バラバラのパーツでもらったノートパソコンZENBOOK(UX303U)を組み立てる

2019-09-16

知人にASUSのノートパソコンをもらいました。
ただし、パーツがばらばらの状態なので、自分で組み立てないといけません。

今回は、ZENBOOKのUX303Uのパーツを組み立てて使えるようにします。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

パーツがばらばらの状態で届いたZENBOOK「UX303U」

知人からノートパソコンをもらいました。
ASUSのノートパソコンZENBOOKです。

ZENBOOKのUX303Uの箱

箱を開けると…

ZENBOOKのUX303Uの箱を開けたところ

中身は見事にバラバラの状態です。
上の写真で、右側のマザーボード(袋に載せてる)が交換用のマザーボードらしいです。

ZENBOOK(UX303U)の箱の中身
袋の中身を全部出してみます。

ZENBOOKのUX303Uのパーツを出してみた

左が底面のフタで、その上にある黒いのが電源と交換用のマザーボードです。
中央下部のマザーボードは壊れてるとのことなので、使えるパーツ(ファン、コネクタ、メモリ)を外します。

壊れてるマザーボードからファン、コネクタ、メモリを外す

ファンはネジ(ピンク色の○)とコネクタ(緑色の印)を外します。
メモリは、左上のシールの下にあります。
無線LANなどをつなぐコネクタは、上の写真の左下から出てるオレンジのケーブルです。

これらのパーツを組み立てて使えるZENBOOKを作りたいと思います。

ZENBOOK「UX303U」のパーツを組み立てる

ヒートシンクに残ってるグリスをきれいにします。

ZENBOOKのUX303Uのヒートシンク

グリスクリーナーで掃除して、ファンをはめる方向を確認します。

ZENBOOKのUX303Uのヒートシンクとファンの位置

ファンは2個ありますが…✕のついてる方は今回使いませんでした。
(これは後述します)

交換用マザーボードにファンを載せてグリスを塗る

交換用のマザーボードにファンを取り付けて、CPU上にグリスを塗ります。

ファンは先ほどの要領でネジ止め(ピンク色の○)して、コネクタ(緑色の印)を挿します。

CPUも一度キレイにしてから、グリスを塗りました。
ノートパソコンは小さいのでグリス塗りには爪楊枝を使います。

上の写真を見ると、右上のはがしたシールの下が空っぽです!
2枚のマザーボードを比べると、微妙に違うものでした。

壊れたマザーボード交換用のマザーボード

(左)壊れたUX303Uのマザーボード
(右)交換用のUX303Uのマザーボード

左のフィルムが貼ってるパーツには「NVIDIA」とあるので、グラボと思われます。
その上に2つ並んでる黒いパーツはグラボ用のメモリでしょうか。
でも、交換用のマザーボードにはどちらもありません。

2枚のマザーボードの違い

小さい方のファンをつなぐケーブルの差込口(ピンク色の○)がありません。
ファンを固定するためと思われるネジの土台も空っぽです。

交換用のUX303Uのマザーボードは、壊れてる方とは別物のようですね。

GT940M付きのUX303U用マザーボード
画面が映ればいいだろうくらいのUX303U用マザーボード

グラボ性能だけでなく、CPUもi7からi5にグレードダウンしてるみたいですが…
i5でも充分だし、ゲームもしないので、画面のキレイさも気になりません。

続けて、組み立てしていきます!
2つあったファンは大きい方だけ使います。
(小さいファンは使わない)

交換用マザーボードにケーブルをつける

先ほど外したケーブルも交換用マザーボードにつなぎます。
ピンク色の印

交換用マザーボードにヒートシンクを合わせる

交換用マザーボードにヒートシンクを載せて、ネジ止めします。
4つのネジは対角線ごとに締めるとしっかりはまります。

各種パーツを載せたUX303Unoマザーボード

メモリも差し込んだので、マザーボードをケースに入れます。

ZENBOOK UX303Uのケース

上の写真は、空っぽのノートパソコンケースです。

マザーボードをケースにはめるときはコネクタの差込口を合わせるように

ノートパソコンのマザーボードをケースにはめるときは、コネクタ類の差込口を合わせるようにして入れます。

UX303Uのキーボードケーブル

マザーボードをケースに載せるときに、ひとつ注意点があります。

ZENBOOKのUX303Uではマザーボードにキーボードケーブルを通す穴が開いてるので、マザーボードをケース本体にはめるとき、ケーブルを通します。
上の写真では、中央の青いケーブルがキーボードケーブルです。
マザーボードを載せたら、ケーブルやコネクタ類を挿していきます。

UX303Uの内部でケーブルやコネクタ類を挿すところ
ZENBOOK UX303Uのマザーボード上でネーブルやコネクタ類を挿すところに印をつけました。

zenbookのux303uでマザーボードに各種ケーブルやコネクタを挿す

ピンク色の印がコネクタをはめたところです。

黃緑色の印で中央が電源ケーブルの差込口です。
右上にも黃緑色の印がありますが、これは無線LANなどのコネクタです。

最下部の中央にある黄色い印にはスピーカーケーブルを通すところです。
赤い印は、2.5インチのHDD(SSD)をはめるところです。

ノートパソコンでは、コネクタやケーブルの差込口の位置や形状を見れば、どれがどこにはまるのか大体分かります。
長さ的にちょうど良くて、差込口がはまるところへ挿せば、おおむね正解です。

zenbbokのUX303Uの各種コネクタ類

マザーボードの中央付近を大きく写したところになります。

これで本当に動くのか、とりあえず電源を入れてみます!

ばらばらパーツから組み立てたUX303Uが起動した

問題なく、ZENBOOKが起動しました。
使えると分かったので、HDDも新しいSSDに取り替えます。

ZENBOOKのUX303UでHDDをSSDに変えて、無線LANが使えるか確認する

元から付いていたHDDで起動したので、新しいSSDに入れ替えします。

UX303UでHDD、SSDを換装する
HDDやSSDを入れ替える場合は、底面のフタを開ければ、すぐ取り替えられます。

UX303UでHDDやSSDを換装する

戻すときは、右下の重ね方に注意します。
電源の下へ潜らせないと、浮いてしまいます。

4箇所のネジ(ピンク色の印)を外せば、HDDケースが取り出せます。

UX303UのHDDをSSDに変える

側面の4つのネジを取ってHDDを外して、SSDをケースへ入れます。

UX303Uの内部
ZENBOOKのUX303Uの内部は、こんな感じになります。

ZENBBOOKのUX303Uの内部

下部1/3の真っ黒いのは電源です。
電源の両角にはスピーカーを載せて、間にスピーカーを通しています。

ところどころ、ネジがありませんが、やむを得ずです。
ネジの数が全然足りないので、必要なところだけネジ止めしています。
(家に有るネジ類では合うものがなかったので)

ZENBOOKのUX303Uの底面ネジ図

UX303Uの底面です。
○印がネジの箇所です。

ピンク色の○も左上、左下、右下、上部中央だけしかネジがありません。
右上はゴム足のところへネジを閉めて、上部3箇所と下部は両角だけ、計5本だけネジ止めしています。
黄色い○は本当はゴム足があるはずだが、ない)

UX303UでSSDを認識してインストール画面が出た

新しく入れたSSDが認識され、インストール画面が表示されました。
無線LANが使えるか確認し忘れたので、Ubuntuを入れてみます。

UX303Uで無線LANが使えるかどうかTry ubuntuを入れてみる

ASUSパソコンは《F2》を押しながら電源を入れて、BIOS画面を出します。
USBで起動できるようにして、ubuntuの起動USBを挿します。
Try Ubuntuを選択します。

パーツから組み立てたZENBOOKのUX303Uで無線LANが使えた

ブラウザでYahoo!ページを開いたところ、最新の情報が表示されました。
上部のタスクトレイには無線LANのマークも表示されています。
ネットが使えることも確認できたので、これで組立作業は完了です!

箱の中身の写真で右上にあるケーブルは使いませんでした。
それと、小さい方のファンと壊れたマザーボードが不用パーツです。

ZENBOOK(UX303U)の組み立てに役立つ道具

ノートパソコンZENBOOK(UX303U)の組み立てで使ったのは以下の道具です。

ノートパソコンの分解に役立つ道具の紹介

ノートパソコンの分解・清掃などに役立つ道具類を紹介します。

《左上から時計回りに》
マイクロロングノーズプライヤー 先曲がりタイプ
ネジの土台が破損してる時など(ジャンクには非常によくある)ペンチが活躍します。
精密ピンセット TS-15
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
基板コネクター抜き(青いピンセットみたいの)
ドライブ開閉コネクター、スピーカーケーブル、ファンのコネクターなど小さめのコネクタ類で重宝します、開閉ストッパーがないタイプとかもこれがあれば便利。
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
ナットドライバー(設置)
ナットドライバーの付け替えできるセット。写真は右下のグリップとセットで友人からもらったもの。レッツノートだとVGAケーブルを外したりするのに使います。
VESSELのGグリップドライバー(+00)
+00のドライバーはノートパソコンを分解するのに必須です。私は細い方が好きですが、夫がこのGグリップが使いやすいそうです。ネジがなめそうな時などはこのドライバーを渡して代わりに回してもらいます。
VESSELのボールグリップドライバー(+1)
底面のゴム足のとこやモニターのヒンジなど大きいネジに。力のいるねじ回しは大きめの方が接着面積が広くなって開けやすくなります。
スパッジャー修理ツールキット(3点セット)
3点セットですが、この両側タイプのヘラは使いやすいです。
VESSELのドライバー(+00)
ノートPCでは必須の(+00)のプラスドライバー、Vesselは使いやすくておススメです。予備入れて同じの3本持ってます。ドライバーはセットでなく、1本ずつ買った方がいいですね。
長めのヘラ
シール剥がしやキーボードを剥がす時などヘラは必需品です。このヘラが一番のお気に入りですが、いかんせんプラスチックなのですぐに先端がボロボロになります。消耗品です。
IFIXITのセット
短めの黒い両側タイプのヘラですが、これはすぐダメになります。青い三角形のヘラはレッツノートのモニター枠など外すのに必須です。左下の磁石はなかなか出てこないネジを取り出せます。写真にはないですが、iOpenerという温め用の器具は必須です。
IFIXITのセット(ドライバーセット付き)
iOpenerの入ってるiFixitのセットにも先を付け替えるドライバーが付いてますが、T4以下のサイズがありません。T4以下がセットになってるのを買い直しました。(買い直し前に、必要に迫られてとりあえず買ったのが写真のトルクスねじ用レンチですが、これで分解作業はしんどい)
《その他、写真無し》
マグネットシート(水道屋のでもOK)
ネジを分かりやすい配置で置いておけます、磁石シートだと場所がズレにくいし、空の名刺入れに入れて使うとなお便利。
ナットドラーバー
VGAケーブルのネジを外すのに使います。RシリーズについてるEXTケーブルのネジでも使います。
IFIXITのセットに入ってる三角のヘラ
モニターの枠を外す時は、これくらいのサイズのヘラが使いやすいです。ホットボンドで接着してる場合などはこのタイプを何枚も使います。
アロンアルファ(コニシ)
パーツの割れや破損の修理に。
ルーター
ドリルだと直ぐに刃が折れるので、今はルーター派です。電池式でも充分使えます。
ネジ入れに使う箱
同種のネジなどを分けて取っておきます。一台で完結しない時(ニコイチやサンコイチ)になるとネジケースは必須です。 レッツノートのネジはネジ入れケースに入れてます。それ以外はそれぞれチャック付きの袋(目薬が入ってるような袋)に入れています。
赤ちゃん用の細い綿棒
ジャンクPCは大体汚れているので、清掃に(爪楊枝と)綿棒は必須です。綿棒だと埃や軽い汚れも同時に取れるので便利です。ただしノートパソコンの中は細かいので、ふつうの綿棒でなく、赤ちゃん用の細い方が役立ちます。
エアダスターオーバーホールクリーナーも必需品です。