《動画》acerのノートパソコンAspire1410の分解と清掃、組み立て

ジャンクのノートパソコン(acer aspire1410)を入手したので、分解してみます。

  • acer「Aspire1410」のHDD/SSDを換装したい
  • acer「Aspire1410」のメモリを交換・増設したい
  • acer「Aspire1410」の内部を掃除したい
  • acer「Aspire1410」を分解したい

などの方に役立つ情報です。

【acer】ノートパソコンAspire1410の分解を画像で解説

メモリ、HDD/SSDの交換なら分解の必要はありません。
フタを開けるだけなので、初心者でもカンタンだと思います

▼【acer】Aspire1410底面のネジ図
【acer】Aspire1410底面のネジ図

ピンク色の印は、底面のカバーを外すために開けるネジです。
青い印は、HDD/SSDの交換の時に開けるネジです。
HDD/SSDのフタの爪は右側にあります。
緑色の印は、メモリ交換の時に開けるネジです。
メモリのフタの爪は下側にあります。

▼【acer】Aspire1410のHDD/SSD交換
【acer】Aspire1410のHDD/SSD交換

底面の左側にあるフタを外すと、HDD/SSDの交換ができます。
ピンク色の印がHDD/SSDケーブルの差込口です。
ここへケーブルを挿したら、HDD/SSDをはめるだけです。

▼【acer】Aspire1410のメモリ交換
【acer】Aspire1410のメモリ交換

底面の右側のフタを外すとメモリ交換ができます。
上の写真では、左スロットが空いていて、右側のスロットにはメモリが刺さってる状態です。
メモリを外す時は両側のレバー(ピンク色の印)を押し開きます。

▼【acer】Aspire1410キーボードの爪の位置
【acer】Aspire1410キーボードの爪の位置

底面のカバーを外したらひっくり返して、キーボードを取ります。
キーボードには6箇所爪があります。
まず、上辺の4箇所(ピンク色の印)の爪を押し上げながら、キーボードを浮かせます。

4箇所の爪が外れたら、両サイドの爪(緑色の印)から丁寧に外します。
こっちは固い爪なので、キーボードをずらす感じにすると取りやすいです。

ただし、一気にキーボードを外さないで下さい。
裏でキーボードケーブルがつながっています。

▼【acer】Aspire1410のキーボードケーブル
【acer】Aspire1410のキーボードケーブル

寝ている黒いレバー部分を起こすと、キーボードケーブルが外れます。
キーボードケーブルを外したら、キーボードをどけて大丈夫です。

▼【acer】Aspire1410のキーボード下
【acer】Aspire1410のキーボード下

Aspire1410を分解するには、キーボード下のネジも外しましょう。
ピンク色の印が外したネジです。

目に見えるネジを全部外せばOK。
明らかに関係ない極小サイズのネジは放置しましょう。

ネジを外すとトップカバーを外すことができます。
すき間からヘラを差し込んで少しずつ浮かせていきます。
ヒンジ上(最上部の両端)あたりは丁寧に持ち上げて下さい。

▼【acer】Aspire1410のマザーボード
【acer】Aspire1410のマザーボード

Aspire1410のトップカバーを外したところです。

マザーボードを本体から外す場合は、ケーブルやコネクタ、ネジを外します。
赤い印がマザーボードを固定してるネジです。左から2番目が空ですが、おそらくここにもネジがあったと思われます。

あとは見えているケーブル(ピンク色の印)、それに裏側でつながってる電源ケーブルと無線LANケーブル(青い印)も外します。

【acer】ノートパソコンAspire1410の分解を動画で解説

分解してマザーボードを外し、ファンを掃除してから、元通りに組立て直す作業を動画で紹介します。
2倍速の動画(21分44秒)です。
作業内容を書いておきますので、必要な場所だけ見て下さい。

✪ 動画の作業内容
(0分0秒)ノートパソコンをひっくり返して、バッテリーを外す
(0分15秒)底面のネジを外す
(2分35秒)キーボードの爪を浮かせて、キーボードを外す
(3分37秒)キーボードケーブルを外す
(3分53秒)キーボード下のネジを外す
(5分4秒)タッチパッドケーブル(中央の小さい方)を外す
(5分7秒)トップカバーを外す
(5分43秒)マザーボードを本体から外す作業は動画で確認できます
ネジの箇所に印をつけています(ジャンクのため、本来4本あるネジが1本ありませんでした)
それからマザーボードにつながってるケーブルをすべて外します。
(8分6秒)マザボードの裏側でつながってるケーブルを外さないと、マザーボードが剥がせないので、ひっくり返して外します。
HDD/SSDケーブル(ページ最初の写真でピンクの印がついてない小さい方)
無線LANケーブル(メモリ下にある白と黒の細いケーブル)
(9分2秒)マザーボード裏でつながってる電源ケーブルを抜き、表に戻ってモニターケーブルも外します。
モニターケーブルの外し方が分からず悩んでますが、とくレバー的なものはなく、引き抜くだけでした。
(9分45秒)マザーボードを取り出して、ファンの掃除をする
(10分45秒)冷却装置を外すのは面倒なので、ファンの片側だけ開けて中を掃除しました。
ファンのフタにあるネジを外して、側面にある爪を2箇所外すとファンのフタが開きます。
(15分55秒)分解した中身を元のように組み立てます。

動画URL https://youtu.be/agLS2InPvxw

最初に状態確認したときは起動すると異音がしたのですが、マザーボードをひっくり返して掃除したところ異音は消えたので、ubuntu serverを入れることにしました。

レッツノートNX2の分解に役立つ道具

【動画】Mac mini(2011)のSSDを交換する

Mac mini(2011)のSSDを交換する作業を動画で紹介します。

夫のMac miniに入ってるSSDが壊れて、新しいSSDと交換することになりました。

Mac mini(2011)のSSD交換で使う道具

Mac mini(2011)のSSD交換で役立つのは以下の道具です。

Mac mini(2011)のSSD交換作業の動画

Mac mini(2011)のSSD交換作業を動画で紹介します。

わたしはMacは使っていません。
はじめて触ります。
夫が「見れば分かる」と言うので、初見でも問題ないかなといきなりやってみました。


動画URL⇒ https://youtu.be/QezCFtlmHmA

以下、Mac mini(2011)のSSD交換作業手順と動画の該当箇所です。

  1. フタを開ける前に、埃を掃除する(0分0秒〜)
  2. 底面の黒いフタをずらして開ける(1分00秒〜)
    Mac miniのロゴ上、12時の位置に小さな○の印があるので、時計と逆回りに少しずらす

  3. 中の埃を掃除機で吸い取る(1分55秒〜)
  4. 10時と2時の位置にある銀色のネジを外して、網状のフタを取る(4分30〜)
    金網の下部にケーブルがつながってるので、上部に持ち上げるだけです。
    ふつうに手で回すのかと思っていたら、HEXドライバーを使うネジでした。老眼だと分かりにくいです

  5. SSDを取り出します。(5分37秒〜)
    金網のすぐしたがSSDです。
    狭いところにかっちりはまってるので、出しにくいです。
    取り出したら、ケーブルを抜きます

  6. 新しいSSDにケーブルを挿して、元の場所へはめこみます(7分17秒〜)
    斜めらないように、なるべく平行に入れる感じで。

  7. SSDがうまく収まったら、網状のフタをして、ねじ止めをします(8分40秒〜)
  8. ファンにエアダスターをかけます(9分20秒〜)
  9. 底面の黒いフタをはめます。(9分37秒〜)
    本体の○とフタの○の位置が12時のところで一致するように締めます

HEXドライバーさえあれば、初見でもSSDの交換ができます。

▼底面の黒いフタの目印をアップで
Mac mini(2011)のSSD交換作業で底面の黒いフタの目印をアップ

ピンク色の印を●から○へずらすと、フタが開きます。
閉める時は逆で、白い○辺りに乗せ、時計回りにスライドさせて●の位置に合わせて閉めます。

中の10時と2時のネジはHEXドライバーを使います。
(先端が六角形になったドライバー)
iFixit エッセンシャル エレクトロニクス ツールキット
動画で使ってるのは、iFixit(写真)のセットに入っていたものです。
2mmのHEXドライバーでちょうど合いました。

以上で、Mac mini(2011)のSSD交換作業は完了です。

【動画】レッツノートCF-S10でメモリの増設、SSDを入れる作業

レッツノートCF-S10でメモリの増設、SSDを入れる作業を動画で紹介します。

ニコイチにしたレッツノートのCF-S10のメモリが4GBなので、8GBに増設します。
また、HDDが空っぽなので、SSDを入れます。

メモリとSSDを入れ、起動させて、インストール画面を表示するところまで確認したら、今回の作業は終了です。

動画はCF-S10ですが、S8、S9、N8、N9、N10でも同じやり方でメモリの増設やSSDへの換装ができます。

Let’s Note S10でメモリやSSDの入れ替えに使う道具

レッツノートCF-S10でメモリ増設、SSDを入れるのに役立つのは以下の道具です。

Let’s Note S10でメモリやSSDの入れ替え作業を動画で見る


動画URL⇒ https://youtu.be/5wisLZtn3Ys

以下、レッツノートCF-S10でメモリの増設、SSDを入れる作業手順と動画の該当箇所です。

  1. 現在のメモリとHDDを確認する(1分00秒〜)
    F2を押しながら起動して、BIOS画面でメモリをチェックする
    メモリ4GB、HDDは空っぽ
    BIOS画面の表示=電源を入れ、Panasonicのロゴが出てる間にF2を押す

  2. メモリを増設する(1分31秒〜)
    4GBが1枚刺さってるので、底面からもう1枚、4GBのメモリを挿します

  3. 追加で挿したメモリを認識しているか、BIOS画面で確認する(3分00秒〜)
  4. メモリ認識の確認が出来たので、また電源を切る(3分30秒〜)
  5. SSDを入れる(3分37秒〜)
  6. SSDを認識したか、BIOS画面で確認する(7分30秒〜)
  7. 再起動で、ふつうに起動して、インストール画面が表示されるか確認する(7分54秒〜)

以上で、レッツノートCF-S10でメモリを4GBから8GBに増設、SSDを入れる作業は完了です。

メモリの増設やHDDからSSDに入れ替えしたら、パソコンが認識しているかを確認する作業が必要です。

メモリも奥の方の入れ替えは分解が必要なので面倒ですが、手前の一枚を差し替えたり、増やすだけなら分解不要でカンタンです。
初心者でもカンタンにできる作業だと思います。

▼動画で増やしたメモリ
Team ノートPC用メモリ SO-DIMM-DDR3 永久保証 ECOパッケージ (1066Mhz PC3-8500 1.5V 4GBx2)

▼動画で挿したSSD
240GB CS1311 SSD 2.5 SATA III

動画

【動画】レッツノートCF-RZ5にSSDが認識しないので原因を確認する

レッツノートのCF-RZ5でSSDを認識しなくなったので、SSDがおかしいのか、ノートパソコンの方がおかしいのか、原因を特定する作業を動画で紹介します。

Let’s Note CF-RZ5の分解に使う道具類

レッツノートCF-RZ5の分解で役立つのは以下の道具です。

Let’s Note CF-RZ5の分解に使う道具類

RZ5分解作業の様子を動画で見られます。

動画URL⇒ https://youtu.be/zJZfx0nNlnU?t=2m42s

今回のRZ5は、知り合いに譲渡したものです。
SSDを認識しなくなったようです。

うちにレッツノートRZ5に入るM.2タイプのSSDがあります。
一度、RZ5を分解して、うちにある方のSSDを挿し直してみます。

別のSSDを挿して認識するようなら、前のSSDが壊れていたということになります。
別のSSDを挿しても認識しないようなら、マザーボードがSSDを認識しなくなった=ノートパソコンが壊れた可能性があります。

以下、レッツノートCF-RZ5分解作業手順と動画の該当箇所です。

  1. F2を押しながら起動して、BIOS画面を見る(2分42秒〜)
    HDD(SSD)を認識しているか確認

  2. バッテリーを外す(4分3秒〜)
  3. 底面のネジを外す(4分15秒〜)
  4. 底面のパネルを外す(6分55秒〜)
  5. SSDを止めているネジを外す(7分47秒〜)
  6. SSDを外す(8分18秒〜)
  7. 別のSSDを挿して、ネジを止める(9分12秒〜)
  8. 外れた無線LANスイッチをはめる(9分55秒〜)
  9. 底面のねじを締めて、バッテリーを戻す(11分00秒〜)
  10. F2を押しながら電源を入れて、BIOS画面でSSDを認識しているか確認する(13分50秒〜)

この後、Windowsのアップデート作業をして、最新状態にしてから、もう一度、前のSSDを挿して認識するかどうか確認しました。

もしかしたら、前のSSDの差し込みが甘かったか、持ち運びなど小さな衝撃の繰り返しでSSDのはまりがゆるんだかも知れません。
M.2タイプのSSDは安くないですから、念には念を入れて確認します。

結局、前のSSDは認識しないままでしたが。

以上で、レッツノートCF-RZ5でSSDが壊れてるかどうかの確認作業は完了です。
レッツノートRZ5に入るM.2タイプのSSD

► amazonでM.2タイプのSSDを見てみる

動画

【動画】Let’sNote CF-RZ5でSSDを交換する作業

レッツノートCF-RZ5でSSDを入れ換える作業を動画で紹介します。

今、レッツノートRZ5のSSDにはwindows10が入ってるので、それはそのまま取って置き、別のSSDに入れ替えします。
(そうすれば、またWindows10を使いたい時にSSDを入れ替えるだけで直ぐに使える)

SSD交換の際には、電源を落としてバッテリーを外してから作業して下さい。
今回の動画では、最初からバッテリーを外し、電源を落としてあります。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

Let’s Note RZ5のSSDを交換する

レッツノートCF-RZ5でSSDを入れ替える時に役立つのは以下の道具です。

レッツノートCF-RZ5に使うSSDは、m.2 2280 sataのSSDです。
今回は秋葉原で中古のSSDを買ってきました。
let'snote cf-rz5用m.2 2280 sataのSSD

Amazonで買うなら、Transcend SSD M.2 2280 1TB SATAがおススメです。

SSDの種類(タイプ)さえ間違わなければ、特に注意することもない、簡単な作業です。

では早速、RZ5を分解して、SSDの入れ替えをします。


動画URL⇒ https://youtu.be/mWya5bUN6sk

以下、レッツノートCF-RZ5でSSDを入れ替える作業手順と動画の該当箇所です。

  1. 底面のネジを外す(0分25秒〜)
    上辺の両端2本はネジの種類が違うので注意。

  2. 底面のカバーを外す(3分55秒〜)
  3. SSD下部のネジを外して、SSDを抜きます(5分16秒〜)
  4. 交換するSSDを差し込んでネジをはめます(5分45秒〜)
  5. カバーを元に戻します(6分45秒〜)
  6. 底面のネジを締めていきます(7分25秒〜)

最上部の両端2本だけネジが違うので、間違わないようにしましょう。

動画内でも書いていますが…
一時的なネジ置き場には名刺入れの空ケースにマグネットシートをはめると丁度いいです。
よくポストに入ってる水道工事のマグネットシートでも充分です。
思ったより作業が長引いた時でも、フタをすれば安全に保管できます。

以上で、レッツノートCF-RZ5のSSD交換作業は完了です。

動画

【動画】レッツノートCF-S10のHDDをSSDに換装(HDDが取り出しにくい場合)

レッツノートCF-S10でHDDからSSDに換装する作業を動画で紹介します。

今回のジャンクは、本来HDDからSSDに換装に付いているはずの取り出し用のテープがありません。
そのため、通常の場合よりもHDDが引き出しにくくなっています。

レッツノートのCF-S10だけでなく、CF-S8・9、CF-N8〜10なども同じやり方でSSDに交換できます。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

Let’s Note S10の光学ドライブのフタを交換する

レッツノートS10でHDDからSSDへの換装で役立つのは以下の道具です。


動画URL⇒ https://youtu.be/OOk_pH4uDrw

以下、レッツノートCF-S10の光学ドライブのフタを交換する作業手順と動画の該当箇所です。

  1. バッテリーを外す(0分6秒〜)
  2. HDDドライブのフタを開けるためにネジを2箇所外す(0分13秒〜)
  3. HDDを取り出す(0分50秒〜)
    ※ 本来はHDD取り出し用のテープがあり、それを引っ張れば直ぐにHDDが抜き出せます。
    今回のジャンクではHDDに引き出し用のテープがなく、取り出しにくいため、ペンチを使って引っ張り出しています。

  4. SSDを入れる(1分36秒〜)
  5. HDDドライブのフタを閉めてネジを止める(2分30秒〜)
  6. バッテリーをはめて作業完了(2分59秒〜)

二箇所のネジを外して中身を入れ替えるだけなので、ノートパソコンの分解ができなくても問題なくSSDに交換できます。

今回の動画のように本来ついているはずのテープが無いHDDだと慌ててしまうかも知れません。
その時はケーブルの差し込み口を傷つけないよう、HDDの端を引っ張れば大丈夫です。

抜き出しようのテープがない場合は、他のテープなどでも貼り付けておけば、次回の交換作業の時に取り出しがスムーズにできます。

SSDも最近はかなり安くなっているので、いま使っているノートパソコンを速くしたい人にはSSD換装がおススメです。

以上で、レッツノートCF-S10のHDDからSSDへの換装作業は完了です。

動画

Let’sNOTE CF-LX3でメモリ交換・HDD交換(SSD換装)する方法を図解

ノートパソコン(Let’s NOTE CF-LX3)を分解して、HDDを交換・SSDに換装する交換する手順を写真つきで解説します。

  • レッツノートLX3のメモリを交換したい
  • レッツノートLX3のHDDを交換したい
  • レッツノートLX3のHDDをSSDに換装したい

などの時に役立つレッツノートCF-LX3の分解情報です。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

Let’s Note LX3の分解(基本)

レッツノートLX3のファン掃除で役立つのは以下の道具です。

▼ レッツノート LX3
パナソニックのノートパソコンLet'sNoteLX3

レッツノートのLX3です。
HDDの交換(SSDに換装)とメモリ交換の方法を紹介します。

▼ レッツノートLX3の底面ネジ図

レッツノートLX3の底面ネジ図

分解作業前に必ず、バッテリーを外して下さい。
HDD交換(SSDに換装)の場合は、底面のネジを外す必要はありません。
メモリ交換の場合は、青い○のネジだけ外します。

レッツノートLX3の底面ネジ

外したネジは、後で分からなくならないようにマグネットシートに載せておくと便利です。

▼ レッツノートLX3でメモリ交換

レッツノートLX3でメモリ交換

青い○のネジを外したら、フタを開けます。
フタには爪があるので折らないように注意しましょう。

レッツノートLX3でメモリ交換

メモリの両脇にあるレバーを押して開くと、メモリが取り出せます。
レッツノートのLX3に入るメモリは、DDR3です。

▼ レッツノートLX3でHDD交換(SSD換装)

レッツノートLX3でHDD交換(SSD換装)

次に、LX3でのHDD交換(SSD換装)のやり方を紹介します。
バッテリーを外したところ、内部の側面にネジがあります。

上の写真でピンク色の○の部分です。
このネジを外します。

▼ 中のフタを左へずらす
レッツノートLX3でHDD交換(SSD換装)

ネジを外したら、フタになってる金属部分を左へスライドします。
するとフタ部分が本体から外せます。

▼ HDDを取り出す
レッツノートLX3でHDD交換(SSD換装)、HDDを取り出す

金軸のフタをずらすと、中央部にペロっとしたのが出てきます。
(写真、真ん中の白い部分)
これを引っ張るとHDDが取り出せます。

▼ HDDを引っ張り出したところ
レッツノートLX3でHDD交換(SSD換装)のために中からHDDを引っ張り出したところ

レッツノートLX3でHDDを引っ張り出したところです。
右側のオレンジ色の部分が、HDDの接続箇所です。
取り出したHDDの接続を外せば、他のHDDに交換したり、SSDに交換できます。

CrucialのSSDとかおススメです。

今回のレッツノートLX3は借り物でちょっといじらせてもらっただけなので、メモリ交換とHDD交換の場所の確認だけでした。
完全分解できなかったのが心残りです(笑)

レッツノートLX3の分解で使った道具の紹介

このページで使ったノートパソコンの分解・清掃に役立つ道具類を紹介します。

レッツノートの分解に必須のvessel +00のドライバーレッツノートの分解に必須の精密ピンセット



左から、
ベッセルの+00のドライバー
先曲がりのピンセット

VAIO Sシリーズ(SVS13A2AJ)を分解する手順を写真つきで

SONYのノートパソコン VAIO Sシリーズ(SVS13A2AJ)を分解して手順を写真つきで解説します。

  • メモリを交換したい
  • SSDを交換したい
  • 光学ドライブが壊れたから交換したい
  • ファンを掃除したい
  • グリスの塗り直しをしたい
  • ノートパソコンの中を覗いてみたい!

などの場合に役立つ分解情報です。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

VAIO Sシリーズ(SVS13A2AJ)の分解

VAIO Sシリーズ(SVS13A2AJ)の分解で役立つのは以下の道具です。

▼SVS13A2AJの外観【VAIO Sシリーズ】

VAIO SシリーズのSVS13A2AJの外観

今回は、SONYのノートパソコン、VAIO SシリーズのSVS13A2AJを分解します。

▼SVS13A2AJの底面【VAIO Sシリーズ】

VAIO SシリーズのSVS13A2AJの底面

VAIO SシリーズのSVS13A2AJをひっくり返したところです。

下側のフタを開けます。
写真最下部にあるピンク色の印2箇所のゴムのフタを開けます。

▼底面のフタを外すネジ【VAIO Sシリーズ】

VAIO Sシリーズの底面のフタを外すネジ

ゴムのフタを開けると、ネジが出てきます。
この2箇所のネジを外し、下側へスライドするとフタが開きます。
(フタの上側に爪があります)

▼底面のフタを開けたところ【VAIO Sシリーズ】

VAIO Sシリーズの底面のフタを開けたところ

はじめに、バッテリーを外します。
オレンジ色の□のレバーを手前に押すと、バッテリーが外れます。

メモリを交換する場合は、2箇所の青い○を両脇へ押して下さい。

SSDを交換する場合は、緑の○ピンクの○のネジを外します。

▼メモリの取り替え【VAIO Sシリーズ】

VAIO Sシリーズのメモリの取り替え

メモリが斜めって、外れるようになります。

▼SSDの取り替え【VAIO Sシリーズ】

VAIO SシリーズのSSDの取り替え

コネクター(緑の□)を外せば、SSDを取り替えることができます。

▼SSDのコネクターを外したところ【VAIO Sシリーズ】

VAIO SシリーズのSSDのコネクターを外したところ

写真は、SSDのコネクター部分です。

メモリやSSDの交換は、これだけの分解で簡単にできます。

VAIO Sシリーズ(SVS13A2AJ)の分解-2

マザーボードまで開けたい場合は、更に分解します。

▼SVS13A2AJの底面のネジ図【VAIO Sシリーズ】

VAIO SシリーズのSVS13A2AJの底面のネジ図

トップカバーを外すには、本体底面のネジを全て外しておきます。
緑の○は最初に開けたゴムのところです。
マザーボードまで触りたい場合は、青い○ピンクの○のネジも全部外しておきます。

▼トップカバーを開けるためにケーブルを外す【VAIO Sシリーズ】

VAIO Sシリーズのトップカバーを開けるためにケーブルを外す

SSDの下にあるケーブルを2箇所外します。
写真は2本のケーブルを外したところです。
青いテープがケーブルの先です。

これでトップカバーが外れるようになります。
ヘラなどをトップカバーと本体のすき間に差し込むと、爪が外れて開けやすくなります。

▼SVS13A2AJのトップカバーを外したところ【VAIO Sシリーズ】

VAIO SシリーズのSVS13A2AJののトップカバーを外したところ

トップカバーを外したところです。

次に、光学ドライブを外します。
写真の緑の○ピンクの○のネジを外します。

▼トップカバーの裏側【VAIO Sシリーズ】

VAIO Sシリーズのトップカバーの裏側

今回はとくに触りませんが、トップカバーの裏側です。
一応、写真だけ載せておきます。

▼光学ドライブを外す【VAIO Sシリーズ】

VAIO Sシリーズの光学ドライブを外す

ドライブ入口の黒いプラスチック部分を下へスライドさせてください。
これで、ドライブが丸ごと外れます。

まだまだ分解していきます。

▼マザーボードを外す【VAIO Sシリーズ】

VAIO Sシリーズのマザーボードを外す

色んなケーブルやコネクター、ネジ類を外します。

緑の○はマザーボードを固定してるネジです、4本あります。
黄色い□がケーブルとコネクターです。
★印のところは、黒いシールで隠れていますが、下にケーブルがあるので、これも抜きます。

あと、★印の右隣のコネクターは引っかけるところがないので、コネクター抜きを使った方が開けやすいです。

上部にあるピンクの○2箇所のネジを外すと、その間にあるコネクターも外せます。

下部の青い○2箇所のネジは、バッテリーケーブルです。

▼分かりにくいケーブル(1)【VAIO Sシリーズ】

VAIO SシリーズのSVS13A2AJのマザーボードで分かりにくいケーブル

黄色い★の部分、シール下にあるケーブルを外したところです。

▼分かりにくいケーブル(2)【VAIO Sシリーズ】

VAIO Sシリーズの分かりにくいケーブル

上部にあるピンクの○のネジを外すと、黒いプラスチック部分が後方へ倒れます。
これで、間のコネクターが外せます。

▼マザーボードを外したところ【VAIO Sシリーズ】

VAIO Sシリーズのマザーボードを外したところ

マザーボードを外して、ひっくり返したところです。
黒とグレーの無線LANケーブル(メモリの右隣り)がつながっています。

▼マザーボードを更に分解する【VAIO Sシリーズ】

VAIO Sシリーズのマザーボードを更に分解する

無線LANを交換したい場合は、ピンクの○のネジを外します。
ファンの掃除をしたい場合は、青い○のネジを外します。

グリスの塗り直しをする場合は、緑の○のネジを外します。
冷却装置のネジは少し大きいドライバーの方がいいかも知れないですね。
(今回、私はグリスの塗り直しをしてないので、開けてません)

▼ファンを掃除しよう【VAIO Sシリーズ】

VAIO SシリーズのSVS13A2AJのファンを掃除しよう

ファンを掃除します。

▼マザーボードを外したところ【VAIO Sシリーズ】

VAIO Sシリーズのマザーボードを外したところ

無線LANケーブルも外して、完全にマザーボードを取った状態です。

CMOS電池のケーブルを外して完全放電したい場合には、左側の赤いニョロニョロしたケーブルのコネクターを外します。
(写真はコネクターを外した状態)

VAIO Sシリーズ SVS13A2AJの分解は、これで終了です。
分解した過程を逆に戻せば、元通りになります。

VAIO Sシリーズの分解で使った道具の紹介

このページで使ったノートパソコンの分解・清掃に役立つ道具類を紹介します。

VAIO Sシリーズの分解に必須のvessel +00のドライバーVAIO Sシリーズの分解に必須の精密ピンセットVAIO Sシリーズの分解にあると便利な基板コネクター抜き



左から、
ベッセルの+00のドライバー
先曲がりのピンセット
基板コネクター抜き

レッツノートの分解にあると便利なへらVAIO Sシリーズを分解して掃除するのに必須のエアダスターVAIO Sシリーズを分解して掃除するのに必須の掃除機アタッチメントノズルVAIOを分解してグリスを塗り直す



左から、
iFixitのセットに入ってるヘラ
エアダスター
掃除機のアタッチメント・ノズル
グリス

VAIO

レッツノート(Let’sNOTE)CF-RZ5のSSDを交換する

ノートパソコン(Let’s NOTE CF-RZ5)を分解して、SSDを交換する手順を写真つきで解説します。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

Let’s Note RZ5の分解(基本)

レッツノートRZ5の分解で役立つのは以下の道具です。

▼【Let’s NOTE RZ5】

ピッカピカのレッツノートCF-RZ5

最新のレッツノートRZ5ですが、SSDの容量が少な過ぎる!!
そんな時は、RZ5を分解して、SSDを交換しちゃいましょう♪

レッツノートの分解…と言っても、RZ5のSSD交換はめっちゃ簡単です。

▼分解前に必ずバッテリーを外す【Let’s NOTE RZ5】

レッツノートRZ5の分解前に必ずバッテリーを外す

裏側にひっくり返して、まずはバッテリーを外します。

▼RZ5底面のネジ【Let’s NOTE RZ5】

レッツノートRZ5底面のネジ

あとは、ネジを外すだけです。
青い○緑の○の2種類です。
緑の○ネジの数が多いですが、S9なんかに比べると余裕です。

▼底面のネジをマグネットシートに置いたところ【Let’s NOTE RZ5】

レッツノートRZ5の底面ネジをマグネットシートに置いたところ

女の私が開けても、なめやすそうなネジや固いネジはありません。
でも無くすと困るので、開けたネジはマグネットシートの上に配置通り並べておくといいです。
(ひとつ前のRZ5底面ネジの図と同じ配色です)

※写真は、名刺入れケースに水道屋のマグネットシートを乗せてます。

▼RZ5のカバーを外したところ【Let’s NOTE RZ5】

レッツノートRZ5のカバーを外したところ

ネジを外すだけで、トップカバーが外れます。
最新機種なので多分キレイだと思いますが…せっかく開けたのでエアダスターで余分な埃やゴミを掃除しておきましょう♪

▼RZ5のSSDの位置【Let’s NOTE RZ5】

レッツノートRZ5のSSDの位置

左手前、電源スイッチのすぐ後ろにSSDがあります。
写真の青い□部分。

▼RZ5のSSD写真【Let’s NOTE RZ5】

レッツノートRZ5のSSD写真

黒いカバーみたいなのが着いてると分かりにくいですね。
黒いカバーを上へ持ち上げると、SSDが見えます。

いま刺さってるSSDを外すには、青い○のネジを外します。

▼RZ5のSSDのネジを外したところ【Let’s NOTE RZ5】

レッツノートRZ5のSSDのネジを外したところ

ネジを外すと、SSDが持ち上がります。
これを引き抜くと、RZ5の基盤からSSDが取れます。

▼RZ5のSSDの差し込み口【Let’s NOTE RZ5】

レッツノートRZ5のSSDの差し込み口

緑の□の部分が、SSDの差し込み口になります。
メモリなんかと同じ要領で差し込んで下さい。
その後は、またネジを締めればしっかりはまります。

SSDを交換したら、また元通りにネジを締めればOK!!
簡単過ぎて物足りないですね。

ちなみに、RZ5のSSDは『M.2』という規格です。

Transcend SSD 256GB 2.5インチ SATA3 6Gb/s MLC採用 3年保証 TS256GSSD370STranscend SSD M.2 2280 256GB SATA III 6Gb/s TS256GMTS800



CF-S9やCF-R9などで見てきたSSDとは違うので、購入の際は注意しましょう。
左がこれまでのSSDです。
右が『M.2』規格のSSDです。
右側のがRZ5で交換できるタイプのSSDですね。
うちが買ったのもこのSSDです。


もっといろいろ細かいところまで分解したかったのですが…
これは夫がいま使ってるノートパソコンなので、SSD交換までしかやらせてもらえません(笑)

レッツノートのRZ5はバッテリーが入ってないのかと思うくらいに軽いですよ!
軽すぎて、フリスビー代わりに投げてしまいそうなレベルです。
でも大きさ的にはR9とほぼ変わりません。
その分、厚みが全然違いますが。
やはり、R9は素晴らしいノートパソコンですね(シミジミ