Let’s Note S9を分解してファンを掃除しよう(図解)

ノートパソコン(Let’s NOTE CF-S9)を分解して、中のファンを掃除する手順を写真つきで解説します。

  • ファンの音がおかしい
  • ファンから異音がする
  • ノートパソコンもたまには掃除したい
  • ノートパソコンを分解してみたい!

トップカバー(キーボードが乗っているメインフレーム)を外すまでの分解手順は『レッツノートS9の分解(基本)』ページを参照して下さい。

このページは、トップカバーが外れた状態からの図解になります。

※このページにある写真は、クリックで大きな画像を表示します(別窓)。

ファンを掃除する為にマザーボードを本体から外そう(図解)

まずはマザーボードを本体から外すための分解手順です。
でないと、ファンが掃除しにくいですからね!

レッツノートS9のファン掃除で役立つのは以下の道具です。

▼S9のトップカバーを開けたところ【Let’s NOTE S9】

レッツノートCF-S9のトップカバーを開けたところ

レッツノートS9のトップカバーを外したところです。
ピンク色の枠で囲まれた緑の基盤部分がマザーボードです。

右下がドライブ、右上がHDD収納場所です。

色んなケーブルやコネクターがささっている状態なので、ファンの掃除ができるように外していきます。

▼S9のマザーボード上の各種ケーブルやコネクター図解《マザーボード図》

レッツノートCF-S9の

右下にある2箇所のピンク色の□は、トップカバーを外す時に既にケーブル・コネクター共に抜いていると思います。
でないと、トップカバーがくっついた状態で邪魔ですからね。

▼ケーブルをまとめるプラスチックのフレーム【Let’s NOTE S9】

レッツノートCF-S9のケーブルフレームを外す

写真の黄色い線で囲んだ部分はケーブルを通すプラスチックのフレームです。
これはマザーボードの上に被さっているので外します。

▼ケーブルをまとめるフレームに乗っているフタ【Let’s NOTE S9】

レッツノートCF-S9のケーブルをまとめるフレームに乗っているフタ
まずは一番無くしやすいフタを外しましょう。
左上の、モニターケーブルが液晶側へ伸びているところにプラスチックのフタがしてあります。
黄色い線で囲んでる黒いのがフタです。

フタには丸い箇所が2つあり、それぞれ黄緑の○で囲んだ部分にはめるようになっています。

▼モニターケーブルの通り道【Let’s NOTE S9】

レッツノートCF-S9のモニターケーブルの通り道

モニターケーブルは《マザーボード図》上部の、大きい方の黄色い□で囲んだところです。
白いテープがついているので、それを引っ張ってケーブルを外します。

モニターケーブルには通り道があり、プラスチックの出っ張りの下を通すようになっています。
水色の線で囲んだ部分がモニターケーブルを抑えるための出っ張りです。
モニターケーブルは、この出っ張りからずらしていくと、根本まで外れます。

▼モデムのモジュール【Let’s NOTE S9】

レッツノートCF-S9のモデムのモジュール

次に、有線LANケーブルとモデムケーブルのコネクタを外します。
《マザーボード図》左側の黄色い□が有線LANケーブルのコネクタです。

その下でマザーボードの上にはまってるのがモデムです。
《マザーボード図》黄緑の○の2箇所のネジを外します。
黄緑の▲の裏側にコネクタがあるので外して下さい。
上図はモデムのコネクタを外したところです。

▼ケーブルのフレームを外す【Let’s NOTE S9】

レッツノートCF-S9のケーブルのフレームを外す

これでモニターケーブルのフレームをマザーボード上から外すことができます。
上図のように浮かせて外すことができます。

▼ケーブルのフレームを外したところ【Let’s NOTE S9】

レッツノートCF-S9のケーブルのフレームを外したところ

モニターケーブルの通り道であるフレームをマザーボードから外したところです。

残りのケーブルやコネクタ類も外して行きます。
《マザーボード図》で場所を確認して下さい。

青い□はテープを剥がして、黒い抑えを起こせば、ケーブルが抜けます。
水色の○は無線LANケーブルです。テープを剥がして引き抜きます。
赤い○はネジなので、ドライバで取って下さい。
ここまで外したところで、マザーボードを軽く持ち上げて裏返します。
(まだつながっている部分があるので、強く引っ張らないで下さい)

▼S9のマザーボードを外したところ【Let’s NOTE S9】

レッツノートCF-S9のマザーボードを外したところ

《マザーボード図》右下の紫色の▲の裏側にCMOS電池のケーブルコネクターがあります。CMOSのコネクタを抜けば、マザーボードを完全に外すことができます!

上図の写真を見て分かるように、マザーボードを外すと、電源スイッチとワイヤレスのスイッチ、それにファンの熱を放出する窓部分(写真の左にある格子状のプラスチック)が取れます。

かなり汚れていることが多いので、この機会に中性洗剤などで洗っておくといいですよ。
ふつうの台所洗剤を入れた水で洗うとキレイになります。
特にファン用の窓部は格子の目のすき間に汚れが詰まってます。
洗った後は、良く乾燥させるか、しっかり水分を拭き取ってから使いましょう。

いよいよファンの掃除しよう(図解)

マザーボードを本体から外したところで、いよいよファンの掃除です!

まずはファンの上から掃除機で埃を吸ったり、エアダスターを吹き付けましょう。
掃除機は大きいので、市販の掃除機につなげて使うノズルがあると便利です。

▼ファンのフタを開ける準備【Let’s NOTE S9】

レッツノートCF-S9のファンのフタを開ける準備

ファンはシールでフタがしてあります。
フタを開けられるよう、ネジ上のシールを3箇所めくります。
上図の赤い○がネジの箇所です。

無理やり剥がすと端が切れたり、しわしわになって貼り直しにくくなります。
電子レンジで温めて使うiOpenerなら、キレイに剥がせます。

▼ファンのネジは極小なので紛失しないよう注意【Let’s NOTE S9】

レッツノートCF-S9のファンのネジは極小

ファンのネジはものすごく小さいです。
上図の上段3本がファンのネジです。
隣りに見えるのはベッセルの+00のドライバーです。
ファンのネジは、vesselの+00のドライバーよりも更に一回り小さいですから。

▼ファンのフタの爪【Let’s NOTE S9】

レッツノートCF-S9のファンを開ける爪

ネジを外したら、ファンのフタの爪(赤い□が爪の部分)を外します。
爪が引っかかってる状態だとフタが開きません。

▼ファンのフタの爪(UP)【Let’s NOTE S9】

レッツノートCF-S9のファンを開ける爪

赤い○がファンのフタの爪です。
黒い出っ張りに引っかける仕組みです。
非常に柔らかい材質なので、ピンセットか何かで軽く持ち上げるだけでOKです。
力を入れすぎると曲がってしまいます。
曲がっても戻せますが、あまりいじると壊れそうです。

▼ファンのフタを開けたところ【Let’s NOTE S9】

レッツノートCF-S9のファンのフタを開けたところ

ファンのフタを開けた状態です。
フタの上から掃除機やエアダスターをかけただけでは取れない埃や汚れがあります。
ファンの羽もですが、ヒートシンクがかなり汚れてることがあります。
ヒートシンクが汚れで詰まっていると熱を放出できず、パソコンの不具合の原因になります。

ここでもアタッチメントノズルをつけた掃除機とエアダスターのコンボで、先に埃を除去しておきましょう。

▼ファンの掃除をしたところ【Let’s NOTE S9】

レッツノートCF-S9のファンを掃除したところ

仕上げの掃除には、赤ちゃん用などの極細綿棒が役立ちます。

上図を見ると、キレイになったなぁ〜と思うかも知れません。
でも、レッツノートS9のファンは裏側も必ず掃除しましょう。

▼レッツノートのファンは上と下で羽が別【Let’s NOTE S9】

レッツノートCF-S9のファンは上と下で羽が別

レッツノートのファンは上側と下側で別に羽がついています。
上側の羽だけ掃除しても、下側の羽は埃で真っ白だったりします!!

上図をよく見ると、羽が上下で二重になってるのが分かると思います。
(見えにくい時は写真をクリックして拡大画像を開いて下さい)

▼ファンの裏側【Let’s NOTE S9】

レッツノートCF-S9のファンの裏側

ファンの裏側の写真です。
ファンの基盤が入っています。
基盤上にも埃が被ってることが多々あるので、エアダスターでキレイにします。

エアダスターで取れない埃は極細綿棒で取ります。
その際、ファンの軸がズレないように注意しましょう。

これでファンの掃除が完了です。
ファンがキレイになると、熱の排出がスムーズになるし、パソコンが生き返ったような気持ちがしますね♪

掃除が終わったら、分解した手順と逆に戻せばOKです。

ファンの掃除で使った道具の紹介

このページで使ったノートパソコンの分解・清掃に役立つ道具類を紹介します。

レッツノートの分解に必須のvessel +00のドライバーレッツノートの分解に必須の精密ピンセットレッツノートの分解にあると便利な基板コネクター抜き



左から、
ベッセルの+00のドライバー
先曲がりのピンセット
基板コネクター抜き

レッツノートの分解に必須のiOpenerレッツノートを分解して掃除するのに必須のエアダスターレッツノートを分解して掃除するのに必須の掃除機アタッチメントノズルレッツノートを分解して掃除するのに必須の極細綿棒



左から、
iOpener
エアダスター
掃除機のアタッチメント・ノズル
極細綿棒

ノートパソコンの分解によく使う道具

ノートパソコンの分解・清掃などに役立つ道具類を紹介します。

《左上から時計回りに》
マイクロロングノーズプライヤー 先曲がりタイプ
ネジの土台が破損してる時など(ジャンクには非常によくある)ペンチが活躍します。
精密ピンセット TS-15
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
基板コネクター抜き(青いピンセットみたいの)
ドライブ開閉コネクター、スピーカーケーブル、ファンのコネクターなど小さめのコネクタ類で重宝します、開閉ストッパーがないタイプとかもこれがあれば便利。
細かいところをいじるのに、絶対必需品です。C国製など安さで買い物をするとグニャっとなるので、結局買い直しになります。
ナットドライバー(設置)
ナットドライバーの付け替えできるセット。写真は右下のグリップとセットで友人からもらったもの。レッツノートだとVGAケーブルを外したりするのに使います。
VESSELのGグリップドライバー(+00)
+00のドライバーはノートパソコンを分解するのに必須です。私は細い方が好きですが、夫がこのGグリップが使いやすいそうです。ネジがなめそうな時などはこのドライバーを渡して代わりに回してもらいます。
VESSELのボールグリップドライバー(+1)
底面のゴム足のとこやモニターのヒンジなど大きいネジに。力のいるねじ回しは大きめの方が接着面積が広くなって開けやすくなります。
スパッジャー修理ツールキット(3点セット)
3点セットですが、この両側タイプのヘラは使いやすいです。
VESSELのドライバー(+00)
ノートPCでは必須の(+00)のプラスドライバー、Vesselは使いやすくておススメです。予備入れて同じの3本持ってます。ドライバーはセットでなく、1本ずつ買った方がいいですね。
長めのヘラ
シール剥がしやキーボードを剥がす時などヘラは必需品です。このヘラが一番のお気に入りですが、いかんせんプラスチックなのですぐに先端がボロボロになります。消耗品です。
IFIXITのセット
短めの黒い両側タイプのヘラですが、これはすぐダメになります。青い三角形のヘラはレッツノートのモニター枠など外すのに必須です。左下の磁石はなかなか出てこないネジを取り出せます。写真にはないですが、iOpenerという温め用の器具は必須です。
IFIXITのセット(ドライバーセット付き)
iOpenerの入ってるiFixitのセットにも先を付け替えるドライバーが付いてますが、T4以下のサイズがありません。T4以下がセットになってるのを買い直しました。(買い直し前に、必要に迫られてとりあえず買ったのが写真のトルクスねじ用レンチですが、これで分解作業はしんどい)
《その他、写真無し》
マグネットシート(水道屋のでもOK)
ネジを分かりやすい配置で置いておけます、磁石シートだと場所がズレにくいし、空の名刺入れに入れて使うとなお便利。
ナットドラーバー
VGAケーブルのネジを外すのに使います。RシリーズについてるEXTケーブルのネジでも使います。
IFIXITのセットに入ってる三角のヘラ
モニターの枠を外す時は、これくらいのサイズのヘラが使いやすいです。ホットボンドで接着してる場合などはこのタイプを何枚も使います。
アロンアルファ(コニシ)
パーツの割れや破損の修理に。
ルーター
ドリルだと直ぐに刃が折れるので、今はルーター派です。電池式でも充分使えます。
ネジ入れに使う箱
同種のネジなどを分けて取っておきます。一台で完結しない時(ニコイチやサンコイチ)になるとネジケースは必須です。秋葉原の廣瀬無線だとレジ裏の入口外にネジ入れに最適なケースが大小各種揃ってます。
赤ちゃん用の細い綿棒
ジャンクPCは大体汚れているので、清掃に(爪楊枝と)綿棒は必須です。綿棒だと埃や軽い汚れも同時に取れるので便利です。ただしノートパソコンの中は細かいので、ふつうの綿棒でなく、赤ちゃん用の細い方が役立ちます。
エアダスターオーバーホールクリーナーも必需品です。

他の記事を見る

1件のコメント

  • 森田茂

    cf-S9使用熱暴走で頻繁にアウト。ネットで貴殿のページを見つけプリントアウトした藁にも縋る思いで手順に沿って分解、ファンを清掃を試みる。組み立て後スイッチを入れ正常に動作した時はちょっと感動。と同時に貴HPに感謝感謝ありがとうございました。

コメントを残す