パソコンを分解して掃除するのに便利なすき間ノズル(コジット)《タイムプラス動画あり》

デスクトップPCを分解して掃除するのに便利なすき間ノズル(コジット)《タイムプラス動画あり》
サーバー兼ルーターとして使っていたデスクチップPCを分解して内部の清掃をしました。

すでに『デスクトップのパソコンを掃除したので、PC掃除の便利グッズを紹介 』の記事で、掃除機につけて使うアタッチメントは紹介済です。

が…
先日うちの掃除機が壊れて買い替えしたところ、掃除機のパイプの内径が合わなくて、これまでのアタッチメントが使えなくなってしまいました!

新しい掃除機はホースもパイプもやたら太いなと思いましたが、まさかアタッチメントが合わないとは…

仕方なく新しい掃除機用のアタッチメントを買ったところ、これが以前のよりも有用な感じなので、ぜひ紹介したいと思います♪
パイプの内径が大きめの掃除機を使ってる人にもおススメのノズルです。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

Mini-ITXのパソコンを分解・掃除

清掃前と清掃後の写真でカンタンに掃除の流れを見ます。
3枚目までの画像は、動画からのキャプチャーです。

▼Mini-ITXを開けたところ
Mini-ITXを開けたところ

ゾッとするくらい汚いですね〜
CPUクーラーのファンや各種ケーブルにフェルト状の埃がもっさりと溜まっています。

実は、これ前回の再起動から800日以上経過しています。
2年半以上ですかね?

これが何年もの間、ルーター兼サーバーとして稼働していたと思うと少し怖いですね。

古いMini-ITXパソコン(FH61P)ですが、キレイに掃除したら再びルーターとして再利用するつもりです。

▼Mini-ITXのSTX電源を開けたところ
Mini-ITXのSTX電源を開けたところ
上の画像は、Mini-ITX内の電源を開けたところです(写真の右半分)。
左側に見える清掃済のCPUクーラーファンと比べると、色がずいぶん違います。

電源の中のファンは、通常の埃よりもねっとりとした埃で掃除が大変でした。

▼PCと電源を掃除し終わったところ
PCと電源を掃除し終わったところ
上の画像は、PCと電源を掃除し終わったところです。
全体的に色合いが鮮やかに戻ってますね。

▼電源を開ける前に写真を撮る
電源を開ける前に写真を撮る
今回掃除したMini-ITXのデスクトップPC(FH61P)は2台ありまして…
先に1台掃除したときは、電源を開けてすぐに写真を撮っておきました。
それが上の画像で、あとで組み立てる時にファンの向きを間違えないためです。

2台目はうっかり写真を撮り忘れ、おかげで二三度も電源ファンの向きを間違えてしまい、余計な手間がかかりました。
(3つ目のタイムプラス動画で、何度も電源のカバーを付け直しています)

そして、これ↓が今回のパソコン分解と掃除に役立ったコジットすき間ノズルです。

▼コジット すきまノズル2
コジット すきまノズル2

まず、パイプ内径が約2.9〜4.2cmと一般的な掃除機より大きめでもフィットするところがいいです。

あとホースの柔軟性も以前使っていたアタッチメントよりも、コジットの方があります。
またいていの場合は、短いホース(上の画像で右から4番目)で間に合いそうですね。

Mini-ITXのパソコンを分解・掃除して組み立て【タイムプラス動画】

2つ目と3つ目の動画で、新しい掃除機用アタッチメントを使っています。
1つ目の動画はコジットすき間ノズルが届く前で、以前のアタッチメントにゴムを巻いて無理やり使っています。

動画URL https://youtu.be/96prprn8ZI4
(21秒)
Mini-ITXパソコンを分解して、マザーボード上など電源以外の内部を掃除しています。

動画URL https://youtu.be/uLAVok7N9CU
(36秒)
続いて、電源を開けて掃除するところです。
ここからはコジットのすき間ノズルを使っています。

動画URL https://youtu.be/djKpcxuhDjQ
(24秒)
掃除が終わり、Mini-ITXパソコンを元通りに組立て直すところです。
先ほど書いたように電源ファンの向きを何度か間違えたため、少々手間取りました。

以上で、Mini-ITXパソコンの分解・清掃・組み立ては終了です。

Mini-ITXのパソコンを分解・掃除するのに使った道具

Mini-ITXのパソコンを分解・掃除で役立つのは以下の道具です。

ウェットティッシュ綿棒は自宅にあるものでいいと思います。
今回は使ってないですが、電源を開けてまた組み立てるときは、スパッジャーが役立ちます。
電源ケースの外側を開けると、ファンが離れ組み立てる時にネジ位置が合わなくて苦労するのですが、ネジ穴を合わせてスパッジャーを挿しておくと、位置が固定されて組立てやすくなります。
スパッジャーはiFixitのような工具セットを買うと、だいたいセットで入っています。

《動画》acerのノートパソコンAspire1410の分解と清掃、組み立て

ジャンクのノートパソコン(acer aspire1410)を入手したので、分解してみます。

  • acer「Aspire1410」のHDD/SSDを換装したい
  • acer「Aspire1410」のメモリを交換・増設したい
  • acer「Aspire1410」の内部を掃除したい
  • acer「Aspire1410」を分解したい

などの方に役立つ情報です。

【acer】ノートパソコンAspire1410の分解を画像で解説

メモリ、HDD/SSDの交換なら分解の必要はありません。
フタを開けるだけなので、初心者でもカンタンだと思います

▼【acer】Aspire1410底面のネジ図
【acer】Aspire1410底面のネジ図

ピンク色の印は、底面のカバーを外すために開けるネジです。
青い印は、HDD/SSDの交換の時に開けるネジです。
HDD/SSDのフタの爪は右側にあります。
緑色の印は、メモリ交換の時に開けるネジです。
メモリのフタの爪は下側にあります。

▼【acer】Aspire1410のHDD/SSD交換
【acer】Aspire1410のHDD/SSD交換

底面の左側にあるフタを外すと、HDD/SSDの交換ができます。
ピンク色の印がHDD/SSDケーブルの差込口です。
ここへケーブルを挿したら、HDD/SSDをはめるだけです。

▼【acer】Aspire1410のメモリ交換
【acer】Aspire1410のメモリ交換

底面の右側のフタを外すとメモリ交換ができます。
上の写真では、左スロットが空いていて、右側のスロットにはメモリが刺さってる状態です。
メモリを外す時は両側のレバー(ピンク色の印)を押し開きます。

▼【acer】Aspire1410キーボードの爪の位置
【acer】Aspire1410キーボードの爪の位置

底面のカバーを外したらひっくり返して、キーボードを取ります。
キーボードには6箇所爪があります。
まず、上辺の4箇所(ピンク色の印)の爪を押し上げながら、キーボードを浮かせます。

4箇所の爪が外れたら、両サイドの爪(緑色の印)から丁寧に外します。
こっちは固い爪なので、キーボードをずらす感じにすると取りやすいです。

ただし、一気にキーボードを外さないで下さい。
裏でキーボードケーブルがつながっています。

▼【acer】Aspire1410のキーボードケーブル
【acer】Aspire1410のキーボードケーブル

寝ている黒いレバー部分を起こすと、キーボードケーブルが外れます。
キーボードケーブルを外したら、キーボードをどけて大丈夫です。

▼【acer】Aspire1410のキーボード下
【acer】Aspire1410のキーボード下

Aspire1410を分解するには、キーボード下のネジも外しましょう。
ピンク色の印が外したネジです。

目に見えるネジを全部外せばOK。
明らかに関係ない極小サイズのネジは放置しましょう。

ネジを外すとトップカバーを外すことができます。
すき間からヘラを差し込んで少しずつ浮かせていきます。
ヒンジ上(最上部の両端)あたりは丁寧に持ち上げて下さい。

▼【acer】Aspire1410のマザーボード
【acer】Aspire1410のマザーボード

Aspire1410のトップカバーを外したところです。

マザーボードを本体から外す場合は、ケーブルやコネクタ、ネジを外します。
赤い印がマザーボードを固定してるネジです。左から2番目が空ですが、おそらくここにもネジがあったと思われます。

あとは見えているケーブル(ピンク色の印)、それに裏側でつながってる電源ケーブルと無線LANケーブル(青い印)も外します。

【acer】ノートパソコンAspire1410の分解を動画で解説

分解してマザーボードを外し、ファンを掃除してから、元通りに組立て直す作業を動画で紹介します。
2倍速の動画(21分44秒)です。
作業内容を書いておきますので、必要な場所だけ見て下さい。

✪ 動画の作業内容
(0分0秒)ノートパソコンをひっくり返して、バッテリーを外す
(0分15秒)底面のネジを外す
(2分35秒)キーボードの爪を浮かせて、キーボードを外す
(3分37秒)キーボードケーブルを外す
(3分53秒)キーボード下のネジを外す
(5分4秒)タッチパッドケーブル(中央の小さい方)を外す
(5分7秒)トップカバーを外す
(5分43秒)マザーボードを本体から外す作業は動画で確認できます
ネジの箇所に印をつけています(ジャンクのため、本来4本あるネジが1本ありませんでした)
それからマザーボードにつながってるケーブルをすべて外します。
(8分6秒)マザボードの裏側でつながってるケーブルを外さないと、マザーボードが剥がせないので、ひっくり返して外します。
HDD/SSDケーブル(ページ最初の写真でピンクの印がついてない小さい方)
無線LANケーブル(メモリ下にある白と黒の細いケーブル)
(9分2秒)マザーボード裏でつながってる電源ケーブルを抜き、表に戻ってモニターケーブルも外します。
モニターケーブルの外し方が分からず悩んでますが、とくレバー的なものはなく、引き抜くだけでした。
(9分45秒)マザーボードを取り出して、ファンの掃除をする
(10分45秒)冷却装置を外すのは面倒なので、ファンの片側だけ開けて中を掃除しました。
ファンのフタにあるネジを外して、側面にある爪を2箇所外すとファンのフタが開きます。
(15分55秒)分解した中身を元のように組み立てます。

動画URL https://youtu.be/agLS2InPvxw

最初に状態確認したときは起動すると異音がしたのですが、マザーボードをひっくり返して掃除したところ異音は消えたので、ubuntu serverを入れることにしました。

レッツノートNX2の分解に役立つ道具

デスクトップのパソコンを掃除したので、PC掃除の便利グッズを紹介

今回はノートパソコンではなく、デスクトップPCの清掃です。
ジャンクでもなく、自分がメインで使ってるパソコンを掃除します。

メモリを16GBから2倍の32GBに増やすので、ついでにパソコンを大掃除です。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

デスクトップPCの清掃に役立つ道具

デスクトップPCの掃除で役立つのは以下の道具です。

デスクトップPCの掃除は面倒だけどカンタン

今回、夫がメインのPCをサーバーに使っていたパソコンと交換すると言うので、ついでに私のパソコンも掃除してメモリを増やすことにしました。

デスクトップPCの掃除は、ノートパソコンより簡単です。
埃やゴミの量も、ノートパソコンとは段違いに多いんですけどね。

パソコンの掃除と言うと、エアダスターで直ぐプシューっと言う人も多いと思います。
誰かが後で(部屋の)掃除をしてくれる、もしくは会社など自分で掃除しない場所ならそれでもいいかも?

ですが、自宅や自室でパソコンを掃除する場合は別です。
掃除機で取れる埃はすべて先に取った方がいいです。

まずは目に見えるところの埃を吸い取ります。
それから簡単に取り外しできるファンやグラボ、電源などは外して、埃を取ります。
エアダスターは、最後の最後で使います。

でないと室内に埃が飛び散って後片付けが大変になるだけ…
これはノートパソコンでも同じです。

▼夫のパソコンBefore⇒After

夫のパソコン掃除前夫のデスクトップパソコン掃除後


サーバールームに放置されてたので埃がフェルト状になってるだろうなとは予想してました。

奥のファンはネジを外して、綿棒などでキレイにしました。
他にグラボと電源も外して丁寧に掃除機をかけました。

グラフィックボードは外してから、中のファンなども赤ちゃん綿棒でキレイに掃除しました。
いったん取り外したのでグリスも塗り直ししました。

▼私のパソコンBefore⇒After

私のデスクトップパソコン掃除前私のデスクトップパソコン掃除後


想像以上に埃が溜まっていました。
結構、最近掃除したと思ってたんですが、サーバー機より全然汚くてビックリです。
こんな状態でよく動いてたなと感心するレベルですね。

私のパソコンも、ファン2つ(左側のとCPU冷却装置上)、グラボ、電源を外してキレイに掃除しました。

▼CPUの冷却装置も埃だらけ
CPUの冷却装置も埃だらけ

上の写真は、パソコンを開けて掃除機をかけてから、冷却装置の上に載せてあるファンをどけたところです。
掃除機をフル活用しても、まだファンの下にはこれだけの埃があります。

掃除機で取れる埃を除去したら、最後にエアダスターです。
冷却装置の細い隙間に溜まった埃は、掃除機では吸い取れません。

エアダスターをかける時、そばで掃除機をかけておくと多少埃が舞うのを避けられます。

掃除機とエアダスターのコンボで、CPUの冷却装置も新品のようにキレイになります。

掃除機のアタッチメントノズルで使えるのはコレだけ!

このブログでは、自宅にある掃除機で使えるアタッチメントノズルを紹介しています。

…が!!!
いくつもあるアタッチメントノズルでパソコンの掃除に使えるのは、たった1つだけです。

レッツノートを分解して掃除するのに必須の掃除機アタッチメントノズル

写真の左上、ピンク色で囲ってあるアタッチメントだけしか使えません。

商品説明の写真を見るとキーボードを掃除しているので、キーボードには使えるのかも知れません。
(キーボードはキートップを外して洗った方が早いです)

デスクトップPC、ノートパソコンでも他のノズルを試しましたが、先が細ければ細いノズルほど使えません。
使おうとして掃除機をONにした瞬間に先端に埃が詰まります。
細くて便利そうなのに使えないとか…

デスクトップPCで冷却装置の下側や奥まったところを掃除する時は、写真右側の透明のホースをつけて掃除機をかけると少し楽です。

残念ながら、左上のノズルと右側のホース、この2つしか使えません。
ただし、この2つのアタッチメントはパソコンの掃除では絶対に欠かせません。

最初はイラっとしましたが、ちゃんと使えるものが2つあるだけいいかなと思うようになりました(笑)
パソコンを掃除する際には、ぜひ使ってみて下さい。

レッツノートを分解して掃除するのに必須の掃除機アタッチメントノズル

Let’s Note S9を分解してファンを掃除しよう(図解)

ノートパソコン(Let’s NOTE CF-S9)を分解して、中のファンを掃除する手順を写真つきで解説します。

  • ファンの音がおかしい
  • ファンから異音がする
  • ノートパソコンもたまには掃除したい
  • ノートパソコンを分解してみたい!

トップカバー(キーボードが乗っているメインフレーム)を外すまでの分解手順は『レッツノートS9の分解(基本)』ページを参照して下さい。

このページは、トップカバーが外れた状態からの図解になります。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

ファンを掃除する為にマザーボードを本体から外そう(図解)

まずはマザーボードを本体から外すための分解手順です。
でないと、ファンが掃除しにくいですからね!

レッツノートS9のファン掃除で役立つのは以下の道具です。

▼S9のトップカバーを開けたところ【Let’s NOTE S9】

レッツノートCF-S9のトップカバーを開けたところ

レッツノートS9のトップカバーを外したところです。
ピンク色の枠で囲まれた緑の基盤部分がマザーボードです。

右下がドライブ、右上がHDD収納場所です。

色んなケーブルやコネクターがささっている状態なので、ファンの掃除ができるように外していきます。

▼S9のマザーボード上の各種ケーブルやコネクター図解《マザーボード図》

レッツノートCF-S9の

右下にある2箇所のピンク色の□は、トップカバーを外す時に既にケーブル・コネクター共に抜いていると思います。
でないと、トップカバーがくっついた状態で邪魔ですからね。

▼ケーブルをまとめるプラスチックのフレーム【Let’s NOTE S9】

レッツノートCF-S9のケーブルフレームを外す

写真の黄色い線で囲んだ部分はケーブルを通すプラスチックのフレームです。
これはマザーボードの上に被さっているので外します。

▼ケーブルをまとめるフレームに乗っているフタ【Let’s NOTE S9】

レッツノートCF-S9のケーブルをまとめるフレームに乗っているフタ
まずは一番無くしやすいフタを外しましょう。
左上の、モニターケーブルが液晶側へ伸びているところにプラスチックのフタがしてあります。
黄色い線で囲んでる黒いのがフタです。

フタには丸い箇所が2つあり、それぞれ黄緑の○で囲んだ部分にはめるようになっています。

▼モニターケーブルの通り道【Let’s NOTE S9】

レッツノートCF-S9のモニターケーブルの通り道

モニターケーブルは《マザーボード図》上部の、大きい方の黄色い□で囲んだところです。
白いテープがついているので、それを引っ張ってケーブルを外します。

モニターケーブルには通り道があり、プラスチックの出っ張りの下を通すようになっています。
水色の線で囲んだ部分がモニターケーブルを抑えるための出っ張りです。
モニターケーブルは、この出っ張りからずらしていくと、根本まで外れます。

▼モデムのモジュール【Let’s NOTE S9】

レッツノートCF-S9のモデムのモジュール

次に、有線LANケーブルとモデムケーブルのコネクタを外します。
《マザーボード図》左側の黄色い□が有線LANケーブルのコネクタです。

その下でマザーボードの上にはまってるのがモデムです。
《マザーボード図》黄緑の○の2箇所のネジを外します。
黄緑の▲の裏側にコネクタがあるので外して下さい。
上図はモデムのコネクタを外したところです。

▼ケーブルのフレームを外す【Let’s NOTE S9】

レッツノートCF-S9のケーブルのフレームを外す

これでモニターケーブルのフレームをマザーボード上から外すことができます。
上図のように浮かせて外すことができます。

▼ケーブルのフレームを外したところ【Let’s NOTE S9】

レッツノートCF-S9のケーブルのフレームを外したところ

モニターケーブルの通り道であるフレームをマザーボードから外したところです。

残りのケーブルやコネクタ類も外して行きます。
《マザーボード図》で場所を確認して下さい。

青い□はテープを剥がして、黒い抑えを起こせば、ケーブルが抜けます。
水色の○は無線LANケーブルです。テープを剥がして引き抜きます。
赤い○はネジなので、ドライバで取って下さい。
ここまで外したところで、マザーボードを軽く持ち上げて裏返します。
(まだつながっている部分があるので、強く引っ張らないで下さい)

▼S9のマザーボードを外したところ【Let’s NOTE S9】

レッツノートCF-S9のマザーボードを外したところ

《マザーボード図》右下の紫色の▲の裏側にCMOS電池のケーブルコネクターがあります。CMOSのコネクタを抜けば、マザーボードを完全に外すことができます!

上図の写真を見て分かるように、マザーボードを外すと、電源スイッチとワイヤレスのスイッチ、それにファンの熱を放出する窓部分(写真の左にある格子状のプラスチック)が取れます。

かなり汚れていることが多いので、この機会に中性洗剤などで洗っておくといいですよ。
ふつうの台所洗剤を入れた水で洗うとキレイになります。
特にファン用の窓部は格子の目のすき間に汚れが詰まってます。
洗った後は、良く乾燥させるか、しっかり水分を拭き取ってから使いましょう。

いよいよファンの掃除しよう(図解)

マザーボードを本体から外したところで、いよいよファンの掃除です!

まずはファンの上から掃除機で埃を吸ったり、エアダスターを吹き付けましょう。
掃除機は大きいので、市販の掃除機につなげて使うノズルがあると便利です。

▼ファンのフタを開ける準備【Let’s NOTE S9】

レッツノートCF-S9のファンのフタを開ける準備

ファンはシールでフタがしてあります。
フタを開けられるよう、ネジ上のシールを3箇所めくります。
上図の赤い○がネジの箇所です。

無理やり剥がすと端が切れたり、しわしわになって貼り直しにくくなります。
電子レンジで温めて使うiOpenerなら、キレイに剥がせます。

▼ファンのネジは極小なので紛失しないよう注意【Let’s NOTE S9】

レッツノートCF-S9のファンのネジは極小

ファンのネジはものすごく小さいです。
上図の上段3本がファンのネジです。
隣りに見えるのはベッセルの+00のドライバーです。
ファンのネジは、vesselの+00のドライバーよりも更に一回り小さいですから。

▼ファンのフタの爪【Let’s NOTE S9】

レッツノートCF-S9のファンを開ける爪

ネジを外したら、ファンのフタの爪(赤い□が爪の部分)を外します。
爪が引っかかってる状態だとフタが開きません。

▼ファンのフタの爪(UP)【Let’s NOTE S9】

レッツノートCF-S9のファンを開ける爪

赤い○がファンのフタの爪です。
黒い出っ張りに引っかける仕組みです。
非常に柔らかい材質なので、ピンセットか何かで軽く持ち上げるだけでOKです。
力を入れすぎると曲がってしまいます。
曲がっても戻せますが、あまりいじると壊れそうです。

▼ファンのフタを開けたところ【Let’s NOTE S9】

レッツノートCF-S9のファンのフタを開けたところ

ファンのフタを開けた状態です。
フタの上から掃除機やエアダスターをかけただけでは取れない埃や汚れがあります。
ファンの羽もですが、ヒートシンクがかなり汚れてることがあります。
ヒートシンクが汚れで詰まっていると熱を放出できず、パソコンの不具合の原因になります。

ここでもアタッチメントノズルをつけた掃除機とエアダスターのコンボで、先に埃を除去しておきましょう。

▼ファンの掃除をしたところ【Let’s NOTE S9】

レッツノートCF-S9のファンを掃除したところ

仕上げの掃除には、赤ちゃん用などの極細綿棒が役立ちます。

上図を見ると、キレイになったなぁ〜と思うかも知れません。
でも、レッツノートS9のファンは裏側も必ず掃除しましょう。

▼レッツノートのファンは上と下で羽が別【Let’s NOTE S9】

レッツノートCF-S9のファンは上と下で羽が別

レッツノートのファンは上側と下側で別に羽がついています。
上側の羽だけ掃除しても、下側の羽は埃で真っ白だったりします!!

上図をよく見ると、羽が上下で二重になってるのが分かると思います。
(見えにくい時は写真をクリックして拡大画像を開いて下さい)

▼ファンの裏側【Let’s NOTE S9】

レッツノートCF-S9のファンの裏側

ファンの裏側の写真です。
ファンの基盤が入っています。
基盤上にも埃が被ってることが多々あるので、エアダスターでキレイにします。

エアダスターで取れない埃は極細綿棒で取ります。
その際、ファンの軸がズレないように注意しましょう。

これでファンの掃除が完了です。
ファンがキレイになると、熱の排出がスムーズになるし、パソコンが生き返ったような気持ちがしますね♪

掃除が終わったら、分解した手順と逆に戻せばOKです。

ファンの掃除で使った道具の紹介

このページで使ったノートパソコンの分解・清掃に役立つ道具類を紹介します。

レッツノートの分解に必須のvessel +00のドライバーレッツノートの分解に必須の精密ピンセットレッツノートの分解にあると便利な基板コネクター抜き



左から、
ベッセルの+00のドライバー
先曲がりのピンセット
基板コネクター抜き

レッツノートの分解に必須のiOpenerレッツノートを分解して掃除するのに必須のエアダスターレッツノートを分解して掃除するのに必須の掃除機アタッチメントノズルレッツノートを分解して掃除するのに必須の極細綿棒



左から、
iOpener
エアダスター
掃除機のアタッチメント・ノズル
極細綿棒