CPUクーラーのファンだけ換装してELITE361に自作パソコンを入れ替える

パソコン自作に興味ある人、省スペースなスリム型PCケースに興味ある人向けの内容です。

パソコン周りの省スペース化がブームです(ワタシ的に)。
先日ツクモを見ていたら、CoolerMasterのATX対応PCのケース「Elite361」が小さい上に安かった。
368mm x 464mm x 150mmのスリムケースです。

▼CoolerMasterのスリムATXケースElite 361


家でAmazonを見てみるとツクモの方が安い!

Amazon:7,949円+関東への配送料無料
Tsukumo:5,980円+消費税=6,458円
これは、お買い得♪

というわけで。
いまGIGABYTEの大きなPCのケースに入れてあるパソコン一式を入れ替えすることにしました。

ただし、問題もあります。
それはCPUクーラーの高さです。

Eliteの幅はわずかに15cm。
残念ながら、ギリギリ入りそうにありません。

すると、夫がナイスアイデアを思いつきました。
今のCPUクーラーはサイドフロータイプなのですが、まずはそれをトップフロータイプに変える。
更に、上部のファンだけを薄型のものに変えれば、幅15cmのElite361に収まるのでは…?

▼サイドフローとトップフロー
《左》今使ってるサイズの虎徹
《右》トップフローのサイズのKABUTO

Elite361に入るCPUクーラーは12.2cmまでとありました。
交換するCPUクーラーの高さは13.2cmです。
ファンの厚みが半分にでもなれば、ギリギリ行けそう?
失敗しても1,000円程度のファンだし、何なら他の機会に使える!

というわけで。
早速、薄型のファンを購入、Elite361で組み立てすることにしました。

▼Elite361と前のPCケース大きさ比較

Elite361と前のPCケース比較(上から)Elite361と前のPCケース比較(前から)

《左》上から見た感じ。上がElite361
《右》後ろから見たところ。左がElite361

▼薄型のファン
AINEX Slimfan PWM対応 [ 120mm角 ] AK-FN078A

これもツクモで購入。
12cm型の薄型ファンで一番安いのを選びました。
1,050円+消費税=1,134円です。

クーラーのファンを換装してパソコン入れ替え作業《動画》

大きなPCケース(GUGABYTE CHASSIS)から、スリムなケース(CoolerMaster ELITE361)に自作パソコンの入れ替えをします。

▼Elite361の中

入れ替えで問題となるCPUクーラーの高さを低くするために、サイドフローからトップフローのCPUクーラーにして、更に上部のファンを薄型のものに取り替えます。

✪ 動画の作業内容
(0分0秒)スペーサーをつける
底(側面)にマザーボードの規格ごとでスペーサーをはめる位置が書いてあるので、その通りに
(1分00秒)電源の向きを合わせてケースに入れ、フロント側からネジ止めをする
(途中でケースを立ててるため動画が見えなくなっているところがあります)
(2分49秒)バックパネルをケースにはめる
(3分20秒)元のCPUクーラーでELITE361に収まるか、試しに入れてみる⇒ダメでした
(3分30秒)マザーボードについてるCPUクーラーを外す
(4分0秒)グリスを拭き取る
(4分30秒)交換用CPUクーラーからファン部分を外す
(4分40秒)交換用CPUクーラーに新しいファンを載せる
(6分9秒)グリスを塗り直す
(6分37秒)CPUクーラーをマザーボードに載せる
プッシュピンの先端が開き気味なので、揃えながら穴に差し込んでいきます。
(8分2秒)CPUクーラーがケース内に収まるか確認⇒ギリギリ入りそうなので、組み立て作業を続行
(8分40秒)マザーボードをネジ止めして、ケースに固定する
(9分50秒)ケースファンのケーブルを挿す
(10分25秒)CPUクーラーのファンケーブルを挿す
(10分51秒)オーディオケーブルを挿す
(11分21秒)USB3.0(20ピン)ケーブルを挿す
(11分50秒)フロントパネルのLEDケーブルを挿す

マザーボードの写真を撮っておき、それを見ながら挿してます
(+)と(-)があるので、ケーブルの▲印を確認しながら挿します
(12分40秒)グラボを挿す位置を確認して、スロットカバー(金具)を外す
(13分0秒)グラボを挿して、ブラケットのネジを止める
(13分25秒)補助電源ケーブルを挿す
使わない補助電源ケーブルを束ねて、空いてるところへしまいます
(13分53秒)電源ケーブルを挿す
(14分20秒)SSDを入れる
シャドウベイにはめるのに、まずは2.5→3.5インチに変換するマウンタにSSDを入れます。
左右/内外が分からず、悪戦苦闘…
シャドウベイのレバーを両側開けようと反対側の側面のフタも開けるので、途中で画面が見えなくなります。
左右/内外を間違えて、マウンタを付け直し…
18分48秒辺りでようやくシャドウベイにSSDを収納できます。
反対側のフタを閉じて作業を再開します。
(19分37秒)SATAケーブルとHDD/SSDコネクタをSATAとマザボードにつなげる
(20分4秒)各種ケーブルやコネクタを束ねて、ケース内を整理する

動画URL《4倍速》 https://youtu.be/MgfJUa6yCwc

目論見通りにというか、何とかギリギリでCPUクーラーがElite361内に収まりました。
起動後もファンとケースの接触もなく、ちゃんと動いてます。

ここのところ、すっかり省スペースなPCケースにはまっています。
最近のブログ記事を見てもスリムケース関連ばかりですね。

SARA4【ATX】→私のPC
舞黒透【Micro-ATX】→夫のメインPC
ELITE361【ATX】→夫のサブPC

CoolerMasterのPCケースだけあって、Elite361は組み立てやすさが段違いです。
作業も快適でした。
ただし、価格はSARA4や舞黒透のおよそ2倍。

とにかく小さく・薄くするならサイズのSARA4、ケーブルを背面に回して整理するならSAMA 舞黒透、組み立てやすさや作業効率重視ならCoolerMaster ELITE361という感じでしょうか。

パソコン周りの省スペースに興味のある人は、スリムなPCケースへの入れ替えがおススメです♪

デスクトップPCの組み立てに役立つ道具

自作デスクトップパソコンの分解・パーツ交換・組み立てに使える道具を紹介します。

※ 使い回しのパーツを掃除するのに使う

ノートパソコンの分解によく使う道具

ノートパソコンの分解・清掃などに役立つ道具類を紹介します。

《左上から時計回りに》
マイクロロングノーズプライヤー 先曲がりタイプ
ネジの土台が破損してる時など(ジャンクには非常によくある)ペンチが活躍します。
精密ピンセット TS-15
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
基板コネクター抜き(青いピンセットみたいの)
ドライブ開閉コネクター、スピーカーケーブル、ファンのコネクターなど小さめのコネクタ類で重宝します、開閉ストッパーがないタイプとかもこれがあれば便利。
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
ナットドライバー(設置)
ナットドライバーの付け替えできるセット。写真は右下のグリップとセットで友人からもらったもの。レッツノートだとVGAケーブルを外したりするのに使います。
VESSELのGグリップドライバー(+00)
+00のドライバーはノートパソコンを分解するのに必須です。私は細い方が好きですが、夫がこのGグリップが使いやすいそうです。ネジがなめそうな時などはこのドライバーを渡して代わりに回してもらいます。
VESSELのボールグリップドライバー(+1)
底面のゴム足のとこやモニターのヒンジなど大きいネジに。力のいるねじ回しは大きめの方が接着面積が広くなって開けやすくなります。
スパッジャー修理ツールキット(3点セット)
3点セットですが、この両側タイプのヘラは使いやすいです。
VESSELのドライバー(+00)
ノートPCでは必須の(+00)のプラスドライバー、Vesselは使いやすくておススメです。予備入れて同じの3本持ってます。ドライバーはセットでなく、1本ずつ買った方がいいですね。
長めのヘラ
シール剥がしやキーボードを剥がす時などヘラは必需品です。このヘラが一番のお気に入りですが、いかんせんプラスチックなのですぐに先端がボロボロになります。消耗品です。
IFIXITのセット
短めの黒い両側タイプのヘラですが、これはすぐダメになります。青い三角形のヘラはレッツノートのモニター枠など外すのに必須です。左下の磁石はなかなか出てこないネジを取り出せます。写真にはないですが、iOpenerという温め用の器具は必須です。
IFIXITのセット(ドライバーセット付き)
iOpenerの入ってるiFixitのセットにも先を付け替えるドライバーが付いてますが、T4以下のサイズがありません。T4以下がセットになってるのを買い直しました。(買い直し前に、必要に迫られてとりあえず買ったのが写真のトルクスねじ用レンチですが、これで分解作業はしんどい)
《その他、写真無し》
マグネットシート(水道屋のでもOK)
ネジを分かりやすい配置で置いておけます、磁石シートだと場所がズレにくいし、空の名刺入れに入れて使うとなお便利。
ナットドラーバー
VGAケーブルのネジを外すのに使います。RシリーズについてるEXTケーブルのネジでも使います。
IFIXITのセットに入ってる三角のヘラ
モニターの枠を外す時は、これくらいのサイズのヘラが使いやすいです。ホットボンドで接着してる場合などはこのタイプを何枚も使います。
アロンアルファ(コニシ)
パーツの割れや破損の修理に。
ルーター
ドリルだと直ぐに刃が折れるので、今はルーター派です。電池式でも充分使えます。
ネジ入れに使う箱
同種のネジなどを分けて取っておきます。一台で完結しない時(ニコイチやサンコイチ)になるとネジケースは必須です。秋葉原の廣瀬無線だとレジ裏の入口外にネジ入れに最適なケースが大小各種揃ってます。
赤ちゃん用の細い綿棒
ジャンクPCは大体汚れているので、清掃に(爪楊枝と)綿棒は必須です。綿棒だと埃や軽い汚れも同時に取れるので便利です。ただしノートパソコンの中は細かいので、ふつうの綿棒でなく、赤ちゃん用の細い方が役立ちます。
エアダスターオーバーホールクリーナーも必需品です。

他の記事を見る

コメントを残す