lenovoのノートパソコンThinkPadのEge E460でメモリの増設とSSD換装

2020-02-28

lenovoのノートパソコンThinkPadのEdge E460でメモリを16GBに増設、HDD(SSD)を交換するやり方を紹介します。

今回もまた据え置きタイプの大きめノートパソコンですね。
この手のノートパソコンはメモリ増設とSSD換装だけは簡単にできることが多いです。

ノートパソコンを分解したことのない人でも、裏のフタを開けるだけで簡単にできます。
説明するまでもないので、写真メインですが載せておきます。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

ノートパソコンThinkPadのEdge E460の裏を開ける

まずはノートパソコンを裏返します。
ノートパソコンは分解前に、必ずバッテリを外して下さい。
メモリ増設とSSD交換だけでもバッテリーを外して下さい。

▼Edge E460を裏返したところ
lenovoのノートパソコンThinkPadのEdge E460底面図

▼Edge E460の裏ブタを開けたところ
lenovoのノートパソコンThinkPadのEdge E460の裏ブタを開けたところ

メモリの設置場所が上部中央に2箇所あります。
白いところがそうです。

メモリを16GBに増設する場合、8GBのメモリを2枚挿します。

▼Edge E460に使えるメモリ
lenovoのノートパソコンThinkPadのEdge E460に使えるメモリ

今回使ったメモリは、シリコンパワー DDR3 1600 PC3-12800 8GB×2枚です。
ThinkPadのEdge E460に使えます。

左下の四角い穴がHDD、もしくはSSDの設置場所です。
中にHDD(SSD)固定パーツがあります。

▼Edge E460のHDD(SSD)固定パーツ
lenovoのノートパソコンThinkPadのEdge E460のHDD(SSD)固定パーツ

上の写真がHDD(SSD)固定パーツです。
左右側面の内側に2箇所ずつ、計4箇所の出っ張りがあります。
この出っ張りをHDD、もしくはSSDの側面の穴に差し込みます。

▼Edge E460にHDDを入れたところ
lenovoのノートパソコンThinkPadのEdge E460にHDDを入れたところ

上の写真は、実際にHDDを入れたところです。
SSDの場合でもやり方は同じです。

HDDからSSDへの取り換えはおススメです。
圧倒的に起動などの速度が速くなり、快適になります。

SSDは価格変動するので、オトクな時期に買っておくのがおススメです。

ノートパソコンの分解に役立つ道具の紹介

ノートパソコンの分解・清掃などに役立つ道具類を紹介します。

《左上から時計回りに》
マイクロロングノーズプライヤー 先曲がりタイプ
ネジの土台が破損してる時など(ジャンクには非常によくある)ペンチが活躍します。
精密ピンセット TS-15
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
基板コネクター抜き(青いピンセットみたいの)
ドライブ開閉コネクター、スピーカーケーブル、ファンのコネクターなど小さめのコネクタ類で重宝します、開閉ストッパーがないタイプとかもこれがあれば便利。
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
ナットドライバー(設置)
ナットドライバーの付け替えできるセット。写真は右下のグリップとセットで友人からもらったもの。レッツノートだとVGAケーブルを外したりするのに使います。
VESSELのGグリップドライバー(+00)
+00のドライバーはノートパソコンを分解するのに必須です。私は細い方が好きですが、夫がこのGグリップが使いやすいそうです。ネジがなめそうな時などはこのドライバーを渡して代わりに回してもらいます。
VESSELのボールグリップドライバー(+1)
底面のゴム足のとこやモニターのヒンジなど大きいネジに。力のいるねじ回しは大きめの方が接着面積が広くなって開けやすくなります。
スパッジャー修理ツールキット(3点セット)
3点セットですが、この両側タイプのヘラは使いやすいです。
VESSELのドライバー(+00)
ノートPCでは必須の(+00)のプラスドライバー、Vesselは使いやすくておススメです。予備入れて同じの3本持ってます。ドライバーはセットでなく、1本ずつ買った方がいいですね。
長めのヘラ
シール剥がしやキーボードを剥がす時などヘラは必需品です。このヘラが一番のお気に入りですが、いかんせんプラスチックなのですぐに先端がボロボロになります。消耗品です。
IFIXITのセット
短めの黒い両側タイプのヘラですが、これはすぐダメになります。青い三角形のヘラはレッツノートのモニター枠など外すのに必須です。左下の磁石はなかなか出てこないネジを取り出せます。写真にはないですが、iOpenerという温め用の器具は必須です。
IFIXITのセット(ドライバーセット付き)
iOpenerの入ってるiFixitのセットにも先を付け替えるドライバーが付いてますが、T4以下のサイズがありません。T4以下がセットになってるのを買い直しました。(買い直し前に、必要に迫られてとりあえず買ったのが写真のトルクスねじ用レンチですが、これで分解作業はしんどい)
《その他、写真無し》
マグネットシート(水道屋のでもOK)
ネジを分かりやすい配置で置いておけます、磁石シートだと場所がズレにくいし、空の名刺入れに入れて使うとなお便利。
ナットドラーバー
VGAケーブルのネジを外すのに使います。RシリーズについてるEXTケーブルのネジでも使います。
IFIXITのセットに入ってる三角のヘラ
モニターの枠を外す時は、これくらいのサイズのヘラが使いやすいです。ホットボンドで接着してる場合などはこのタイプを何枚も使います。
アロンアルファ(コニシ)
パーツの割れや破損の修理に。
ルーター
ドリルだと直ぐに刃が折れるので、今はルーター派です。電池式でも充分使えます。
ネジ入れに使う箱
同種のネジなどを分けて取っておきます。一台で完結しない時(ニコイチやサンコイチ)になるとネジケースは必須です。 レッツノートのネジはネジ入れケースに入れてます。それ以外はそれぞれチャック付きの袋(目薬が入ってるような袋)に入れています。
赤ちゃん用の細い綿棒
ジャンクPCは大体汚れているので、清掃に(爪楊枝と)綿棒は必須です。綿棒だと埃や軽い汚れも同時に取れるので便利です。ただしノートパソコンの中は細かいので、ふつうの綿棒でなく、赤ちゃん用の細い方が役立ちます。
エアダスターオーバーホールクリーナーも必需品です。