初めてのHackintosh(ウニビースト)を最安自作PCで実現する(7)残ったパーツでもう一台デスクトップPCを組み立てる

今回は、メモリ64GBのHackintoshをとにかく安く作る目的で、元々あったパソコンのグラボやケースを使い回し、足りないパーツだけ新たに購入してパソコンを組み立てました。

グラボ(Geforce GTX 960)もこれまで夫のメインPCに挿していたのを使いました。
また、Hackintosh用パソコンの組み立て前編で当初予定していたPCケースだとクーラーがはみ出てしまうので、急遽、PCケースも旧メインPCからの使い回しになりました。

残った旧メインPCの中身はグラボがないので、Hackintoshを入れる予定だったアクリルのPCケースへ移し、Ubuntuマシンとして再生することにします。
その組み立て作業を動画つきで紹介します。

Hackintosh用のパソコン自作に使う道具類

HackintoshPCを自作するのに役立つのは以下の道具です。

※ 使い回しのパーツを掃除するのに使う

残りのPCパーツでもう一台デスクトップPCを組み立てる

Linux用なのでシンプルな構成のデスクトップPCになります。


動画URL⇒ https://youtu.be/E1hptPX_xDE

以下、Hackintosh(UniBeast)の自作PCを組み立てる手順と動画の該当箇所です。

  1. (0分00秒〜)電源をPCケースに入れてネジ止めする
  2. (2分13秒〜)バックパネルをPCケースにはめる
  3. (4分00秒〜)ケースファンのケーブルを挿す
  4. (6分31秒〜)マザーボードをPCケースに載せてネジ止めする
  5. (9分36秒〜)電源ケーブルと補助電源ケーブルを上の段へ通す
  6. (10分17秒〜)補助電源ケーブルをマザーボードに挿す
  7. (10分52秒〜)電源ケーブルをマザーボードに挿す
  8. (12分07秒〜)SATAケーブルをマザーボードとSSDにつなげる
  9. (13分03秒〜)SSDに電源をつなげる
  10. (14分05秒〜)フロントパネルの各ケーブル(HDD LEDなど)をマザーボードにつなげる
  11. (13分03秒〜)SSDに電源をつなげる

動画では、ケースファンのケーブルを1本しか挿していませんね。
途中(5分40秒くらいから)で2本目のケースファンケーブルを挿す位置を悩んだりしていますが…この後、2本目をCPUファンのすぐ脇にあるcha_fan1につなぎました。

組み立て後は、Ubuntuの入ったSSDで無事起動を確認できました!


Hackintoshの組み立て直しで書きましたが、今回が初めてのデスクトップPC自作です。
「あれ? この後何をつなげればいいんだっけ?」と、自作未経験なことに気付きました。

悩んだところは、2本目のファンケーブルを接続する場所です。
sys_fan1しか見当たらず、sys_fan2がないのでどこへ挿すのか分かりませんでした。

Hackintosh用パソコンの組み立て後編で、補助電源ケーブルがささってなくて起動しないということがあったので…今回のはグラボも無いし不要かなと思いつつ、念のため挿しておきました。

後は電源、SSD、USB、オーディオ、フロントパネルにささる各種ケーブルをつないだだけです。
今回のPCは、Ubuntuを入れる用で構成がシンプルなので、何とか自作できました。

初めてのHackintosh(ウニビースト)を最安自作PCで実現するのその他の記事

(1)パーツ選びと購入編
(2)Hackintosh用パソコンの組み立て前編〜マザーボードにCPU・クーラー・メモリを取付け
(3)Hackintosh用パソコンの組み立て後編〜PCケースに各パーツをつなげる
(4)ウニビーストのインストールUSB作成編
(5)NvidiaのWebドライバーを認識しない問題を解決する
(6)PCクーラーがおさまるケースで組み立て直し
(7)残ったPCパーツでもう一台デスクトップPCを組み立てる

ノートパソコンの分解によく使う道具

ノートパソコンの分解・清掃などに役立つ道具類を紹介します。

《左上から時計回りに》
マイクロロングノーズプライヤー 先曲がりタイプ
ネジの土台が破損してる時など(ジャンクには非常によくある)ペンチが活躍します。
精密ピンセット TS-15
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
基板コネクター抜き(青いピンセットみたいの)
ドライブ開閉コネクター、スピーカーケーブル、ファンのコネクターなど小さめのコネクタ類で重宝します、開閉ストッパーがないタイプとかもこれがあれば便利。
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
ナットドライバー(設置)
ナットドライバーの付け替えできるセット。写真は右下のグリップとセットで友人からもらったもの。レッツノートだとVGAケーブルを外したりするのに使います。
VESSELのGグリップドライバー(+00)
+00のドライバーはノートパソコンを分解するのに必須です。私は細い方が好きですが、夫がこのGグリップが使いやすいそうです。ネジがなめそうな時などはこのドライバーを渡して代わりに回してもらいます。
VESSELのボールグリップドライバー(+1)
底面のゴム足のとこやモニターのヒンジなど大きいネジに。力のいるねじ回しは大きめの方が接着面積が広くなって開けやすくなります。
スパッジャー修理ツールキット(3点セット)
3点セットですが、この両側タイプのヘラは使いやすいです。
VESSELのドライバー(+00)
ノートPCでは必須の(+00)のプラスドライバー、Vesselは使いやすくておススメです。予備入れて同じの3本持ってます。ドライバーはセットでなく、1本ずつ買った方がいいですね。
長めのヘラ
シール剥がしやキーボードを剥がす時などヘラは必需品です。このヘラが一番のお気に入りですが、いかんせんプラスチックなのですぐに先端がボロボロになります。消耗品です。
IFIXITのセット
短めの黒い両側タイプのヘラですが、これはすぐダメになります。青い三角形のヘラはレッツノートのモニター枠など外すのに必須です。左下の磁石はなかなか出てこないネジを取り出せます。写真にはないですが、iOpenerという温め用の器具は必須です。
IFIXITのセット(ドライバーセット付き)
iOpenerの入ってるiFixitのセットにも先を付け替えるドライバーが付いてますが、T4以下のサイズがありません。T4以下がセットになってるのを買い直しました。(買い直し前に、必要に迫られてとりあえず買ったのが写真のトルクスねじ用レンチですが、これで分解作業はしんどい)
《その他、写真無し》
マグネットシート(水道屋のでもOK)
ネジを分かりやすい配置で置いておけます、磁石シートだと場所がズレにくいし、空の名刺入れに入れて使うとなお便利。
ナットドラーバー
VGAケーブルのネジを外すのに使います。RシリーズについてるEXTケーブルのネジでも使います。
IFIXITのセットに入ってる三角のヘラ
モニターの枠を外す時は、これくらいのサイズのヘラが使いやすいです。ホットボンドで接着してる場合などはこのタイプを何枚も使います。
アロンアルファ(コニシ)
パーツの割れや破損の修理に。
ルーター
ドリルだと直ぐに刃が折れるので、今はルーター派です。電池式でも充分使えます。
ネジ入れに使う箱
同種のネジなどを分けて取っておきます。一台で完結しない時(ニコイチやサンコイチ)になるとネジケースは必須です。秋葉原の廣瀬無線だとレジ裏の入口外にネジ入れに最適なケースが大小各種揃ってます。
赤ちゃん用の細い綿棒
ジャンクPCは大体汚れているので、清掃に(爪楊枝と)綿棒は必須です。綿棒だと埃や軽い汚れも同時に取れるので便利です。ただしノートパソコンの中は細かいので、ふつうの綿棒でなく、赤ちゃん用の細い方が役立ちます。
エアダスターオーバーホールクリーナーも必需品です。

他の記事を見る

コメントを残す