【動画】Let’sNote CF-S10のモニターを分解して交換する

Panasonicの人気ノートパソコン「レッツノートCF-S10」でモニター部分を分解して液晶画面を交換する作業を動画で紹介します。

今回は、モニター部分の分解方法と液晶画面の交換作業を撮っただけです。
部品取り用のジャンクのモニターを分解して、液晶画面を外したら、またすぐに元に戻しています。

レッツノートのCF-S10だけでなく、CF-S8・9、CF-N8〜10なども分解と戻す課程は同じです。

Let’s Note S10のモニター分解と交換

レッツノートCF-S10のモニターを分解して交換するのに役立つのは以下の道具です。


動画URL⇒ https://youtu.be/omjIIoSzWfc

以下、レッツノートCF-S10のモニターを分解して交換する作業手順と動画の該当箇所です。

  1. ヒンジのネジを外してカバーを取る(0分7秒〜)
  2. モニター側面にあるヒンジ上のネジも外す(0分57秒〜)
  3. 反対側も同様に、ヒンジ部分とその上のネジを外す(1分21秒〜)
  4. 液晶画面の上辺にある4箇所のゴムを剥がす(2分40秒〜)
    ゴムは裏のシールで粘着してるので、シールごと剥がせば再利用できる

  5. ゴム下のネジを外す(3分55秒〜)
  6. 側面内側にある爪をヘラでずら(4分48秒〜)
  7. 反対側の爪も同様にずらす(5分24秒〜)
  8. モニター枠をはずす(5分55秒〜)
  9. iOpenerを乗せる(8分14秒〜)
    シールを再利用するには長めに乗せる。
    今回のレッツノートは部品取り用のジャンクなので再利用しない。

  10. モニターケーブルのシールを剥がす(9分00秒〜)
  11. その下の布っぽいシールも剥がす(11分45秒〜)
  12. モニターケーブルを外す(11分55秒〜)
    ケーブルの差込口両端にポッチみたいな引っかかりみたいなのがあるので、それを上方向へずらす。

  13. ヒンジ部分に巻き付いてるテープを剥がすと、液晶画面がはずれる(12分55秒〜)
    〜ここから、液晶画面をはめてモニター枠を元通りにはめる〜

  14. ケーブルを差し込む(14分56秒〜)
  15. 側面のヒンジ上のネジを軽く止めておくと、モニター枠をはめやすい(15分30秒〜)
  16. モニター枠は下側から先に合わせるとはめやすい(16分10秒〜)
  17. モニター枠の下側だけ合わせたところ(17分20秒〜)
    枠を外側にする

  18. 液晶上辺のネジを止める(18分08秒〜)
  19. ネジの上にゴムのフタを乗せる(19分3秒〜)
    シールが生きていればそのまま、シールが剥がれてるなら両面テープで接着する

  20. 仮止めしておいたネジをしっかり締めて、ヒンジカバーをはめてネジを締める(20分9秒〜)

途中、少し揺れているところがあるかも?
モニター交換は机の上ではなく、床で作業します。
側面のネジを外す作業などは机ではやりにくいからです。

いつもは膝の上に乗せたりして押さえながらやるのですが、今回は動画を撮るので床に直置きで離したまま作業しました。
その為、撮影用のスマホに手が何度か当たって揺れてしまいました(特に最初の方)。

レッツノートのモニター交換で難しいと思われるのは、モニターの枠を外すところ・戻すところです。

モニター枠を外すのに爪をずらす時、枠を割らないように注意が必要です。
ヘラはネジ横のカーブしてる辺りから差し込むと入れやすいです。

モニター戻す時のコツは、側面のヒンジ上のネジをはめておくこと。
それと枠の下側を先に合わせることです。
枠を本体のすき間へ入れたら、外側になるようにはめます。
下側がきちんと合わさってから、側面のネジを下から、パチンと音がするようにはめていきます。

モニター部分の分解と液晶ユニット交換の方法を写真で確認したい場合は、以下のページを参照して下さい。
ジャンクのLet’sNOTE CF-S10分解日記(モニター交換)
Let’sNOTE CF-S9の液晶モニターを交換する手順(図解)

以上で、レッツノートCF-CF-S10のモニターを分解して交換する作業は完了です。

動画

【動画】Let’sNote CF-RZ5でSSDを交換する作業

レッツノートCF-RZ5でSSDを入れ換える作業を動画で紹介します。

今、レッツノートRZ5のSSDにはwindows10が入ってるので、それはそのまま取って置き、別のSSDに入れ替えします。
(そうすれば、またWindows10を使いたい時にSSDを入れ替えるだけで直ぐに使える)

SSD交換の際には、電源を落としてバッテリーを外してから作業して下さい。
今回の動画では、最初からバッテリーを外し、電源を落としてあります。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

Let’s Note RZ5のSSDを交換する

レッツノートCF-RZ5でSSDを入れ替える時に役立つのは以下の道具です。

レッツノートCF-RZ5に使うSSDは、m.2 2280 sataのSSDです。
今回は秋葉原で中古のSSDを買ってきました。
let'snote cf-rz5用m.2 2280 sataのSSD

Amazonで買うなら、Transcend SSD M.2 2280 1TB SATAがおススメです。

SSDの種類(タイプ)さえ間違わなければ、特に注意することもない、簡単な作業です。

では早速、RZ5を分解して、SSDの入れ替えをします。


動画URL⇒ https://youtu.be/mWya5bUN6sk

以下、レッツノートCF-RZ5でSSDを入れ替える作業手順と動画の該当箇所です。

  1. 底面のネジを外す(0分25秒〜)
    上辺の両端2本はネジの種類が違うので注意。

  2. 底面のカバーを外す(3分55秒〜)
  3. SSD下部のネジを外して、SSDを抜きます(5分16秒〜)
  4. 交換するSSDを差し込んでネジをはめます(5分45秒〜)
  5. カバーを元に戻します(6分45秒〜)
  6. 底面のネジを締めていきます(7分25秒〜)

最上部の両端2本だけネジが違うので、間違わないようにしましょう。

動画内でも書いていますが…
一時的なネジ置き場には名刺入れの空ケースにマグネットシートをはめると丁度いいです。
よくポストに入ってる水道工事のマグネットシートでも充分です。
思ったより作業が長引いた時でも、フタをすれば安全に保管できます。

以上で、レッツノートCF-RZ5のSSD交換作業は完了です。

動画

【動画】分解したLet’sNote CF-S10を元に戻す

トップカバーを外した状態まで分解したレッツノートCF-S10を元に戻す作業を動画で紹介します。
分解の逆回しですね。

レッツノートのCF-S10だけでなく、CF-S8・9、CF-N8〜10なども分解と戻す課程は同じです。

分解したLet’s Note S10を元に戻す手順

分解したレッツノートCF-S10を元に戻すとき役立つのは以下の道具です。


動画URL⇒ https://youtu.be/0NjYdnpwilo

以下、分解したLet’sNote CF-S10を元に戻す作業手順と動画の該当箇所です。

  1. トップカバーをはめる前にタッチパッドケーブルと光学ドライブ自動開閉スイッチのケーブルを差し込む(0分5秒〜)
    トップカバーを立てた状態でケーブルを差してから、カバーを本体に被せます。
    ※ この箇所は画面端での作業になってしまい、少し見にくいです。

  2. カバーを本体に被せる(1分7秒〜)
  3. キーボード下のネジを締める(1分29秒〜)
  4. キーボードケーブルとスピーカーケーブルを差す準備をする(1分43秒〜)
    防水シールを剥がして、よれてしまった両面テープを取り替える

  5. キーボードケーブルを差し込む(2分42秒〜)
  6. スピーカーケーブルを差し込む(3分25秒〜)
  7. キーボードケーブルを差し込んだところの防水シールを貼り付ける(3分49秒〜)
  8. トップカバー上辺の2箇所のネジを止める(4分24秒〜)
    iOpenerで防水シールをしっかり粘着させている間にネジ止めしちゃいます。

  9. キーボードを裏返してくっつける(5分10秒〜)
    キーボードケーブルの余ってる部分は、本体とカバーのすき間に押し込むようにします。
    さらに、キーボード下部にある3箇所の爪をはめこむとスッとおさまります。

  10. 本体側面のネジを閉めて、ゴムのフタをはめる(5分40秒〜)
  11. 底面バッテリー下にキーボード固定用の金具をはめて、防水シールを貼る(6分16秒〜)
  12. 底面のキーボードねじを4箇所はめる(8分25秒〜)
  13. 底面の他のネジも締める(9分55秒〜)
  14. PCカードスロットのフタを開けて、ケーブルを差し込み、またフタを閉める(12分25秒〜)
  15. 光学ドライブを開けて、中のネジを5箇所締める(14分23秒〜)
    ドライブのフタはエマージェンシーホールにピンなどを入れて開けます

  16. 底面のゴム足をはめてネジを締める(15分55秒〜)

分解の動画は⇒【動画】レッツノートCF-S10の分解(トップカバーを開けるまで)
分解の手順を画像で確認するなら⇒ノートパソコン Let’sNOTE CF-S9の分解(図解)

以上で、分解したレッツノートCF-S10を元に戻す作業は完了です。

動画

【動画】HappyHacking英語キーボードのキートップを外して洗って元に戻す

ハッピーハッキング英語キーボード(TypeS)のキートップを外して洗ってから、元通りにはめ込む作業を動画で紹介します。

キートップは洗ってから自然乾燥してもいいのですが、時間がかかるので、赤ちゃん綿棒などを使って水分を拭き取りさっさと元に戻したいと思います。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

ハッピーハッキング英語キーボード(TypeS)のキートップを外して洗ってから、元通りにはめ込む

キーボードのキートップを外して洗うのに役立つのは以下の道具です。

今回、洗うキーボードはHappy Hacking Keyboard Professional2 Type-S(英語配列)です。

▼キートップを洗う前に撮っておいた写真
Happy Hacking Keyboard Professional2 Type-S


動画URL⇒ https://youtu.be/pLzZ6iFgXS4

以下、キーボードのキートップを外して洗う手順と動画の該当箇所です。

  1. キートップを外す前に、キーボードの写真を撮る
    後でキートップを戻す時、配列が分からなくならないように。

  2. 洗面器かボウルを用意します(0分55秒〜)
  3. キートップを外していきます(1分30秒〜)
    基板コネクター抜きがキートップ外しに似てるので使ってみたのですが失敗したので、ふつうにヘラで外すことにしました。
    スペースキーの下にバネがあるので、無くさないようにします。

  4. キートップを外したキーボード内に掃除機をかける(6分25秒〜)
    掃除機用のアタッチメントノズルを使うと便利です。
    スペースキーの下の四角い土台は上の部分が取れやすいので、掃除機で吸い取らないように注意。

  5. ウェットティッシュや綿棒を使って、キーボードのすき間の汚れを掃除する(8分26秒〜)
  6. キートップを入れた洗面器に水を入れ、台所で使う中性洗剤を混ぜて洗う(10分24秒〜)
  7. キートップをすすいで水を切る(12分23秒〜)
  8. キートップをひとつずつ拭いていく(14分00秒〜)
    ティッシュと綿棒を使って、ざっと拭いていきます。

  9. 赤ちゃん綿棒でキートップ裏の丸い筒状の穴に残った水分を拭き取る(26分00秒〜)
    ※赤ちゃん綿棒が入らないスペースキーの裏側などは、ピンセットを使って拭く

  10. キートップを元通りにはめていく(32分26秒〜)
    カチっと音がするまで押してはめます。
    最初に撮っておいた写真で配列を確認しながらやります。

ハッピーハッキング日本語キーボードのキートップを外して洗って元に戻す

私のHappy Hacking Keyboard Professional JPも洗います。
こちらの動画は早回しです。

▼キートップを洗う前に撮っておいた写真
Happy Hacking Keyboard Professional JP

最初の動画のTypeSは、夫のキーボードです。
私の日本語キーボードとは中身が少し違いました。
TypeSの方は、スペースキーの下がデリケートでした。
(バネやら黒い四角い部分やら)

夫のTypeSを最初に掃除したのですが、コネクター抜きでキートップを外そうとして、キートップを傷つけてしまいました。
最初からヘラでやれば良かったかな…
ちなみに、これまで何度もキーボードを洗っていますが、キートップを傷つけたのははじめてです。
あまり使わないキーだったのが、せめてもの救いです。
専用の道具(キートップ外し)もあるので、気になる人は購入して使って下さい。

また、キートップの水切りをする際に、いくつか流してしまいました。
ふだんはボウルで洗うのですが、動画では見えやすいようにと洗面器を使ったためザルと大きさが違ったのがまずかったのかも?
私のキーボードの時はザルとお揃いのボウルを使ったので流さずに済みました。

以上で、キーボードを洗ってキレイにする作業は完了です。

動画

【動画】小型パソコンFH61Pを自宅用データサーバーにするためにHDDを入れる

以前、Webサーバー用にどすぱらで買ったFH61Pという小型パソコンに容量大きめのHDDを入れて、自宅用のデータサーバーとして再活用したいと思います。

FH61Pは5年前に買ったパソコンですが、小型で便利です。
ここ最近、夫がテストサーバーとして使っていたので、SSDだけでHDDを入れていません。
今回パソコンを分解して4TBのHDDを入れ、自宅のデータサーバーとして生まれ変わらせます。

FH61Pを自宅用データサーバーにするためにHDDを入れる

小型パソコンFH61Pの分解で役立つのは以下の道具です。


動画URL⇒ https://youtu.be/hkzPqExP8as

以下、FH61PにHDDを入れる作業手順と動画の該当箇所です。

  1. 裏面のネジを3箇所外して、ケースを開ける(0分9秒〜)
  2. 別のPCからSATAケーブルを取り出す(1分9秒〜)※1
  3. HDDのマウンターを外す(4分25秒〜)
  4. HDDをマウンターにネジで留める(8分50秒〜)※2
  5. HDDをマウンターごと元の位置に入れてネジで止める(10分10秒〜)
  6. SATAケーブルをHDDにつなげる(11分25秒〜)
  7. SSDとHDDの電源ケーブルを入れ替える(12分20秒〜)
    空いてるケーブルがHDDの差込口に届かないので。

  8. ケーブル類がファンに干渉しないようまとめる(13分23秒〜)
  9. フタをはめてネジを締める(14分10秒〜)

これまで自宅のデータサーバーとしてN7700+を使っていました。
(こんなの⇒PLUSじゃない方のN7700

が、最近いや〜な音がするようになってきてまして…
猫がお水を飲んでるような、ゲロを吐く前みたいな声にも似た音です。

だいぶ長いこと使ってきましたし、別のパソコンにデータサーバーを移すことにしました。
壊れてからでは遅いですからね!!

※1 途中、SATAケーブルが無くて、別の自作PCから取り出しています。

※2 HDDを入れた後、マウンターを止めるネジがなくて、再び自作PCから流用しました。
元からあったネジではないのでピッタリではありませんが、ネジは入ったのでOK!
ネジの本数も足りてませんが、2本あれば(それなりに)固定できるので問題ありません。

SSDに至っては固定もせず、空いたスペースに入れているだけですが、据え置きで動かすこともないので、これも問題ありません。

ただし、ケーブル類はファンに干渉しないよう、SSDを入れたスペースにしっかりとしまいます。

以上で、小型パソコンFH61PにHDDを追加する作業は完了です。

動画

【動画】レッツノートCF-S10のHDDをSSDに換装(HDDが取り出しにくい場合)

レッツノートCF-S10でHDDからSSDに換装する作業を動画で紹介します。

今回のジャンクは、本来HDDからSSDに換装に付いているはずの取り出し用のテープがありません。
そのため、通常の場合よりもHDDが引き出しにくくなっています。

レッツノートのCF-S10だけでなく、CF-S8・9、CF-N8〜10なども同じやり方でSSDに交換できます。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

Let’s Note S10の光学ドライブのフタを交換する

レッツノートS10でHDDからSSDへの換装で役立つのは以下の道具です。


動画URL⇒ https://youtu.be/OOk_pH4uDrw

以下、レッツノートCF-S10の光学ドライブのフタを交換する作業手順と動画の該当箇所です。

  1. バッテリーを外す(0分6秒〜)
  2. HDDドライブのフタを開けるためにネジを2箇所外す(0分13秒〜)
  3. HDDを取り出す(0分50秒〜)
    ※ 本来はHDD取り出し用のテープがあり、それを引っ張れば直ぐにHDDが抜き出せます。
    今回のジャンクではHDDに引き出し用のテープがなく、取り出しにくいため、ペンチを使って引っ張り出しています。

  4. SSDを入れる(1分36秒〜)
  5. HDDドライブのフタを閉めてネジを止める(2分30秒〜)
  6. バッテリーをはめて作業完了(2分59秒〜)

二箇所のネジを外して中身を入れ替えるだけなので、ノートパソコンの分解ができなくても問題なくSSDに交換できます。

今回の動画のように本来ついているはずのテープが無いHDDだと慌ててしまうかも知れません。
その時はケーブルの差し込み口を傷つけないよう、HDDの端を引っ張れば大丈夫です。

抜き出しようのテープがない場合は、他のテープなどでも貼り付けておけば、次回の交換作業の時に取り出しがスムーズにできます。

SSDも最近はかなり安くなっているので、いま使っているノートパソコンを速くしたい人にはSSD換装がおススメです。

以上で、レッツノートCF-S10のHDDからSSDへの換装作業は完了です。

動画

【動画】Let’sNOTE CF-S10の破損した光学ドライブのフタを交換

光学ドライブのフタが破損した場合の交換方法を動画で紹介します。

今回のジャンクは、側面のネジをはめるフタのヒンジ部分が割れています。
破損箇所を接着しても元のようにはならないので、光学ドライブのフタごと交換します。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

Let’s Note S10の光学ドライブのフタを交換する

レッツノートS10のファン掃除で役立つのは以下の道具です。

このパソコンは『【動画】レッツノートCF-S10の分解』ページで分解済みのパソコンです。

光学ドライブのフタを交換するだけなら、分解する必要はありません。
ドライブ脇にある側面のゴムを取って、ネジを外したら準備OKです。


動画URL⇒ https://youtu.be/WNdrLL_dhgk

以下、レッツノートCF-S10の光学ドライブのフタを交換する作業手順と動画の該当箇所です。

  1. エマージェンシーホールにピンなどを差込み、フタを開ける(0分27秒〜)
  2. 破損したフタを外す(0分40秒〜)
  3. 交換用のフタを取り付ける(1分06秒〜)

光学ドライブのフタをはめる場合は、左上の3点に注意します。

フタ側面の出っ張りをパソコン本体の穴に差し込み、バネの金具の先端を溝にはめながら、黒いプラスチック部分を引っかけるようにはめます。
フタの交換作業は2回繰り返しています。

以上で、レッツノートCF-S10の光学ドライブのフタの交換作業は完了です。

動画

【動画】レッツノートCF-S10の分解

《2017/04/21更新》動画を新しく撮り直したので、載せました。

Panasonicの人気ノートパソコン【Let’s NOTE CF-S10】の分解手順を動画で紹介します。

  • 元からあるメモリを取り替えたい時
  • ファンを掃除したい時
  • 中を掃除してグリスの塗り直しをしたいとき
  • レッツノートを分解してみたい

などトップカバーを外して、マザーボードを触れる状態まで分解するまでの手順を動画で確認できます。

※ S10の分解は、S9分解と同じ手順です。
写真で分解手順を確認したい場合は、『レッツノートS9の分解(基本)』ページを参照して下さい。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

Let’s Note S10の分解(基本)

レッツノートS10のファン掃除で役立つのは以下の道具です。

【新しく撮った動画】…ネジ位置に印をつけながら、ゆっくりめに作業しています。

動画URL⇒ https://youtu.be/bAeI8Z8YtvY

【最初の動画】…作業ペースが速く、見にくいかも?
音声での説明はありません。雑音がうるさいので気になるようなら音声をオフにして下さい。

動画URL⇒ https://youtu.be/9NHWKEw_GxI

以下、レッツノートCF-S10を分解する作業手順と動画の該当箇所です。

  1. バッテリーを外す(0分0秒〜)
  2. 底面のゴム足を外す(0分14秒〜)
    +1のドライバーでネジを外し、ゴム足の爪を抜きながら外す

  3. 底面のネジを外す(1分10秒〜)
    +00のドライバーを使い、底面のネジを外します。ネジは数種類ありますが、+00のドライバーでOK!
    キーボードを留めているネジは固く閉まってることがあるのでネジなめ注意!
    ※ 底面のネジ図はCF-S9と同じなので『レッツノートS9の分解(基本)』ページ内の写真を参照して下さい。

  4. PCカードスロットのケーブルを外しておく(4分29秒〜)
  5. キーボード裏の防水シールを剥がす(6分9秒〜)
    ※ シールをキレイにはがして再利用するためにiOpener(動画内の黒いやつ)を使っています
    iOpenerの使い方などは『iOpenerの紹介』ページを参照して下さい。

  6. キーボードを裏から留めている金具を外す(7分18秒〜)
  7. キーボードをヘラで剥がす(8分2秒〜)
    ※ 先ほど金具を外した裏側の穴を押し上げて、キーボードと本体にすき間を作り、そこへヘラを差し込んではがします。
    キーボードを固定しているシールの接着箇所は『レッツノートS9の分解(基本)』ページ内の写真を参照して下さい。

  8. トップカバー上辺にある2箇所のネジを外す(8分35秒〜)
  9. 側面のゴムのふたを取り、光学ドライブのヒンジ部分のネジを外す(8分59秒〜)
    ※ 今回の動画ではジャンクのため、ヒンジ部分が破損しています。

  10. キーボード下のネジを外す(10分12秒〜)
  11. エマージェンシーホールにピンなどを差して光学ドライブのフタを開け、中のネジを外す(10分27秒〜)
  12. キーボード下の防水シールを剥がし、中のスピーカーケーブルとキーボードケーブルを外す(12分25秒〜)
  13. トップカバーを持ち上げて少し手前にずらすような感じで外す(13分30秒〜)
    ※ トップカバー裏側でタッチパッドケーブルと光学ドライブのフタを開閉するケーブルが接続されています。
    途中までカバーを上げた状態でケーブルを外してから、カバーを完全に外します。

以上で、レッツノートCF-S10の分解は完了です。
これで掃除やらメモリの追加やらができるようになりました。

動画