に被せる(1分7秒〜)
  3. キーボード下のネジを締める(1分29秒〜)
  4. キーボードケーブルとスピーカーケーブルを差す準備をする(1分43秒〜)
    防水シールを剥がして、よれてしまった両面テープを取り替える

  5. キーボードケーブルを差し込む(2分42秒〜)
  6. スピーカーケーブルを差し込む(3分25秒〜)
  7. キーボードケーブルを差し込んだところの防水シールを貼り付ける(3分49秒〜)
  8. トップカバー上辺の2箇所のネジを止める(4分24秒〜)
    iOpenerで防水シールをしっかり粘着させている間にネジ止めしちゃいます。

  9. キーボードを裏返してくっつける(5分10秒〜)
    キーボードケーブルの余ってる部分は、本体とカバーのすき間に押し込むようにします。
    さらに、キーボード下部にある3箇所の爪をはめこむとスッとおさまります。

  10. 本体側面のネジを閉めて、ゴムのフタをはめる(5分40秒〜)
  11. 底面バッテリー下にキーボード固定用の金具をはめて、防水シールを貼る(6分16秒〜)
  12. 底面のキーボードねじを4箇所はめる(8分25秒〜)
  13. 底面の他のネジも締める(9分55秒〜)
  14. PCカードスロットのフタを開けて、ケーブルを差し込み、またフタを閉める(12分25秒〜)
  15. 光学ドライブを開けて、中のネジを5箇所締める(14分23秒〜)
    ドライブのフタはエマージェンシーホールにピンなどを入れて開けます

  16. 底面のゴム足をはめてネジを締める(15分55秒〜)

分解の動画は⇒【動画】レッツノートCF-S10の分解(トップカバーを開けるまで)
分解の手順を画像で確認するなら⇒ノートパソコン Let’sNOTE CF-S9の分解(図解)

以上で、分解したレッツノートCF-S10を元に戻す作業は完了です。

ノートパソコンの分解によく使う道具

ノートパソコンの分解・清掃などに役立つ道具類を紹介します。

《左上から時計回りに》
マイクロロングノーズプライヤー 先曲がりタイプ
ネジの土台が破損してる時など(ジャンクには非常によくある)ペンチが活躍します。
精密ピンセット TS-15
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
基板コネクター抜き(青いピンセットみたいの)
ドライブ開閉コネクター、スピーカーケーブル、ファンのコネクターなど小さめのコネクタ類で重宝します、開閉ストッパーがないタイプとかもこれがあれば便利。
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
ナットドライバー(設置)
ナットドライバーの付け替えできるセット。写真は右下のグリップとセットで友人からもらったもの。レッツノートだとVGAケーブルを外したりするのに使います。
VESSELのGグリップドライバー(+00)
+00のドライバーはノートパソコンを分解するのに必須です。私は細い方が好きですが、夫がこのGグリップが使いやすいそうです。ネジがなめそうな時などはこのドライバーを渡して代わりに回してもらいます。
VESSELのボールグリップドライバー(+1)
底面のゴム足のとこやモニターのヒンジなど大きいネジに。力のいるねじ回しは大きめの方が接着面積が広くなって開けやすくなります。
スパッジャー修理ツールキット(3点セット)
3点セットですが、この両側タイプのヘラは使いやすいです。
VESSELのドライバー(+00)
ノートPCでは必須の(+00)のプラスドライバー、Vesselは使いやすくておススメです。予備入れて同じの3本持ってます。ドライバーはセットでなく、1本ずつ買った方がいいですね。
長めのヘラ
シール剥がしやキーボードを剥がす時などヘラは必需品です。このヘラが一番のお気に入りですが、いかんせんプラスチックなのですぐに先端がボロボロになります。消耗品です。
IFIXITのセット
短めの黒い両側タイプのヘラですが、これはすぐダメになります。青い三角形のヘラはレッツノートのモニター枠など外すのに必須です。左下の磁石はなかなか出てこないネジを取り出せます。写真にはないですが、iOpenerという温め用の器具は必須です。
IFIXITのセット(ドライバーセット付き)
iOpenerの入ってるiFixitのセットにも先を付け替えるドライバーが付いてますが、T4以下のサイズがありません。T4以下がセットになってるのを買い直しました。(買い直し前に、必要に迫られてとりあえず買ったのが写真のトルクスねじ用レンチですが、これで分解作業はしんどい)
《その他、写真無し》
マグネットシート(水道屋のでもOK)
ネジを分かりやすい配置で置いておけます、磁石シートだと場所がズレにくいし、空の名刺入れに入れて使うとなお便利。
ナットドラーバー
VGAケーブルのネジを外すのに使います。RシリーズについてるEXTケーブルのネジでも使います。
IFIXITのセットに入ってる三角のヘラ
モニターの枠を外す時は、これくらいのサイズのヘラが使いやすいです。ホットボンドで接着してる場合などはこのタイプを何枚も使います。
アロンアルファ(コニシ)
パーツの割れや破損の修理に。
ルーター
ドリルだと直ぐに刃が折れるので、今はルーター派です。電池式でも充分使えます。
ネジ入れに使う箱
同種のネジなどを分けて取っておきます。一台で完結しない時(ニコイチやサンコイチ)になるとネジケースは必須です。秋葉原の廣瀬無線だとレジ裏の入口外にネジ入れに最適なケースが大小各種揃ってます。
赤ちゃん用の細い綿棒
ジャンクPCは大体汚れているので、清掃に(爪楊枝と)綿棒は必須です。綿棒だと埃や軽い汚れも同時に取れるので便利です。ただしノートパソコンの中は細かいので、ふつうの綿棒でなく、赤ちゃん用の細い方が役立ちます。
エアダスターオーバーホールクリーナーも必需品です。

他の記事を見る

コメントを残す