ryzen7 pro 4750gで自作パソコンを組み立てました

ryzen7 pro 4750gで自作パソコンを新しく組み直した!
デスクトップPCを自作で新しく作り直しました。
当初は同じRyzenでも4350gあたりを想定して買い物に出たのですが、いざショップへ行ってみると、4750gが出ていて、新しい方を選択しました。

PCケースと電源は現在のものを使いまわし、それ以外のパーツを新しく購入して自作パソコンを作りました。

ryzen7 pro 4750gの自作パソコンの構成

今回はパソコン工房で必要なものをまとめ買いしました。

ryzen7 pro 4750gの自作パソコン組み立てで新たに購入したパーツ類

【CPU】AMD Ryzen 7 PRO 4750G(43,978円)
【SSD】NVMe M.2タイプのSSD 250GB(8,380円)
【SSD】NVMe M.2タイプのSSD 1TB(12,078円)
【M/B】B550M Pro4(13,970円)
【CPUファン】NH-L9a-AM4(5,280円)
【メモリ】 PC4-25600(DDR4-3200) 16GBx2枚(16,478円)
3,300円の割引があって、全部で96,864円でした。

CPUファンは、夫が使ってるデスクmini A300で使っていて満足していたのと、薄いパソコンケースにも収まる高さだったので同じものを選びました。

パソコンケースを使いまわそうとしたら、ケースファンが壊れていることに気づきました。
慌てて、80mmのケースファンを追加で購入。
これまで片側だけだったのを前後に1つずつ、ケースファンをつけることにしました。
【ケースファン】80mmのPCケースファン(2個)

使い回しのパソコンケースと電源は以下の通りです。

【ケース】SARA4
【電源】SST-ST75F-GS
※私の電源は使い回しなので750Wですが、新しく買うなら500Wくらいにする予定でした。

ryzen7 pro 4750gの自作パソコンを組み立てる手順

自作パソコンの組み立て手順は、以下の通りです。
※動画は固定スタンドで撮影したので見にくいです。

ryzen7 pro 4750gの自作パソコンを組み立てるをマザーボード上で確認

①マザーボードにCPUを取り付ける
CPUは向きを確認して取り付けます。
CPUの表面の角にある▲印とマザーボード上の隅にある▲印(ピンク色)の位置を合わせるようにして載せます。

CPUを載せる動画

②CPUにグリスを塗ってCPUファンを載せる
ノクティアのCPUファンは土台もセットになってます。
先にマザーボードをひっくり返して土台を交換してからの方がCPUファンの取り付けが楽です。
オレンジ色の印があるネジを外して交換)

グリスを塗る動画

CPUファンの土台を交換する動画

グリスはCPUファン付属のものを使っています。

③メモリを挿す
経験上、メモリが2本なら1とのスロットに載せるものと思っていました。
念の為、説明書を見たところ、このマザーボードは2本挿しの場合2と4のスロット(黄緑色の印)に挿すようです。

メモリを挿す動画

④SSDを取り付ける
B550M PRO4のマザーボードは、NVMe m.2タイプのSSDを2枚挿すことができます。
紫色の印で囲んでる場所もその一つです。
もう1箇所は水色の印です。

今回は起動用の250GBとデータ用に1TBで、2枚SSDを使いました。

⑤各種ケーブルやコネクタを挿す
PCケースに付いてる各種ケーブルや電源ケーブルなどをマザーボードに接続していきます。

B550M PRO4のマザーボードに各種ケーブルやコネクタを挿す

電源ケーブルは大きな赤い□です。
サブの電源ケーブル(8ピン)は小さい方の赤い□です。

CPUファンのコネクタは、ピンクの□です。

ケースファンのケーブルは2箇所あり、水色の□です。

黄緑色の□は、以下の通りです。
右下がオーディオケーブルです。
電源ケーブルの隣がUSB3.2のケーブルです。
右辺の中央がUSB2.0用のケーブルです。
右上がシステムパネルのコネクタ類です。

システムパネルのコネクタは分かりにくいので説明書を見ながら、もしくはアップで写真を撮っておくと便利です。

B550M
 PRO4マザーボードのシステムパネルのケーブル図B550M
 PRO4マザーボードのシステムパネルのケーブルを差し込んだところ

(左)システムパネルのケーブル図
(右)システムパネルのケーブルを差し込んだところ

2.5インチSSDやHDDを使う場合には、SATAのコネクタを使います。

電源は最初にPCケースに設置します。
フロントパネルをケースに付けて、マザーボードをケースの底に埋めこみ、ネジ止めします。

ryzen4 4750gの自作パソコンを組み立ててPCをケースに入れたところ

私の使ってるSARA4のケースではオーディオケーブルが短く、ぎりぎり届きませんでした。
ケースの全面を開けて、いったんオーディオケーブルをはんだの方まで戻し、他のケーブルと合わさってる部分を入れ替えたりして目一杯引っ張ったら、何とかオーディオケーブルが刺さる長さになりました。

組立作業は以上です。

モニターとマウス、キーボードにつないだら、電源ケーブルを挿して、パソコンのスイッチをONにしてみます。

b550m pro4マザーボードのUEFI(BIOS)画面でSSDの認識を確認してるところ

マザーボードの起動画面が出たら、メモリやSSDなどをきちんと認識しているか確認します。

問題なければ、OSをインストールします。
私はxubuntuを入れました!

前のパソコン内部から携帯着信時の振動音にも似た異音がしてきた原因がわかりました。
異音の原因はファンでした。
新しい自作パソコンにPCをケースをそのまま流用したのですが、ケースファンが死んでることに気づきました。ついでにチェックしたら、CPUファンも回ってませんでした。
なので、今回ケースファンを2つ追加しています。

ノートパソコンの分解に役立つ道具の紹介

ノートパソコンの分解・清掃などに役立つ道具類を紹介します。

《左上から時計回りに》
マイクロロングノーズプライヤー 先曲がりタイプ
ネジの土台が破損してる時など(ジャンクには非常によくある)ペンチが活躍します。
精密ピンセット TS-15
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
基板コネクター抜き(青いピンセットみたいの)
ドライブ開閉コネクター、スピーカーケーブル、ファンのコネクターなど小さめのコネクタ類で重宝します、開閉ストッパーがないタイプとかもこれがあれば便利。
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
ナットドライバー(設置)
ナットドライバーの付け替えできるセット。写真は右下のグリップとセットで友人からもらったもの。レッツノートだとVGAケーブルを外したりするのに使います。
VESSELのGグリップドライバー(+00)
+00のドライバーはノートパソコンを分解するのに必須です。私は細い方が好きですが、夫がこのGグリップが使いやすいそうです。ネジがなめそうな時などはこのドライバーを渡して代わりに回してもらいます。
VESSELのボールグリップドライバー(+1)
底面のゴム足のとこやモニターのヒンジなど大きいネジに。力のいるねじ回しは大きめの方が接着面積が広くなって開けやすくなります。
スパッジャー修理ツールキット(3点セット)
3点セットですが、この両側タイプのヘラは使いやすいです。
VESSELのドライバー(+00)
ノートPCでは必須の(+00)のプラスドライバー、Vesselは使いやすくておススメです。予備入れて同じの3本持ってます。ドライバーはセットでなく、1本ずつ買った方がいいですね。
長めのヘラ
シール剥がしやキーボードを剥がす時などヘラは必需品です。このヘラが一番のお気に入りですが、いかんせんプラスチックなのですぐに先端がボロボロになります。消耗品です。
IFIXITのセット
短めの黒い両側タイプのヘラですが、これはすぐダメになります。青い三角形のヘラはレッツノートのモニター枠など外すのに必須です。左下の磁石はなかなか出てこないネジを取り出せます。写真にはないですが、iOpenerという温め用の器具は必須です。
IFIXITのセット(ドライバーセット付き)
iOpenerの入ってるiFixitのセットにも先を付け替えるドライバーが付いてますが、T4以下のサイズがありません。T4以下がセットになってるのを買い直しました。(買い直し前に、必要に迫られてとりあえず買ったのが写真のトルクスねじ用レンチですが、これで分解作業はしんどい)
《その他、写真無し》
マグネットシート(水道屋のでもOK)
ネジを分かりやすい配置で置いておけます、磁石シートだと場所がズレにくいし、空の名刺入れに入れて使うとなお便利。
ナットドラーバー
VGAケーブルのネジを外すのに使います。RシリーズについてるEXTケーブルのネジでも使います。
IFIXITのセットに入ってる三角のヘラ
モニターの枠を外す時は、これくらいのサイズのヘラが使いやすいです。ホットボンドで接着してる場合などはこのタイプを何枚も使います。
アロンアルファ(コニシ)
パーツの割れや破損の修理に。
ルーター
ドリルだと直ぐに刃が折れるので、今はルーター派です。電池式でも充分使えます。
ネジ入れに使う箱
同種のネジなどを分けて取っておきます。一台で完結しない時(ニコイチやサンコイチ)になるとネジケースは必須です。 レッツノートのネジはネジ入れケースに入れてます。それ以外はそれぞれチャック付きの袋(目薬が入ってるような袋)に入れています。
赤ちゃん用の細い綿棒
ジャンクPCは大体汚れているので、清掃に(爪楊枝と)綿棒は必須です。綿棒だと埃や軽い汚れも同時に取れるので便利です。ただしノートパソコンの中は細かいので、ふつうの綿棒でなく、赤ちゃん用の細い方が役立ちます。
エアダスターオーバーホールクリーナーも必需品です。