自作キーボード「ErgoDash」を組み立てました!

自作キーボード「ErgoDash」を作りました。
別の自作キーボードを見に行ったのですが、夫はErgoDashがお気に召したようです。
写真付きで組み立てて順を紹介します。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

自作キーボード「Ergodash」のパーツ(買い物)

エルゴダッシュを組み立てるために購入したものです。

Ergodashの組み立てセット(13,000円+税)
キースイッチ【Gateron Silent スイッチ/茶】(700円/10個*64個)
Kailh BOX スイッチ(420円/10個*6個)

上記は、いずれも遊舎工房にて購入。

他に、以下のパーツが必要です。
今回は、家にあるもので間に合わせましたが、持ってない人は買って下さい。
キーキャップ(pimpmykeyboard.comなどネット通販でも買えます)
Micro USBケーブル
TRRSケーブル(4極3.5mm)

キースイッチとキーキャップの数は、親指の部分をどう使うかによって数が前後します。

Ergodashキットの中身

PCB(基盤) 2枚
アクリルプレート(ケース)
ダイオード
ProMicro 2枚
コンスルー 4個
TRRSケーブル 2本
リセットスイッチ 2個
スタビライザー 2セット
ネジ類とスペーサー(ケース組み立て用)
ゴム足シール

Ergodashの組み立て手順

自作キーボードの組み立ては、大まかに3つの作業があります。
1 はんだ付け
2 ケースやキーキャップを組み立てる
3 ファームウェアを焼く

ErgoDashの組み立ては『ErgoDashのビルドログ』を参考にしています。

また、事前の準備として、キースイッチの打鍵感をなめらかにしました。
(ぬるぬるにしたい場合だけやります)

ErgoDash用のキースイッチ

キースイッチを分解して、パーツ同士が接触する箇所に潤滑油を塗ります。
自作キーボードでキースイッチの打鍵感を滑らかにする【Lube】 を参照のこと

それでは、Ergodashを組み立てた手順を写真付きで紹介します。

① ProMicroの差込口を接着剤で固める
ProMicroの差込口は割ともろいです。
マイクロUSBケーブルを何度も抜いたり挿したりしてるともげるとか。
もげるのを防ぐために差込口を接着剤で固めます。

ProMicroの差込口が取れないよう接着剤で固定する

接着剤が固まるのに時間がかかるので、これは最初にやっておきます。

② ダイオードをはんだ付けする
はんだ付けするために、ダイオードをPCB基板にはめていきます。
ダイオードはまとめて折ると楽です。
10〜11mmで折り曲げると合います。

Ergodashの組み立てに使うダイオードをまとめて折り目をつける

PCB基板には、ダイオードを載せるところに印がついてます。

ErgodashのPCB基板上でダイオードの印を確認する
ダイオードをセットするところ(ピンク色)は
(LEDの抵抗をセットするところ(緑色)は

また、ダイオードには向きがあります。
丸い方に、四角い方にが向くようにセットして下さい。

Ergodash
ピンクの印は見逃してました。後でダイオードを載せました)

足が長いままだとはんだ付けしにくいので、余分なところをニッパーで切ります。

Ergodashの組み立てでダイオードのはみ出た針金をカットする

このまま切るとダイオードが取れるので、マスキングテープなどで止めておきましょう。

Ergodashの組み立てでダイオードをマスキングテープで止める
ピンクの印は見逃してました。後でダイオードを載せました)

基板ごとビニール袋へ入れて、袋の中でカットすると安全です。
外で切ると、針金がどこかへ飛んで行ってしまいます。

③ TRRSジャックとリセットスイッチのはんだ付け
TTRSジャックとリセットスイッチをPCBに載せます。
どちらも差込口が外側になるようにします。
マスキングテープで仮止めしたら、はんだ付けします。

Ergodashの組み立てでTRRSジャックとリセットスイッチを載せてテープで止める

下の写真は、PCBを裏返したところです。
ピンク色の□がTRRSジャンクです。
緑色の□がリセットスイッチです。

④ ProMicroにコンスルーを合わせてPCBに載せる
ProMicroにとりあえずコンスルーをはめます。
コンスルーの側面を見ると、各ピンの間に小さな穴があります。

コンスルーの穴を2本とも同じ方向に合わせます。
下の写真で言うと、左のコンスルーは2本とも穴の有る方が手前を向いています。
右のコンスルーは2本とも穴のない方が手前に向いています。

Ergodash

PCBへ挿すときは、穴に近い方をProMicro側に向けて挿します。
左側は穴が手前に向いているので、穴の列がProMicro側に寄っているのが分かると思います。
上の写真をクリックすると大きな写真で確認できます。

ErgodashのPCBにProMicroを載せたところ(左)ErgodashのPCBにProMicroを載せたところ(右)



ここでは、まだProMicroのはんだ付けはしません。

※コンスルーについては『自作キーボード「IRIS」』ページで「ProMicroにコンスルーをはめる」詳細を写真で説明しています。

⑤ スタビライザーを組み立てて、PCBにはめる
スタビライザーを使う場合は、組み立てます。

Ergodash用のスタビライザーを組み立てる

※スタビライザーについては『自作キーボード「Mint60」』ページで「スタビライザーの組み立て」詳細を写真で説明しています。

組み立てたスタビライザーをPCBにはめます。
スタビライザーの足は、片方だけ引っかかる足(ピンク色)を先に挿してから、両側に開く足(緑色)を差し込むとカチっとはまります。

Ergodashで組み立てたスタビライザーをPCBにはめる(ウラ面)

しっかりはめられました。

Ergodashで組み立てたスタビライザーをPCBにはめる

⑥ アクリル板にはめたキースイッチをPCB基板にセットする
キースイッチをアクリル板にはめたら、PCB基板に差し込みます。

Ergodash

キースイッチのお尻の丸い部分(下の写真でピンク色の印)が基板の反対側へしっかり出るようひとつずつ確認します。

このとき、ProMicro下(下の写真で黄色で囲んだ部分)のスイッチの足を少し切ります。
(ProMicroを載せたときに接触してしまうので)

Ergodashの組み立てでアクリルにキースイッチを載せて、PCBにはめたところ

キースイッチを全部はめたら、はんだ付けします。

⑦ ファームウェアを焼く
キースイッチをはめたら、ケースを組み立てる前に、ファームウェアを焼きます。
(ケースを組み立ててしまうと、はんだのやり直しが面倒になる)

Ergodashを認識したところ

上の写真は、ケーブルを差し込んでErgodashを認識したところです。

Firmwareを焼くやり方は、他の自作キーボードを作ったときのページ、もしくはErgoDashのページを参照して下さい。
自作キーボード「miniaxe」を電子工作ど素人が作ってみた
自作キーボードのkeebio「IRIS」を作ってみた
ErgoDashのビルドログ

ファームウェアの書き込みができたら、入力できるか確認します。
全部のキーをひとつずつ押していきます。
長押し、連続押しなどもして確認すると、より安全です。

今回は、1箇所入力できないキーがありました。
「i」のキーが入力できず、はんだをやり直しても反応しないので、はんだを溶かしてスイッチを外しました。

反応しないキースイッチを分解してみると、スイッチを押しても中の金属板に接触しないことが判明。
スイッチ自体の不良です。
幸い、同じスイッチがあったので、キースイッチを交換してはんだ付けしたら、入力できるようになりました。

※ キースイッチは、はんだ付けすると不良でも交換してもらえません。
心配な場合は、キースイッチを使う前にひとつずつテスターで確認するといいかもしれません。

キースイッチの入力確認ができたら、アクリルケースを組み立てて、キーキャップをはめます。

Ergodashにキーキャップをはめていく

ErgoDashの出来上がりです!
サイズの合うキーキャップが売ってなかったので、とりあえず使えるキーキャップで間に合わせました!

Ergodash

下の写真は、完成したErgoDashを裏側から見たところです。

Ergodash

ProMicroとアクリル板の間にゴミのようなものが挟まっていますが、わざとです。
ProMicroをはんだ付けせずに使いたいので、プカプカ浮かないように紙を挟みました。

Ergodashの組み立てに使った道具類

エルゴダッシュの組み立てに役立つのは以下の道具です。

ノートパソコンの分解に役立つ道具の紹介

ノートパソコンの分解・清掃などに役立つ道具類を紹介します。

《左上から時計回りに》
マイクロロングノーズプライヤー 先曲がりタイプ
ネジの土台が破損してる時など(ジャンクには非常によくある)ペンチが活躍します。
精密ピンセット TS-15
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
基板コネクター抜き(青いピンセットみたいの)
ドライブ開閉コネクター、スピーカーケーブル、ファンのコネクターなど小さめのコネクタ類で重宝します、開閉ストッパーがないタイプとかもこれがあれば便利。
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
ナットドライバー(設置)
ナットドライバーの付け替えできるセット。写真は右下のグリップとセットで友人からもらったもの。レッツノートだとVGAケーブルを外したりするのに使います。
VESSELのGグリップドライバー(+00)
+00のドライバーはノートパソコンを分解するのに必須です。私は細い方が好きですが、夫がこのGグリップが使いやすいそうです。ネジがなめそうな時などはこのドライバーを渡して代わりに回してもらいます。
VESSELのボールグリップドライバー(+1)
底面のゴム足のとこやモニターのヒンジなど大きいネジに。力のいるねじ回しは大きめの方が接着面積が広くなって開けやすくなります。
スパッジャー修理ツールキット(3点セット)
3点セットですが、この両側タイプのヘラは使いやすいです。
VESSELのドライバー(+00)
ノートPCでは必須の(+00)のプラスドライバー、Vesselは使いやすくておススメです。予備入れて同じの3本持ってます。ドライバーはセットでなく、1本ずつ買った方がいいですね。
長めのヘラ
シール剥がしやキーボードを剥がす時などヘラは必需品です。このヘラが一番のお気に入りですが、いかんせんプラスチックなのですぐに先端がボロボロになります。消耗品です。
IFIXITのセット
短めの黒い両側タイプのヘラですが、これはすぐダメになります。青い三角形のヘラはレッツノートのモニター枠など外すのに必須です。左下の磁石はなかなか出てこないネジを取り出せます。写真にはないですが、iOpenerという温め用の器具は必須です。
IFIXITのセット(ドライバーセット付き)
iOpenerの入ってるiFixitのセットにも先を付け替えるドライバーが付いてますが、T4以下のサイズがありません。T4以下がセットになってるのを買い直しました。(買い直し前に、必要に迫られてとりあえず買ったのが写真のトルクスねじ用レンチですが、これで分解作業はしんどい)
《その他、写真無し》
マグネットシート(水道屋のでもOK)
ネジを分かりやすい配置で置いておけます、磁石シートだと場所がズレにくいし、空の名刺入れに入れて使うとなお便利。
ナットドラーバー
VGAケーブルのネジを外すのに使います。RシリーズについてるEXTケーブルのネジでも使います。
IFIXITのセットに入ってる三角のヘラ
モニターの枠を外す時は、これくらいのサイズのヘラが使いやすいです。ホットボンドで接着してる場合などはこのタイプを何枚も使います。
アロンアルファ(コニシ)
パーツの割れや破損の修理に。
ルーター
ドリルだと直ぐに刃が折れるので、今はルーター派です。電池式でも充分使えます。
ネジ入れに使う箱
同種のネジなどを分けて取っておきます。一台で完結しない時(ニコイチやサンコイチ)になるとネジケースは必須です。 レッツノートのネジはネジ入れケースに入れてます。それ以外はそれぞれチャック付きの袋(目薬が入ってるような袋)に入れています。
赤ちゃん用の細い綿棒
ジャンクPCは大体汚れているので、清掃に(爪楊枝と)綿棒は必須です。綿棒だと埃や軽い汚れも同時に取れるので便利です。ただしノートパソコンの中は細かいので、ふつうの綿棒でなく、赤ちゃん用の細い方が役立ちます。
エアダスターオーバーホールクリーナーも必需品です。