DeskminiをCPU、メモリ、SSD(M.2)のシンプル構成で組み立て

夫が仕事に使っていたLinuxパソコンが壊れてしまいました。
後釜にDeskminiを買ってきました。
どうも、夫は発売時からずっとDeskminiが欲しかったみたいです。

CPU、メモリ、SSD(M.2)だけのシンプル構成でDeskminiパソコンを組み立てます。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

Deskminiのパソコン組み立てに買ってきたもの

Deskminiのパソコン組み立てに買ってきたもの

マザーボード・電源付きパソコンケース
DeskMini 310(19,008円)
CPU
Intel Core i7-8700(35,618円)
SSD(M.2)
Crucial SSD M.2 1TB(12,290円)
メモリ
PC4-19200 DDR4-2400 16GB*2枚(16,460円)

上の3つは、パソコン工房 BUYMORE秋葉原で買いました。
メモリは欲しいのが売り切れだったので、どすぱらで購入。

今回は珍しく、すべて新品です。
いつもはだいたい中古で買います。

Deskminiのシンプルなパソコンを組み立てる

買い物内容で分かるように、シンプルな構成です。

【1】deskminiの中身を確認する

deskminiの中身

(左上から時計周りに)
deskminiのケース、電源、電源ケーブル、ゴム足とネジ、2.5インチHDD/SSD用のケーブル2本

下の写真は、Deskminiのバックパネルです。

Deskminiのバックパネル

4隅のネジを外すと、開けられます。

deskminiを開ける

バックパネルを引っ張ると中が出てきます。
いきなり強く引っ張らないで下さい。

deskminiを開けるときは引っ張りすぎないよう

上の写真のように、1箇所ケーブルがつながってます。
組み立て前に、マザーボードの写真を撮っておきます。

deskminiのM/B写真

説明書のコネクタ類の説明箇所も写真に残します。
また何かいじるときにこれがないと困りますので。

deskminiのマザーボードのコネクタ説明

では、パーツを載せていきます。

CPUを載せる
CPUの向きを合わせて載せます。
CPUの▲(緑色の印)とボード上のCPUを載せるところの▼(赤い印)を目印にします。

CPUの向きCPUを載せる向き



CPUを載せる方の写真、フタが開いてないですが。
フタ開けてから写真を撮るの忘れました。

【2】CPUファンを載せる
ファンケーブルが挿せて、ケーブルが邪魔にならない配置で載せます。

core i7 8700付属のファン

今回は、CPUファンは別に買ってません。
CPUに付いてるファンをそのまま使います。

CPUファンの裏

グリスは付いてました。
でも、一応CPUにグリスを薄く塗りました。

ファンのピンは1つ挿したら、次は対角線上のピンを挿します。
隣のピンを押すと、はめにくくなるので。
全部挿したら、ボードの裏を覗いて、きちんとはまってるか確認します。

ファンの押しピンが刺さってるか見る

ピンの先がちゃんと刺さってるか確認します。
(写真がピンぼけですみません)

ファンケーブルを挿すところは、メモリの隣です、

deskminiのファンケーブルを挿すところ

ファンケーブルを挿すところが2つります。
ファンがひとつの場合は、数字が小さい方へ挿します。

deskminiのファンケーブルを挿すところ

【3】メモリを挿す
メモリを挿します。

deskminiにメモリを挿す

メモリを挿すときは、両端のレバーを開きます。

向きを確認して、メモリを上から押すと、カチッと音がしてレバーが閉じます。

deskminiにメモリを挿したところ

【4】M.2のSSDを挿す
M.2の差込口は上下に2つあります。
下はWiFi用なので、上を使います。

M.2のSSDを挿すM.2のSSDをネジ止めする


SSDを挿したら、付属のネジを締めます。
(2.5インチのSSDを使う場合は、マザーボードの裏側に2枚まで付けることができます)

以上で、組み立て作業は終わりです。
組み立て後の写真を撮り忘れました。

このパソコンではコマンド操作しかしないと言っていたので、何も付けないシンプルな構成です。
カンタン過ぎて、何のトラブルもありませんでした(笑)
でも、起動まで○秒とかでなく、もう電源ボタンを押した瞬間に付くと言ってました。

Sandy Bridgeを彷彿とさせるサイズと有能感があります!
触っててもいじりやすかったです。

このパソコンは夫が飽きたら、私のメインパソコンにするつもりだとか。
(私はいつも夫のパソコンのお下がり)

deskminiの組み立てに使った道具

deskminiの組み立てに役立つのは以下の道具です。

ノートパソコンの分解に役立つ道具の紹介

ノートパソコンの分解・清掃などに役立つ道具類を紹介します。

《左上から時計回りに》
マイクロロングノーズプライヤー 先曲がりタイプ
ネジの土台が破損してる時など(ジャンクには非常によくある)ペンチが活躍します。
精密ピンセット TS-15
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
基板コネクター抜き(青いピンセットみたいの)
ドライブ開閉コネクター、スピーカーケーブル、ファンのコネクターなど小さめのコネクタ類で重宝します、開閉ストッパーがないタイプとかもこれがあれば便利。
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
ナットドライバー(設置)
ナットドライバーの付け替えできるセット。写真は右下のグリップとセットで友人からもらったもの。レッツノートだとVGAケーブルを外したりするのに使います。
VESSELのGグリップドライバー(+00)
+00のドライバーはノートパソコンを分解するのに必須です。私は細い方が好きですが、夫がこのGグリップが使いやすいそうです。ネジがなめそうな時などはこのドライバーを渡して代わりに回してもらいます。
VESSELのボールグリップドライバー(+1)
底面のゴム足のとこやモニターのヒンジなど大きいネジに。力のいるねじ回しは大きめの方が接着面積が広くなって開けやすくなります。
スパッジャー修理ツールキット(3点セット)
3点セットですが、この両側タイプのヘラは使いやすいです。
VESSELのドライバー(+00)
ノートPCでは必須の(+00)のプラスドライバー、Vesselは使いやすくておススメです。予備入れて同じの3本持ってます。ドライバーはセットでなく、1本ずつ買った方がいいですね。
長めのヘラ
シール剥がしやキーボードを剥がす時などヘラは必需品です。このヘラが一番のお気に入りですが、いかんせんプラスチックなのですぐに先端がボロボロになります。消耗品です。
IFIXITのセット
短めの黒い両側タイプのヘラですが、これはすぐダメになります。青い三角形のヘラはレッツノートのモニター枠など外すのに必須です。左下の磁石はなかなか出てこないネジを取り出せます。写真にはないですが、iOpenerという温め用の器具は必須です。
IFIXITのセット(ドライバーセット付き)
iOpenerの入ってるiFixitのセットにも先を付け替えるドライバーが付いてますが、T4以下のサイズがありません。T4以下がセットになってるのを買い直しました。(買い直し前に、必要に迫られてとりあえず買ったのが写真のトルクスねじ用レンチですが、これで分解作業はしんどい)
《その他、写真無し》
マグネットシート(水道屋のでもOK)
ネジを分かりやすい配置で置いておけます、磁石シートだと場所がズレにくいし、空の名刺入れに入れて使うとなお便利。
ナットドラーバー
VGAケーブルのネジを外すのに使います。RシリーズについてるEXTケーブルのネジでも使います。
IFIXITのセットに入ってる三角のヘラ
モニターの枠を外す時は、これくらいのサイズのヘラが使いやすいです。ホットボンドで接着してる場合などはこのタイプを何枚も使います。
アロンアルファ(コニシ)
パーツの割れや破損の修理に。
ルーター
ドリルだと直ぐに刃が折れるので、今はルーター派です。電池式でも充分使えます。
ネジ入れに使う箱
同種のネジなどを分けて取っておきます。一台で完結しない時(ニコイチやサンコイチ)になるとネジケースは必須です。秋葉原の廣瀬無線だとレジ裏の入口外にネジ入れに最適なケースが大小各種揃ってます。
赤ちゃん用の細い綿棒
ジャンクPCは大体汚れているので、清掃に(爪楊枝と)綿棒は必須です。綿棒だと埃や軽い汚れも同時に取れるので便利です。ただしノートパソコンの中は細かいので、ふつうの綿棒でなく、赤ちゃん用の細い方が役立ちます。
エアダスターオーバーホールクリーナーも必需品です。