パソコンから異音がするので、分解してグラボを掃除してみた

携帯のバイブ音が鳴ってるのかと思いきや、何と、デスクトップPCからの異音でした。
ヴーヴーと震えるような音です。

パソコンを開けて見るも、とくに埃などは溜まってないように見えます。
唯一、グラボが少々汚れてたので、いったんパソコンから外して掃除することにしました。

マザーボードから外したグラボを良く見ると、結構汚れていました。

▼私の使ってるロープロファイル有りのグラボ
玄人志向 ビデオカードGEFORCE GT 710搭載 ロープロファイル 空冷FAN GF-GT710-E1GB/LP

ロープロファイル 空冷FAN GF-GT710-E1GBです。
4,000円もしない一番安いやつです。

ヒートシンクのすき間(風の通り道)、ファンの羽などにうっすらと黒い埃が被ってました。

綿棒で埃を拭き取って、エアダスターすればいいかな? くらいに思っていましたが、触ってみると思っていたの違い、ねっとりした汚れがなかなか取れません。

いつも見るフェルト状になるような埃と違い、油まみれのネトネトした埃です。
グラボを分解して、各パーツごとに掃除することにします。

▼グラボを分解したところ
グラボ「GF-GT710-E1GB」を分解したところ

グラボを固定してるネジを外し、コネクタを外すとファンが取れます。
グラボの基板から4本のネジを外すとヒートシンクも離れます。

ヒートシンク部分は台所用洗剤と水を入れたボウルでじゃぶじゃぶ洗って、油汚れを完全に落としました。

ファンの部分は赤ちゃん用の細い綿棒オーバーホールクリーナーをつけて手作業で掃除します。

▼グラボのファンを掃除したところ
グラボ「GF-GT710-E1GB」のファンの羽を掃除したところ

基板側は古いグリスを拭き取って、新しくグリスを塗り直します。

それぞれキレイに掃除した後は、元通り組み立て直してパソコンにはめます。

異音の原因は、はっきりとはしません。
夫は音的に電源が壊れたのかもと感じたようです。
ですが、電源は入れ替えたばかり、まだ1年半くらいしか経ってません。

中を開けてみた感じでは、グラボかな〜という感じで掃除しました。
とりあえず、これでしばらく様子見します。

でも、私のパソコンはもう古いんですよね。
ファン、メモリ、グラボ、電源、ケースといろいろ取り替えていますが、CPUとM/Bは古いままです。
購入からそろそろ10年経つのではないでしょうか。

そろそろ新しいパソコンに替えようと思っていたところです。
これはこれで使いますが、やはり近いうちに新しいデスクトップPCを組もうと思います。

ノートパソコンの分解に役立つ道具の紹介

ノートパソコンの分解・清掃などに役立つ道具類を紹介します。

《左上から時計回りに》
マイクロロングノーズプライヤー 先曲がりタイプ
ネジの土台が破損してる時など(ジャンクには非常によくある)ペンチが活躍します。
精密ピンセット TS-15
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
基板コネクター抜き(青いピンセットみたいの)
ドライブ開閉コネクター、スピーカーケーブル、ファンのコネクターなど小さめのコネクタ類で重宝します、開閉ストッパーがないタイプとかもこれがあれば便利。
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
ナットドライバー(設置)
ナットドライバーの付け替えできるセット。写真は右下のグリップとセットで友人からもらったもの。レッツノートだとVGAケーブルを外したりするのに使います。
VESSELのGグリップドライバー(+00)
+00のドライバーはノートパソコンを分解するのに必須です。私は細い方が好きですが、夫がこのGグリップが使いやすいそうです。ネジがなめそうな時などはこのドライバーを渡して代わりに回してもらいます。
VESSELのボールグリップドライバー(+1)
底面のゴム足のとこやモニターのヒンジなど大きいネジに。力のいるねじ回しは大きめの方が接着面積が広くなって開けやすくなります。
スパッジャー修理ツールキット(3点セット)
3点セットですが、この両側タイプのヘラは使いやすいです。
VESSELのドライバー(+00)
ノートPCでは必須の(+00)のプラスドライバー、Vesselは使いやすくておススメです。予備入れて同じの3本持ってます。ドライバーはセットでなく、1本ずつ買った方がいいですね。
長めのヘラ
シール剥がしやキーボードを剥がす時などヘラは必需品です。このヘラが一番のお気に入りですが、いかんせんプラスチックなのですぐに先端がボロボロになります。消耗品です。
IFIXITのセット
短めの黒い両側タイプのヘラですが、これはすぐダメになります。青い三角形のヘラはレッツノートのモニター枠など外すのに必須です。左下の磁石はなかなか出てこないネジを取り出せます。写真にはないですが、iOpenerという温め用の器具は必須です。
IFIXITのセット(ドライバーセット付き)
iOpenerの入ってるiFixitのセットにも先を付け替えるドライバーが付いてますが、T4以下のサイズがありません。T4以下がセットになってるのを買い直しました。(買い直し前に、必要に迫られてとりあえず買ったのが写真のトルクスねじ用レンチですが、これで分解作業はしんどい)
《その他、写真無し》
マグネットシート(水道屋のでもOK)
ネジを分かりやすい配置で置いておけます、磁石シートだと場所がズレにくいし、空の名刺入れに入れて使うとなお便利。
ナットドラーバー
VGAケーブルのネジを外すのに使います。RシリーズについてるEXTケーブルのネジでも使います。
IFIXITのセットに入ってる三角のヘラ
モニターの枠を外す時は、これくらいのサイズのヘラが使いやすいです。ホットボンドで接着してる場合などはこのタイプを何枚も使います。
アロンアルファ(コニシ)
パーツの割れや破損の修理に。
ルーター
ドリルだと直ぐに刃が折れるので、今はルーター派です。電池式でも充分使えます。
ネジ入れに使う箱
同種のネジなどを分けて取っておきます。一台で完結しない時(ニコイチやサンコイチ)になるとネジケースは必須です。 レッツノートのネジはネジ入れケースに入れてます。それ以外はそれぞれチャック付きの袋(目薬が入ってるような袋)に入れています。
赤ちゃん用の細い綿棒
ジャンクPCは大体汚れているので、清掃に(爪楊枝と)綿棒は必須です。綿棒だと埃や軽い汚れも同時に取れるので便利です。ただしノートパソコンの中は細かいので、ふつうの綿棒でなく、赤ちゃん用の細い方が役立ちます。
エアダスターオーバーホールクリーナーも必需品です。