【動画】CDを読み込まないレッツノートCF-S10のDVDドライブを交換する

レッツノートCF-S10でDVDドライブを交換する作業を動画で紹介します。

ニコイチしたレッツノートCF-S10にWindowsをインストールしようとしたところ、CDの読み込みをせず、同じメッセージの繰り返しになってしまいました。

”Insert Boot Media in selected Boot device and press a key”
↑これの繰り返し。

ドライブからDVDが回ってる音がしません。
耳を近づけても、シャーとか聞こえないので、CDを読み込んでない=回ってないようです。

分解して、DVDドライブごと交換することにします。

※ 動画はCF-S10ですが、S8、S9でも同じやり方で、DVDドライブの交換ができます。

Let’s Note CF-S10のDVDドライブ交換で使う道具

レッツノートCF-S10のDVDドライブ交換で役立つのは以下の道具です。

* 今回はすでに分解したパソコンを再分解しているので、IOpenerは使っていません。
ふだんは、キーボード下の防水シールなどを剥がず時に使います。
【動画】レッツノートCF-S10の分解

Let’s Note CF-S10のDVDドライブ交換の作業動画

DVDドライブでCDの読み込みをしない症状の再現から動画を撮っています。
最後は、インストールCDを読み込んだところで終わっています。


動画URL⇒ https://youtu.be/vG_jIt4y6Pk

以下、レッツノートCF-S10のDVDドライブ交換の作業手順と動画の該当箇所です。

  1. 電源を入れて、インストール画面を確認する(0分30秒〜)
  2. インストールCDを入れてみる(0分50秒〜)
  3. インストール開始せず、同じメッセージの繰り返しになってしまう(1分20秒〜)
    DVDドライブの中で回転音がしない
    ふつうはシャーみたいなCDの回る音がしますが、それが聞こえません。

  4. 電源を切る(1分40秒〜)
  5. DVDドライブの中を確認してみる(2分10秒〜)
    薄い金属(アルミ?)の部分が浮いてるような感じ。
    押すとプカプカする
    そのせいで、CDが回転しないのではないかと思われるので、DVDドライブを交換することに

  6. 分解して、トップカバーを外す(2分35秒〜)
  7. ケーブルを外してDVDドライブを取る(10分30秒〜)
  8. 部品取りのレッツノートからDVDドライブを外す(11分20秒〜)
  9. 取り出したDVDドライブを最初のレッツノートに入れる(12分10秒〜)
    DVDドライブの基盤にケーブルをつなげたら、本体の突起に合わせてはめる。
    その後、本体マザーボードにドライブケーブルをつなげる

  10. DVDドライブの読み込みをするか確認する(13分40秒〜)
    ネジはめは全部せず、ドライブ読み込みの確認ができる最低限だけつないで、カバーも仮止めくらいでOK

  11. インストールCDを読み込むか確認する(15分40秒〜)

この後、そのまま続けて作業をしました。
無事にインストール完了までできました。

以上で、レッツノートCF-S10のDVDドライブ交換への換装作業は完了です。

今回は、DVDドライブの交換が目的なので、分解課程については特に書いていません。
レッツノートCF-S10(S8やS9も)の分解を詳しく知りたい人は⇒ 【動画】レッツノートCF-S10の分解などを参照して下さい。

動画

【動画】Mac mini(2011)のSSDを交換する

Mac mini(2011)のSSDを交換する作業を動画で紹介します。

夫のMac miniに入ってるSSDが壊れて、新しいSSDと交換することになりました。

Mac mini(2011)のSSD交換で使う道具

Mac mini(2011)のSSD交換で役立つのは以下の道具です。

Mac mini(2011)のSSD交換作業の動画

Mac mini(2011)のSSD交換作業を動画で紹介します。

わたしはMacは使っていません。
はじめて触ります。
夫が「見れば分かる」と言うので、初見でも問題ないかなといきなりやってみました。


動画URL⇒ https://youtu.be/QezCFtlmHmA

以下、Mac mini(2011)のSSD交換作業手順と動画の該当箇所です。

  1. フタを開ける前に、埃を掃除する(0分0秒〜)
  2. 底面の黒いフタをずらして開ける(1分00秒〜)
    Mac miniのロゴ上、12時の位置に小さな○の印があるので、時計と逆回りに少しずらす

  3. 中の埃を掃除機で吸い取る(1分55秒〜)
  4. 10時と2時の位置にある銀色のネジを外して、網状のフタを取る(4分30〜)
    金網の下部にケーブルがつながってるので、上部に持ち上げるだけです。
    ふつうに手で回すのかと思っていたら、HEXドライバーを使うネジでした。老眼だと分かりにくいです

  5. SSDを取り出します。(5分37秒〜)
    金網のすぐしたがSSDです。
    狭いところにかっちりはまってるので、出しにくいです。
    取り出したら、ケーブルを抜きます

  6. 新しいSSDにケーブルを挿して、元の場所へはめこみます(7分17秒〜)
    斜めらないように、なるべく平行に入れる感じで。

  7. SSDがうまく収まったら、網状のフタをして、ねじ止めをします(8分40秒〜)
  8. ファンにエアダスターをかけます(9分20秒〜)
  9. 底面の黒いフタをはめます。(9分37秒〜)
    本体の○とフタの○の位置が12時のところで一致するように締めます

HEXドライバーさえあれば、初見でもSSDの交換ができます。

▼底面の黒いフタの目印をアップで
Mac mini(2011)のSSD交換作業で底面の黒いフタの目印をアップ

ピンク色の印を●から○へずらすと、フタが開きます。
閉める時は逆で、白い○辺りに乗せ、時計回りにスライドさせて●の位置に合わせて閉めます。

中の10時と2時のネジはHEXドライバーを使います。
(先端が六角形になったドライバー)
iFixit エッセンシャル エレクトロニクス ツールキット
動画で使ってるのは、iFixit(写真)のセットに入っていたものです。
2mmのHEXドライバーでちょうど合いました。

以上で、Mac mini(2011)のSSD交換作業は完了です。

【動画】レッツノートCF-S10でメモリの増設、SSDを入れる作業

レッツノートCF-S10でメモリの増設、SSDを入れる作業を動画で紹介します。

ニコイチにしたレッツノートのCF-S10のメモリが4GBなので、8GBに増設します。
また、HDDが空っぽなので、SSDを入れます。

メモリとSSDを入れ、起動させて、インストール画面を表示するところまで確認したら、今回の作業は終了です。

動画はCF-S10ですが、S8、S9、N8、N9、N10でも同じやり方でメモリの増設やSSDへの換装ができます。

Let’s Note S10でメモリやSSDの入れ替えに使う道具

レッツノートCF-S10でメモリ増設、SSDを入れるのに役立つのは以下の道具です。

Let’s Note S10でメモリやSSDの入れ替え作業を動画で見る


動画URL⇒ https://youtu.be/5wisLZtn3Ys

以下、レッツノートCF-S10でメモリの増設、SSDを入れる作業手順と動画の該当箇所です。

  1. 現在のメモリとHDDを確認する(1分00秒〜)
    F2を押しながら起動して、BIOS画面でメモリをチェックする
    メモリ4GB、HDDは空っぽ
    BIOS画面の表示=電源を入れ、Panasonicのロゴが出てる間にF2を押す

  2. メモリを増設する(1分31秒〜)
    4GBが1枚刺さってるので、底面からもう1枚、4GBのメモリを挿します

  3. 追加で挿したメモリを認識しているか、BIOS画面で確認する(3分00秒〜)
  4. メモリ認識の確認が出来たので、また電源を切る(3分30秒〜)
  5. SSDを入れる(3分37秒〜)
  6. SSDを認識したか、BIOS画面で確認する(7分30秒〜)
  7. 再起動で、ふつうに起動して、インストール画面が表示されるか確認する(7分54秒〜)

以上で、レッツノートCF-S10でメモリを4GBから8GBに増設、SSDを入れる作業は完了です。

メモリの増設やHDDからSSDに入れ替えしたら、パソコンが認識しているかを確認する作業が必要です。

メモリも奥の方の入れ替えは分解が必要なので面倒ですが、手前の一枚を差し替えたり、増やすだけなら分解不要でカンタンです。
初心者でもカンタンにできる作業だと思います。

▼動画で増やしたメモリ
Team ノートPC用メモリ SO-DIMM-DDR3 永久保証 ECOパッケージ (1066Mhz PC3-8500 1.5V 4GBx2)

▼動画で挿したSSD
240GB CS1311 SSD 2.5 SATA III

動画