HDDからSSDにデータをコピーして、壊れたパソコン「DELL Vostro 3800」を再生する

今回は壊れたデスクトップPCからHDDを取り出し、SSDにデータをコピーして再び使えるようにします。

元のパソコンはDELL Vostro 3800です。
旅先で親類にパソコンを見て欲しいと頼まれたのですが、どうやら電源が壊れていたようです。
夫がHDDとメモリを取り出して、持ち帰りました。

帰宅後、HDDからSSDにデータ移行して使えるようにしてから、パソコンを送り返します。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

壊れたデスクトップPCを再生するのに必要なもの

パソコンを再生するに当たって、以下のものを購入します。

☑ DELL Vostro 3800の中古パソコン
☑ SSD(1TB)

i5にグレードアップして、メモリも4GBから8GBに増やします。
1万円以内で中古のVostroが入手できました。

SSDは新規で購入します。
元のHDDが500GBだったので、余裕をもって1TBのSSDを購入しました。

中古で購入したパソコンの内容を確認する

中古で購入したDELLのVostro3800です。

中古で購入したDELLのVostro3800

外側に傷がありますが、パソコンが動けば問題ありません。

中古で購入したDELLのVostro3800を起動するためのモニターケーブルと電源ケーブル

購入したパソコンは本体のみで電源ケーブルとモニターケーブルが付属してませんでした。
電源ケーブルとモニターケーブル(D-Sub)があって良かったです。

電源を入れて起動の確認をします。

中古で購入したDELLのVostro3800の起動を確認

Windowsが起動しました。
パソコンのスペックも確認します。

uploads

CPUはi5、メモリは8GMになっています。

HDDからSSDにデータをコピーしてパソコンを再生する

では、持ってきたHDDのデータをSSDにコピーします。

データのコピーには、DDコマンドを使います。
DDコマンドを使うために、Ubuntuの起動USBを用意します。

※『UbuntuのLive USBをつくる』が参考になります。

Ubuntuの起動USBをパソコンに挿して、再起動します。
その際、F2を押しながら起動して、BIOS画面を表示させます。

BIOS設定画面の「BOOT」タブで起動させるメディアをUSBにしてから、再起動します。

BIOS設定画面の「BOOT」タブで起動させるメディアをUSBに変更する

Ubuntuを起動すると「Try Ubuntu」と「Install Ubuntu」があります。
ここでは「Try Ubuntu」を選択します。
(インストールは選択しない)

DDコマンドを使う前に、コピー元とコピー先の確認をしておきます。
Ubuntuのアイコンから「Disks」を選択すると、パソコンの中身を見ることができます。

Ubuntuのアイコンから「Disks」を選択すると、パソコンの中身を確認

コピー先とコピー元を間違えると大変なので、必ず確認します。

https://akiba-neo.com/wp-content/uploads/2019/12/disk.jpg

1TBのSSDが【/dev/sdb】です。
ちなみに、元のHDD(500GB)は【/dev/sda】です。

Terminal(端末)を起動して、DDコマンドを入力します。
DDコマンドは『Ubuntu を使用しDDコマンドでクローンの作成』を参考にしました。

Terminal(端末)を起動して、DDコマンドを入力

sudo dd if=/dev/sda of=/dev/sdb bs=512 conv=sync,noerror

このDDコマンドを実行して、待つだけです。
今回は、2〜3時間くらいかかりました。

データのコピーが終わったら、BIOS設定画面で起動メディアをSSDに変更して、Windowsの起動を確認します。

また、今回は500GBのHDDから1TBのSSDにコピーしたので、このままだとパーティションが上手くありません。

Gpartedで使える領域を設定する

上の写真は変更前なので、せっかく1TBのSSDなのに大半が「unallocated」になっています。
Ubuntuに入ってる「Gparted」を開いて、使える領域を変更、1TB全部使えるようにしておきます。

最後に、BIOS設定画面でBOOTの起動メディアを①SSD(②ODD③USBなど)に変更しておきます。

HDDからSSDに入れ替えしたDELLのVostro3800

データのコピーが完了したSSDを付け替え作業完了です!
梱包して宅配便で送りました。

ドスパラWeb

パソコンが壊れてなくても、HDDからSSDに取り替えたいときなどDDコマンドでデータの移行ができます。

ノートパソコンの分解に役立つ道具の紹介

ノートパソコンの分解・清掃などに役立つ道具類を紹介します。

《左上から時計回りに》
マイクロロングノーズプライヤー 先曲がりタイプ
ネジの土台が破損してる時など(ジャンクには非常によくある)ペンチが活躍します。
精密ピンセット TS-15
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
基板コネクター抜き(青いピンセットみたいの)
ドライブ開閉コネクター、スピーカーケーブル、ファンのコネクターなど小さめのコネクタ類で重宝します、開閉ストッパーがないタイプとかもこれがあれば便利。
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
ナットドライバー(設置)
ナットドライバーの付け替えできるセット。写真は右下のグリップとセットで友人からもらったもの。レッツノートだとVGAケーブルを外したりするのに使います。
VESSELのGグリップドライバー(+00)
+00のドライバーはノートパソコンを分解するのに必須です。私は細い方が好きですが、夫がこのGグリップが使いやすいそうです。ネジがなめそうな時などはこのドライバーを渡して代わりに回してもらいます。
VESSELのボールグリップドライバー(+1)
底面のゴム足のとこやモニターのヒンジなど大きいネジに。力のいるねじ回しは大きめの方が接着面積が広くなって開けやすくなります。
スパッジャー修理ツールキット(3点セット)
3点セットですが、この両側タイプのヘラは使いやすいです。
VESSELのドライバー(+00)
ノートPCでは必須の(+00)のプラスドライバー、Vesselは使いやすくておススメです。予備入れて同じの3本持ってます。ドライバーはセットでなく、1本ずつ買った方がいいですね。
長めのヘラ
シール剥がしやキーボードを剥がす時などヘラは必需品です。このヘラが一番のお気に入りですが、いかんせんプラスチックなのですぐに先端がボロボロになります。消耗品です。
IFIXITのセット
短めの黒い両側タイプのヘラですが、これはすぐダメになります。青い三角形のヘラはレッツノートのモニター枠など外すのに必須です。左下の磁石はなかなか出てこないネジを取り出せます。写真にはないですが、iOpenerという温め用の器具は必須です。
IFIXITのセット(ドライバーセット付き)
iOpenerの入ってるiFixitのセットにも先を付け替えるドライバーが付いてますが、T4以下のサイズがありません。T4以下がセットになってるのを買い直しました。(買い直し前に、必要に迫られてとりあえず買ったのが写真のトルクスねじ用レンチですが、これで分解作業はしんどい)
《その他、写真無し》
マグネットシート(水道屋のでもOK)
ネジを分かりやすい配置で置いておけます、磁石シートだと場所がズレにくいし、空の名刺入れに入れて使うとなお便利。
ナットドラーバー
VGAケーブルのネジを外すのに使います。RシリーズについてるEXTケーブルのネジでも使います。
IFIXITのセットに入ってる三角のヘラ
モニターの枠を外す時は、これくらいのサイズのヘラが使いやすいです。ホットボンドで接着してる場合などはこのタイプを何枚も使います。
アロンアルファ(コニシ)
パーツの割れや破損の修理に。
ルーター
ドリルだと直ぐに刃が折れるので、今はルーター派です。電池式でも充分使えます。
ネジ入れに使う箱
同種のネジなどを分けて取っておきます。一台で完結しない時(ニコイチやサンコイチ)になるとネジケースは必須です。 レッツノートのネジはネジ入れケースに入れてます。それ以外はそれぞれチャック付きの袋(目薬が入ってるような袋)に入れています。
赤ちゃん用の細い綿棒
ジャンクPCは大体汚れているので、清掃に(爪楊枝と)綿棒は必須です。綿棒だと埃や軽い汚れも同時に取れるので便利です。ただしノートパソコンの中は細かいので、ふつうの綿棒でなく、赤ちゃん用の細い方が役立ちます。
エアダスターオーバーホールクリーナーも必需品です。