トラックボール付き自作キーボードを作るメモ(2)SU120で試作版を作る

トラックボールモジュールを搭載した自作キーボードを作っています。
(夫が考えて、私がはんだ付けをする係)

① トラックボールモジュールの動きを確認してみる
② SU120という自作キーボード用の基板を使って試作機を作る
③ 本番の自作キーボードを作る
こんな感じの流れです。

すでにトラックボールモジュールを動かすところまでは確認済です。
次は、試作版を作り、トラックボールを載せてきちんと動くかテストします。
試作用には、1Uずつ自由に組み合わせて自作キーボードが作れるSU120を使います。

トラックボール付き自作キーボード試作版のために購入したもの

SU120 自作キーボード用基板(1,100円)
ダイオード 1N4148
LED SK6812mini-e 5個入(110円)
※遊舎工房YS-SK6812MINI-E 10個入り(350円税別)

家にあったもの
ジャンプワイヤ(オス-オス)
ユニバーサル基板
ピンソケット

トラックボール付き自作キーボード試作版の組み立てとテスト

▼SU120の組み立て
トラックボール付き自作キーボードのテスト機をsu120で作る(1)

SU120は、1Uずつ好きなように配置できます。
斜めらせたりすき間を空けたりも可能です。
各ピースは付属のパーツをネジ止めすることでつなげられます。
COLやROWはダイオードの足(余り)ではんだ付けします。

▼ProMicroを載せる場所
su120ではんだをジャンパしてプロマイクロの表裏を決める

ProMicroを載せるパーツもあります。
はんだをジャンパーさせて、表と裏を決められます。

▼COLとROWの配線図(1)
su120でCOLとROWのラインをPromicroにつなげる(1)

はんだ付けするのに、夫が作ってくれました。
とりあえず、線を引っ張ってつないでますが、必ずしもこの図の通りでなくても構いません。

例えば、ROW1(1段目)は真ん中のキーからProMicroのCにつながっています。
でも、1段目であれば他の箇所からProMicroのCにつないでもOK!

COL3(3列目)は最上段からProMicroの1につながっています。
これも、3列目であれば、他の箇所からProMicroの1につないでOKです。

▼COLとROWの配線図(2)
su120でCOLとROWのラインをPromicroにつなげる(2)

もう片方も同じです。
ROW1は(C)になっていますが、1段目のどこからつないでも同じです。
COLも()内の指定した場所につなげば、同じ列のどこから引っ張ってもOKです。

▼ProMicroとピンヘッダー
ProMicroとsu120を接続するための基板(表)

試作品なので、ジャンパーピンの抜き差しでテストしたいということで、このような仕様になりました。
基板にProMicroとピンヘッダーを並べています。

▼ProMicroとピンヘッダーの裏側
ProMicroとsu120を接続するための基板(裏)

ProMicroとピンヘッダーのピンをダイオードの足(余り)ではんだ付けしています。

▼試作機1号
su120を使ったトラックボールモジュール付き自作キーボードのテスト機

上の試作品をジャンパーワイヤーでつなぐと、こんな感じです。
両手分をつなげると下のようになります。

su120を使ったトラックボールモジュール付き自作キーボードのテスト機全体

トラックボールで使いたい機能も実現しました。
ブログに載せる動画を撮るのにキーボードを持ち上げ、不安定な状態でキーボードを動かしてるため、見にくいかもしれません。
(ジャンパー線が短く、背景にモニターが映るギリギリの位置で動かしています)

▼トラックボールが動いたところ(GIF)
テスト用自作キーボードでトラックボールが動いたところ(GIF)

トラックボールが動くようになったところ。
カーソルが時々大きくなってるのは仕様です。
カーソル位置を見失ったときに、すぐ現在地を把握できるよう、夫がこのような仕様にしています。
ふつうにコロコロしてるだけなら、カーソルは大きくならず正常に動きます。

…と、ここで夫があることを思い出します。
それはUZU42にも、そのままトラックボールモジュールが載るはずだ、ということです。

そこで、自宅でメインのキーボードとして愛用しているUZU42に載せてみることにしました。
つい先日組み立てたばかりなのにという私の不安をよそに、トラックボールモジュールはUZU42で完璧に動作しました。

▼トラックボールで上下のスクロール
テスト用自作キーボードでトラックボールで上下のスクロールができたところ(GIF)

動画を切り取ってるので、指の動きが変ですが、実際にはちゃんと上下のスクロールができます。

▼トラックボールで範囲選択もできる
テスト用自作キーボードでトラックボールで範囲選択したところ(GIF)

トラックボールで範囲選択もできます。

①基本のカーソル移動
②上下のスクロール
③範囲選択

この3つの機能が思ったとおりに実現できました。
トラックボール付き自作キーボードに近づいてます。

ノートパソコンの分解に役立つ道具の紹介

ノートパソコンの分解・清掃などに役立つ道具類を紹介します。

《左上から時計回りに》
マイクロロングノーズプライヤー 先曲がりタイプ
ネジの土台が破損してる時など(ジャンクには非常によくある)ペンチが活躍します。
精密ピンセット TS-15
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
基板コネクター抜き(青いピンセットみたいの)
ドライブ開閉コネクター、スピーカーケーブル、ファンのコネクターなど小さめのコネクタ類で重宝します、開閉ストッパーがないタイプとかもこれがあれば便利。
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
ナットドライバー(設置)
ナットドライバーの付け替えできるセット。写真は右下のグリップとセットで友人からもらったもの。レッツノートだとVGAケーブルを外したりするのに使います。
VESSELのGグリップドライバー(+00)
+00のドライバーはノートパソコンを分解するのに必須です。私は細い方が好きですが、夫がこのGグリップが使いやすいそうです。ネジがなめそうな時などはこのドライバーを渡して代わりに回してもらいます。
VESSELのボールグリップドライバー(+1)
底面のゴム足のとこやモニターのヒンジなど大きいネジに。力のいるねじ回しは大きめの方が接着面積が広くなって開けやすくなります。
スパッジャー修理ツールキット(3点セット)
3点セットですが、この両側タイプのヘラは使いやすいです。
VESSELのドライバー(+00)
ノートPCでは必須の(+00)のプラスドライバー、Vesselは使いやすくておススメです。予備入れて同じの3本持ってます。ドライバーはセットでなく、1本ずつ買った方がいいですね。
長めのヘラ
シール剥がしやキーボードを剥がす時などヘラは必需品です。このヘラが一番のお気に入りですが、いかんせんプラスチックなのですぐに先端がボロボロになります。消耗品です。
IFIXITのセット
短めの黒い両側タイプのヘラですが、これはすぐダメになります。青い三角形のヘラはレッツノートのモニター枠など外すのに必須です。左下の磁石はなかなか出てこないネジを取り出せます。写真にはないですが、iOpenerという温め用の器具は必須です。
IFIXITのセット(ドライバーセット付き)
iOpenerの入ってるiFixitのセットにも先を付け替えるドライバーが付いてますが、T4以下のサイズがありません。T4以下がセットになってるのを買い直しました。(買い直し前に、必要に迫られてとりあえず買ったのが写真のトルクスねじ用レンチですが、これで分解作業はしんどい)
《その他、写真無し》
マグネットシート(水道屋のでもOK)
ネジを分かりやすい配置で置いておけます、磁石シートだと場所がズレにくいし、空の名刺入れに入れて使うとなお便利。
ナットドラーバー
VGAケーブルのネジを外すのに使います。RシリーズについてるEXTケーブルのネジでも使います。
IFIXITのセットに入ってる三角のヘラ
モニターの枠を外す時は、これくらいのサイズのヘラが使いやすいです。ホットボンドで接着してる場合などはこのタイプを何枚も使います。
アロンアルファ(コニシ)
パーツの割れや破損の修理に。
ルーター
ドリルだと直ぐに刃が折れるので、今はルーター派です。電池式でも充分使えます。
ネジ入れに使う箱
同種のネジなどを分けて取っておきます。一台で完結しない時(ニコイチやサンコイチ)になるとネジケースは必須です。 レッツノートのネジはネジ入れケースに入れてます。それ以外はそれぞれチャック付きの袋(目薬が入ってるような袋)に入れています。
赤ちゃん用の細い綿棒
ジャンクPCは大体汚れているので、清掃に(爪楊枝と)綿棒は必須です。綿棒だと埃や軽い汚れも同時に取れるので便利です。ただしノートパソコンの中は細かいので、ふつうの綿棒でなく、赤ちゃん用の細い方が役立ちます。
エアダスターオーバーホールクリーナーも必需品です。